2016年07月30日

助八@東久留米市南沢3(初)

肉汁うどん800円。
助八01.jpg
「○○にうどん店ができた」というアヤフヤな情報をゲットして確かめに。
こんなところで店をやるのかという場所に確かにうどん店があった。
店外にはうどんとカレーライスのノボリがある。
ともあれ入ってみた。テーブル2卓とカウンタ4席。
メニューがなくて、壁に「うどん」「肉汁」としか書かれていないので「肉汁」と注文。
15分ぐらいして出てきた品は、あれー、肉汁と頼めばつけ汁タイプだと思い込んでいた自分が悪いのだけれど、上記画像のような品。
つけ汁タイプが欲しければ「肉汁冷やしざるうどん」と頼むべきだったので、この記事を読んで訪問する人はご注意ください。
うどんは噛み締めると確かに武蔵野うどんらしき風味があります。
汁はオーソドックスな醤油味だけれど、薄っぺらな味ではありませんでした。
卓上には七味のみ。
開店してから1ヶ月ほどだそうです。
日曜休みで11時から14時、17時から20時。
店の前(下の画像の左側)に1台ぶんだけ駐車スペースあり。
東久留米市南沢3-13(季節料理海老荘という飲食店のとなりになります)
助八02.jpg
posted by ぐーたり at 16:59| Comment(6) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

ますや製麺@東久留米市滝山7(初)

肉汁うどん780円。
14011002.jpg
2013年12月開店。
新所沢街道沿いで、もとはラーメン店「錬磨」だったところにうどん屋ができていた。
肉汁うどんがメインメニューなので武蔵野うどん店だろうかと思いつつ訪問。
メニューは肉汁のつけうどんとかけうどん、それとざるうどんとかけうどんしかない。券売機の下の方は紙を貼ってあったので、天ぷら類もこれから増やす予定なのかもしれない。
注文受けてから茹でていました。
うどんはややクリーム色で、風味はなく、しかしもっちり弾力がある。讃岐うどんタイプです。量は400g強ぐらいか。使用小麦は北海道産50%九州産50%との貼り紙がありました。
つけ汁には豚肉のほかにしめじ、焼き目をつけたネギなど、薬味は大根おろしもあり。
割り湯もあとで出されました。卓上にはすりゴマあり。
水曜休み(1月28日火曜は臨休)で、営業時間をメモした紙をなくしてしまったのだけれど、おそらく11時か11時半から15時まで。
駐車場は道路向かいに2台分あるようだ。場所は店頭の貼り紙に。
14011003.jpg
posted by ぐーたり at 21:11| Comment(2) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

乾麺「柳久保うどん」と「東久留米うどん」

13082611.jpg
スーパーマーケット「マルフジ」東久留米店にて、表題の乾麺うどんが売られていたので買ってみた。「柳久保うどん」は東久留米産柳久保小麦70%に国産小麦をブレンドしたもので200gで300円。「東久留米うどん」は東久留米産農林61号100%で200gで210円。
以前どこかで「国産小麦は輸入小麦の数倍の値段がする」と聞いたか読んだかしたことがある。乾麺うどんはほどほど安いもので200g100円ぐらいだから、この2つがさして割高だとは思わなかった。ちなみに製造しているのは桶川市の臼田製麺というところ。
30gずつ茹でてみた。「柳久保」は13分、「東久留米」は7分と書いてある。
13082612.jpg
茹で上がり画像がこれ。左側が「柳久保」右側が「東久留米」。「柳久保」の方がやや太目で「東久留米」の方がやや褐色。
噛み締めてみると、やはり「柳久保」の方が品のいい確かな風味を感じる。東久留米市のこちらのページを見ると数量限定らしいけれど、手みやげにいいかもと思ったのだった。販売しているところもそのページに一覧が載っています。
これで例えば、東村山市のソース会社ポールスタアが出している肉汁うどんに最適化された(と思われる)うどんつゆと組み合わせたら「自宅で味わう武蔵野うどんセット」のできあがりじゃないか。あ、このセット、お歳暮なんかにどうでしょうね。
posted by ぐーたり at 13:18| Comment(4) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

しみず@東久留米(初)

肉汁つけうどん600円+かき揚げ100円。
11041402.jpg
11041403.jpg
2011年春開店。
一長が閉店し、そのあとにまた武蔵野うどん店ができた。
このところ自宅作業のときは外食していないのだけれど、新店となると触手がのびる。
肉汁うどんは量は400gほどで標準的。やや細めだけれど黒っぽくて、噛み締めると風味が強い。茹で加減はかなり柔らかめ。
カウンタ一番奥に座ったので、ここは見込み茹でであることがわかってしまった。中休みなしの営業なので、客がしばし途絶えたらどうすんだろ、と要らぬ心配したりして。
かき揚げも揚げ置きで冷えてくちゃっとしていた。かき揚げはおすすめできない。
つけ汁は甘みが強く出過ぎているように感じた。まー、発展途上ということで。
あと、最近の店にしては珍しく店内オール喫煙OK。
というわけで、大きな失点はないものの、こまかく取りこぼしているような印象。駅近くなので駐車場もない、と思う。
月曜休みで11時から19時(つけ汁切れまで)。
11041404.jpg
posted by ぐーたり at 11:45| Comment(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

不動@東久留米市前沢3

柳久保小麦うどん650円+天ぷら120円。
10011502.jpg
定休日が大幅変更にになりました。
月、火、水、木が休みです。つまり営業は金土日の週3日だけに。
しかしながら日曜も営業することになったことで、遠くからも通いやすくなりました。実質カウンタ4席だけのちいさな店だけれど、こういう場所でこそ柳久保小麦を味わいたいもの。
柳久保小麦も風味豊かなうどんがつくれる品種です。農林61号がぶわっと豊かな風味だとすれば、柳久保小麦はすきっときれいに風味が立ちます。
きわめてわかりにくい場所にあるので、もう一度、アクセスガイドしましょうか。
車の場合、小金井街道を「麺や丸め」の150mほど南の「イエローハット」のさらに南にある信号で東方向へ入っていきます。
バスの場合、花小金井駅からだと清瀬駅行き、もしくは東久留米駅行きの「花小金井5・前沢宿」経由(武12)に乗って、5つめの「前沢住宅」で降りる。逆の方向からのアクセスだと、清瀬駅、東久留米駅から武蔵小金井駅行き、もしくは滝山営業所行きで同じく「前沢住宅」で下りる。どちらにしてもバス停を降りたらちょっと戻った信号を、東方向へ。直進300mほどで一方通行に阻まれるので、車は(この部分にクレームがあったので、自分の見解を画像下に追記)。さらに100mほど歩くと下の画像いちばん上の「コンドーム自販機」があるので、そこからさらに50mほどあるいて中の画像のところを右折する。すると下の画像のような感じで、向こうの方に「うどん」のノボリが見えるはず。ここです。
10011503.jpg
10011504.jpg
10011505.jpg
<追記>
ずいぶん前から、路駐に関しては議論がありました。とくにラーメンブログではナーバスな問題になっています。今回の記事に関してコメント欄でクレームがあったので、私の考えを一度書いておくことにしましょう。
もちろん駐車禁止の場所に路駐することは違法行為です。路駐クレーマーは一方的にこのことを主張します。
当然ながら、近くにコインパーキングがあったり、買い物がてらに停められるスーパーマーケット等がある場合は「現場にいけばわかるでしょ」ということで、何も記述しません。
しかし不動の場合、一応駐車スペースはあるものの1台ぶん。店のまわりは狭い道路ばかりなので、私の記事を読んで車で訪問した人が、駐車スペースがふさがっている場合、「ま、いいでしょ」と安易に考えてそこらへんに路駐してしまうことが考えられます。それは明らかに「近隣住民にとっての迷惑行為」につながります。
グーグルマップで不動の地番「東久留米市前沢3-4-3」で地図をもっとも拡大してみてください(おヒマなら)。「ハウス前沢」の向かいが不動です。小金井街道からの私が書いたアクセスに従って道路の幅を見てもらえば、都営前沢二丁目アパートのあるところだけ、道路幅が広いことがわかるかと思います。
さらにヒマな方はストリートビューで見てください。一方通行になる手前、フェンスのない駐車場のところが、道路よりも数十センチですがスペースができています。おそらく現場まで到着すれば、そのことに気づき、ここならば迷惑にならずに短時間車を停められると気づくだろうと考えたわけです。
クレーマーの「名無しさん」は「近所のもの」と自称していますが、本当に近所の人だったらこのことには気づくと思うので、それはウソなのかもしれません。けれども、じっさいに近所の人だった場合、通報するかもしれないので、気になる人は買い物がてらイエローハットに停めればいいでしょう。徒歩10分もかからないでしょうから。
書き落としていますが、コインパーキングはこの周囲にありません。
<再追記>
コメント欄を見てもらえばわかるように、「見つけしだい110番する」と恫喝しています。ヤブヘビでした。各自自己責任で対処いたしましょう。
posted by ぐーたり at 10:04| Comment(12) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

のむら@東久留米市八幡町(初)

1パック=500g=480円。
08032802.jpg
08032803.jpg
玉売り専門店。
所沢街道沿いにある店。入ると中で麺を打っている。なんだかうどん屋さんの厨房に入ったような気分。
1パックは500g。家に帰って開いてみると、おー、いい褐色です。
茹でてみました。「沸騰したら1,2回差し水をし、そのあと沸騰したらふきこぼれない程度に火加減を調節しながら10分前後茹で上げる」と説明書きに書かれていますが、7分程度で「もういいかな」と判断しました。
計ると860gになっています。
今回は肉ときのこのつけ汁をつくり、おとな2人と子どもひとりであっという間にたいらげてしまいました。
月曜休み。
所沢街道の「前沢」交差点から、所沢方向に300mほど進んだ左側にあります。店の前にはちょうど1台分駐車できます。
08032804.jpg
posted by ぐーたり at 09:35| Comment(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

居酒屋元@東久留米市大門町2(初)/昼の営業は休止

肉汁つけうどん750円。
08022202.jpg
大蔵屋が長らく閉まっていたが、別の店舗に替わっていたので閉店決定。
その大蔵屋の近くにある焼き鳥屋が、昼だけうどん店として営業を開始した。
メニューはこれだけ。
08022203.jpg
しばらく待って、出てきた品は、うわーっ、量が多いです。推定600g強あります。
そして褐色の麺。やや細めで小麦の風味がふんぷんと感じられます。うどんはなかなかのもの。しかし惜しいことにつけ汁がやけにしょっぱい。これって居酒屋メニューで評判だったラーメンが、酒抜きで食べてみるとやけにしょっぱいのとおなじかも。
最初の写真でも灰皿が写っていますが、喫煙OK。
水曜休みで11時半から14時半。
場所は大蔵屋より手前(駅寄り)の信号を、東久留米市駅から来たとして左折して50mほど先の左側。駅から歩いても10分ほど。北口を出て駅を背に直進。3つめの信号を右折してすぐ右側にある。
08022204.jpg
posted by ぐーたり at 09:26| Comment(3) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

不動@東久留米市前沢3(初)

もりうどん(柳久保小麦+肉汁)650円。
07020602.jpg
2006年11月開店。
住宅街のわかりにく場所で、プレハブ建ての小さな店舗。なんとカウンタ4席とテーブル1卓(ノレンのない方の出入り口から、外で靴をぬいで入る)のみ。退職後に自宅の敷地を利用して始めたのでしょうかね。
メニューはシンプルで、もりうどんしかない。つけ汁を肉汁にすると+50円。使用小麦はこのあたりの地粉である柳久保小麦使用か北海道産小麦かを選べる。北海道産だと−100円。
麺はやや褐色。となりの人は北海道産小麦を頼んだのだけれど、そちらは飴色。やや細めかな。量は推定400g。噛み締めると味もあり風味もあります。茹で加減もほどよい感じ。つけ汁は弱めなので、ここはシンプルにもりうどんでいいかも。天ぷらのオプションも120円であったが、この日は売り切れ。
日祝月休みで、11時半から15時。
さて、場所の説明がむずかしい。まず、車で店まで行くことはオススメできない。駐車スペースは一番下の写真のように店舗横とノレンの前に2台分(自転車の後ろはたぶんちがう)あるけれど、このあたりは袋小路や不意の一方通行が多く、しかも道が狭い。コインパーキングもない。
まずは歩きで行く方法から。「麺や丸め」のところで説明したのと同じバスを利用する。
花小金井駅からだと清瀬駅行き、もしくは東久留米駅行きの「花小金井5・前沢宿」経由(武12)に乗って、5つめの「前沢住宅」で降りる。逆の方向からのアクセスだと、清瀬駅、東久留米駅から武蔵小金井駅行き、もしくは滝山営業所行きで同じく「前沢住宅」で下りる。どちらにしてもバス停を降りたらやってきた方向にちょっと戻って、信号があるところを東方向(田無タワーのある方)に進む。400mほど進む(途中、急に狭くなるが)と、
07020603.jpg
右にこのようなコンドーム自販機があるので、そのちょっと先を右折すると前方にノボリが見えるはず。
バス停のある通りは小金井街道。入っていく信号は、イエローハットのすぐ南にある。なので、車の人は小金井街道のそのあたりでなんとかした方が困らないで済むかと思う。
07020604.jpg
posted by ぐーたり at 08:51| Comment(2) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

橙や@東久留米市滝山(初)

肉汁うどん中(300g)350円+かき揚げ105円。
06040602.jpg
東村山市久米川町にあった讃岐うどんのセルフサービスの店「さぬきこまち」はちょっと前に閉店してしまった。これはこれで時間をはずして、かつ時間がないときは便利だったんだけけど残念(跡地は中華料理店らしい。工事中)。
で「そういえば滝山にもセルフの店があったな」と向かう。時間をはずしていたので先客0後客0だったが、上記品を食べる。麺は、う〜ん、冷凍うどんみたいですな。きんぴらごぼうがちょっと乗っている。トッピング類はちょうど揚げたてのかき揚げがあったので選択。これで455円と立ち食い並の価格だから、時間帯によっては重宝するかも。場所は新所沢街道のラーメン店「錬磨」のちょいと北。道路の両側ににぎにぎしくノボリが立っている。日曜休みで平日10時から20時、土曜10時から17時。
06040603.jpg
posted by ぐーたり at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

うどん亭もも@東久留米市下里/閉店

肉汁うどん500円。
06021602.jpg
もともとはうどん屋としてスタートしたのだが、メニューの数を増やしていくうちになんでもありの店になっている。一番人気は「豚バラ丼」だそうで。
そんなわけでうどん情報的にはノーマークだけれど、飴色のうどんは適度な歯ごたえがあり、粉っぽさも少し残した茹で上がりで、武蔵野うどんとしていい出来だ。500円で麺の量は推定300g。なので250円の餃子を頼んだ。これも皮がせんべい状にかりっと焦げていて、ていねいに仕上がっている。たくさん食べられる人は豚バラ丼とのセットでもいけるだろう。メニューと所在地はHPを見てくだされ。火曜定休。駐車場は3台ぶんあり。
http://h-kurume.shop-info.com/momo/
06021603.jpg
posted by ぐーたり at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

もぎ@東久留米(初)/閉店

かき揚げつけうどん600円。
05110902.jpg
ヤフー電話帳を見ていて「うどん主体の店のようだ」と行ってみた。ネット上にインプレはない。
ずいぶんと年期の入った店内。ひととおりのうどんメニューがある。ついカレーうどん800円を頼みそうになるが、こらえて上記の品を注文。麺は推定300gほど。白くて味はないが、茹でたてのぷるぷるした食感が好ましい。つけ汁も薄味。さくっと食べられる感じ。場所は駅西の踏切をずっと南西へ1.2kmほど行ったところのケンタッキーフライドチキンのとなり。駐車は店の斜め向かいに2台分。定休日はチェック忘れ。
05110903.jpg
posted by ぐーたり at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

大蔵屋@東久留米市大門/閉店

かき揚げざるうどん650円+肉汁50円。
05093002.jpg
前回の訪問でも厨房からばたばた音がしていたが、ちょうど私の注文ぶんからうどん種からのばして切り捌いていた。麺は平打ちで太め固めが好きな人にはものたりないだろうけれど、ムチムチしていてまずまず。推定400g。画面には入らなかったが、お菓子もひとつついているので盆の上はにぎやか。
場所は東久留米駅の清瀬側にある踏切から、新座方向に700mほど行ったところにある。駐車場は店の裏ではなく、店のとなりのマンションのとなり。2、3台分ある。火曜休み。
05093003.jpg
posted by ぐーたり at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

たかはし@東久留米市中央町(閉店)

肉汁うどん700円+大盛り100円+季節の野菜天100円。
05081101.jpg
普通盛りがそんなに多くはない記憶があったので大盛りで注文。推定500g。前回の訪問では「武蔵野うどんと讃岐うどんの中間の麺」と思ったものだが、弾力はあるもののやはり讃岐うどんとは違う。クリーム色をしていて、ていねいに打たれたという風情の麺だ。
今日の「季節の野菜天」はなすとかき揚げ。昔の農家をそのまま店舗にしているので冷房はない。下の写真のように猫がぐったりと寝そべっていた。広間奥の方に並べられている写真などじっくり見たかったが、先客に占領されていて残念。
駐車場はあらためて数えてみると20台ぶんある。車でアクセスする場合、小金井街道を小金井から来たとして「前沢」交差点を過ぎ、次の信号で右折。すぐに道が狭くなるので対向車に注意しつつみちなりに400mほど進んだ左に看板が見える。
(2007年2月閉店しました)
05081102.jpg
posted by ぐーたり at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

久屋@東久留米市(初)

肉つゆ700円。
05070401.jpg
大蔵屋の300mほど先にある(東久留米駅から来たとして)。店の前の道は何回も通過していて、いつも閉まっている印象があったのだが、今日は開いていたので入った。それもそのはず、月曜から木曜、11時半から14時までという営業時間。この営業時間では完全に近所の人相手でやっている店だ。店舗はプレハブ、トイレは工事現場にあるようなもの。数人ほど入るといっぱいになってしまうくらい狭い。狭いので営業許可書がよく見えるが、店を始めて3年になるようだ。
麺は褐色で粉の味があるが、ちょっと茹でムラがあった。つけ汁はかなり薄め。すぐ近くに大蔵屋があるので、つい比較してしまうが、この内容ではちょっとさびしい気がする。しかしメニューは他に肉のかわりに油揚げが入っているもの(600円)と、トレイに作り置きされている1個60円のかき揚げだけというシンプルさはいい感じ。
05070402.jpg
posted by ぐーたり at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

うどん亭もも@東久留米市下里(初)/閉店

肉汁うどん500円。
05050901.jpg
この店の前は何回も通り、隣りのラーメン店「むー本店」でラーメンを食べたこともある。で、メーニュー豊富な定食屋さんと思って、うどんにのめりこんでからも「食べる予定の店」には入れてなかった。しかし本日、ふとこの店が10
時からやっていることに気づき、しかもそもそもは肉汁うどんがメインで、そこからメニューを増やしていったという経緯らしいことを店のHPで見て、試しに食してみようと思ったのだった。
頼むのはもちろん肉汁うどん。しばらく待って出てきたものは、かなりちぢれている。色は淡い灰色。噛むと確かな歯ごたえがある。まぎれもないこの店も武蔵野うどんの一員だ。
駅からは遠い立地。東久留米方向からだとコカコーラ工場前を久留米西団地方向に向かい、所沢街道にクロスする手前左にある。夜は10時まで、無休というか不定休のようだ。
05050902.jpg
posted by ぐーたり at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東久留米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする