2019年12月25日

てんま@大阪市北区末広町

きざみうどん600円。
IMGP0005.jpg
武蔵野うどんの定義もわからないのですから、大阪うどんの定義のわからないのですが、こちらは大阪うどんの店ということでいいようだ。メインはカレーうどんのようですが、それでは「きざみうどん」でいきましょう。
ということで提供されたうどんの画像が上のようなものなんですが「ふーん」と思いました。
まず、めちゃ泡立っていますよね。これは豚骨ラーメンだとよく旨味を抽出しているということなのだけれど、大阪うどんでその断定が通用するのかどうかはわかりません。でも印象はいい。
スープは博多うどんのような旨味とは違います。醤油感もあり、青ネギの薬味からくるものもあり、こってり系ラーメンの重層させる旨味とはまったく異なる、しかし何種からの旨味が重なってバランスを形成しています。
なるほどなーと思いました。そして、重さがないのにもかかわらず、意外と満腹になりました。
カレーうどんも興味があるので、再訪してみたいと思います。
日曜休みで、11時から14時、夜営業は平日が17時半から21時ラストオーダー、土曜祝日は20時ラストオーダー。
大阪市北区末広町1-14
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 21:30| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どとう ぜにや@堺市中区土塔町

ちく玉天ぶっかけ・小800円。
IMGP0002 (2).jpg
関西5店訪問その2は、食べログでの点数も高いこちらの店に。
どこの駅からも遠い住宅地にある店です(バス停は近いけど)。
バス停のある通りから店が見えないので、通り過ぎてしまいましたよ。何しろ、
IMGP0003.jpg
通りから入って来ても上記のような見た目で、まったくもって店の存在感がないのですね。上記の画像の左の家が店なんですが、看板もなく、わからないです。で、入り口のところまできて覗き込んで、
IMGP0001 (1).jpg
ようやくノレンが見えて「ここでよかったんだ」と思えるという仕掛け。
で、ご覧のように平日ですが待ち客いなかったのです。ラッキーなのかな?それで遠慮なく扉を開けて中に入ったら、外で待つように言われました。
で、外に出たら、後から来た客に座る場所を指導されました。どうやらローカルルールがあるようですね。むむむ。
でも先客なかったからすぐに呼ばれて着席。
メニューを見て上記の品の「並」を頼むと、
「うちの並はかなり多いよ」と言われたので、
「そうスか、じゃ小で」と即座に変更。
しばらく待って出て来た「小」は、これ「大盛りでしょ」という量でしたね。
でも「うわ、満腹になりすぎるー」と思いながら、食べ始めると「ありゃ美味い」と夢中になってしまうクオリティでした。食べログの点数には納得します。接客へのクレームが多いのは関西ならではなのかな。
日祝月休みで11時から14時半。
大阪府堺市中区土塔町2076-1
posted by ぐーたり at 21:07| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釜粋@近鉄奈良

ちく天ぶっかけ880円。
IMGP0002.jpg
またしても関西出張。
今回は5店、訪問することができました。順番に書いていきましょう。まずはこちら「釜粋」。
近鉄奈良駅側の商店街の中にある讃岐うどん店です。
観光地ですよね。というわけで、先客3人がアジアからの観光客。その後、入ってくる人たちみんなおそらく中国や韓国からの観光客で、多分8割ぐらいそうじゃないかな。以前、梅田のうどん店で遭遇したような雰囲気に。
良い立地なので、値段もそれなりになりますが、うどんは火の通り具合を丁寧に確かめて作っていました。優等生的な讃岐うどんだと感じました。とにかく関西にくるとちくわが美味いので、ついちくわぶっかけを頼むということが多いのですが、やはり今回も「関西のうどん店ではちくわ天が美味いよなぁ」と思いました。食感、旨味ともに関東のちくわとはちょっと異なります。練り物だから、ベースとなる魚の質が異なるのでしょうかねぇ。
不定休で11時から15時、17時から21時ラストオーダー。
奈良市東向南町13-2
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 20:44| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

うどきち@所沢市和ヶ原

肉汁うどん(もち麺)並858円。
IMGP0002.jpg
移転してから初の訪問なので記事にします。
マスコミに積極的に露出する店なので「込んでるとやだな」と思っていたのですが、たまたまなのか前を通るとノレンは出てるのに駐車スペース(4台ぶん)に車がない。なので入ってみました。ノレンをくぐるとごく普通の民家っぽいドア。なるほど自宅改造したのか。
たまたまでしょうけど、先客なし。
IMGP0001.jpg
移転前の店で食べた印象を忘れていたので、基本の肉汁うどんを並で。
麺が4種あって(そのうち「ウルトラもち麺」は追加料金必要)、「一番人気」と書かれていた「もち麺」を注文。注文した後で読むと、小麦の風味が好きな私は「田舎麺」を選ぶべきだったのかも。それにしても4種類の麺を毎日用意しているのか。大変な労力のように思うけど。
しばらくして提供されました。
渦巻くような麺のビジュアル。食べてみると、ん、とてもヌルヌルしている。だから噛み締めにくいのだけれど、小麦の風味旨味も感じられます。300gとのことだけれど、もうちょっと350gある感じ。つけ汁も具がほどほどに入っている。豚肉はやや硬かった。卓上にすりゴマはなく七味のみ。
火曜水曜休みで11時半から14時15分。
所沢市和ヶ原1-691-62
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 08:13| Comment(0) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

金笛しょうゆパーク レストラン@川島町上伊草

醤油屋の木桶うどん単品880円。
IMGP0003.jpg
埼玉県の醤油醸造所といえば「金笛」と「弓削田」が有名ではないでしょうか。この2つは結構スーパーマーケットにも置いてあったりするので入手が容易です。弓削田醤油@日高市はずいぶん前に醸造が見学できて卵かけごはんや醤油ソフトクリームが食べられる施設「醤遊王国」を作りましたが、このたび、金笛醤油の方も「金笛しょうゆパーク」というものを作りました。
すでにこちらは川越で「うんとん処初夏秋冬」というレストランを経営しているのですが、いかにも観光客狙いという感じがして、これまで私は訪問していませんでした。
さてこちらのレストラン。うどんメニューに数種のおかずがつく「おばんざい」をつけると1300円とかになってしまうので、つけ汁うどんを単品で頼みました。うどんは冷たいのでお願い。
うどんは醤油桶をイメージしたのか、木桶に入っています。量は300gほど。大盛りにしたければ+100円。小麦の風味はありませんが、食感がいいうどんです。
つけ汁は2種類ついていて、一つは肉汁。もう一つは川島町ということで、すったて汁です。どちらも自然な旨味たっぷり、というか醤油屋が経営するレストランで、ここは手抜きできない部分でしょう。
IMGP0001.jpg
レストランだけでなく、工場見学もでき、直売もあり、レンタサイクルまでありますね。
レストランは不定休で11時半から16時半ラストオーダー。
川島町上伊草660
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 17:30| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

堀兼うどん おおやま@狭山市堀兼

肉汁うどん650円。
IMGP0001.jpg
2019年の早い時期に開店。
自宅を改造して店舗にしたタイプの店。うどんメインだがそばも食べれるようだ。
肉汁うどんを注文。
割とすぐに提供されたので見込み茹でしているようだ。
うどんは300gほど。+100円で大盛りにできる。
噛み締めても小麦の風味はない。硬すぎず柔すぎずに火が通って、適度な弾力で食べさせるタイプのうどんだった。
つけ汁はしょっぱめ。卓上にはすりゴマがあった。
食べ始めるとすぐにお茶が出され、食べ終わり頃のタイミングでつけ汁を割るお湯が提供された。
店内に天ぷらやお惣菜コーナーがあったが、私の訪問時は揚げ置きの天ぷらだけで惣菜類はなかった。どれもセルフで取ってあとで申告加算されるようで100円。
日曜休みで11時から13時半ラストオーダー。
狭山市堀兼2646-9
店の所在地は、↑この地番でマップで検索するよりも、ホームページから確認するのがラクです。
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 21:09| Comment(0) | うどん(狭山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

アサイチ@清瀬市中里5

肉汁うどん680円+にんじん天100円。
IMGP0002.jpg
前に訪問したのが開店日の2015年1月だったので「そのうち再訪問しよう」と思いつつ4年と9ヶ月経ってしまいました。ようやく再訪問。
うどんは全粒粉で黒いつぶつぶが見えます。硬めの茹で上がり。つけ汁には背脂が浮かんでいます。開店初日に食べたものと、ほぼ変わりなしという印象。ということは、きちんと作り込んで完成させてから店を開店させたということになる。
駐車場がちょっと広がって、総計10台停められるようになっていました。
また、店休日が火曜日も加わって、月曜火曜祝日休みになってます。
食べログだとJR武蔵野線東所沢駅が最寄りになってますね。地図的には確かにそうだ。しかし歩いて行こうとすると途中に柳瀬川があるせいで登り下りがある。調べてみるとバスでアクセスするテがありました。昼の時間帯でも一時間に4本ある、西武池袋線清瀬駅から「台田団地」行きに乗って「下戸」で降ります。進行方向に150mほど進んだ右側に店があります。
月火祝日休みで11時から13時半。
清瀬市中里5-11
posted by ぐーたり at 08:08| Comment(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

桂@清瀬市中清戸5

肉汁うどん700円。
IMGP0001.jpg
このブログでは再掲になるが、この店は何年か前にそば専門店になり、その後またうどん専門店に戻ったという経緯がある。
実は近くを通過した際に「うどん桂」の看板を見て「おや?そば屋になったはずでは?」と調べて、またうどん店になったことに気づいた次第。
というわけで何年かぶりに訪問した。
注文するとすぐに提供されたので、見込み茹でだと思われる。
灰色のうどんは量が多めで450から500gほどあるかと思われる。汁につけずに噛み締めると小麦の風味あり。つけ汁は以前と同じように、しょっぱめ。
卓上にはすりゴマ器もあり、私が思い描く武蔵野うどんの要件をすべて満たしている。
日祝、木曜休みで11時から14時20分ラストオーダー。
下の外観画像のように、バッティングセンターに隣接していて、まるで店名が「アスカ」のように見えるのがご愛嬌。混雑時にバッティングセンターのロビーでも食べれるかどうかは尋ねなかった。
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 08:26| Comment(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

かんたろう@東所沢

肉汁うどん853円。
IMGP0001.jpg
2019年3月開店。
開店して半年ほど経過して訪問した。
うちたて家@池袋の出身ということで、あの硬いうどんでアゴが疲れてうんざりした自分としては「どうしよう。スルーするか」という気持ちがありました。が「ともあれ一度訪問しとこう」ということで。
注文は肉汁うどん。並盛りで400g。柔らかめに茹でることもオーダーできるが、まずは標準的な茹で加減で。
15分ほどしてから提供されました。
う〜む、太い。なので一本ずつ引きずり出すようにつけ汁に入れて食べる。
硬い。芯が残っているのではなく、全体的に硬い。
モグモグモグと噛みしめるが、風味はない。
うちたて家というより、大木うどん@桶川を思い出しました。
硬いうどんをひたすら噛むという作業が続くので味変したいが、七味のみですりゴマはない。
あと、メニューの値段表記は税抜きで、消費税8%を足すと上記の値段になる。
月曜休みで11時から15時、17時から21時。
所沢市東所沢和田1-44-1
JR武蔵野線東所沢駅から歩くと10分から15分
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 08:42| Comment(0) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

たまや@北埠頭

肉汁つけうどん850円。
IMGP0012.jpg
東京や埼玉から遠く離れた場所で「武蔵野うどん」を標榜している店がちらほらあるのですが、ここ神戸にあるのが「たまや」です。ポートライナーの「北埠頭」という駅(神戸空港と三宮の途中に、分岐している路線があるが、そちらにある駅)を降りてすぐの建物内にあります。
さて、どんなものか。まずメニュー。
IMGP0010.jpg
ふーん、つけ汁の種類が多いな。
あと、ランチは大盛りも無料か。それより、ランチタイムに唐揚げとライス食べ放題ってのがすごい。
オーソドックスに肉汁つけうどんを注文。麺の量は並みにしました。
店内の真ん中にライスと唐揚げが置いてあって、セルフで取るようになっている。では2個ぐらい。
IMGP0011.jpg
うん、美味しい唐揚げです。ライスは遠慮しといた。
程なくうどんが到着。
うわ、うどんを乗せている器がでかいけど、麺量は400gほどかな。しかし真っ白な讃岐うどんタイプですね。
つけ汁は……醤油感が薄いのは予想の範疇だけど、旨味も薄いかな。おあげが大きめで、豚肉はあまり旨味が多くない。
すぐ私の頭の中で「まーあれだな、外国行って寿司とかラーメンとか食べてるようなもんだからな」と思ったのでした。
それよりも、隣のテーブルの客が、自分たちがランチを食べている店がどこかを電話で説明していたのだけれど「ほら、唐揚げの店だよ」と言っていた。うどんじゃなくて、唐揚げ食べ放題の方がアピールポイントのようです。
日祝休みで11時から20時。
神戸市中央区港島中町2-1-12 北埠頭デッキプラザ 2F
IMGP0009.jpg
posted by ぐーたり at 10:04| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

うどん工房 悠々@塚口

肉きんぴらぶっかけ850円。
IMGP0003.jpg
またしても関西出張。
今回は阪急神戸線の塚口という駅で途中下車してこちらの店に訪問。駅から至近距離です。
ビル内にある小さめの店。
まずお冷やとぐい呑みに何か入っているものが提供されました。
IMGP0002.jpg
ちょっと舐めてみると、甘めの酢ですね。食前酢ですか。
注文してから、うどん種から機械切り出しをして、茹で始めます。
カウンタ席からなんとなく見ていると、いったん茹で上げた麺を、もういちど湯に入れています。何だろう?
そんな過程を経て提供されたのが注文してから10分から15分後ぐらい。肉もあり、きんぴらもありの見た目です。早速いただこう。
うどんは絶妙な柔らかさ。なるほど、この加減を調整していたのかな。柔らかいのに、密度の高い感じです。
きんぴらは合いますね。夢中で啜って食べれる品でした。
月曜休みで11時から15時、17時半から21時。日曜は通し営業で11時から20時。
尼崎市南塚口町2-1-2
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 22:14| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

にしかわ輝恵(きえ)@東村山市秋津町3

肉汁うどん600円。
IMGP0005.jpg
東村山グルメ日記2というブログを書いているマサさんのツイッター情報で久々に東村山に新しいうどん店ができたことを知る。外観画像からして自宅系なのでソソられ、出動。
所沢街道からちょっと住宅地に入ったところにあります。所沢市と東村山市の境界に近い場所。スーパー「サエキ」やドラッグストア「セイムス」が近い。一番下の外観画像のように、見事に自宅です。玄関にノレン、外にノボリがあってなんとか飲食店をやっていることがわかる。
メニューは潔く「肉汁うどん」と「冷やしうどん」の2つ。その他、店内でパンなども売っていました。
IMGP0002.jpg
まだ他にお客さんがいなかったので店内画像も。テーブル4卓です。
IMGP0003.jpg
肉汁うどんを頼むと、程なくして天ぷらを揚げている音がしてくる。ということはかき揚げ付きだと予想できました。
先に小鉢が提供されます。
IMGP0004.jpg
その後、10分ほどで提供されました。
うどんは350gほどか。短めで、小麦の風味はさほど感じませんが、いかにも手作りという太さのばらつきがあり、そこが食感にも影響しています。田舎うどんっぽさ、素朴さを感じます。
つけ汁は真っ黒。豚肉が角煮です。これは珍しいかも。そしてとても柔らかい。天ぷらはぼてっとして家庭的なもの。
店の前に2台分の駐車スペースがあります。
最寄駅は所沢駅になります。東口から徒歩10分ぐらいでしょう。
火曜休みで12時から14時と営業時間短いです。
東村山市秋津町3-22-1
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 13:10| Comment(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

秩父うさぎだ食堂@秩父市下吉田

ホエーうどん980円。
IMGP0004.jpg
ワイン醸造の「兎田ワイナリー」が併設したレストラン。
そこでちょっと変わったうどんを出しているという情報を見て訪問した。
ホエーを使用したスープのうどんだそうで、ホエーとはチーズを作る時にできるもので、それを食べさせて育てた豚をホエー豚と言って売っているのは聞いたことある人もいるかもしれない。
スープは確かにチーズの風味がある。強くはなく程よい。うどんは細麺で、かなり冷麦に近い細さ。トッピングされているのは焼きチーズとルッコラ。なるほどね。レストランなのでこの値段での提供だけど、もっと簡単な設備でいいので500円ぐらいで提供されると嬉しい。
入口のところにも「ホエーうどん」との看板があります。
IMGP0002.jpg
他のお客さんはこのホエーうどんにわらじカツを合わせて注文していました。
うどんメニューは全部で4つあり。
IMGP0003.jpg
月曜休みで11時から15時ラストオーダー。
秩父市下吉田3942
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 08:20| Comment(0) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いま井や@藤岡市上大塚

肉汁あつもり500円。
IMGP0008.jpg
メニューを見ると「白虎うどん」「大関うどん」とよくわからないネーミングがある。ま、後で調べてみることにして、スタンダードに「肉汁あつもり」を注文。
これ「あたたかいうどん」の方に書いてあって「冷たいうどん」の方には肉汁つけうどんの類が見当たらない。ところが、出て来たうどんは麺があたたかくはなかった。「あつもり」っていうからには茹でた麺を再度湯につけて提供するもの、と思っていたが違うようだ。
うどんはムニュムニュした食感の北関東うどん。量は400gほど。
つけ汁は、甘さがなく醤油味のシンプルなもの。刻みネギが青い部分も結構入っている。
天ぷらは頼まなかったが、店内に天ぷらを入れてある棚があって、そこからセルフで取って会計時に申告するというスタイル。
それから、店内がけっこう暗めだったことも特徴的かもしれない。
帰宅してから調べると「白虎うどん」は味噌味スープ、「大関うどん」は麺大盛りで肉、山菜、油揚げの入ったうどんとのことらしい。
火曜休みで、11時から15時。
群馬県藤岡市上大塚1425
IMGP0007.jpg
posted by ぐーたり at 08:00| Comment(0) | うどん(群馬県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

熊麦@行田市前谷/閉店

肉汁うどん並盛り700円。
IMGP0005.jpg
IMGP0002.jpg
小川町にあった「高見屋」が移転してこちらで2018年7月から営業開始。
席について注文すると、薬味とともにまず2枚目画像のような、無料お通しみたいなものが提供されました。これは柴漬けのポテトサラダです。
前は小高いところにあって眺めがよかったけれど、今度の店も周りが広々としていて眺めがいいですよ。窓際のカウンタ席からはこんな眺めです。
IMGP0004.jpg
すぐ前を新幹線の高架が見えて、時々列車が通過します。その向こうには随分遠くで車が行き交っているのが見えるから、国道17号ですね。ということは国道17号からもこの店が視認できるということか。
それはともかく、注文してから茹でるので15分とか20分待つことは見込んで、ゆったり待ちます。
さて、提供されたうどんは並盛りで420gとのこと。つやつやして黄色く見えます。程よい火入れ具合の噛みごたえ。噛み締めると小麦の旨味も感じます。
つけ汁は豚肉、ねぎ、油揚げなど細かく刻んであり、ごま油も使われているのかな。甘みのある汁でした。
金曜休みで11時から15時。
行田市前谷679-1
IMGP0001.jpg
朝うどんを始めましたとの告知が貼ってありました。
火曜・水曜・土曜の9時から11時。
「冷やしぶっかけうどん」「きんぴらうどん」「ジャージャンうどん」500円、コーヒー付きだとのこと。
IMGP0006.jpg
posted by ぐーたり at 19:09| Comment(0) | うどん(行田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする