2005年10月18日

とき@東村山/閉店

肉汁うどん650円+大盛り100円。
05101702.jpg
相変わらすうまいが人をやはり選ぶだろう。外国人の一部には寿司が生臭く感じられ、感覚的にも「魚を生で食べるなんて」と思われているように、ときのうどんも「茹で切れてない」とか「固いだけで洗練された気品がない田舎うどん」とか、好みにまったく合わないケースもあるだろう。
日本酒にしても同じで、もともと「くだらない」ということばは日本酒から由来している。つまり伏見や灘などの「上方から関東に下ってくる」酒が上等で、関東で醸造されるような「下らない」酒は下等なものだと認識されていたわけだ。関東の日本酒の特徴はひとことで言うと切れ味重視だ。そのため、軽やかさ、うまみの濃さ、香りのよさなどの演出は省かれる。結果的にはよく言えば無骨、悪く言うと粗野な酒になる。これはいまどきの流行とは合わない。しかし日本酒を意識的に飲んでいくと、やがてうわべだけきれいな酒に飽きてきて、無骨さのなかにうまみを秘めている関東の酒(の中で優れたもの)のよさに気づくのだ。
これは女性についても同じことが言えて……おっと下ネタ自粛。
たとえとしては洗練されていないけれど、讃岐うどんがグミのようだとしたら、武蔵野うどんはガムのようだ。噛み締めているうちに粘度が出てくる。挿し歯の人は注意すべし。
ま、そういう意味を踏まえたうえで、ときは武蔵野うどんの代表格の店です。
前回レポした迷惑にならない路駐場所への道。ときの先の農家の取り壊し工事は終了して、そのあとの工事は始まっていない。マンションでも建つのだろうけれど、工事がはじまったらまた通行不能になるだろう。コインパークもあまりないし、遠方から車で来る人は、駅をはさんでときとは反対側になるけれどイトーヨーカドーが安全パイかも。じつは何も買わなくても2時間駐車できる。でも礼儀として、なにか買い物をしましょう。
麺の量については前回レポ参照。
日祝休みなので土曜は待つこと覚悟。しかし武蔵野うどんにしては珍しく夜の営業(20時まで)もあるので夜が狙い目かもしれない。
posted by ぐーたり at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

宅部うどん@西武遊園地/閉店

3玉肉汁580円。
05082101.jpg
前回の訪問の時のような歯ごたえがない。注文してすぐに出てきたので、茹で置きだったようだ。しっかりとしたうどんを出す店なので茹でたてで欲しいなあ。そういう意味では「注文受けてから茹でる」とのポリシーを貫いている「とき」が、やはり東村山のうどん店のなかでは一馬身リードしてるかんじですかね。
前回4玉頼んでしまって苦戦したので、今回は3玉にした。それでもかなりの量だ。貼り紙に1玉200gと書いてある。ということは600gか。苦戦するはずだ。私は2玉でじゅうぶんです。
駐車場は店の前に2台と、道路向かいに1台ぶん停められる。駅も意外に近くて、西武遊園地駅を、遊園地と反対の改札を出る。目の前の酒屋を左へ。すぐつき当りを右へ。そのまま進んで西武園駅からの道を合流してすぐの信号手前の左。改札からは徒歩3分ぐらいではないだろうか。11時から麺切れまで。日曜休み。
店名の宅部は「やけべ」と読む。現在の町名に反映されてないけれど、宅部遺跡とか宅部通りとかあるので、ここらへんの古い地名のひとつのようだ。
05082102.jpg
posted by ぐーたり at 18:26| Comment(2) | TrackBack(1) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

野口製麺所@東村山市野口町

もりうどん500円+大盛り100円。
05081701.jpg
まだお盆休みのところも多いだろうし、きょうは「さぬきこまち」で昼食を済まそうかと考えたが「どうせ讃岐うどんにするなら野口製麺所に行ってみよう」と思う。
で、上記メニューを注文。天ぷらは1コ50円でトレイからセルフで取るシステム。むっちり白い麺を口に運んで「ん、ちょっと柔らかいな」。そういえば注文して5分で出てきた。下茹でしてあったみたいだ。大盛りで推定400g。駐車場は下の写真の店舗の裏側、大きな新築の家の庭に数台停めることができる。場所は正福寺の裏側。アクセスルートを説明するのがめちゃ難しい。東村山西口から徒歩15分なので、まずは正福寺(国宝建造物なのでかなり有名)か北山公園を目指すのがいいかと思う。しかし見込み茹でする店なら、わざわざ遠くから訪問するほどのものではないだろう。
05081702.jpg
posted by ぐーたり at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ますや@東村山市久米川町

肉汁うどん700円。
05081502.jpg
お盆休みでフラレまくる。なんと次から次へと6軒もフラレた。「しょうがない、チェーン店なら開いているか」と、さぬき小町に向かう途中、ますやのノレンが出ているのを発見、入る。
ここは茹で置き、天ぷらもつくり置き。なのであまり期待はしないで欲しい。店の奥で地元自治会の打ち合わせをしていたりと地元密着型の店だ。店横が駐車スペースで数台置けるが、その奥に燃料の廃材が置いてある。小島屋と同じように、薪でお湯を沸かすのだ。麺も褐色だし、茹でたてはかなりうまいのではないかと思う。しかし運悪く当ったことがない。量は推定300g。
場所は府中街道を所沢方向に向かう。東村山駅前の信号から1km弱の「久米川辻」を左折してすぐの左側。
05081503.jpg
posted by ぐーたり at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

きくや@武蔵大和(初)

3L=650円。
05072502.jpg
きくやは東村山駅近くの店の方には複数回訪問しているが、こちらの本店は初めてになる。本店でもやはりおばちゃんたちはおしゃべりしながら働いている。注文するとすぐに出てくる。見込みで茹でているわけだが、人気店でもあり、営業時間がこの本店はとくに短く、1時半前にノレンをしまっているのを目撃したこともあるほどなので成り立つのだろう。
3Lで推定450g。麺は灰色がかっているが、さほど小麦粉の風味は感じられない。天ぷらはつくり置きでヘナヘナしている。駐車場の確認は忘れてしまった。店近くにあったはず。最寄り駅は武蔵大和になるが、東村山駅西口からも徒歩15分ぐらいで行ける。西口を出てちょっとのところにある信号を左折。そのまま一方通行の道を500m直進。日機装という工場に突き当たるので左へ。その先の信号を右折。そのまま浄水場に沿って500mほど進むと消防署が左にあるが、その右ななめ前に店舗がある。
05072503.jpg
posted by ぐーたり at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

竹とんぼ@久米川(初)/閉店

ちゃんぽんうどん700円。
05062002.jpg
久米川駅南口そばにひっそりとあるうどん専門店。ここは関西うどん系で、店前のディスプレイにもど〜んときつねうどん(600円)が置かれている。店内はやや狭く、外に開いた窓がないので閉鎖的というか隠れ家的というか。
麺は白く、柔らかい。五目あんかけになっていて、そこにからんで切れてしまうほど。出汁はやはり薄めで、食べ終わる頃にようやくうまみを感じてきた。
ところで東村山は武蔵野うどんの中心地だという物言いがあるが、武蔵野うどんの店があるのって、東村山市の北側だけですな。ここ久米川駅周辺が飲食店が集中していて、昔から栄えているところだけれど、南半分側、つまり栄町、萩山町、富士見町、美住町、恩多町にはないようだ。
05062001.jpg
posted by ぐーたり at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする