2006年08月10日

虎楽@東村山市青葉町

タンタンメン840円。
06080902.jpg
こりゃあタンタンメンではない。せいぜい辛味ラーメンといったところでしょう。そう思ったのはジーマージャン(ねりゴマ)の味がしなかったから。
スープとタレはしょうゆラーメンと同じだろう。そこにラー油が投入されているだけで、あとは具のニラ、ザーサイ、豆板醤をかけたネギが刺激を高めている。薄っぺらいチャーシューはいらない。
この店はやっぱりメンマが最大の魅力かなぁ。
posted by ぐーたり at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンタン麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

茶語(チャユー)@新宿高島屋6F(初)

冷やし麺セット1575円。
06072302.jpg
東急ハンズに用事。時間がないのでこの中国茶の店で昼食を。
たしか茶の入ったカレーがあったはず……、げ、1900円かい。というわけでこちらの冷やし麺セット(正確なメニュー名は忘れた)を注文。
まずはふた付きの湯のみで中国茶が出される。角のないまろやかな味。
冷やし麺とは、いわゆる汁なし冷やしタンタン麺。麺は細く、噛むとブリッと切れるタイプ。パクチーも乗っている。際コーポのような攻撃的なスパイシーさとは対極にあるような、穏やかなスパイシーさ。酸味、辛みも程よいぐあい。量は少なめ。
セットになっているスープに入ったワンタンは、エビに肉が巻いてあるような具で、これまた美味。かなり大ぶりで3個。
写真にはないが、このあと杏仁豆腐がくる(マンゴープリンの選択もできる)。これが量多めなので、トータルでちょうど満腹になった。
セットで1575円になるわけだけれど、冷やし麺750円、ワンタン350円、杏仁豆腐250円、中国茶225円というふうに割り振ると高くはないと思った。
この店はチェーン店ですな。あちこちに店舗があります。
http://www.chayu.net/
06072304.jpg
posted by ぐーたり at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | タンタン麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

櫻座@小手指/新所沢

担々麺700円。
06031902.jpg
子連れだったので醤油ラーメン650円も頼んだ。
06031903.jpg
この店はもとうどん店で、ラーメン店らしくない広い畳敷きの広間と下の写真のような庭園が特徴。
醤油ラーメンはやわらかい出汁で、インパクトはないもののこの値段で満足できるもの。今回初めて食べてみた担々麺だが、ゴマ風味を前面に出したもので、これまたおだやかながら、よくバランスのとれた仕上がりだと感じた。
国道463沿いにあり、ちょうど西武新宿線の新所沢駅と西武池袋線の小手指駅の中間ぐらいの場所にある。道路沿いに数台と、店の裏に数台駐車スペースがある。
最近のラーメン店ではめずらしく禁煙ではない。入口近くに待たされるが、そこが煙草の煙が充満していたので、ちょっと離れたところに立って待っていた。改善してほしい。
06031904.jpg
posted by ぐーたり at 08:53| Comment(2) | TrackBack(1) | タンタン麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

始皇帝@北千住(初)

担々麺700円。
06030704.jpg
北千住に用があったので「とらさんサーチ」でラーメン店検索をするとこの店をはんつ遠藤氏がオススメしていたので訪問。担々麺の専門店です。とらさんサーチに記述されているカレー湯麺やマーボタンメンはなく、担々麺の他は棒棒鶏冷麺と水餃子があるだけ。
新しい店かと思ったら、そうではない。コック帽の初老の男性がひとりでやっているカウンターだけの店。しかし朗々とクラシック音楽が流れている。店内に貼ってあるポスターもクラシックコンサートのもの。唐突にもうつぁると@あきる野を思い出す。東京の東端と西端のクラシック系ラーメン店か。それはともかく。
写真では味噌ラーメンのような色合いに見えるが、辛みはきちんとある。スープは最初、薄っぺらく思えるが、食べ進むうちにあれこれ混じり合い、最後はよいバランスにまとまるつくり。
西口のサンロードを北上して、ミニストップのところで左折してすぐにある。11時半から21時の通し営業で月曜休み。
06030705.jpg
posted by ぐーたり at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タンタン麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

担々麺杉山@青梅市今寺

担々麺780円。
05120102.jpg
タンタン麺というカテゴリをつくったがしょっぱなはつまずいた。そこで「わりと最近、うまかったタンタン麺は何だったっけ?」と自問して、この店を思い出した。
以前は五目やきそばもあったはずだが、タンタン麺一本にしぼっている。潔い。特徴としてはローストしたエビが乗っているところ。カリっとしていて頭から食べられる。というか、そう食べて下さいと店内に書いてある。サービスでライスと杏仁豆腐とジャスミンティーがつく。ライスは断ったが、残ったスープに投入して食べることがオススメされている。食後に出て来る杏仁豆腐はヒリヒリした口のなかに心地よい。
さて、肝心の一本勝負の品。やはりとてもレベルの高いデキだった。一言でいってしまうとバランスのよさ。タンタン麺は、辛さ、酸味、ゴマの味、ベースのスープの出汁、辛さ以外のスパイスといういろんな要素で成り立っているので、きっちりバランスを取るのが難しいのだろう。何かが突出してしまうともの足りないデキになるし、何かひとつの要素のレベルが低いだけで全体が悪い意味で下品になる。そこらへん、うまいことバランスがとれて成立しているのがここのタンタン麺だ。
香菜(パクチー)が乗っているので嫌いな人がご注意を。またザーサイ(小皿で80円)というのも合うように思う。
05120103.jpg
posted by ぐーたり at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | タンタン麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

龍高飯店・担担麺房@高田馬場(初)

担担麺750円。
05112002.jpg
タンタン麺ってものもラーメンとはちょっと異なる評価軸をもっていると思う(そんなこと言うと限りなく細分化していくことになるけど)ので、新たにカテゴリをつくった。
タンタン麺のみに特化したサイトとして「So tasty」というのがある。ここの評価でこの店が高得点をつけていたので訪問してみた。場所は山手線の外側、さっぽろ純連の向かい。
スープは、最初から最後までまとまりに欠けた感じ。麺は札幌ラーメンによくあるようなもの。というわけでまったく好みではなかった。残念。考えてみれば上記サイトの人は、私が好みでないしょうらい亭@所沢のタンタン麺にそこそこいい評価をしているので、求めているものが違うのだろう。
では私の求めるタンタン麺の理想像は、というと、これまたアイマイだ。辛すぎるのもいやだし、際コーポ系のスパイシー過剰なのも胃がついていかない。ゴマが強いのもイマイチ。どこか基準にできる店を見つけられれば、そこからの比較でインプレも書きやすいのだが。
05112003.jpg
posted by ぐーたり at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タンタン麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする