2017年11月17日

お寺うどん(ざくろ庵)@飯能市山手町

カップうどん300円+かき揚げ110円。
IMGP0003.jpg
2回フラれて3度目の正直でようやく食べることができた。金土日しか営業してないので土日に用事の入る私は結構ハードル高かった。1回目は臨休、2回目は月曜も営業しているという食べログなどの情報で月曜訪問して食べられず。
ここは屋外で食べることになるので、できれば日中まだ暖かいうちに食べたかったので、ちょっとムリヤリの段取りで訪問しました。
小屋の横の方にテーブル席ができていました。
IMGP0001.jpg
注文はこの建物(建物の名称が「ざくろ庵」で、そこを借りて「お寺うどん」という名でやっているということらしい)の下の画像の左側の窓口で注文して、受け取りは右側の暖簾がある方でというシステム。
渡されたうどんはさほど風味は感じないものの、小麦粉が新鮮な時に感じるような植物っぽい風味がちょっとある。多分茹で置きだろう、柔らかめ。汁は意外と透明だった。天ぷらはかき揚げの他に、サツマイモ天とちくわ天がそこそこの量、用意されていた。駅の立ち食いみたいなスタイルなんだけれど、紛れもなくお寺の境内というのが魅力あります。
しかし真冬とか、雨の時はどうすんだろう。
月火水木休みで10時から15時(売り切れ仕舞い)。
飯能市山手町5-17(観音寺の境内)
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 17:34| Comment(2) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

はぎ桜@飯能市下名栗(初)

肉汁つけうどん900円。
15072102.jpg
奥武蔵地粉で打ったうどんらしいです。
以前は名栗村だったところの温泉施設「さわらびの湯」の近くにある店。うどん専門ではなくてそばや川魚の串焼きなどもやっている店。
入り口の左の方がテーブル席、右が小上がりのようです。テーブル席の方に行きました。先客が3グループいたのですが、誰も食べていないし、なんとなくイライラしている様子。案の定、小上がりの方の客が「もう30分待っているんだけど」とクレームつけてました。一気に客が来てばらばらなものを注文すると対応できないみたいね。
自分はやはり30分以上待ってから提供されました。
うどんはかなーり細めで、黒いつぶが見えます。全粒粉使用かな。奥武蔵地粉というだけなんで品種はわかりませんが、全粒粉らしい風味はあります。量は350gぐらい。
つけ汁は豚肉はなかなかうまみがありました。かなり濃いめで、椎茸なども入っていました。
まーしかし雰囲気的には観光地の食堂っぽさが支配してたかなぁ。
木曜と第一水曜が休みで11時半から15時。
飯能市下名栗645←自分のカーナビが悪いのだろうけれど、またしても「この先行き止まり」の道に突入させられました。すなおに「さわらびの湯」を目指した方がわかりやすいでしょう。
15072103.jpg
posted by ぐーたり at 18:53| Comment(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

ゆずの庄@飯能市南(初)

肉汁うどん680円+中盛り100円。
13101102.jpg
2013年8月開店。
下の店舗外観画像でもわかるように、かなり山間の奥まったところにある店。
店舗に入って座ると、せせらぎの音なんて聞えてきます。
メニューはつけ汁うどんのみで、肉汁、カレー汁、冷や汁、きのこ汁。
肉汁うどん並(200g)なんて書いてあるので、ちょっと少なめだなと思って中盛り(300g)を注文。出てきたうどんを見ると500gぐらいあるので、これは茹でる前の重さなのだと思う。大盛り(400gで+200円)にしてたらおそらく700gはあるのではないかな。
うどんは茹で置きで、弾力はない。しかし小麦の風味はかなり強め。こういううどんの場合、いつも思い出してしまうのはますや@東村山。(追記…コメント欄にて情報いただいたように、注文受けてから茹でていたとのこと。ケースバイケースなのかな)
つけ汁は甘塩っぱいもので、油揚げやきのこも入っている田舎汁スタイル。濃いのでうどんの風味はかき消されます。
地元の人と思われる後客がカレー汁うどんを食べていたけれど、なかなかウマそうな感じでしたね。次回訪問の機会があればそれを試したいと思った。
店舗内禁煙です。
食べ終わって帰ろうとすると「あっ」とか言われてしまった。何かと思うと、コーヒーを出してくれるところだったそうで。必ずコーヒーが付いてくるわけではなくて「忙しくないときのサービスです」と言われたけれど。
火曜水曜休みで11時から15時。
飯能市南801
13101103.jpg
posted by ぐーたり at 21:14| Comment(2) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

如水@飯能(移転後初)

しゃきしゃき野菜盛りうどん750円。
12110102.jpg
飯能駅南口に移転したとのことで、訪問してみました。
おそらくは以前は寿司屋だったであろう感じの店に居抜きで入りました。前は喫茶店ふうだったのでちょっと雰囲気変わったかな。
メニューの方は、ぶっかけはなくなっていました。以前は限定だったカレーうどんが通常メニューになって、しかも店のイチオシみたいです。
もひとつイチオシっぽい上記の品を注文。
予想通り、タンメンの中華麺をうどんに置き換えたような品です。野菜が350gとかなり多め。そこらへんはラーメン二郎っぽさを狙ったか。
ラー油とショウガがついてきます。ラー油は使わなかった。
とにかく茹で野菜が多いので、うどんは脇役になっている感じの品。
火曜休みで11時半から14時半、17時半から21時。
飯能市南町11。南口を出て信号「飯能駅前」を左折して300mほど先の右(セブンイレブンの手前)。店の横が駐車スペースです。下の画像奥の方が駅。
12110103.jpg
posted by ぐーたり at 17:17| Comment(2) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ちゃう助@東飯能(初)

肉汁うどん630円。
IMGP2045.jpg
この店も基本は居酒屋で、昼営業してうどんを出すスタイルのようす。
うどんは400gほどで、風味はそこそこあり。ねじれまくっているのが特徴かな。
しかし飯能市観光協会のサイトを見ると「武州飯能うどんマップ」なんてつくって配布しているようだけれど、ほとんどの店がそばメインじゃないですか。
http://hanno-tourism.com/04taberu/taberu.html
ちょっとムリヤリ感があります。
ちゃう助の所在地は新町8-17。
水曜休みで11時半から14時、15時半から20時。
駐車場は店の裏にあります。
IMGP2046.jpg
posted by ぐーたり at 10:05| Comment(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

宮前うどん店@飯能市下加治(初)

肉きのこうどん700円。
08100302.jpg
このブログを始めてから3年半になるけれど、少なくともその期間は休業していた店。
肉汁うどんはメニューにないので上記品を注文。比較的すぐに出てきた。
しっかりと火が通っているものの、小麦の風味を感じるうどんです。素朴ながら田舎うどん的うまさを感じさせてくれます。
火曜休みで11時から16時。
喫煙OK。
飯能靖和病院の西隣り。店の前に数台停められます。
08100303.jpg
posted by ぐーたり at 10:23| Comment(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

みなみ@吾野(初)/閉店

かき揚げもりうどん600円。
08012102.jpg
カウンタ3席、テーブル4卓の店だが、カウンタはすでに常連さんらしき老人で埋まっていて、酒をちびちびやりながら健康(医者)の話で盛り上がっている。
メニューは数種類。まわりは静かで、のんびりとうどんを待つ。大きな水槽を泳いでいるのは川魚なのかな。水槽の向こうに、となりの畑の柿が、収穫せずに干し柿状態になりかかっているのが見える。
08012103.jpg
しばらく待って出てきた品は、細めのうどん。そう言えば飯能市のうどんはみんな細めだったように思う。真っ白ではなく、ちょっとクリーム色。小麦の風味はないけれど、食感がいい。細いから、稲庭うどんっぽくも感じる。推定400g。
かき揚げは2つ。見た目のとおり、さくっとかりっと揚がっている。これで600円なのだから、なかなかいいっスね。
R299沿い。飯能市中心部から車で20分ほど。最寄り駅は吾野だけれど、歩くには遠い。
火曜休みで11時から14時、16時から20時。
08012104.jpg
posted by ぐーたり at 08:35| Comment(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

小松屋@飯能(初)

肉汁うどん840円。
07012002.jpg
そばメインの店だが、白黒2種のうどんを提供するという情報があったので訪問してみた。
地番をたよりに行ってみると、米屋の横から入って、ちょっとしたアプローチがあり、奥に店舗があった。
白いツルツルうどんと、小麦の風味のある武蔵野うどんの2種。武蔵野うどんを頼む。「茹で時間をしばらくいただきます」と言われ期待がふくらむ。
出てきた麺はやや細め。期待より白っぽい。そして致命的だったのは、柔らかかったこと。ちょいと茹で過ぎなのかなぁ。小麦の風味もあるけれど弱い。量は推定400g。つけ汁は自然なうまみたっぷりでよかったけれど、麺の弱さを救いきれない。やはりそばメインの店でのうどんメニューはイマイチなんでしょうかねぇ。
07012003.jpg
posted by ぐーたり at 09:02| Comment(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

おおむろ@元加治(初)

肉汁うどん700円。
07011902.jpg
通りすがりに発見した店。あとで検索してもネット上には何も情報がない。
うどん専門で、カレーうどんなどのメニューもある。
出てきたものは、おおっ、盛りがいい。推定500gはある。やや細めだが褐色がかっている。しかし麺のへりはデコボコになってしまっているので不安もあり。一本噛み締めてみると、やはりちょいと柔らかめ。しかし小麦の風味はある。
つけ汁に投入される豚肉は写真のように刻まれている。汁は熱々。そしてかなり甘い。
左上のまんじゅうみたいなシロモノは、かじってみるとやはりまんじゅう。これはありそうでなかったパターンかも。
地図を見ると最寄り駅は元加治で、駅から真北に600mあたり、しかしまっすぐな道はない。車の場合は国道299(バイパスではなく飯能駅に向う方)を、入間市から飯能市に入ったところ、パチンコニュー太陽とセブンイレブンのある信号を右折してちょっと先の右側。店の前ととなりに駐車スペースあり。水曜木曜休み。
07011903.jpg
posted by ぐーたり at 09:11| Comment(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

古久や@飯能(初)

肉つけうどん630円。
05060203.jpg
麺は白く、やや細めで柔らかい。利根うどん、ぬまうどん、そしてここと、飯能のうどん店3つとも柔らかめのうどんだった。薬味の小皿とつけ汁を割る湯がついているだけでなんとなく見た目が豊富な感じになるもんです。
つけ汁はぬまうどんより甘さが強調されている。しかし入っている具は多い。汁の底にたっぷり肉などが沈んでいた。
それにしてもここは店内のナチュラルな古さがすごい。こうですよ。
05060204.jpg
つくりこんだ古さではなく、しかも下の写真を見てもらえばわかるように、とくにこざっぱりと片付けてはいない。雑然と置かれたものたちが時間の蓄積を感じさせるわけです。
05060205.jpg
いいでしょ。とくに上の写真の左側のなんだかわからないけれど積んであるものの感じがいい。
私はこのブログのためにデジカメ撮影するようになってから、店に入ってできるだけ明るい場所に座るような条件反射ができてしまっている。なのでここでも入り口近くの席に座った。そうしてふと目の前をみやると。
05060206.jpg
なんじゃこのオブジェは?
と思うと、即座にあのさわだ@入間の脇に横たえられていた彫刻らしきものを思い出す。ま、それはともかく、私はこのふくろうと対面しつつうどんを啜ったわけであります。
posted by ぐーたり at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぬまうどん@飯能(初)

きのこ肉汁つけうどん600円。
05060201.jpg
下には店内写真を貼っておくが、テーブルと座卓合わせて20卓ある広い店内。事前情報では営業時間が午前11時から午後1時半という短さだったが、この5月から午後4時から6時までも営業することになったというはり紙があった。しかしなんとも中途半端な時間のような気もする。
麺は白く柔らかい。ツルピカですな。つけ汁はけっこう濃いめの味。薬味の小皿はつかないのでじつにシンプルな構成。注文は客が厨房のところまで行って通すというしきたりになっている。坊主頭の親子らしきペアがうどんをつくっていて、なんだか見た目がうさんくさくていい感じ。火曜定休のようです。
05060202.jpg
posted by ぐーたり at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

利根うどん@飯能市役所前(初)

もりうどん380円+肉汁80円。
05052401.jpg
飯能市役所前という駅があるわけではない。最寄り駅は東飯能になる。立地条件から、市役所職員の昼めし用のうどんやとしてやってきているのだと思う。麺は茹で置き、頼まなかったが天ぷらも作り置き。まあこの値段なりのシロモノではある。だが、寿うどん@志木と違って麺が太い。そのため、茹で置きでももちっとした食感があったりする。店内満席になるような昼飯時のど真ん中が、いちばんいいのかもしれない。
意外と量はある。ところがあとから来たおばあさんがなにげに「大盛り」なんて頼んでるよ。
05052402.jpg
posted by ぐーたり at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(飯能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする