2008年04月05日

首里乃家(しゅりんち)@国分寺(初)

沖縄そばセット800円。
08040402.jpg
2007年8月オープン。当初は夜だけの営業だったらしいが、いまはランチをやっている。
沖縄そばは単体で頼むと680円。これにお稲荷さん2つがついてのセット。お稲荷さんの中身は古代米。お盆の向こうにあるのはコーレグース(島唐辛子の泡盛漬け)。
麺は太くて大きくウェーブがかかり、食感はモチモチしている。どこかのブログに首里製麺@代田橋の麺をつかっていると書かれていた。
スープはシンプルにうまい。煮豚も見た目はペラペラだが厚みは1cmほどあり、脂身はとろけて、味付けもよいあんばい。食後にさんぴん茶が出された。
ズラリと並ぶ泡盛の一升瓶をながめていると、ついまったりとしてしまいそう。店外にはためくオリオンビールのノボリの黄色も鮮やかです。
無休で11時半から14時半、17時から25時。国分寺駅南口を出て、右斜め方向に進み、ファミリーマートで左折。50mほど先の左にある。
08040403.jpg
posted by ぐーたり at 09:24| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

田そば@市立病院前/古島(初)

ソーキ入り田そば660円。
07120416.jpg
那覇では結局7店まわることができました。
記事の並びが上から下へ、訪問順になるようにアップしていきます。
8店の選択基準ですが、すべて那覇市内、そして「すーまぬめぇ」以外はモノレール駅からさほど遠くないところにある店にしました。あとはいろいろなブログのインプレから、私なりのカンでピックアップ。
さて最初の店は「田そば」。
最寄り駅は市立病院前もしくは古島ですが、市立病院前駅で降りました。モノレールから下の道路に出ると、また坂を上らなくてはならないので、駅直結の市立病院の中に入ってしまい、反対側から出ました。するとそこは駐車場。駐車場のはしっこまで行ったのですが外への出口がなかったので、フェンスによじのぼって外に出ます。いきなり初めての町にやってきて大胆な行動してしまいました。
学校の横の道を通って、菩提樹(ガジュマル)が街路樹になっている道に出たら右に下っていくと店がありました。
上記の品を注文。すぐに出てきました。その後も、沖縄そば店では5分以内に品が出てきました。早いです。
おお、フーチバー(よもぎ)もついている。
麺はしっかりとした歯ごたえがあります。いきなり「沖縄そばの麺はぐにゃっとしている」という先入観が砕かれました。
スープは鰹出汁でここは想定した通り。肉は全体に甘く味付けされています。小皿は骨を置くためのもの。
卓上にコーレグース(島とうがらしの泡盛漬け)と紅しょうががあります。これはその後のどの店でもいっしょでした。
月曜休みで11時から20時。真嘉比3-5-6。
07120417.jpg
posted by ぐーたり at 10:14| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すーまぬめぇ@国場40(初)

スペシャル600円。
07120413.jpg
沖縄そばのインプレが書かれているブログを雑然と読んでいて、どうも総合的に高い評価を受けているようだ。
車移動をしない予定だったのでモノレール駅から歩いていける範囲で他の7店をリストアップしたのだけれど、この店だけはなんとしても訪問したい気持ちになった。
バスでのアクセスを調べてはいたものの、地図上での直線距離は県庁前駅から約3km。そこで「那覇の住宅地散策」を兼ねてぶらぶら歩いて向かうことにした。
1時間以上かけてようやく到達した店は、まさに民家。さわだ@入間みたいなもんですね。しかしにぎわっている。10卓ぐらいあるけれど、ほとんど満席状態です。
スペシャルというのを注文。乗ってる肉が「三枚肉、赤身、豚足」の三種ということ。
あ、これ凄くウマイ。まず麺が小麦の風味があります。沖縄そばは麺が弱いと思っていたのですが、この麺はいい。
それからスープがうまい。自然なうまみが、複雑にからんでいます。でもくどくはない。
それから肉がうまい。小皿は骨を置くためのものですが、食後はこうなりました。
07120414.jpg
骨のまわりの肉がうまいのですが、それがよく煮込んでやわらかく、しかし味はしっかり封じられています。
2店目だけれど「きっとここがベストワンだろうな」と思いました。
このあと5店回ったけれど、総合的な完成度でこちらがやはり断トツでした。
月曜休みで11時から18時(早仕舞いあり)。
07120415.jpg
posted by ぐーたり at 09:54| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもろそば@おもろまち(初)

半そば(八重山麺)400円。
07120411.jpg
店にたどりついたとたん、普段は持ち歩いていない携帯電話に呼び出しの電話がかかってきてしまった。
それでも店に入る。
メニューに「半そば」があったのでそれでいく。沖縄麺と八重山麺から選べるとのことなので、八重山麺に。
どこの店でもそうだったけれど、ここでもほとんど待たずに品が出てきた。
八重山麺というのは、丸い麺。ぷりぷりしている食感。
あとはいささかあわてて食べてしまったので「ウマかった」という以外にいまひとつ印象は薄かったりする。ゆっくりいただきたかったなぁ。
このあたりは中心部のごちゃごちゃ感はなく、すっきり広々としている場所。
火曜休みで11時から20時。
07120412.jpg
posted by ぐーたり at 09:32| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すーる@県庁前(初)

淡すいそば(小)550円。
07120409.jpg
「淡すい」とは糸満市にある有名店のことで、そこの麺を使用しているということ。
なるほど、これは中華麺のような弾力ある麺だ。よい食感です。
スープは無化調とのこと。全体的に油分のない沖縄そばだけれど、じつにすっきりと見通しよく味のバランスがとれていると感じました。7店まわったうちでは「すーまぬめぇ」に次ぐ完成度の高さです。
日曜休みで11時半から19時(土曜17時)まで。県庁前駅からモノレールの下の道を美栄橋駅方向に5分ほど歩いたところにある。
07120410.jpg
posted by ぐーたり at 09:21| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どらえもん@県庁前(初)

宮古そば500円。
07120407.jpg
いま記事タイトルが自動的に「ドラえもん」に変換されてあせりました。店名は「どらえもん」。しかし店内には「ドラえもん」グッズがあったりしますよ。すれすれですかねぇ。
この店は那覇のメインストリートだけれど、ほとんど観光客しか歩いていないと思われる「国際通り」に隣接してます。下の写真の向こうがそれ。
で、宮古そばの店。宮古そばは具がありません。
というのはウソで、具は麺の下に隠してあります。
この店は23時までの営業で、じつは入店したのが22時45分。すべり込みでした。もうオリオンビールやら泡盛やらを投入してからの訪問だったので、味の詳細は記憶ありません。もちろんウマかった、と思います。
07120408.jpg
posted by ぐーたり at 09:04| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎@牧志(初)

ソーキそば(中)350円。
07120404.jpg
沖縄そば関連プログをあれこれ調べていると、けっこう名が出てくる店。
全部で3店あるようだが、那覇のヘソの部分である牧志公設市場の近くにある。あまりにゴチャゴチャしているので、見つけるのに苦労するかもしれないが、私がたまたま丸安食堂@下北沢でゲットした那覇ガイドパンフの地図には載っていたので、すぐに発見できた。
しかし店の名は大きくは示されていない。350円であるむねが大書されている。
で、350円でじゅーしー(味付けご飯)付き。それだけなら安いだけなのだが、なんとっ、ここのソーキはやたらデカい。3つ乗っけてあるソーキは、それぞれが厚さ3cmほどあります。おまえは満来@新宿かっ。
というわけですので、当然ながらスープは化調味。コーレグースや紅しょうがを入れてやっつけましょう。
07120405.jpg
posted by ぐーたり at 08:50| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とらや@小禄(初)

沖縄そば(中/平打ち麺)550円。
07120402.jpg
沖縄滞在の最後に訪問したのが、本年2007年6月にオープンしたというこの店。
木灰を使った自家製麺、無化調を掲げている。
麺は中細と平打ちの太麺とが選択できるので平打ちで。
こちらもさほど待つことなく品が出てきた。ということは、やはり下茹でしてあるのでしょうかね。
これだけの太さになるともはやうどんと言っていい。そうなると、つい「うどんと比較してどうか」という観点になってしまうのだけれど、麺は弾力なく、風味もなく、まだまだ発展途上という感じだった。しかしスープはよかった。自然なうまみが凝縮している感じ。
画面にちょいと写り込んでいるが、注文時にキャベツの浅漬けの入った瓶が置かれる。これはプチうれしいサービス。ついうっかりビールを注文しそうになります。また、丼の左にあるのはプチ白玉ぜんざい。これまたなかなかよろしいのではないでしょうか。
日祝休みで11時半から17時。モノレール小禄駅から赤嶺方向に進んだ100円ショップの横。
07120403.jpg
リストアップしていた8店のうち7店を訪問することができた。
しかし残りの1店も朝のうちに訪問だけはしていたのだった。この店は味ではなくて、外観で選んだので、とにかく店の前までは行ってみたのだった。
おまけで、アサヒ食堂@辻1-11の外観です。
07120406.jpg
posted by ぐーたり at 08:35| Comment(2) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

沖縄丸安そば@下北沢

ラフティーそば850円。
07111802.jpg
沖縄行きを2週間後にひかえ、沖縄そばの予行演習。
すっきりとしたスープはシンプルで好ましい。ラフティー(豚角煮)もよく煮込まれていて量も多い。
しかしなかなかなじめないのが麺だ。中華麺とうどんの中間にあるような麺だけれど、中華麺のような食感はないし、うどんのような弾力や風味もない。
でも、いろいろと食べているうちにうまさのツボを発見できるのかもしれない。
那覇の沖縄そば屋について、いろいろなサイトやブログで調べてみたけれど、人によって評価はマチマチですなー。できるだけ観光ガイドなどには載っていない店で食べてみようかと思います。
07111803.jpg
posted by ぐーたり at 09:38| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

すばや@神田小川町(初)

沖縄そば670円。
07102002.jpg
都立家政駅で途中下車して七彩へ。一日のみ限定の沖縄そば狙い。遠目には行列がなかったが、到着してみると店の横の隙間に並んでいる。奥で折り返していたので20人はいたかな。もともと30分ぐらい待ってもいいように余裕を持って出てきたので「ギリギリかな」と思いながらも並ぶ。
しかし店の人から「開店は15分遅れます」とのアナウンス。これでは仕事に間に合わず泣く泣く駅に戻る。しかし腹は沖縄そばスタンバイになっていたので、仕事先の神田小川町に昨年できた沖縄そば専門店に向かった。
ここを一号店にして全国展開チェーンにしたいらしい。資本系の店。
沖縄そばは麺が多くスープは少なめ。煮豚は薄め。しかしスープは最初薄く感じるが、やがてじんわりうまみを感じてくる。コーレーグースと紅しょうがをちょっと投入していただく。
沖縄そばって、インディアン@蒲田みたいにスパイシーなカレーとセットだとうまみを感じとれやすいはずだ。と思ったらちゃんとカレーとのセットが用意されていますね。
07102003.jpg
posted by ぐーたり at 08:35| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

首里製麺@代田橋(初)

ソーキすば800円。
07100802.jpg
なんと好都合なことに代田橋にて用事が発生。しっぽを振って首里製麺に向かう。
代田橋駅から北に100mほど歩くと甲州街道に出る。そこで右前方を見ると「沖縄タウン」との文字が見える。その通りを入って50mほど左側に店がある。
メニューに「一番人気」と書かれているソーキすばを注文。
前から思っていたのだけれど、沖縄そばの麺ってカップうどんの麺の食感をまずは思い起こさせる。
スープは魚出汁を強く感じる。あっさりとした食感でうまみはおだやか。しばらくいただいてから、コーレグース(辛み)を少量入れ、さらに紅ショウガを少量乗せる。そうして食べると、この2つが入って完成形になるような気がする。そういう意味ではタイの汁麺に近いものだと了解した方がよさそうだ。
07100803.jpg
posted by ぐーたり at 08:08| Comment(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

麺家シーサー@新座市道場1(初)/移転

沖縄そば650円。
06111102.jpg
片山交差点そばにオープンしていたので入ってみる。
「麺家」とついているから沖縄そばのバリエーション豊富な店かと思ったが、メニューを見るとフツーに沖縄料理店でした。麺料理は3つだけ。
06111103.jpg
ソーキそばを頼むと「ない」とのこと。できないものを「自慢の」と書くな。
で、沖縄そば。出汁は薄い。もっとシンプルな豚と昆布の出汁を感じさせててくれー。麺もごわごわしていなくて、中華そばじゃないかー。
06111104.jpg
(追記2008/9/27)沖縄そば体験を経てみると、沖縄料理店の「飲んだあとのシメ」のメニューであるものにイチャモンつけることなかったかと。しかし店名に「麺屋」とつけるのはやはりヘンだと思います。コメント欄での情報のように、移転したとのこと。
posted by ぐーたり at 08:57| Comment(8) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする