2018年03月11日

コバトン食堂@伊奈町内宿台

コバトン肉汁うどん830円。
IMGP0019.jpg
伊奈町にやってきました。ここに埼玉県民活動センターという施設がありますが、その中に併設されている食堂「コバトン食堂」で埼玉県産小麦粉を使用したうどんを提供しているということなので、食べてみることにしました。
うわ広い。200人ぐらい入れる食堂です。券売機も3台あって、昼時なので行列してます。
こういうところですから、どこかの業者に業務委託されて運営されている食堂です。あまり期待しないで「肉汁うどん」のボタンを押し、空いている席に座りました。水はセルフです。
しばらくして運ばれてきた肉汁うどんは、おおっ、なんか良さそうだ。
若干平打ちのうどんは、ややねじれが入っていてクリーム色。一本噛み締めてみると、つるっとして弾力があり。そして小麦の風味があります。
つけ汁には油揚げと豚バラ肉、ネギがたっぷり。器も厚めで冷めにくくなっている。つけ汁は甘めで濃い醤油感があります。
せっかくうどんに風味があるのだから、海苔は余計ですが、よくできた肉汁うどんだと思いました。
基本無休で11時から18時。
伊奈町内宿台6-26
内宿駅から無料シャトルバスが出ているそうです。
IMGP0018.jpg
posted by ぐーたり at 16:38| Comment(2) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

一進@府中

煮干し肉汁うどん900円。
IMGP0003.jpg
2017年7月開店。
まず府中駅直結の商業ビル3階にあるということだけでソソられない店でしたが、府中に用事ができたためにとにかく一度は訪問してみることに。
カウンタとテーブル3卓というやや狭い店。こういう立地だからどこか外食産業のアンテナ店だろうと思っていたけれど、メニューに「個人店です」と書いてある。
「当店一押し」とか書いてある上記の品を注文。ランチタイムは中盛り(350g)大盛り(420g)への増量無料とのことなので大盛りに。ちなみに並は280g。
しばらくして出てきたうどんは、白く、むっちりしています。やや硬い食感。風味はありません。
つけ汁の方は醤油感がなくて、多めの玉ねぎみじん切りが投入されていました。煮干しと名乗っているけどいわゆるニボニボ感はない。
おまけのように付いているたくあんとキンピラは業務用丸出し。
無休で11時から22時半。
中市宮町1-100 ル・シーニュ 3F
IMGP0002.jpg
ここは福祉系の店なのだろうかと思うほどにホール係の動きが極端に悪かったのだけれど、うーん、たまたま入ったばかりで要領が悪かったのか、ホントに福祉雇用なのか。
posted by ぐーたり at 18:27| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

穂乃香@出屋敷

ひやかけ300円+かき揚げ100円+ゲソ天120円。
IMGP0013.jpg
関西でのうどん店訪問は「この店に行こう」と決めて訪問しているのではなくて、その日の行動に応じて「ではこのエリアだとここかな」というふうに決めてます。
この日は尼崎辺りだったので、食べログの点数も高い「穂乃香」へ。
おお、なんとも気取ってない店構えです。引き戸を開けて入るともう目の前でうどんをトントン打っている。奥の方に天ぷらが並んでいるのが見えます。
で、上記のようなチョイスに。
うどんは弾力あります。でも強情ではない程よい弾力。
天ぷらは冷めているけど衣がパリパリ。
と思ってゆっくり食べていると後客がどんどん入って来ました。なぜか「肉うどん」注文率が高かった。それがメイン?
月曜休みで10時から18時。日・祝は16時まで。
尼崎市神田中通4-157-1
IMGP0012.jpg
posted by ぐーたり at 21:20| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天政@なんば

きざみうどん270円。
IMGP0002.jpg
朝うどんは今回はこちらで。
270円です。朝の8時前。これから仕事に行く人ばかり、黙々とうどんをすすっています。
うどんは茹でたものだし、スープもちょっとギスギスして安っぽい。
でもたんまりと青ネギを盛って、なぜか刻んだ油揚げも妙にウマく感じる。
う〜ん、なんででしょうね。
無休で7時から24時。
大阪市中央区難波3-3-3
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 20:59| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ輪本店@東梅田

竹天釜玉770円。
IMGP0007.jpg
以前、東貝塚まで行って食べた「うつ輪」だけれど、そのあと梅田に進出して来たのね。
しっかりした讃岐うどんなので前とは違うメニューをいただきます。
うどんはもう言うことなし。
ちくわはいかにも「魚の練り物」という風味と味わいがあります。やはり関東で手にはいるものとは違うように思います。
11時半から15時、17時半から22時。
大阪市北区西天満6-9-21
IMGP0006.jpg
posted by ぐーたり at 20:45| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すずめ@三宮

かけうどん490円+とり天140円。
IMGP0002 (1).jpg
三度目の関西出張です。今回は4つの店でうどんを食べることができました。一気にアップします。
まずは三宮(神戸)。
駅周辺で目に付くうどん店はここしかないので迷うことなく訪問。
讃岐うどんですが、創作メニューも加わっている。店内入るとほぼ満席です。
基本のかけうどんを頼んで、セルフで天ぷらを取って来ます。もしかすると席に着く前に天ぷらを取るのがローカルルールなのかもしれないけど、着席してから取って来て店の人に申告しました。
おお、カツオの香りが強烈に立ち上ります。鳥天も画像の見た目より大きく、モモ肉です。
しかし隣席の人は創作メニュー「山形豚と白菜うどん」を食べていて、これがなかなかウマそうでした。ああ、また関西出張ないかなー。
土曜休みで11時から14時、18時から20時。
神戸市中央区雲井通4-1-23
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 20:32| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

和屋(なごみや)@本庄市けや木

塩肉並600円。
IMGP0002.jpg
2018年2月開店。
塩肉というメニューがちょっと珍しかったので注文すると「普通の塩と塩麹とあります」と問われたので「塩麹で」とお願いした。
店内はちょっと暗め。元は居酒屋か何かだったのだろうか。
15分ほど待って提供された。
うどんは平打ちやや細め。並で400gほど。噛み締めると小麦の味わいが感じられました。
つけ汁はやはり塩ラーメンを思い出してしまう味わい。
柚子胡椒を出された。卓上にはごますり器もありました。
日曜休みで11時から14時半ラストオーダー。
本庄市けや木2-1-10
駐車スペースは店舗の裏側に4台分あります。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 17:26| Comment(0) | うどん(本庄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

偉駄天@上里町七本木

偉駄天うどん600円。
IMGP0025.jpg
2017年8月開店。
「韋駄天」ではなくて「偉駄天」が正式な店名。
ガラス窓が多くて開放的な店舗です。
メニューはこんな。
IMGP0024.jpg
色々具が入っている偉駄天うどんを頼みました。
割とすぐに提供されたので見込み茹でかも。
麺は柔らかめで風味はなく讃岐っぽい。350gほど。
つけ汁は具が多めなんだけれど、きんぴらゴボウ味という感じで妙に甘くてちょっと自分の口には合わなかった。
月曜と第1・3火曜休みで、11時から14時半ラストオーダー、18時から20時半ラストオーダー。日曜は昼のみの営業。
上里町七本木2528
私が出るときに入って来た車が縁石に擦っていました。確かに駐車場へ入るために開けてある縁石が狭い。ご注意ください。
IMGP0026.jpg
posted by ぐーたり at 18:19| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

小江戸っ子うどん@本川越

肉汁うどん並780円。
IMGP0021.jpg
2016年3月開店。
訪問してみると「あれ、ここ来たことあるぞ」と思った。そうだ、ここでやはり肉汁うどんを食べたことがあった。カフェ☆スピカという店だった。この記事です
うどんは並で350gほど。もっちりと密度のあるうどん。つけ汁の豚バラ肉がうまい。
って、もしかしてカフェ☆スピカと同じ人がうどん専門にして始めたのかな?
場所柄か川越散策に来た人がふらりと入ってくるパターンが多いようだ。平日の訪問だったけれど結構流行っていました。
月曜休みで火曜から金曜は11時から14時半、18時から21時。土日祝は11時から15時半。
川越市連雀町16-4
IMGP0020.jpg
posted by ぐーたり at 17:26| Comment(0) | うどん(川越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

林製麺所@朝霞市根岸台

ゆでうどん(1玉=110円)
IMGP0019.jpg
何年か前、玉売りしてるうどん店をいくつか訪問したことがありました。器とめんつゆを持参して、車の中で食べたりしたのでした。この林製麺所にはその時は訪問してなくて、長い間、気にはなるけど訪問していないでいたのでした。
玉売りうどんを買って食べる難点は、まず茹でられたうどんが冷めているということ。そして、大体の店では天ぷらなどが買えないということです。
それでちょっと思いついた方法があるので、試してみることにしました。
まずは林製麺へ。うどん・そばを買えるのは朝霞市内に3ヶ所ありますが、本店で買うことにしました。店の向かいに結構停められるスペースがあります。
量がわからないので2玉買いました。1玉110円。渡されるとずっしり重い。2玉だから220円の買い物なのに、上記画像のようにお茶のミニ缶付きです。申し訳ない。もっと生麺とかも買えばよかった。
1玉で350gありそうなので、1玉だけ持参した丼に入れます。そしてレジ袋に入れてスーパーマーケットへ。そこの惣菜コーナーで天ぷらを買います。かき揚げ1つ110円。会計を済ませて、持参したうどん玉入り丼に買ったかき揚げを乗せ。もひとつ持参したうどんつゆを注ぎ、スーパーにある電子レンジでチンしました。
IMGP0020.jpg
そして駐車場の車の中でいただいたわけです。とってもお安く済みました。
林製麺の茹でうどんは褐色で太さもやや不揃い。埼玉産地粉使用とのことで風味も感じます。肉汁だけ作れば、うどんはこちらで調達して武蔵野うどん店が開店できます。
営業時間は店のHP見ても掲載されていないのですが、昼食時間前ぐらいに買いに行けば茹でうどんができているはず。日曜休み。
本店は朝霞市根岸台2-12-13
朝霞駅前店は朝霞市仲町1-4-40
ひざおり店は朝霞市膝折町1-9-44
IMGP0018.jpg
posted by ぐーたり at 06:54| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

肉吸い とみ一@武蔵藤沢

肉うどん大790円。
IMGP0002.jpg
2017年11月開店。
「あれ? TOMMY(十三)が早くも移転して開店したんだろうか」と思ったけれど、違いました。「トミー」ではなくて「トミイチ」と読む。「肉吸い」というからには大阪うどんの店だ。珍しい。というか、お客さんに受け入れられるでしょうか。ともあれ訪問。
「肉吸い」は「肉うどんのうどん抜き」というわけですが、その他に肉うどんとつけ麺タイプもあります。
スープは無化調だとのこと。ならばつけ麺タイプよりもむしろ、たっぷりスープを味わいたいので肉うどんで。しかも大盛りにしちゃえ。
結果、かなり量が多めでした。ちと苦しいくらい満腹になりました。
うどんはやや細めで、硬くもなく柔くもない茹で加減。
スープは最初とても薄く感じるけれど、最後になるにつれてその自然な旨味を感じられます。
卓上には七味。別皿でゆず皮。
不定休で11時から21時。
入間市下藤沢310-3
駐車は店の入っているビルの横3台と、道路向かいの駐車場の中に3台分あり。
IMGP0003.jpg
posted by ぐーたり at 15:51| Comment(2) | うどん(入間) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

のうぼ@久喜市下清久

もりうどん(小麦麺)並 518円。
IMGP0024.jpg
もりうどん(ごぼう麺)並 583円。
IMGP0025.jpg
2017年12月開店。
ごぼうを練り込んだうどんがウリのようだ。そして店の名前は「武蔵野うどん のうぼ」。はて? ごぼう練り込みうどんで検索してみると新座の製麺店が出てくるけれど、どんなうどんなのか想像できない。ちょうど久喜市に用事ができたので訪問してみることにした。
元はコンビニだったところをうどん店にした店で、なかなか広い。
すでにお客さんがいたので、奥の方だけ。こんな感じ。
IMGP0023.jpg
この内装を見るとどこかの外食産業が手がけた店のように感じたのだけれど、店内に流されている音はラジオで、しかも音が割れている。むむ?
お店のスタッフは全部で7人いる。
メニューはこんな。外税なので上に書いてある値段は消費税を足してます。
IMGP0022.jpg
こちらは「小麦麺」で、裏は「ごぼう麺」になっている。ちょっと「ごぼう」の方が高い。
並は300gで中が500gらしい。なので「もりうどん」を小麦麺とごぼう麺どちらも頼んだ。600gなら食べられるし。
最初に小麦麺の方が提供される。
ツヤツヤとしたちょっと長めの麺。弾力が強め。噛み締めても風味はない。さらに噛みしめるが、旨味もさほどない。アゴが疲れるタイプです。
しばし遅れてごぼう麺が届く。
ちょっと黒っぽくて、全粒粉うどんのようなツブツブが見えるけど、これがごぼうってことか? 噛み締めると確かにごぼうの風味がある。しかし「なるほど」とは思うけれど「うまい!」とは思えないなぁ。ちょっと企画倒れのように思ってしまう。
あといくつか気になることがあり、ネガティブなことなんで一番下にまとめて書きます。
月曜休みで11時から15時。
久喜市下清久640-1
IMGP0021.jpg
気になるのは天ぷらがやけに高いということ。ささみ天380円、エビ天310円、イカ天280円、しいたけ3個450円だ。他の武蔵野うどん店をリサーチした上でこんなラインナップにしているのだろうか?
冬なので自分を含めて大抵の客がコートを着ている。しかしそれを掛けるハンガーとか、入れる箱のようなものがない。開店して一ヶ月以上経ているのに、気づいていないようだ。
注文の時にこちらが「小麦麺」と言うと「白ですね」と言う。メニューには「白」とはどこにも書かれていないので戸惑う。
ラジオの音が割れていることも含めて、このような外食営業に手馴れていない側面がいくつもあった。今の所はお客さんが入っているけれど、早いうちに色々と修正した方がいいと思います。
posted by ぐーたり at 18:05| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

さかもと@羽村市富士見平1

肉汁うどん760円+ごぼう天100円。
IMGP0004.jpg
IMGP0005.jpg
2017年10月開店。
駅からはちょっと遠いのですが、羽村市動物公園のそばにできた武蔵野うどん店。着いてみるとなかなかお洒落な店です。肉汁うどんと、ごぼう天を注文。
その日に提供できる野菜天は壁に提示されています。こんな感じで。
IMGP0003.jpg
最初に前菜が提供されました。
コンニャクと卵焼き。
IMGP0002.jpg
それからしばし待って出て来たうどんは量は400gぐらい。ツブツブが見えます。噛み締めるとよく火が通って柔らかめ。小麦の風味も感じます。
つけ汁には油揚げとねぎ、それから厚めで柔らかい煮豚が入っていました。卓上にはすりごまはなくて七味あり。
ごぼう天は長さ7〜8センチのもの。器に塩が盛られています。
またつけ汁の割湯も出されました。
日曜と第3月曜休みで11時から15時、17時半から20時半ラストオーダー。
羽村市富士見平1-7-16
店舗前3台と、店から南東に130メートルのところに2台ぶん駐車スペースあり。
(追記…下の外観画像の背後に広めの駐車場があって、その奥の方から二番目のスペースにも一台分確保してあるそうです)
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 15:26| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

こぶし@JR立川駅構内

肉汁うどん730円。
IMGP0002 (1).jpg
甲府出張の翌日、どこかでうどんを食べて帰ろうかと思いました。車でないので甲府駅近くに限るのですが、朝からやっているような店もなく、そのうち「そうだ、立川駅構内の武蔵野うどん店」と思い出し、さっさと中央本線に乗ってしまいました。立川駅の改札の中にあるので、ちょいとハードル高い。
駅なかというと三鷹駅でも武蔵野うどんが提供されている店がありますが、こちら「こぶし」はもっと落ち着いて食べられるような感じ。
しかしさほど待たせません。やはり見込み茹でのようです。量は300gほど。しかし麺には胚芽らしきツブツブが見えます。噛み締めると芯まで火が通っていて、強くはないけれど風味もあります。庄司グループのうどんに近いタイプ。
つけ汁も椎茸など入っていて、よくできてます。小皿できんぴらも。
麺は+150円で1.5倍、+200円で2倍にできますね2倍だと約600gぐらいになって、豪快になるけれど、そうなるとお値段も930円になってしまいます。
基本無休で7時から22時(日祝は21時)。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 16:04| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちよだ@甲府

おざら720円。
IMGP0002.jpg
甲府に出張してきました。ほうとうをウリにしている店がいくつかありますが、つけ汁うどんである「おざら」というものもあるということで、甲府駅近くのこちらの店を訪問しようと思いました。
ちょうど昼時。店の近くまで来ると、結構行列している飲食店もあったりします。
しかしこの「ちよだ」さんは扉を開けて入ると前客なし。地元民には支持されてないのか?と思いましたがまあいいや。「おざら」を注文します。
壁に「おざらは15分かかります」と書かれている。ところがっ、あっという間に提供されました。なんだよ、茹で置きかい。
見た目は平打ちの麺が複雑に歪んでいて、いい感じなのですが、茹で置きのせいか、いきの良さが感じられません。風味もなく、評価ポイントがどこにも見当たらない感じ。
日祝休みで11時半から13時半、17時半から22時半。
甲府市丸の内2-4-8
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 15:48| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする