2010年04月01日

桃華園@大波止(初)

皿うどん630円。
10033102.jpg
皿うどんの情報って期待したほどは見つからないのですが、この店を絶賛する書き込みが複数あったので訪問することにしました。
小さな店です。
開店11時半の10分前に到着したのですが、もう開いていました。先客2。
厨房はとなりにあるらしく、店の外から持って来ます。
さて皿うどん。具が多いです。そして甘めの餡。まろやかなうまみ。多めのボリューム。これで630円だからコストパフォーマンス抜群でしょう。
11時45分を過ぎたころから客が次々やってきて満席になりました。観光客ではなく地元の人たちです。こういう店はいい店だ。
というわけで長崎皿うどんは2店だけでおしまい。
10033103.jpg
posted by ぐーたり at 09:47| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

康楽(かんろ)@思案橋(初)

皿うどん850円。
10033002.jpg
長崎に到着したのは夜。ホテルにチェックインしてすぐ外出、まずは「とも也」という讃岐うどんの店に向かいました。ところが「木曜は昼営業のみ」ってことで閉まっています。がーん、いきなりつまづいてしまいました。まずはこの店でとの計画で、ホテルもその近くにしたのに。
しかし今回は「フラレたら代替案はなし」なので、そのままひと通り用事を済ませます。
そして思案橋へ。
皿うどんを本場で食べてみる店として、2店選んだのですが、そのひとつ「康楽(かんろ)」です。しかし小さめの店で、外から見たら満席です。
しかたないので店のある飲屋街をもうちょっと進んだところにある「武将門」という焼き鳥屋で飲み食いしてしまいました。
そうしてようやく康楽に入ります。もう23時過ぎだというのに、やはりほぼ満席状態。皿うどんとビールを頼みます。
そうこうしているうち、相席になったオッサンと話がはずんでしまって、楽しく飲み食いしたわけですが、ありゃー、肝心の皿うどんのことが思い出せない。
だめですね、酔っぱらっていると。
逆に、居酒屋ルポする人って、よく覚えていられるもんです。
というわけで、こんな調子で毎日一店ずつ書いていくことにします。
10033003.jpg
posted by ぐーたり at 09:17| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

みはら@新所沢(初)

皿うどん850円。
10012802.jpg
路駐困難な立地のためにこれまで訪問していなかったが、駐車場があるということなので訪問。
店舗北に「富士住販」という建物があり、その先の路地を入ったすぐ右の駐車場の5台目のところがそれ。
ちゃんぽんと皿うどん、それからいくつかサイドメニューがあるだけ。
注文するとすぐに強火で具を炒め始め、さくっとできあがってきた。
箸で突くと、おおっ、具がたっぷりです。そして具の種類も豊富。カキが一粒入っていたりします。
味は塩味であっさりと。ソースでカスタマイズしながらいただきました。
月曜火曜水曜休み。
10012803.jpg
posted by ぐーたり at 08:44| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

ばってん亭@東大和市新堀1(初)

皿うどん800円。
09111602.jpg
だらだら検索していて見つけた店。
こんな場所に長崎ちゃんぽんの店があるとは知らなかった。新堀1丁目は東大和市の東端で、すぐ東村山市富士見町になる場所なのに。(これが東村山だったらとっくの昔に「東村山グルメ日記」がレポしていたでしょうね)
行ってみると「光商店街」といって、かつてはこじんまりとした商店街だったのでしょう、いまはぽつぽつと生き残っている店と、飲食店だけです。表通りには面していない、隠れ家的立地で店がありました。
ちょうど出る人と入れ違いになったのですが、おおっ、出る人がいなかったら満席だったじゃないですか。
そしてもひとつ「おおっ」と思ったのは、まだ片付けられていない丼がデカいこと。
「これをどうぞ」とお通しみたいなものが出てきました。
09111603.jpg
大根の煮付けですが、色が濃いのでわかるように、かなりしょっぱい。ビールが欲しくなります。
って、小上がりは宴会モードになってる。窓をふさいでいるので、昼飲み向きのつくりではあります。私のあとから来店したおじいさん、いきなり熱燗だし。
そうこうしているうちやってきた皿うどんは大盛り状態。最初からソースをかけてジャンクな味わいにしていただきました。
この店、ラーメンブログでも複数件とりあげられていたのだけれど、どちらも「汁なしちゃんぽん」を食べていた。少し話題になったことがあったようです。焼きラーメンみたいなものらしい。
どの駅からも遠いので、わざわざ遠くから訪問することはオススメできないけれど、生き残っているだけの魅力は感じました。
水曜休みで11時から21時。
喫煙OK。
駐車場はないと思います。各自工夫のほどを。
09111604.jpg
posted by ぐーたり at 10:21| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

はしばやん@渋谷(初)

長崎皿うどん890円。
09072002.jpg
チェーン店っぽい外観の店だが、それほど多店舗展開しているわけでもなさそう。以前は「中央軒らんたん亭」という名でやっていたようす。
皿うどんは細麺のみ。
かなり量は多めです。
麺が柔らかい。揚げ麺なのだけれどふわっとしている。パリパリ麺だとたまに口の中で突き刺さるような感覚があるけれど、ここの麺はさっくり砕けていく食感だ。色も濃い。
魚介肉野菜は味が濃いめ。しばらく食べてからソースをかけたのだけれど、さほど味に変化がない。そこでカラシで味を変えてみたりしました。
明治通り沿いの渋谷警察向かいあたり。つけ麺やすべえのとなり。
09072003.jpg
posted by ぐーたり at 11:57| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

來來來@三軒茶屋

皿うどん(太麺)850円。
09071902.jpg
この店は石神秀幸のラーメン本でもセレクションされているので、ブログ開設以前に訪問してチャンポンを食べたことがある。「甘いがウマイ」という記憶がある。
皿うどんも試してみようと訪問。
なんと4種もの皿うどんがある「細麺」「太麺」「とり皿うどん」「そぼろ皿うどん」。そこで「太麺」を注文。
太麺は柔らかい麺で、ちょっと焦げ目をつけてある。魚介肉野菜炒めにはとろみがつけられていない。というわけで、これまで食べてきたパリパリ細麺の皿うどんより、ずっとチャンポンよりの食べ物だ。
それにしてもやたらとウマイのですけれど。不自然なうまみも感じないし、秘密はどこにあるのだろう。ほかのタイプの皿うどんも食べに来なくては。
それにしても入り口を開けたままエアコンつけていて、エアコンから凄い蒸気が排出されています。
09071903.jpg
水曜休み。
禁煙。
三軒茶屋から茶沢通りをゆるやかに坂を下っていって、下り切る手前に左の路地に入ったすぐ左。
09071904.jpg
posted by ぐーたり at 10:23| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

桜ん坊@渋谷(初)

皿うどん(細麺)850円。
09071802.jpg
さほど強い特徴はない。フツーにウマイ。
金蝶というウスターソースが置いてあった。これが長崎産のソースらしい。そう言えば思案橋@八丁堀にもこれが置いてあった。
餡はちょい濃いめ。なのでソースとの加減が難しい。どちらかと言えば餡の味付けは薄い方がソースをかける派にとっては調整しやすい。
日祝休み。
桜丘町の楽器店右の坂をのぼる途中の左にある。カウンタのみの店。
09071803.jpg
posted by ぐーたり at 10:31| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

リンガーハット@ジョイフル本田瑞穂店(初)

皿うどん+餃子3個セット590円。
09071302.jpg
ジョイフル本田で買い物ついでにフードコートにあるリンガーハットへ。皿うどん単品だと450円。
過去のアイマイな記憶で量が少ないと思っていたのですが、けっこう量があります。
味はやはり不自然なうまみを感じてしまいますが、この値段だからしかたないところ。
ウスターソースもちゃんとありましたが、袋詰めのものなので微妙な調整が難しい。
長崎ちゃんぽん・皿うどんのチェーン店って、他にもあったように思うのですが、気がつくとリンガーハットの一人勝ちになっているのでしょうかね。
09071303.jpg
posted by ぐーたり at 09:44| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

吉宗(よっそう)@銀座8(初)

皿うどん(小)900円。
09070402.jpg
皿うどんについてダラダラ調べていると、こちらの店の名が浮上してきました。
ちょっと距離があるけれど京橋の仕事終了後に徒歩で向かいます。いやー久しぶりです銀座の歩行者天国。
長崎関連の郷土料理の店。ビル地下にあるのですがけっこう広い。昼から飲めちゃったりする雰囲気です。仕事帰りなのでビールも頼んでしまおう。
皿うどん(小)はホントに小さめ。おつまみのひとつという感じです。
餡は甘くはありません。もしかして思案橋@八丁堀だけのことなのかな。
餡とパリパリ麺とのなじみぐあいは思案橋@八丁堀といっしょで、けっこうからめていってもぱりぱりしたままでした。
長崎亭@志木で指導されたように、ソースをかけて食べてみました。ソースをかけると一気にジャンクな味に変貌しますねぇ。ここらへん、どういう基準で感想を書いていったらいいか迷うところです。
09070403.jpg
posted by ぐーたり at 09:10| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

長崎亭@志木(初)

皿うどん(竹)1207円。
09070302.jpg
いい値段します。しかし「竹」です。この上に「松」があるのです。
銀座とかではなく、ここは志木。しかも駅からは離れた立地の店。それでこの値段でやっていけるからには、それなりのモノだと期待して訪問しました。
壁には思案橋と同じように長崎の観光ポスターが貼ってあります。そればかりでなく、いくつもの壁掛け式の振り子時計や置物がいろいろあって、きょろきょろしてしまいます。
09070303.jpg
ああ、いま検索してわかりました。この壁掛け時計の時刻が、みな11時2分にしてあったのが気になったのですが、やはり、これは長崎への原爆投下の時刻だったのですね。
……。
さて、こちらの皿うどん。出されたときに「小皿にとってソースをかけて食べて」と言われました。そうなんだ。私は「硬やきそば」「揚げそば」のイメージで、からしや酢でカスタマイズするものと思っていましたよ。そう言えば思案橋@八丁堀でも長崎のものと思われるウスターソースがあったっけ。
そのようにして食べてみたのですが、おおっ、麺の感じがちがうぞ。
思案橋@八丁堀の皿うどんは麺はぱりっとしていて、それを餡とからめてちょいと砕き、ぱりぱりのままに食べるという趣向だった。けれどもここの麺は餡となじんでへなっとした部分もあり、まだぱりっとした部分もありです。
このへなっとしたところの食感と風味がいい。B級グルメ的な快楽があります。
そしてウスターソース、この加減が味を決めます。だから小皿に取ってと言われたのだと気づきました。小皿に取って、そのつどウスターソースをかけていけば、かけすぎる失敗を最小限に押さえることができます。
ともあれ、値段に対してじゅうぶんな満足がありました。
09070304.jpg
posted by ぐーたり at 09:00| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

思案橋本館@八丁堀(初)

皿うどん840円。
09070102.jpg
あまりよく覚えていないのだけれど、酔っぱらったときに長崎に行ってみると約束してしまったらしい。まだ先のことだけれど、来年3月に福岡に出張がありそうなので、長崎にも足をのばしてみようと思う(それから北九州でどぎどぎうどんも)。
長崎と言えばちゃんぽんだけれど、どうせなら皿うどんで行ったみたいと思い、さっそく予行演習に八丁堀にあるこの店でランチ。
店内は中華料理店ふうでテーブル席のみ。壁には長崎関連の観光ポスターが貼りまくってあります。
注文して30秒で出てきました。そうか、皿うどんは麺も具もつくり置きできるわけだ。
たっぷりの肉野菜魚介炒めはけっこう甘い。これを細い揚げ麺に絡めていくと、パリパリと麺が砕けます。適当にからめて、口に放り込み、さらに歯でパリパリと噛み砕く。
たぶん10年ぶりぐらいの皿うどん。おそらく以前はリンガーハットだったかと思います。これから長崎訪問まで、意識的に食べてみることにしましょう。
09070103.jpg
posted by ぐーたり at 09:39| Comment(0) | 長崎皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする