2015年01月28日

うどん小屋アサイチ@清瀬市中里5(初)

肉汁うどん680円+にんじん天100円。
15012802.jpg
2015年1月開店。「うどん店ができた」というだけの情報で出かけてみると、なるほどうどん店があります。とりあえず入ってみました。下の外観画像ではわかりにくいのですが、ゆったりとしたレイアウトの店内で、永井@三芳町のように民家改造型の店舗です。
メニューを開くとこんなかんじ。
14012803.jpg
おお、まぎれもなく武蔵野うどん店でした。
つけ汁でないタイプのうどんメニューもあります。
しばし待って出て来たうどんは、全粒粉使用らしき黒いつぶつぶが見えて褐色です。噛み締めると見た目どおりの小麦粉の風味が噛み締めるごとに強くたちのぼってきます。硬めの茹で上がりですが火は芯まで通っています。並で400gぐらい。大盛りは+100円。
つけ汁は醤油ががつんときいた濃いめ。武蔵野うどんのど真ん中路線であります。これは2015年年頭から有力店現れるという感じです。
しかしその時点でまだ店名が何であるのか判明していませんでした。
そのうち付けるのかもしれませんが、看板がついてません。メニューを開いても、店休日だけは書いてあるのですが店名はどこにも記載されていません。レジに店の名刺も置いてないので聞いてみたところ「早朝からやっているわけではないですがアサイチです」とのこと。
日月祝休みで11時から14時。
清瀬市中里5-11
スーパーマーケットのマルエツ中里店から東方向に100mほどのところにあります。店の前に6台ぶん駐車スペースがあります。
15012804.jpg
posted by ぐーたり at 17:43| Comment(6) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

風太@新座(初)/閉店

肉汁うどん850円。
12031402.jpg
2011年12月開店。
もとは「泰平」があったところにまた武蔵野うどん店が開店した。
ここは「泰平」の記事でも書いたように、地番では清瀬市だけれど、最寄りの駅はJR武蔵野線の新座駅。
東京都の地図を見ると、真ん中へんの北側に、ちょうど人差し指を立てたこぶしのような形で飛び出している部分がある。その人差し指の指先のあたりにこの店はあるのです。
前の店とちがうのは、店内に灰皿がないこと。でも禁煙とは書いてなかった。
肉汁うどん850円ということで、ちょっと高めの設定。野菜天100円、かき揚げ150円とメニューには書かれているが、野菜は何が用意されているのかはわからない。店内に掲示すりゃいいのにね。
前客のすすっているうどんがかなり量が多かったので「お、武蔵野うどんらしくデフォで大盛りか」と思ったのだけれど、その客は1000円払ったのでデフォではないことがわかった。ちなみに大盛りは+150円。
はたして出て来たうどんは400g弱ぐらい。やや褐色で、風味あり。火はよく通してあって、やや柔らかめ。ぬるっとしてます。
つけ汁は具たくさん。うどんをつけて食べているうちは濃いめに感じていたけれど、飲んでみるとそれほどでもなく、甘さ辛さうまみのバランスがいいので飲み干してしまいました。
画像の通り、茹で野菜(糧)もちょっとついています。
日曜と第一第三月曜休みで、11時から15時。
12031403.jpg
posted by ぐーたり at 15:03| Comment(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

福助@清瀬/移転

担々つけうどん750円+1玉増量100円。
10072002.jpg
限定メニューだが好評なのでしばらく(8月いっぱいぐらい?)は続けるそうだ。
ごまダレつけ汁にラー油。とくに新奇な品ではないが、こちら福助さんが手がけるたので「さすが」と思わせるものになった。
決めてはラー油。もちろん自家製で別皿。ちかごろ流行の「食べるラー油」のように、ニンニクチップその他スパイス類がざくざく入っている。なのでこの具を食べてみると、おおーっ、業務用ニンニクチップなんぞとは別物。パリパリして風味満点。
これを甘さのあるゴマだれに投入、うどんをからめていただきますと、甘さ、辛さ、うどんの食感が一度に楽しめます。そして、ごはんがすすむように、うどんがすすむ。おそらく通常よりも1玉ぐらいよけいにいっちゃうんじゃないでしょうか。
あと思ったのですが、私は讃岐うどんで頼みましたが、武蔵野うどんにしてもうどんの風味がかき消されることはなく、むしろ相乗効果があるんじゃないでしょうかね。
posted by ぐーたり at 09:15| Comment(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

泰平@新座/閉店

肉もりうどん700円。
10060702.jpg
前にも書いたと思うけれど、東京都の地図を見ると真ん中あたりの北部に、ちょうど人差し指を立ててこぶしを突き出しているようなかたちの突起があります。その人差し指の先端のところにある店。だから最寄り駅は武蔵野線の新座になる。
いかにも自宅敷地内に立てた店舗ってかんじです。うどんも褐色。期待にたがわず武蔵野うどんらしい風味がたっぷり。
つけ汁は濃くないので、通常、つけ汁にかき消される小麦の風味も、最後まで楽しむことができます。
あと特徴と言えば、うどんがやけに長いってことかな。
水曜木曜休みで11時半から14時半、17時から19時半。
喫煙OK。
posted by ぐーたり at 09:15| Comment(1) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

一将@清瀬/閉店

糧もりうどん1000円。
09052902.jpg
鮮やかな見た目がうれしい。
つけ汁には豚肉、ナス、にんじん、タマネギなどが具だくさんに入っていて、ピリリと辛い。そして濃厚なうまみ。
posted by ぐーたり at 08:32| Comment(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

なべきち@清瀬市竹丘(ストック画像)

2L肉汁 650円。
06080302.jpg
皿が赤と黒のものじゃないところが異なるだけで、あとは見るからにきくや系のビジュアル。この近くの野火止用水沿いには「みんなのうどんや」という、やはりきくや関連の店がある。出店調整とかしなかったのですかねぇ。昨年7月には以前ラーメン店だったところで「福助」が開店したので、うどん店が3店もある地区になっている。
味は1年以上前のことなのでおぼろげだけれど、きくやほどには小麦の風味がなかったように覚えている。
posted by ぐーたり at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

りゅうせん@秋津(ストック画像)

きつねうどん400円。
06080202.jpg
この店はたぶん閉店してしまっている。志木街道沿いの、東村山から清瀬に入った野塩橋そばにあるので、一将に行くときは前を通るのだけれど、最近、ノレンが出ているのを見たことがない。
訪問したのは2005年3月の末。長いこと気になっていた店ではあった。しかし下の写真のような外観なのでひるんでいた。
意を決して入ってみると、トタンで囲われた部分の奥にももう一卓ある。しかし人のけはいがない。調理場にむかって声をかけると「なんだ、客か」という感じで老人が現れた。肉汁うどんはないので、きつねうどんを頼む。
出てきた品は、褐色の麺。小麦の風味はあるけれど、柔らかすぎて歯ごたえがない。しかし量は多い。写真でもどんぶり表面から麺が盛り上がっているのが確認できると思う。
06080203.jpg
06080204.jpg
posted by ぐーたり at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

福助@清瀬市竹丘(初)/移転

田舎うどん中盛り600円+肉汁50円+かき揚げ50円。
05092002.jpg
先客0だったが、私のあとに客がどっと入って定休日、営業時間を聞きそびれてしまった。まあ、再訪するつもりなので、その時に。
ここは以前はラーメン店「蔵蔵(くらぞう)」だったところ、その前はラーメンショップだった。野火止用水沿いで、みんなのうどんやのすぐ近く。なべきちも含めるとうどん店密度が濃くなった。7月の開店らしい。
ラーメン店はどんどんできて、あっさり閉店していくけれど、うどん店はそうでもない。のんびり、どっしり構えている店が多いような印象だ。で、この店「常連さんになってもらいたい」という必死の思いが接客から伝わってくるのが新鮮だった。それはともかく。
うどんは白と黒のどちらも用意されている。合い盛りもあり。私は当然ながら黒を注文。「茹で時間かかりますので、どうぞ」とさつまいもの天ぷらをいただく。「麺の固さはどうします?」と聞かれるが、「わからんからテキトーにやってくれ」と言う。
出て来た麺は褐色で、噛み締めると小麦の風味がある。量は中盛りで推定450g。かき揚げはその場で揚げていた。
しかしもとがラーメン店で、カウンターだけの狭い店舗だ。これで茹でている間じっと待っているのはつらいかもしれない。駐車は路駐が前提の立地。
05092003.jpg
posted by ぐーたり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

桂@清瀬市中清戸(初)

肉汁うどん650円+かき揚げ100円。
05062102.jpg
このブログへのコメントで情報をいただいた。「うどん/清瀬/桂」のキーワードで検索しても情報は見つからないので、完全ノーマーク店だ。しかし写真を見ればわかるように、まぎれもなく武蔵野うどんだ。看板には「うどん、そば」と書いてあるが、客はみなうどんを注文していた。麺はちょっと細めで、やや柔らかいが粉の味がある。つけ汁はややしょっぱめでよく合っている。量は多め。かき揚げはかたまらず、うまくばらけて揚げられている。
清瀬の駅からは地図で見ると1.5kmぐらい離れている。車だと志木街道を走っていると「喫茶店るぽ」というのが目につくが、ここの道を入って、最初の信号を越えたところで下の写真のように店舗が見える。バッティングセンターやマンガ喫茶と一緒の敷地にある。日祝休みで昼のみの営業。
05062103.jpg
posted by ぐーたり at 10:20| Comment(2) | TrackBack(1) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

一将@清瀬(初)/閉店

きざみうどん800円。
05061801.jpg
ここは関西うどんだと思っていたので汁ものを頼んだが、メニューをよく見ると肉つけうどんもある。汁は澄んでいるが、しょうゆの味はしっかり感じられるので、関東風にチューニングされている。麺は主張は強くないが、柔すぎず固すぎず、バランスがとれている。値段は安くはないが、値段以上のレベルの高さを感じる。再訪必至の店だ。清瀬駅からも徒歩10分以内で着ける距離にある。北口を出てそのまままっすぐ歩き、志木街道との交差点角にある。
05061802.jpg
posted by ぐーたり at 08:39| Comment(2) | TrackBack(1) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

篠新@清瀬(初)

肉汁うどん750円。
05061702.jpg
さて2周目はとき@東村山からと出かける(と言ってもすぐ近くなのですが)が……、行列じゃない。そうだ、タイミングが悪かった。今、北山公園の菖蒲が咲いていて、それを鑑賞にくる人がたくさんいるのだった。きっと野口製麺所も行列だろう。きくや、小島屋もね。
ま、そこでリストに載せていたけれど駅前で車が停めにくいので敬遠していたこの店へ。いちおう駐車場1台分確保してるのね。
すこし細めの麺は粉のうまみが感じられてうまい。値段がちょいと高いけれど、駅から近いのでしかたないだろう。
05061703.jpg
posted by ぐーたり at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

縁@清瀬(初)/醤油焼き団子専門に変更

天付きもりうどん650円。
05052301.jpg
「えにし」と読みたくなるが「ゆかり」という店。店外からの見た目よりも店内は広くてきれい。最寄り駅は清瀬だが、徒歩30分はかかるかな。店に入ってメニューをみて、肉汁という設定がないことに気づく。しかしもりうどんは、麺とつけ汁の冷/熱が独立して頼める。当然ながら麺は冷たく、つけ汁は温かくで注文。肉汁ではない温つけ汁って、鰹の風味がドカンと立ってきて、ちょいと苦しい。麺もちょいと細めで、かつ柔らかめ。武蔵野うどんの境界線にあるような店ではあった。
(2006年6月、うどんはやめて焼きだんごのみの営業になりました)
05052302.jpg
posted by ぐーたり at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(清瀬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする