2005年11月08日

吾作屋@ふじみ野(初)

カレー南蛮950円。
05110704.jpg
どちらかというと蕎麦の方がメインの店のようだが、うどんは岩手産の地粉を使用とのこと。しかしカレー味に隠されて麺がどんな感じかはわからない。
カレー汁はわりと辛みが強い他はバランスのいいつくり。ま、この値段だし。しかし「とき」のようにしゃきしゃきしたタマネギが欲しくなった。ここのは熱が通りすぎて固くなったネギが入っているのだが、これはいただけない。また、カレーものを食べ終わったあとには水が飲みたくなる。しかしここはお茶しか出てこない。カレー南蛮を注文した客だけには水を出すような気遣いも欲しいところ。
駅からは徒歩10分ぐらいか。東武東上線の東側、長沢病院のそば。店の横に8台ぐらいの駐車スペースあり。木曜休み。
05110705.jpg
posted by ぐーたり at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラヰ@ふじみ野(初)

カレーうどん788円。
05110702.jpg
これは失敗。袋麺に粉末のカレースープがついているもののような品だった。出汁の味もスパイスの風味も微少で、ただ胡椒だけ突出して感じる。駅の立ち食いのカレーうどんの方が好みだ。
アウトレットモールリズムを抜けて、その先の大きな建物の中を通り抜けたところにある。駐車は店裏に数台。火休みで、11時半から15時、17時から21時。
05110703.jpg
posted by ぐーたり at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

とき@東村山/閉店

カレーうどん800円。
05110402.jpg
カレーうどんというカテゴリをつくったので、張り切って「とき」に出かける。11時40分ごろ到着すると外に人がいるので「!」と思ったが、煙草を吸っているだけだった。それでも続々と人がやってきて、まだ誰もうどんにありついていないのに満席になった。
待ち時間は30分ぐらいか。カウンタ奥に座っていたので店主が「はいよ」と盆を渡してくれる。席から立ち上がって受け取り「おおっ!」。写真の通り、酒で言えば盛り切りだ。みごとに丼のふちまでぎりぎり入っている。そろりそろりと置く。
粉の風味を感じさせる力強い麺と、カレー汁ががっぷり組み合っている。カレー汁はわりとオーソドックスだが熱しためんつゆに肉を入れ、そのあとカレー、最後にたまねぎ。なので肉のうまみもあり、たまねぎのしゃきしゃき感もある。麺は最後までへたれず、カレー汁に負けなかった。「しなの」の溶けそうにやわらかい麺とは対極にあって、どちらも「あり」だと思う。
ところで前にも書いた工事だが、まずは水道工事から始まっていて「とき」に入っていく路地には入れなくなっている。そこで、前に紹介した「路駐だけど迷惑にならないところ」への別のアクセスを紹介しよう。「とき」へ入る路地を通過して、赤い欄干の小さい橋を越えたら右へ。道はゆるやかなS字になっているが、200mほど直進したところに横断歩道がある。ここを右折。突き当たりが小学校の校庭なので、また右折すると前に書いた場所に出る。ここは小学校裏門から下校時には小学生が出て来るのでくれぐれも運転は慎重に願いたい。下の写真は目印になる「横断歩道」。しかしここまで路駐にこだわるよりは、前に書いたようにイトーヨーカドーに停めてしまう方が簡単だと思う。
05110403.jpg
posted by ぐーたり at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

しなの@久米川(初)

カレー南蛮(うどん)630円。
05110105.jpg
ここは基本的には蕎麦屋なのだろうけれど、うどんやラーメンもある。以前から気になっていた。蕎麦屋で出すラーメンは意外とあなどれなかったりするからだ。中華料理店だとスープを他にも流用するためにあまり濃厚に出しをとらないのだが、蕎麦屋ならそんな縛りはない。
というわけでラーメン470円を食べようと思ったのだが、気が変ってカレー南蛮を注文してしまった。とろみのあるスープはカレーとそばつゆの「かえし」が混ざって、甘く酸味もある。蕎麦屋のカレーの典型でしょうかね。うどんは溶ける寸前のようにやわらかい。さぬき系セルフ店のカレーうどんとはまた違って、これはこれでとてもうまい。そう言えばカレー南蛮の発祥は、早稲田の三朝庵だとか。毎週早稲田には出向いているのだが、夕方からの仕事なのですでに閉店していて入ったことがないなぁ。しかしカレー南蛮ってのはジャンルとしては「カレー」の範疇に属するようにも思う。よしわかった。カレーうどんというカテゴリをつくろう。
場所は西武新宿線久米川駅を北口、南口どちらに出ても新宿方向に戻るように歩き、最初の踏切があるところ。徒歩5分もかからない。
05110106.jpg
posted by ぐーたり at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

鬼うどん金勝@小川町(初)

カレーうどん785円。
05082405.jpg
Qタローさんサイトでは「茹で時間30分」と書いてあるような極太麺だ。ということは注文を受けてから茹でるのは不可能とみて、カレーうどんを注文。やがてカレーのよい香りとともにやってきた。極太でありながら芯まで火が通っていて、讃岐うどんに似た強い弾力のある麺。写真では量が少なく見えるが、麺が太いのでじつはけっこう量はある。この日は連食だったのだが、難なくペロリと平らげられた。
場所はJR八高線竹沢駅前を通っている国道254の旧道を、小川町の方から来たとして、竹沢駅を過ぎ、八高線の下をくぐってちょっと進んだ右側にある。ちょっと峠のドライブインという風情で、店内は広い。11時から14時、17時半から20時。月曜休み。
05082406.jpg
posted by ぐーたり at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

神夢彦@高田馬場(初)

肉味噌カレーうどん680円。
05050801.jpg
さかえ通りの奥の方に、たぶん今年になってからできた店。カレーうどんがウリらしいので注文。ちなみに店名は「かむげん」と読む。HPあり。
ちょっと前、このブログを始める直前に明治通り沿いにできたカレーラーメンの実之和に行って、あんまり思わしくなかったのだが、こっちはOK。この値段でこの味なら納得。麺が讃岐うどんなので、ぶっかけもいずれ食べてみようという気になった。ぶっかけとかけは480円。このカレーうどんも含めて、並(250g)中(350g)大(450g)が同価格というのはポイント高いかも。私は中でいきました。トッピングの天ぷら類もいろいろあって、100円の揚げ餅なんてカレーうどんによく合うでしょうな。年中無休で11時から15時、17時から22時。
(2005年1月、閉店したようです)
posted by ぐーたり at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ウエスト@狭山市広瀬(初)/閉店

牛カレーうどん530円。
05050301.jpg
まずは本橋@狭山が丘に行くがGW休業。書き忘れたが昨日も最初は大助うどん@西大泉に行ってGW休業でフラレたのだった。そこでR463バイパスを飯能へ。しかし宮前うどんも休みだし、次の利根うどんも休み。こうなると打つ手がなくなり、だらだらと車を走らせているとあったのがこのチェーン店。
ここは博多うどんを標榜する店。ちょいと前に東京駅八重洲地下街の博多うどんを食しているので今日は無難にカレーうどんにした。メニューは多彩で、丸天、ごぼう天はもちろん、ぶっかけもあり、トッピングの天ぷら類もそこそこある。ほどなくして出てきた品は、やはり麺は柔らかい。しかし切れやすいということはなく、食感はいい。カレースープは「辛さを調節してください」とハウスのガラムマサラが一緒に置かれる。とろみがあまりなく、さらっとしたカレースープだ。甘みとかも強調されておらず、食べやすい。カウンタ上には天かすと刻みネギが入れ放題になっている。刻みネギを入れるとネギの風味とけんかして、嫌う人もいるだろうけれど、私はOKだった。
ところでっ!宮前うどんに向かうため、R463バイパスからそのままR299あじさい通りだったかな、とにかく直進していくと、斉藤物産とかいう「うどん&そば」店がある。その駐車場にあった看板がこれ。
05050302.jpg
どうですか。偽ミッキーのみけんの縦じわがいいですね、あやしくて。写真を撮っただけで素通りしたけど、食べてみてもよかったと今になって後悔。
posted by ぐーたり at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーうどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする