2015年05月14日

玄海唐津@保谷(初)

ごぼう天うどん600円+かしわご飯100円。
15051302.jpg
2015年初頭に開店。
九州に疎い私だが、地名2つの組み合わせだということはわかる。でも具体的には?
玄海…玄界灘の略称で九州の北西の海域のこと。
唐津…佐賀県唐津市。
ともあれ博多うどんの店です。
このブログにも書いたように、福岡に出張に行っても高速バスで小倉に行って小倉肉うどんを食べていた私なので、博多うどんの経験値は低い。狭山市のウエストに数回訪問したぐらいか。そのウエストも撤退してしまいました。でも、みょーんと伸びる柔らかめのうどんは「また食べてみたい」と思わせます。
まだ内装が新しくてこじんまりときれいな店です。テーブル席のみ。
メニューには丸天うどんもありますが、ごぼう天うどんを注文。14時以降は150円になるというかしわ飯も。
うどんは柔らかい。でもみょーんと伸びる弾力はありませんでした。この点は期待はずれ。
しかし黄金色で透明なスープ(すめ、と言うんでしたよね)は「おお、これこれ」と九州での博多うどん体験を思い起こさせてくれました。自然なうまみが凝縮されています。
かしわ飯の味付けもウマかった。
月曜火曜休みで11時半から15時(土日は18時)。
って、お酒も置いていたのでてっきり夜は居酒屋的営業かと思ったら昼だけなんですね。
西東京市下保谷4-1-26
保谷駅北口出てすぐです。
15051303.jpg
posted by ぐーたり at 09:03| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

とりごや@西武柳沢(初)

肉もりうどん中680円。
14020602.jpg
以前は「楽」といううどん店だったところ。またうどん店が開店したが駅から近くて駐車場がないため、なかなか訪問できずにいた。
店の人におすすめされるまま「中」を頼んだが、細めのうどんはかなーり多めだった。600gはある。強くはないが小麦の風味もあり、しっかり火が通っている。
つけ汁は透明度があって醤油感は強くないもの。
自分としてはうどんはもうちょい少なめ(小だと450gらしい)で、かき揚げ(100円)をつけた方がよかったな。
月曜休みで11時半から14時、17時から23時。
西東京市保谷町3-23-7
14020603.jpg
posted by ぐーたり at 18:35| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

金豚雲(きんとんうん)@ひばりヶ丘(初)

肉汁うどん小600円。
14012004.jpg
ちかくの居酒屋「泉屋」がつけ麺店を出していた場所で、こんどは武蔵野うどん店をはじめた。2013年11月開店。
カウンタ席と2人用テーブル2卓と狭めの店内。
メニューは3種類のみで、うどんの量を何段階か設定。
14012005.jpg
すぐ20m先の栄屋うどん店と連食のつもりだったが、栄屋が思ったより多めだったので、近くをぶらぶらしたりして時間をつぶしてから訪問。
うどんはこちらもみごとな褐色。だが、とても硬い。歯をはね返すような硬さ。小麦の全粒粉系の風味とうまみはあるけど、もうちょっと柔らかいのが好みかなぁ。
つけ汁がとてもしょっぱかった。いつもそうなのか疑問だったので、食べログにすでにいくつかあるレビューをチェックしたけれど「甘い」と書いてあるのはあったけれど、しょっぱいとの記述は見当たらない。ブレなのかもしれない。居酒屋の出すうどんはしょっぱいけれど、こちらは居酒屋といっても経営母体なだけだからな。
ブレなのだとしても、ちょっと困ってしまうくらいしょっぱかったので、豚肉やネギの能書きが書いてかったけれど、それらのウマさの確認ができず、少々ストレス。能書きがアダになっている。
火曜休みで11時半から15時、18時半から23時。
西東京市ひばりが丘北4-3-30
14012006.jpg
posted by ぐーたり at 19:18| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄屋うどん店@ひばりヶ丘(初)

肉汁うどん550円。
14012002.jpg
駅前のごちゃごちゃしたところにあるので、車の駐車どころか、自転車を置くところもないような細い商店街にある店。そんなわけで放置していたのですが、この店の近くに金豚雲といううどんの新店ができたので、セットで訪問してしまおうかと計画したのでした。
もともとはうどんの玉売り専門店だったのが、奥のスペースに食べられる場所をつくったもの。
だから店頭の販売している部分の横から店に入ることになる。
テーブル2卓だけの狭いスペース。
しかし意外にメニューは豊富にあり、カレーうどん、けんちんうどん、味噌煮込みうどんなどもある。が、しかし肉汁うどんを注文。
すぐ奥で調理しているのが見える。
しばらく待って出てきたうどんはみごとな褐色。おお、いいですね。
噛み締めると見た目とおりの小麦の風味。まさしく武蔵野うどんです。量も400g弱はある感じ。ほどよい硬さの茹で上がり。
つけ汁は濃いめで、割り湯もついている。
食べながら、このうどん、どこかで食べたような気がしてならなかった。食べる版のデジャヴ(既視感)みたいな感じです。既食感、なんて言葉ないけど。
食べ終わって奥にお金を払おうとしたら「支払いは表で」と言われた。なるほど。
火曜休みで10時から19時半。
西東京市 ひばりが丘北 4-1-29
14012003.jpg
posted by ぐーたり at 19:03| Comment(4) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

肉汁や えい蔵@田無(初)

カレー汁うどん並750円。
13110902.jpg
田無に「えい蔵」というラーメン店があるそうで、そこが母胎になってつくったうどん店。
いくつかネット上の情報をあさってみると、おや、ラーメン店麺匠えい蔵@田無は、麺匠和蔵@久米川の系列店らしい、ということで、つるてん@八坂と兄弟店になるわけです。
店は西武新宿線田無駅から徒歩3分ほどの場所にあり、訪問してみると、なるほど、つるてん@八坂と同じく「村上朝日製麺」の看板が店の入り口脇にある。
それじゃあ同じメニューを頼んでもしかたないから、ちがうものを食べようと思って上記のカレー汁を注文したのだった。
さほど太麺というわけでもないけれど、茹で時間は12分との貼り紙あり、じっさいそのくらい待ってから到着。
褐色のうどんはよく噛み締めると風味がたちのぼってきます。並はメニューでは200gと表記されているけれど、これは茹でる前の重さなのでしょう、出てきたものは300g強あります。
カレー汁は不自然なうまみが強くて、もっと工夫していただきたいなぁ。
水曜休みで11時半から15時、18時から23時。
いろいろつまみも含めて飲みメニュー多し。しかし店内は貼り紙だらけで、落ち着かない雰囲気。ちょっと前に記事にした、おふく@狭山市と対極にあります。
西東京市田無町4-26-7
13110903.jpg
posted by ぐーたり at 23:57| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

ひばり@ひばりヶ丘(初)

ランチセットA(ぶっかけ)850円。
13013002.jpg
2012年10月開店。
野口製麺所@東村山とは「姉妹店」の関係とのこと。資本的な関係があるのでなく、うどんを提供してもらっているという関係なのかな?
中原小学校向いの西友で買い物しようとしていて「あ、そういえば野口製麺所に関係のある店ができたんだっけ」と思い出す。この店は駐車場がないみたいなので、ちょうど昼どきだしと歩いて向うことにしたのでした。徒歩15分かからないくらい。(ひばりヶ丘駅からは徒歩4分とのこと)
メニューを見るとランチセットがあるので天ぷら4つ付きのAを注文。
しばらく待って出てきた品は、うどんはやや細め。弾力はほどほど。強烈な個性はないけれど、毎日食べたくなるような麺です。
天ぷらはエビ、かぼちゃ、サツマイモ、しめじに葉っぱものをからめたもの。じつは前日、ついついとあるスーパーで70円のにんじん天を買ったのですが一口食べて胃もたれの予感があり、残りはコンポスト(堆肥製造器)に入れてしまったのでした。そんな前夜の悔恨に比べてなんとこの天ぷらのサクサクしていることよ。
炊き込みご飯も薄味でよかったです。
しかし人気店だ。
私が到着したのが12時ちょうどぐらい。そのあと、続々と客が来る。それも子連れの親子。杖ついた高齢者。首から名札下げた近所で働いている人などなど、自分は一人だったので窓側のカウンタに座ったのですが、食べているうちに両側に人が座り、気づくと店内満席状態でしたね。すごいな。
日曜月曜祝日休みで11時から15時、17時半から20時。
西東京市ひばりヶ丘1-8-27。
13013003.jpg
posted by ぐーたり at 23:24| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

保谷@西東京市住吉町6

肉もりうどん630円。
10031102.jpg
4年半ぶりぐらいの訪問。先日の宴会でそれとなく話題になったので思い出したのでした。東村山に住んでいると、この店の前の道って、ほんとに通らない。
今回はカウンタに座ったので、厨房丸見えでした。常連さんなんかと店主が親しく会話しています。
さあ、出てきました。デフォで大盛り。いやホントに600gはあるかも。褐色の麺です。つけ汁は甘じょっぱい。なんというか、アタマの中で想像する通りの、そういう意味で理想的な田舎うどんって感じ。わかります? 表現としてヘタかな。ずっとあってほしい店です。そしてたまに思い出して訪問すると、そのあいだの時間の経過などなかったかのような店。
もちろん雰囲気だけでなくて、うどんは風味たっぷり香ってきます。お腹いっぱいになるけれど、消化いいですので。
喫煙OK。
外の鳥やうさぎとかを撮ろうと思ってきょろきょろしていたら、ベランダにやたらと飛行機型風見鶏が並んでいるのを発見したので、そちらをパチリ。
10031103.jpg
10031104.jpg
posted by ぐーたり at 08:34| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

黒豆うどん@西東京市西原町5/閉店

もりうどんランチセット770円。
09012302.jpg
1年ぶりに訪問。
今度は回り込んで店の裏に車を停める。
1年前と同じようにほがらかな接客の店主です。
黒豆そばを近々始めるなんて話をしました。
1年前にはなかったセットで注文。
うどんの量はけっこう多めですが、柔らかくするする食べられます。黒豆ごはんと天ぷらがついていて、天ぷらはかき揚げではなく、数品の野菜天。全体にやさしい味わいです。
不定休で11時から(ランチは14時まで)。
posted by ぐーたり at 09:51| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

おめん@田無(初)

天巻ランチ880円。
09010702.jpg
12時すぎで田無。
やはり宝には数名の行列があるのでまたしてもあきらめる。
北口へ。
リヴィンの向う側。下の写真の、右の写真屋さんとメガネスーパーのあいだのビルの2階に「うどん」の看板がある。ここが「おめん」。
小さな店だが込んでいます。女性客が多い。
ランチのセットメニューは2種類あって、丼もの+うどん、あるいは天ぷらを巻き寿司にしたもの2本+うどん。どちらも880円。
天ぷら巻きは3種ぐらいから選択できたと思うけれど、オーソドックスに2本ともエビ天で。
うどんは冷たいのも選択できるが、あたたかい方にした。
ピンぼけしてますが見た目いいです。
全体に量は少なめで、私にはちょうどいいぐらい。
うどんは弾力があって、つゆは醤油控え目。出汁は自然な味わいに感じました。
日曜休みで11時半から14時半、17時半から23時。夜は飲み屋になるタイプの店でしょう。
09010703.jpg
posted by ぐーたり at 08:40| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

羽だ@田無(初)

かけうどんと小天丼セット700円。
08120802.jpg
田無で用事が終ると11時半ちょい前。これは宝にいくしなかない。しかし11時35分、まだ開店してなくて10人以上の行列。確実に30分待つパターンなので、あっさりあきらめる。
さてどうしようとしばらく考えていて、吉田うどんの店があることを思い出した。
北口のリビンの右側を歩いていって、信号を過ぎて50mほど先の左側。
入ると店の雰囲気は居酒屋そのもの。しかしお昼のセットはかけうどんまたはもりうどんに、小天丼または小カレー丼またはおにぎりの組み合わせで700円。
上記セットにしました。
うどんは太くて武骨に硬い吉田うどんタイプ。キャベツも乗っています。小天丼と合わせて、ほどよく満腹になる量でした。
年内無休。
喫煙OK。
08120803.jpg
posted by ぐーたり at 10:10| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

黒豆うどん@西東京市西原町5(初)/閉店

小学生440円+かき揚げ100円。
08020402.jpg
知人から情報いただいた。2007年12月開店。
黒豆を練り込んだうどんだということ。なるほど褐色ではなくて色黒だ。
メニュー表記が変わっている。
08020403.jpg
いつものように警戒して小学生(一人前)を注文。推定300g。
黒豆じたいに味はないので、健康によろしいという能書きが貼り出されている。
食感にどういう影響があるのかわからないけれど、しっかり火の通ったぶるんとした食感でおいしくいただけました。
かき揚げも揚げたてでサクサク。
定休日不明で11時から19時。最寄り駅は田無だがけっこう距離がある。1.5kmはあるかな。新青梅街道の北原交差点から、所沢街道へ。信号5つめくらいで、所沢街道が左斜めに折れているところがあるが、ここを直進すると300mほど前方左に店舗がある。店前に3台ほどと、ぐるっと回り込んだ裏手にも駐車場がある。
08020404.jpg
posted by ぐーたり at 07:49| Comment(5) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

楽@西武柳沢(初)/閉店

梅おろし630円。
08020102.jpg
以前紹介した武蔵野うどんの店「はる吉」が閉店して、そのあとにできた店。2007年の夏ごろに開店したと思われる。
今度は讃岐うどん。
08020103.jpg
メニューを見て迷うが、梅おろしを注文。
しばらく待って出てきた品は、おおっ、写真ではわかりにくいけれど、麺に透明感があっていい感じ。いただいてみると、しっかりした弾力とうまみを感じる。ネットにインプレがほとんどないけれど、なかなかいいじゃないっスか。麺量は400gぐらいあると思う。
椀のなかに大根おろしとねり梅があって、そこに適量つけつゆを注ぎ、お好みで揚げ玉、ネギ、ショウガを加える。予想どおり、さっぱりとイケル。
灰皿があったので喫煙可なのは残念。
昼のみ天ぷらを単品で注文できる50円から100円で注文されてから揚げるようす。またおでんも用意されていた。
定休日は聞き忘れました。11時半から15時、17時半から22時。場所は西武柳沢駅北口を出て、西武信用金庫のそば。
08020104.jpg
posted by ぐーたり at 12:15| Comment(2) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

はる吉@西武柳沢(初)/閉店

肉汁うどん並650円。
06110902.jpg
先月2006年10月の開店。
メニューは肉汁うどんのみ! 並と大盛り(750円)だけ。じつにシンプル。
うどんはやや褐色。噛み締めると芳醇に小麦の風味が広がった。やや硬いかなーと思ったけれど、食べ進むうちにほどよい感じになってきた。つけ汁も濃いめで、堂々たる武蔵野うどんです。量は推定400g。
西武柳沢駅を北に出てすぐの西武信用金庫の駐車場の前。ちょっと10月7日の記事で紹介した讃岐うどん店「峰」からほどんとはす向いと言ってもいい場所。その時の写真で言うと、ちょうどこちらに走って来る車に隠れているあたりですね。「峰」を訪問したのは9月後半だったから、こちらの店は開店準備中だったのでしょう。
水曜休みで11時から15時。
06110903.jpg
posted by ぐーたり at 10:14| Comment(4) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

手打うどん峰@西武柳沢(初)/閉店

たぬきうどん(冷)650円。
06100602.jpg
以前から「どうなのよ」と思っていたことだが、街にポツリポツリと点在する「けっこう以前からやっている讃岐うどん店」ってどうなんだろう。検索してみても口コミ情報がない。
この店もまったく情報がなかった。店の前までたどりついて、はじめて「あ、讃岐うどんか」と判明したしだい。
メニューを見ると丼ものを含めて多種多様。ぶっかけのたぐいはないが、春から10月までの期間限定で冷やしうどんメニューがある。そこでたぬきうどんの冷やしを注文。入口横には麺打ち場があり、厨房にはデカい釜が鎮座している。でも雰囲気は「街の定食屋」っぽい。
出てきた品は、なるほど麺はプルンとコシのある讃岐うどんだ。しかし汁は黒くてカツオだしの関東ふうのもの。トッピングの彩りがいいっスね。量は400gぐらいはあったかと思う。
場所は西武柳沢駅北口。駅ちかくの西武信用金庫を左折して50mほど先の左側にある。
06100603.jpg
posted by ぐーたり at 08:42| Comment(3) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

甚六@田無(ストック記事より)

つけ肉うどん680円。
06072902.jpg
ネタ切れなのでブログ開設前で、画像があるものからピクアップします。
以下、記事のコピペ。
メニュー名はいつもながらいいかげん。ま、肉汁うどんですな。検索で出てくるデータでは火曜日休みになっているけれど、日曜休みに変更されているのでご注意を。
麺屋宝の誘惑を振り切り、武蔵境へと通じる道に面して店がある。とくに特徴はない。注文してほどなく出てきたのでゆで時間は短いのかな。やや褐色の麺だが、やや柔らかめ。麺の上に三つ葉が散らされているのと、つけ汁に溶き卵が入っているのが特徴。量は多い。
posted by ぐーたり at 11:56| Comment(0) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

手打うどん保谷@西東京市住吉町6(初)

肉もりうどん600円。
05122602.jpg
うどんをキーワードに検索をしていると知り合いのブログを発見。なんとその中で記述されていたうどん屋さん。ネット上はノーマークの店だ。
店の前に3台ぐらい停められるスペースがあるが、その横がにぎやかだ。鶏、アヒル、うさぎ、小魚が飼育されている。動物好きなのだろうか。そのわりには小魚が何匹も死んでいるのが見えるんだけど。
年期の入った店内。けっこう長くやっているような風情。10分ほどして出て来たうどんは、おおっ、量が多い。推定600gはある。大盛り+150円にしたらどうなることやら。麺は細めだが、薄い褐色。太さはややばらつきがある。風味もほどほどにあり、するすると食べられた。つけ汁はとても甘口で、これはこれでいいと思う。
店入口に月曜定休と書いてあったが、あれ? 訪問したのは昨日、月曜日だ。年末特別スケジュールかな。
地番は住吉町6-2。スーパー「ポロロッカ」ちかく。最寄り駅はひばりが丘。駅から1kmぐらいある。
05122603.jpg
posted by ぐーたり at 09:42| Comment(2) | うどん(西東京市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする