2018年10月24日

青空blue@肥後橋(大阪市北区)

ちく天ぶっかけ920円+自家製粗挽きうどん100円+消費税=1102円。
aozora01.jpg
褐色のうどんをウリにしている店が大阪にあるということは気づいていました。
が、値段が1000円を超えるということから「まーここは訪問しないでいいか」と思っていた店でした。
しかし淀屋橋に昼ごろ着くというスケジュールだったので、訪問することにしたのでした。
入ってみるとなかなか人が入っています。大阪のビジネスの中心地みたいな場所なので、その辺りで働いている人のお昼需要に応えている感じ。メニューを見るとやはり「うーん高い」と思ってしまう。貧乏根性な私としては、やはり1000円超えるメニューは注文できないなぁ。
なので920円とかいてあったちく天ぶっかけを頼んだけれど、褐色のうどんは+100円だとは気づかなかった。しかしここまで来て褐色のうどんを頼まないわけにはいかないので、頼んだのでした。そして食べたあと、レジで「え、外税!」と驚く。メニューにも「+税」とは書いてあったけどやはり外税はやめてほしいよなぁ。
うどんは噛み締めてみるけれど風味が立ち上ってこなかった。あとはあまり記憶に残ってないです。
ちく天のために小皿に塩が出て来て「おおっ」と思ったけれど、塩をなめてみると個人的な味覚としてはイマイチ。
あと、うどんとは関係ないことだけれどBGMの音のバランスが良くないので吸音材とかをコーナーなどに貼って調整するか、できなければ音自体のボリュームを下げた方がいいと思います。耳障りが悪いと、食べたものがマズく感じると思うので。
日曜休みで11時半から14時半、17時半から22時半(土曜祝日は21時半)。
大阪府大阪市中央区平野町4-5-8
aozora02.jpg
posted by ぐーたり at 22:15| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺達@三条京阪

ひやひや+京丹波大黒本しめじ天丼 1000円。
mentatu01.jpg
mentatu02.jpg
三条と言っても鴨川の東。三条京阪の駅を出て北の方向にちょっと歩いたところにある。あんまり観光客はいないような場所。
全粒粉を使ったうどんらしく、褐色。
しかし刻み海苔を乗せているので全粒粉っぽい風味があるかどうかは確かめられず。
量は300gほどかな。茹で加減は程よい具合で食感がいい。
さて「京丹波大黒本しめじ」なんですが、ちょっと期待したのは「香り松茸、味しめじと言われるが、スーパーで<しめじ>として売られているのは本来のしめじではない」ということで、長らく「では、本当のしめじはすごくウマいのか?」と思っていたのでした。それで食べてみたけれど、結論から言えば、私の舌では「味しめじ」というほどのウマさは感じ取れませんでした。あれ〜?
不定休で11時半から18時半。
京都市左京区新車屋町156-1
mentatu03.jpg
posted by ぐーたり at 21:38| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やまびこ@寺田(京都府城陽市)

酒粕うどん600円。
yamabiko01.jpg
近鉄の寺田駅から少々歩いた住宅地にあるうどん店。
しかし人気店です。12時前だというのにいっぱいお客さんが入っている。
珍しいメニューだと思って酒粕うどんを注文。
しばらく待って提供された品は、なるほど酒粕の風味はあるけれど、前の日に食べた西京ぶっかけと同じように、白味噌の味わいなのね。
うどんは程よい弾力で、出汁のバランスもよく、画像だけだとどうということない味噌ラーメンみたいだけれど、一気に食べられて、しかも後をひくうまさに溢れていました。
テレビもついているし、うどんをカウンタ席の目前で打っている店主?は、常連客とネットゲームの話に興じているという、気さくな雰囲気の店でした。
月曜休みで11時から20時。
京都府城陽市寺田尺後1-19
yamabiko02.jpg
posted by ぐーたり at 21:25| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たなか家@玉水(京都府井手町)

西京ぶっかけ660円+ちくわ天80円。
tanaka01.jpg
最寄駅はJR奈良線の玉水駅ですが、訳あって私は近鉄の新田辺駅で降りました。そこでレンタサイクルを借りて移動。新田辺駅から玉水駅までは移動に要する距離で4kmほどあります。歩くと大変ですが、自転車なら大したことはない。
しかし、私と同じような手段(レンタサイクル)でアクセスしようとする人は、アシストサイクルを借りるべきだと思います。普通自転車を借りた私は、玉水駅からこの店までの、おそらくは10階建ぶんぐらい登っていく坂道に体力を消耗させられました。
それだけ登った上にある店なので、眺めはとてもいいです。店内はテラス席もあって、当然ながらそこから埋まっていました。
お客さんがいないエリアはこんな感じ。
tanaka02.jpg
讃岐うどんですから、注文して、番号札を渡され、呼び出されるのを待ちます。
私は上記の品を注文。天ぷら類は、呼ばれて、会計する横にあるのでそこでチョイスする方式。
西京ぶっかけというのは、白味噌ベースのつゆがかけられている品。
ともあれ食べてみましょう。
「おっ!」
身も蓋もないけど、うどんはニュルっとしてるし、ぶっかけスープは旨味、酸味(柑橘系)、甘みのバランスが高度。これは素晴らしい品だと思いました。
日曜休みで11時から14時。
京都府綴喜郡井手町井手玉ノ井20-1
tanaka03.jpg
上の画像のような外観ですが、入っていくと暖簾があります。
tanaka04.jpg
posted by ぐーたり at 21:10| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香粋一@新大宮(奈良県)

ランチセット(かけうどん+ちく天丼)
kasuiti02.jpg
またしても関西出張。この一年で6度目です。食べたうどんをアップしていきましょう。
まずは奈良県に来ました。平城京の遺跡にもほど近い場所になります。
店名からしてかすうどんがイチオシメニューなのでしょうけれど、店内入るとあれれ、ほぼ満席。しかも当然のようにランチのセットメニューを注文する流れになってしまって、上記の品を注文。
少し待って提供されました。
上の画像ではわかりにくいでしょうけれど、うどんの器が大き目。ということで600円という値段からするとたいへんコスパに優れている。
うどんは自家製でしょうけれど、特別な印象はなし。スープもまあ、それほどとも感じません。丼のご飯もややべちゃっとしていた。
一つ一つは平凡な印象ですが、ともあれコスパがいいということで満席なのでしょう。
日曜休みで11時半から14時半、19時から24時。
奈良市大宮町6-2-17 千曲ビル 1F
かすいち01.jpg
posted by ぐーたり at 20:52| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

蔵十@千林大宮

生醤油チクワ天760円。
IMGP0003.jpg
地下鉄谷町線千林大宮駅からも、京阪本線森小路駅からも徒歩10分ほどかかる住宅街にある店。
店主の対応がとても腰が低く、店員さんに対しても丁寧な言葉で指示を出しているのが印象的。
うどんは優美。チク天も柔らかく旨味ある。
カボス汁も好みの量を投入できる。
隙のないいい店だ。
木曜休みで11時から14時半、18時から20時半。
大阪市旭区中宮1-12-18
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 07:30| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

讃式@清水五条

ちく玉天ぶっかけ750円。
IMGP0002 (1).jpg
ありゃー、埼玉県や多摩地区のうどん店の記事をアップしないまま、また関西出張でのうどん店訪問記事になってしまいました。訪問しようと思っている武蔵野うどん店はまだまだあるんですが、今年度はちょっとなかなか動けない感じです。でもブログは細々と続けますので、たまにチェックしていただければ、と思います。
さて、今回から出張に京都が加わりました。京都のうどんは?と調べると、うどん本体よりも出汁をウリにしている店が目につく。そして大阪と同じようにこちらも讃岐うどんが制覇している感じです。
というわけではまずはこちらのお店を訪問。
こじんまりとした店舗です。いつものようにちく玉天ぶっかけを注文。
うどんは弾力もあり、程よい抵抗感のある柔らかさもあり、やはりチェーン店ではない丁寧さが感じられるものでした。
関西に来るとちくわ天を食べたい気持ちがムクムクして来るのですが、店によってやはり違いがあります。ありますが、どこでも関東のちくわ天より美味く感じます。
火曜休みで11時から21時まで通しえい(月曜のみ15時まで)。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 18:32| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

釜たけ流 うめだ製麺所@梅田

ちく玉天ぶっかけ780円。
IMGP0063.jpg
またしても関西への出張。今回はタイトな日程だったのでうどん訪問はここだけ。
あまりよく調べず、ともあれ食べログの点数が高くて仕事の場所の近くということで訪問。
そもそも釜たけとは何かということも把握してません。
ま、ともかく店に入って一押しらしき品を注文。
すぐに提供されました。ということは茹で置きという認識でいいのかな。
茹で置きなのだとしたら納得。弾力に欠けていたうどんでした。食べログのレビューだと「弾力ではなく伸びるうどん」という記述があるけれど、伸びる感じにしてもそれほどではなかったという感想です。タイミング悪かったかな。
もっとも印象に残るのは、私の後に5人の客が入ったのだけれど、それが全て観光客らしきアジア系外国人だったということ。観光ガイドにでも掲載されてるのかな。
無休で11時から22時半。
大阪市北区角田町5-1
IMGP0062.jpg
posted by ぐーたり at 22:04| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

穂乃香@出屋敷

ひやかけ300円+かき揚げ100円+ゲソ天120円。
IMGP0013.jpg
関西でのうどん店訪問は「この店に行こう」と決めて訪問しているのではなくて、その日の行動に応じて「ではこのエリアだとここかな」というふうに決めてます。
この日は尼崎辺りだったので、食べログの点数も高い「穂乃香」へ。
おお、なんとも気取ってない店構えです。引き戸を開けて入るともう目の前でうどんをトントン打っている。奥の方に天ぷらが並んでいるのが見えます。
で、上記のようなチョイスに。
うどんは弾力あります。でも強情ではない程よい弾力。
天ぷらは冷めているけど衣がパリパリ。
と思ってゆっくり食べていると後客がどんどん入って来ました。なぜか「肉うどん」注文率が高かった。それがメイン?
月曜休みで10時から18時。日・祝は16時まで。
尼崎市神田中通4-157-1
IMGP0012.jpg
posted by ぐーたり at 21:20| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天政@なんば

きざみうどん270円。
IMGP0002.jpg
朝うどんは今回はこちらで。
270円です。朝の8時前。これから仕事に行く人ばかり、黙々とうどんをすすっています。
うどんは茹でたものだし、スープもちょっとギスギスして安っぽい。
でもたんまりと青ネギを盛って、なぜか刻んだ油揚げも妙にウマく感じる。
う〜ん、なんででしょうね。
無休で7時から24時。
大阪市中央区難波3-3-3
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 20:59| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ輪本店@東梅田

竹天釜玉770円。
IMGP0007.jpg
以前、東貝塚まで行って食べた「うつ輪」だけれど、そのあと梅田に進出して来たのね。
しっかりした讃岐うどんなので前とは違うメニューをいただきます。
うどんはもう言うことなし。
ちくわはいかにも「魚の練り物」という風味と味わいがあります。やはり関東で手にはいるものとは違うように思います。
11時半から15時、17時半から22時。
大阪市北区西天満6-9-21
IMGP0006.jpg
posted by ぐーたり at 20:45| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すずめ@三宮

かけうどん490円+とり天140円。
IMGP0002 (1).jpg
三度目の関西出張です。今回は4つの店でうどんを食べることができました。一気にアップします。
まずは三宮(神戸)。
駅周辺で目に付くうどん店はここしかないので迷うことなく訪問。
讃岐うどんですが、創作メニューも加わっている。店内入るとほぼ満席です。
基本のかけうどんを頼んで、セルフで天ぷらを取って来ます。もしかすると席に着く前に天ぷらを取るのがローカルルールなのかもしれないけど、着席してから取って来て店の人に申告しました。
おお、カツオの香りが強烈に立ち上ります。鳥天も画像の見た目より大きく、モモ肉です。
しかし隣席の人は創作メニュー「山形豚と白菜うどん」を食べていて、これがなかなかウマそうでした。ああ、また関西出張ないかなー。
土曜休みで11時から14時、18時から20時。
神戸市中央区雲井通4-1-23
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 20:32| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

うどん蔵ふじたや@岸和田

ちく玉うどん(ぶっかけ、ひやあつ)850円。
IMGP0011.jpg
岸和田にある讃岐うどん店。
うどんの弾力の「生き」がいい感じです。入り口横の麺打ち場でうどんを打っているが見えます。弾力ありますが強情ではなくて程よく嚙み切れる。
ちくわはやはり関西四国のものはうまいと感じます。卵は黄身が赤に近いような強烈な色をしてました。
岸和田市筋海町8-9
IMGP0010.jpg
posted by ぐーたり at 07:33| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにわ家 曽根崎本店@東梅田

天ぷらうどん380円。
IMGP0002 (1).jpg
朝うどんです。なんとここは24時間営業らしい。朝の7時半ぐらいに訪問しました。
天ぷらうどんで、麺は茹でおきなんでしょうけれど、スープは醤油感が少なくうまみがあります。ちょっと七味を振ったらとてもいい香りだった。
しかしながらちょっと胃もたれしました。24時間営業ということでちょっと揚げ油が疲れていたのかもしれません。天ぷらじゃないメニューの方がいいかも。
大阪市曾根崎2-7-5
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 07:24| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さざめうどん落柿舎@南森町

野菜天うどん750円。
IMGP0002.jpg
また大阪出張で、総計3店でうどんを食べました。
まずは仕事場に向かう途中にあった店。さざめうどんというのは「細身のうどん」という意味らしい。
注文してしばらくして出て来た品は、「えっ!」と驚くほど少なめ。器の底の方にちょっとあるだけです。5センチぐらいの深みしかない。うどんは確かに細くて、しかし博多うどんのように伸びるというわけでもない。量は少ないですが、出汁は自然なうまみでとても美味でした。
第二第三日曜休み。営業時間は食べログ記載の時間の中休みの時に訪問してので、通し営業している様子。
大阪市北区西天満5-3-1
雑居ビルの一階のちょっと奥まったところにあります。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 07:15| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

はんげしょう@西宮

Aランチ(ぶっかけ、とり天、ちく天、炊き込みご飯)780円。
IMGP0010.jpg
関西では最後にこの店を訪問しました。
このセットってセルフのチェーン店よりもお得じゃないでしょうか。
うどんは推定400gぐらいあるので大盛りです。とり天が大きいのは2つ。ちくわは半分に切ってあるけれどそもそもサイズが大きい。
うどんは弾力だけでなく、旨味もあって優美さのあるもの。鶏肉はジューシー。ちくわも当然こちらのものですから旨みと食感がいい。
木曜休みで11時半から15時、17時半から21時。
兵庫県西宮市本町9-5
IMGP0009.jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

あづま@新今宮

シチューうどん500円。
IMGP0005.jpg
朝9時から営業開始なので開店を待って一番客で入る。
すぐ次の年配客が「おはよー」と入ってきて、なんかいきなり面白いことを言って店の人を笑わせる。
この店のメニューはこんなです。
IMGP0004.jpg
珍しいシチューうどんがあるのでそれが目的。
うどんはやはり茹で置きを湯がいて、そこに鍋からシチューをかける。
あっさり味のシチューです。まあ、うどんっていろんなものと相性がいいから、これも違和感なく食べられます。ゴロンとジャガイモが一個入っているのが新鮮でしたね。安っぽさはなく満足でき、体も温まる品だと思いました。
面白いこと言ってたジイさんはシチュー単品で頼んで朝から飲みモードです。やるなぁ。店内には小鉢に色々おつまみも用意されて、自分で選べるようになってました。新世界は朝から営業して、しかも客が入ってる店がありますね。自分もこの前日は西成で1600円で宿泊したのでした。
水曜と毎月10日が休みで9時から15時。
大阪市浪速区 恵美須東 2丁目5-7
IMGP0003.jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

入船@奈良県御所市

カレーうどん600円。
IMGP0011.jpg
奈良県御所市というところに用事があって行きました。
天王寺から近鉄で1時間かからないところです。途中「尺土」という駅で乗り換えて終点の「近鉄御所」へ。JRの駅もありますが近鉄の方が便が多い。
午前中に用事が終わり、ではせっかくなのでこの街で昼食をと思って検索するとこの店が出てきました。カレーうどんがウリらしいので注文。
ま、しかし、特筆すべきような特徴はなかったかな。
日曜休み(ただし春や秋の観光シーズンは営業)で、11時半から14時、17時から21時(土曜祝日は通し営業)。
奈良県御所市1117-3
IMGP0010 (1).jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

潮屋 梅田店@梅田

Aセット(うどん、いなり)300円。
IMGP0002.jpg
またしても朝うどん。
梅田の安ホテルに泊まったので朝、梅田の地下街ダンジョンに惑わされないようにできるだけ地上を歩いて「新梅田食道街」というのを探します。
なんとか見つけたけれど、ごちゃっと食べ物屋が集合しているのでさらに迷う。壁面に貼ってある案内図からこの店の場所を確認してようやくたどり着く。
立ち食い店だけれど、数席椅子もありました。
まず食券を買うのだけれど、ここでうどんか蕎麦を申告。レジ横にラップを乗せたお稲荷さんとおにぎりがあるので自分でどちらか選ぶという方式。
お稲荷さんは極めて薄味に感じました。関東のものが濃いめなのですかね。
うどんは立ち食い店なので特筆するようなものではないけれど、やはりスープがまろやかで適度な味の濃さでウマイと思いました。
無休で6時40分から23時30分。
大阪市北区角田町9-28 新梅田食道街
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 19:00| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

讃く@新福島

かけうどん280円+ちくわ天120円。
IMGP0009 (1).jpg
関西に出張に行ってきました。数年ぶりです。今回はちょっと知恵がついて、大阪では朝からうどんが食べられるということに気づいて、全部で5店でうどんを食べたうち、朝うどんが3店です。
順次紹介して行きましょう(毎日1店、記事アップします)。
まずはこの「讃く」の「胚芽を練りこんだ麺」がとても気になったので、朝営業で訪問しました。
朝7時から10時まで営業して一旦休み時間があるという店です。
券売機で食券を買って、あとはセルフ。
太いうどんで、黒いツブツブが目立ちます。
噛み締めると一瞬、全粒粉うどんのような風味を感じましたが、そのあとは特には感じません。それよりも太めのうどんの食感の良さが説得力あります。
何よりスープがうまいですよねぇ。尖ったところ、安いっぽいところが全く感じられない。満足感があります。
そしてやはり関西はちくわがウマイということを再認識しました。
日曜休みで7時から10時、11時から16時、18時から22時。
大阪市福島区福島2-8-3
IMGP0008.jpg
posted by ぐーたり at 19:20| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

冨家(とみや)@兵庫(初)

天ぷら醤油うどん980円。
12042702.jpg
急な出張で神戸に行かされました。深夜バスで行って新幹線で帰る強行日程。
そんななかでも「出張だからうどん食べよ」と、兵庫駅に。駅から徒歩3分ほどのところにある讃岐うどんの店「冨家」さんへ。仕事を片づけてからなので、ちょっと遅れて13時半ぐらいに店についた。
生醤油うどんに天ぷらを2つほど頼もうかと思っていたのですが、個別の注文ができるのは13時までということで残念。胃がヘビーになるのを覚悟で天ぷら(5品)のセットで注文。
うどんの「ちょっと多め」がサービスということで、それでお願い。
カウンタ席からよく見えるところにタイマーがあって、茹で時間15分だということがわかります。
15分+α待って出てきた品は、うどんはややクリーム色。北海道と香川のブレンドだとメニューに書いてありました。強い弾力。これはなかなか高レベルな讃岐うどんじゃないかと思います。
天ぷらはサクサクでこれもよい揚げぐあい。
それと「ちょっと多め」だそうだけれど、多いですよ。500gぐらいある感じ。
うー、満腹でした。あとは新幹線の中で2時間半座っているだけなので、居眠りしつつ帰京したのでした。
月曜休みで11時半から15時、17時から20時(金曜は夜休み)。
兵庫県神戸市兵庫区羽坂通4-2-20。
12042703.jpg
posted by ぐーたり at 08:12| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

うつ輪@東貝塚(初)

竹玉天ぶっかけ720円。
11111402.jpg
白庵を訪問した翌日は岸和田に用事があったので、その周辺で、ということでこちらの店を訪問することに。
JR阪和線の東貝塚駅から徒歩8分のところにあります。
店に入って席につくと、いきなり目の前にノートが差し出されました。「?」てな顔をすると「あれ? 巡礼の方じゃないですか?」と言われたので「巡礼?」と言うと「いえ、歩いてくる方はたいてい巡礼の方なんで」とのこと。
白庵のところののぶぱさんのコメントにあるように、いま、関西讃岐うどん巡礼という企画が進行しているらしい。知りませんでした。
メニューを見ると上記の品がオススメらしいのでそれを注文。
しばらく待って出てきた品は、ずいぶん端正な見た目です。これはウマそうだ。
うどんは、ううううっ、抵抗します。噛み締めるんですが、抵抗して、あとちょっとのところで噛み切れません。飲み込みます。そんなうどん。
竹輪天も半熟卵天もおおぶり。そして味もよろしかったです。なかなか優れたお店でした。
今回の大阪訪問はこれで終わり。次に関西に来れる機会はいつになるやら。
11111403.jpg
posted by ぐーたり at 21:01| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

白庵@神崎川(初)

天ぷらセット950円。
11111302.jpg
昨年、大阪に行ったときにチェックしていた店。今度こそ訪問しようと、店まで歩いていけるホテルを予約したのですが……。
なんと、店が移転しちゃってましたね。阪急神崎川駅の近くで11月5日が移転開店だとか。
そうなるとよけい、訪問したい気になるものでして。
駅を降りてすぐに新店舗があります。
メニューに「人気No1」とか書かれていた上記の品を注文。かけうどんは「ひやあつ」で。
出てきた品は、うどんと汁は別の器です。なのでつけ汁式に食べます。
うどんは太め。もにゅっと抵抗します。がはじき返すような感じではなく、そのまま噛み締める歯を受け入れていくタイプ。
汁はたっぷりと出汁がきいています。
天ぷらは7品ぐらいついているのかな。自分にとってはちょいと多すぎだったな。
11111303.jpg
posted by ぐーたり at 09:01| Comment(2) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

薩摩@春日野道(初)

ぼっかけうどん700円。
10122302.jpg
関西へは行きも戻りもスカイマークの神戸空港行きを利用しました。というわけで神戸。
「ぼっかけうどん」が有名だという薩摩という店を訪問。
ぼっかけうどんは以前、エン座でいただいたことがありました。そのイメージがあったので、野菜たっぷりかと思いきや、ぜんぜんありません。ネギと天かす、スープの中にたっぷり牛スジが沈んでいます。
出汁は胡椒がきつめで私としてはイマイチ。
うどんは細め柔らかめで、さほどの主張はありませんでした。
水曜休み。
喫煙OK。
春日野道駅は阪急と阪神の2つありますが、その中間、やや阪急の方が近い位置にあります。下の画像では奥の方が阪急の春日野道駅。
10122303.jpg
posted by ぐーたり at 20:31| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

楽々@交野市幾野6(初)

きざみうどん580円。
10122102.jpg
仕事の翌日は帰京するだけだったので、たいへん評判の高いこの店を訪問することにしました。こちらも讃岐うどんです。最寄り駅は京阪交野線郡津駅から1km弱。
行列店だとのことなので開店時間(11時)を狙っていきましたが、乗り換えミスして到着は11時15分。もう並んでいます。店外に6名。店内にも待ち席があります。
20分ほどして席に座ることができました。
きざみうどんは画像の見た目より器も大きく、なにより油揚げが大きく刻んでしかもたっぷり投入されています。汁は透明。
おおおお、出汁が自然な味わいできわめて強く出ています。かなりたっぷりあったけれど、これは残すのはもったいない。最後の一滴までいただきました。
うどんは柔らかめで、やはりびよんと延びる感じで、抵抗はしないけれど弾力があるタイプ。やはりこんな感じのが大阪の好みなのでしょうかね。
油揚げも出汁をよく持ち上げてくれてうまかった。
あとでレビューを見ると、ここはうどんを圧力釜で茹でているところに特徴があるとか。あれー? カウンタに座っていたけれど、妙に釜が小さいなとは思ったけれど、圧力釜のシューという音はしなかったので気づきませんでしたね。
私の家でも一時期、ごはんを圧力釜で炊いていて、そうすると食感が通常の炊飯器とは異なっていておもしろかったっけ。パスタ類は途中でかき混ぜることができないので、くっついてしまってNGだった。うどんを圧力釜って、どうなんでしょうね?
帰路は郡津駅から一駅の村野駅へと歩いていきました。道が複雑だけれど、散歩的にはこちらの方がおもしろいかも。距離はほぼ同じくらいだし。
月曜休みで11時から15時。
10122103.jpg
posted by ぐーたり at 11:25| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

きすけ@梅田(初)

野菜ぶっかけ800円。
10122002.jpg
関西に一泊出張に行ってきました。
大阪のうどんと言えば「かすうどん」が頭に浮かびます。でも調べてみると、小倉肉うどんと反対で、夜だけやっている店とかも多いのね。夜は現地スタッフと飲むので無理。
もうちっと調べてみると、讃岐うどんに浸食されまくっている大阪だけれど、大阪人の好むような讃岐うどんになっているらしい。そして、それを表現する言い方で「エロい」というのを見かけたでした。どんなうどん?
あまり時間がないので梅田近辺でひとつピックアップしたのがこの「きすけ」。阪急梅田駅を出たら左へ。東海道本線の高架に沿って600mほど歩きます。大きめの通りに出る手前をななめ左へ。左にあるビルに回り込むと、その一階に店がありました。
「北海道100」と書かれた小麦粉の袋が積んであります。国産小麦粉を使っているようす。
しばし待って出てきた品は、おお、長ナス一本が突き出しています。インパクトある見た目。しかし汁がすごい黒い。いただいてみましょう。
汁はしょぱくなく、甘くて濃い。ちょいとくどく感じます。
うどんはびよーんと延びるタイプ。しかししっかりとした弾力もあります。こういうのが大阪人好みの讃岐うどんなのかな? 喜多一@航空公園のうどんが近いかんじ。量はたっぷりあります。400gはある。
火曜と月最後の月曜休みで14時から22時。
喫煙OK。
10122003.jpg
posted by ぐーたり at 10:08| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする