2017年12月04日

将@狭山市入間川1

肉汁うどん600円。
IMGP0003.jpg
居酒屋がランチ営業でうどんを提供しているというパターンの店。いつから始めたのかはわからない。
ともあれまるで情報がないので訪問してみました。
狭山市役所にほど近い立地で、西武新宿線の狭山市駅西口からも500mほどのところにある。
いかにも居酒屋だけれど「うどん」のノボリもあるので入ってみる。
メニューはこんな。
IMGP0002.jpg
下仁田ネギを使ったネギ天うどんが気になるけれど、まずは肉汁で。
しばし待って出てきた品は、うどんは350gぐらい。うどんにゴマがかかってますが、噛み締めてみると無骨な硬さで、風味あります。つけ汁はアツアツで量が多め。
不定休で11時から14時半。
狭山市入間川1-10-6
店の前に2台ほど駐車スペースあり。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 19:36| Comment(0) | うどん(狭山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

小鹿野町地域資源活用センター@小鹿野町両神薄

ざるうどん600円+天ぷら200円。
IMGP0005.jpg
小鹿野に用事ができた。そこで前々から気になっていたうどんを食べることに。
ネット情報がほとんどないので、どんなうどんなのかわからない。でも「地域資源活用センター」ですよ。ちょっと、じゃなく、かなりソソられました。
小鹿野町の中心部からちょっと行ったところにあります。元々は両神村というところで、町村合併で今は小鹿野町になっている。私は「もろがみむら」と読むのだと思っていたけれど、違いますね「りょうかみむら」。
「道の駅」があって、そこに農産物直売所、温泉施設、そしてこの「資源活用センター」がある。
ネット情報では10時からと書かれていたけれど、10時半からでした。着いたのがちょうど10時半だったので、無駄に待たないで良かった。
IMGP0002.jpg
そば打ち体験する場所で食事も提供しているという施設らしい。
しかし開店直後だったせいか、全く暖房が効いてなくて寒い。
IMGP0004.jpg
注文して、自分でお茶を入れます。
すると「どうぞ」ときゅうりの酢漬けが出されました。
IMGP0003.jpg
さて、うどんは量は300gほど。海苔をかき分けて一本噛み締めてみたけれど、風味はなく讃岐うどんっぽいタイプでした。自分が期待していたようなうどんではなかったです。まー、情報がない場所なので仕方ない。
火曜休みで10時半から14時半。
小鹿野町両神薄2395
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 21:22| Comment(2) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秩父うどん 本家原 姉妹店@秩父市寺尾

つけ肉うどん650円。
IMGP0031.jpg
秩父市本町でやっていた「ちちぶ饂飩」が移転した店。
この日は小鹿野と秩父に用事があったので、朝めしはりんご一個だけ食べて小鹿野でうどんを食べ、そのあと小鹿野の用事を済ませて秩父に移動した。秩父ではまだ未訪問のうどん店が沢山ある。けれど情報も少ないので訪問すべきかしないでいいのか迷う店ばかり。
とりあえず秩父市寺尾にある「藤志朗」といううどん専門店に向かったが色あせた「準備中」の貼り紙があって、どうやら閉店してしまった様子。
そこで、こちらの店に向かったのだった。
立地が面白い。斜面に建っている建物の地下駐車場のようなところから入ると普通に店の入口があります。
ラーメン店みたいに券売機があって、券を店の人に渡すと水はセルフでと言われる。
割とすぐにうどんがやってくる。
忘れていたのだけれど、対面すると思い出します。そうそう、ちちぶ饂飩さんって、ちょっと讃岐うどんみたいなうどんだったよな、と。
あんまり風味は感じない麺で、量は400gほど。強い特徴があるわけではない。
しかし蕎麦の店が元々の親会社みたいなものだったのですね。それなら最初から関連あることをアピールしても良かったのでは?
木曜休みで11時から14時半。
秩父市寺尾2029-7
IMGP0030.jpg
この看板の矢印のところに入り口があって、建物の中に入ると下のような店舗入り口がある。
IMGP0032.jpg
posted by ぐーたり at 21:04| Comment(0) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

お寺うどん(ざくろ庵)@飯能市山手町

カップうどん300円+かき揚げ110円。
IMGP0003.jpg
2回フラれて3度目の正直でようやく食べることができた。金土日しか営業してないので土日に用事の入る私は結構ハードル高かった。1回目は臨休、2回目は月曜も営業しているという食べログなどの情報で月曜訪問して食べられず。
ここは屋外で食べることになるので、できれば日中まだ暖かいうちに食べたかったので、ちょっとムリヤリの段取りで訪問しました。
小屋の横の方にテーブル席ができていました。
IMGP0001.jpg
注文はこの建物(建物の名称が「ざくろ庵」で、そこを借りて「お寺うどん」という名でやっているということらしい)の下の画像の左側の窓口で注文して、受け取りは右側の暖簾がある方でというシステム。
渡されたうどんはさほど風味は感じないものの、小麦粉が新鮮な時に感じるような植物っぽい風味がちょっとある。多分茹で置きだろう、柔らかめ。汁は意外と透明だった。天ぷらはかき揚げの他に、サツマイモ天とちくわ天がそこそこの量、用意されていた。駅の立ち食いみたいなスタイルなんだけれど、紛れもなくお寺の境内というのが魅力あります。
しかし真冬とか、雨の時はどうすんだろう。
月火水木休みで10時から15時(売り切れ仕舞い)。
飯能市山手町5-17(観音寺の境内)
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 17:34| Comment(2) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

むじな庵@羽生市東8

うどん定食700円。
IMGP0023.jpg
複合施設キャッセ羽生の中でやっていた「むじな庵」が店舗として展開したとのことで、羽生市の用事ついでに訪問。
キャッセ羽生の方の店は8年前に訪問してこちらの記事にしてますが、もうどんなうどんだったか忘れてます。
さて、店に入ってメニューを見ると、うどん定食が3種類ある。かき揚げ丼、モツ煮+ライス、親子丼の3種で、うどんは暖かいのか冷たいのかを選べる仕掛け。とりあえず定食の1番目のかき揚げ丼と、うどんはもりで注文。
出てきたうどんは真っ白のツルっとしているもの。風味はなくて、悪い意味ではなく冷凍の讃岐うどんに近いと思いました。量は200gぐらいかな。
羽生産のモロヘイヤを練りこんだうどんもウリにしたいみたいです。
日曜休みで11時から15時、17時から20時。
羽生市東8-20-2
IMGP0024.jpg
posted by ぐーたり at 18:58| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

うどん家@毛呂山町西大久保

イカ玉丼ときつねうどん750円。
IMGP0012.jpg
前からある店だけれど、自分は「わざわざ訪問することはない店」ということにしていた。
しかしちょうど昼飯時に通りかかり、見ると駐車場が満杯だ。そこで一度は試してみることに。
ファミレスみたいな大きな店です。店員さんの接客もそんな感じ。
日替わりランチという感じのメニューを注文してみました。
すぐ出てくるかと思ったら、割と待たされた。20分以上。
出てきた品は、うどんはやや太めてむっちり、悪くないけれど特徴はない、やはりファミレスっぽいものですね。でも満足はさせる。大盛り無料というところが商売うまい感じです。
イカ玉丼は味がやけに薄味で、しかしご飯はべちゃっとしてました。
しかし、前からある店だと思っていたけれど、内装が新店のように新しい。もしかしたら比較的最近、リニューアルしたのかもしれません。そんなこともあって込んでいたのかな?
木曜休み
毛呂山町西大久保736-1
IMGP0013.jpg
posted by ぐーたり at 19:59| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

満つ乃@東松山

秋の天盛りうどん900円。
IMGP0021.jpg
うどんとそばの店。どちらに重点を置いているわけではなく、ウリは天ぷらのようだ。休みが不安定なのでこれまで訪問していなかった。
カウンタ席に注文してちょっと経ってから驚いたことがあった。隣り席で食事中の男性が、まるでせんべいを食べるような音を立てて天ぷらを食べていたのだ。「えっ?」と思ったが、しばらくして自分の注文の品が届き、天ぷらをかじってみると、なるほど、衣がパリパリなんですね。ザクザクと食べることになります。
うどんは350gほどと量が少なめだが、いかにも茹で立てという感じ。ちょっとねじれもあり、太さのばらつきもあっていい感じです。さほどの風味はないけれど、食感がいい。
天ぷらは量が多め。舞茸、えのき、かぼちゃ、インゲン、ニンジン。これももちろん揚げたて。画面に入ってないけれど、抹茶塩も渡されます。
食べ終わるタイミングで熱々の蕎麦湯が提供されました。
一台しか車が停まってなかったのに、店に入ると結構客がいたので、歩いて来る近所の人が多いのでしょうね。
金曜休み。月木は昼のみ営業で、11時から13時45分、17時から18時半。
東松山市本町2-2-36
IMGP0022.jpg
posted by ぐーたり at 07:58| Comment(0) | うどん(東松山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

麦香素@深谷市上原

うどんセット700円。
IMGP0026.jpg
上の画像に写っているものの他に、ライスと小さいかき揚げが後から出された。
基本的にここは蕎麦の店と思っていたので自分の訪問リストには入れていなかったのだけれど、やはり店名が気になる。「麦」と「香」だし。深谷方面に用事があり、まだ訪問していないうどん店がいくつかあったのだけれど、やはりここを訪問しようと思ったのだった。
野菜類のおかずが多いセットで賑やかな見た目。
しかし気になるのはうどんにツヤがないこと。「おや?」と思った。箸でつまんでみると、うどんがくっついていて、数本一緒に持ち上がってしまう。なんとか分離してつけ汁につけて噛み締めてみると、全く弾力はない。茹で置きで間違いない。ますや@東村山みたいなものですが、ますやのうどんは風味はあるけれど、こちらは風味も抜けている。
ますやもタイミングによっては茹でたてが食べられるように、こちらの店もタイミング次第かと思います。しかし11時半に訪問して、前客がいたような気配はないので、いつ頃茹でたものなんだろう。後客はみんな蕎麦セットを注文していました。やはりここは蕎麦なのかなぁ。
水曜休みで11時から14時、17時から20時。
深谷市上原570-1
IMGP0025.jpg
posted by ぐーたり at 08:22| Comment(0) | うどん(深谷) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

こりん@鶴瀬

うどん定食650円。
IMGP0003.jpg
うどんと定食の店。
何でもうどんは注文があってからうどん種から伸ばして切り出すという情報を読んで、訪問しようと思った店です。
最寄り駅の東武東上線鶴瀬駅からはちょっと距離がありますね。500mぐらい。
外観はちょいとくたびれた感じの小さな店です。
店内は飲み屋風。メニューは最初にうどんメニューがあるけれど、肉汁うどんはない。他は定食類。
どんなものかわからないけれど「うどん定食」を注文。
すると、オヤジさん、うどん種を麺棒で延ばして、パスタマシーンで切りました。おお。
IMGP0002.jpg
しばらくして出てきた品は上記の画像の通り。
うどんの汁は透明です。関西うどんという分類でいいかな。うどんは柔らかめですが、なめらかな食感。
具には麩や干し椎茸を戻したものなど入っていました。
水曜休みで11時15時、17時から23時。
店の隣に1台分の駐車スペースあり。
富士見市鶴瀬西2-19
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 18:56| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

はんげしょう@西宮

Aランチ(ぶっかけ、とり天、ちく天、炊き込みご飯)780円。
IMGP0010.jpg
関西では最後にこの店を訪問しました。
このセットってセルフのチェーン店よりもお得じゃないでしょうか。
うどんは推定400gぐらいあるので大盛りです。とり天が大きいのは2つ。ちくわは半分に切ってあるけれどそもそもサイズが大きい。
うどんは弾力だけでなく、旨味もあって優美さのあるもの。鶏肉はジューシー。ちくわも当然こちらのものですから旨みと食感がいい。
木曜休みで11時半から15時、17時半から21時。
兵庫県西宮市本町9-5
IMGP0009.jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

あづま@新今宮

シチューうどん500円。
IMGP0005.jpg
朝9時から営業開始なので開店を待って一番客で入る。
すぐ次の年配客が「おはよー」と入ってきて、なんかいきなり面白いことを言って店の人を笑わせる。
この店のメニューはこんなです。
IMGP0004.jpg
珍しいシチューうどんがあるのでそれが目的。
うどんはやはり茹で置きを湯がいて、そこに鍋からシチューをかける。
あっさり味のシチューです。まあ、うどんっていろんなものと相性がいいから、これも違和感なく食べられます。ゴロンとジャガイモが一個入っているのが新鮮でしたね。安っぽさはなく満足でき、体も温まる品だと思いました。
面白いこと言ってたジイさんはシチュー単品で頼んで朝から飲みモードです。やるなぁ。店内には小鉢に色々おつまみも用意されて、自分で選べるようになってました。新世界は朝から営業して、しかも客が入ってる店がありますね。自分もこの前日は西成で1600円で宿泊したのでした。
水曜と毎月10日が休みで9時から15時。
大阪市浪速区 恵美須東 2丁目5-7
IMGP0003.jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

入船@奈良県御所市

カレーうどん600円。
IMGP0011.jpg
奈良県御所市というところに用事があって行きました。
天王寺から近鉄で1時間かからないところです。途中「尺土」という駅で乗り換えて終点の「近鉄御所」へ。JRの駅もありますが近鉄の方が便が多い。
午前中に用事が終わり、ではせっかくなのでこの街で昼食をと思って検索するとこの店が出てきました。カレーうどんがウリらしいので注文。
ま、しかし、特筆すべきような特徴はなかったかな。
日曜休み(ただし春や秋の観光シーズンは営業)で、11時半から14時、17時から21時(土曜祝日は通し営業)。
奈良県御所市1117-3
IMGP0010 (1).jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

潮屋 梅田店@梅田

Aセット(うどん、いなり)300円。
IMGP0002.jpg
またしても朝うどん。
梅田の安ホテルに泊まったので朝、梅田の地下街ダンジョンに惑わされないようにできるだけ地上を歩いて「新梅田食道街」というのを探します。
なんとか見つけたけれど、ごちゃっと食べ物屋が集合しているのでさらに迷う。壁面に貼ってある案内図からこの店の場所を確認してようやくたどり着く。
立ち食い店だけれど、数席椅子もありました。
まず食券を買うのだけれど、ここでうどんか蕎麦を申告。レジ横にラップを乗せたお稲荷さんとおにぎりがあるので自分でどちらか選ぶという方式。
お稲荷さんは極めて薄味に感じました。関東のものが濃いめなのですかね。
うどんは立ち食い店なので特筆するようなものではないけれど、やはりスープがまろやかで適度な味の濃さでウマイと思いました。
無休で6時40分から23時30分。
大阪市北区角田町9-28 新梅田食道街
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

讃く@新福島

かけうどん280円+ちくわ天120円。
IMGP0009 (1).jpg
関西に出張に行ってきました。数年ぶりです。今回はちょっと知恵がついて、大阪では朝からうどんが食べられるということに気づいて、全部で5店でうどんを食べたうち、朝うどんが3店です。
順次紹介して行きましょう(毎日1店、記事アップします)。
まずはこの「讃く」の「胚芽を練りこんだ麺」がとても気になったので、朝営業で訪問しました。
朝7時から10時まで営業して一旦休み時間があるという店です。
券売機で食券を買って、あとはセルフ。
太いうどんで、黒いツブツブが目立ちます。
噛み締めると一瞬、全粒粉うどんのような風味を感じましたが、そのあとは特には感じません。それよりも太めのうどんの食感の良さが説得力あります。
何よりスープがうまいですよねぇ。尖ったところ、安いっぽいところが全く感じられない。満足感があります。
そしてやはり関西はちくわがウマイということを再認識しました。
日曜休みで7時から10時、11時から16時、18時から22時。
大阪市福島区福島2-8-3
IMGP0008.jpg
posted by ぐーたり at 19:20| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

八衛門@本庄市寿3

ランチ800円。
IMGP0047.jpg
本庄市に所用で、こちらの店でランチすることにした。
和風レストランということだが、入り口には「ランチ トンカツ チキンソテー」と書かれた立て看がある。店内入ると奥の小上がりは満席だ。メニューもあるけれどランチをトンカツで。そばかうどんが付くらしいのでうどんでお願いした。手打ちらしい。
後客は蕎麦で注文して、自分より先に提供されていたから、うどんは茹で置きではないようだ。
出て来たうどんはランチの添え物ということで少なめ。200gほど。刻み海苔がかかっているので、とりあえず一本だけつまんで噛み締めてみると、風味も少々感じるし、旨味を感じる。画像はうどんにカメラを寄せて撮っていますが、透明感のあるベージュ色でうどん単体の料理としても満足感ありそう。ということで、ブログで紹介することにします。
食後にアイスコーヒーも出ました。本当にミニサイズ。
IMGP0048.jpg
本庄駅からは距離があるので車でのアクセス必至でしょうかね。
水曜休みで、12時から14時、17時から21時。
本庄市寿3-2-35
IMGP0046.jpg
posted by ぐーたり at 07:19| Comment(0) | うどん(本庄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする