2007年10月05日

タージ@所沢/閉店

Cランチ850円。
07100402.jpg
私、2ヶ月後に沖縄に4泊5日することになりました。そこで沖縄そばを予行演習しておこうと、気になっていた所沢の護佐丸というお店へ。
しかし閉まっていました。基本的に飲み屋さんなので夜営業メインにしたのかな。
ついでに閉店の情報が流れた嘉藤所沢店も見てきましたが「しばらく休みます」との貼り紙。
で、タージで食べることにしました。カレー2種つくのは「Bセット」だったのですが、それがCになり、値段も+50円。しかし小さな店ですがこの日は客が入っています。カレーは本日(マトンとカボチャ)とキーマを選択。ぱりっとしている部分とモチっとしている部分が共存するナンとともに、この日もおいしくいただきました。
さて、近所でほかに沖縄そばというと、どこがあるかな?
posted by ぐーたり at 09:21| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

福助@清瀬/移転

ぶっかけ小600円+本日の天ぷら(小ネギ)100円。
07092802.jpg
07092803.jpg
9月も終わりだというのに今年(2007年)はまだまだ暑いっス。
そこでぶっかけ。
夢中で食べてしまいます。
ゆずかすだちかを問われるのですが、私はいつもすだちを選択。
最近込みがちな福助ですが、12時前に込むこともあれば2時過ぎに込むこともあるそうで、一定していないようです。ま、小さい店ですからね。エアコンの調節もこまめにしていないといけなくて苦労しているようす(コントロールパネルが冷水器のところにあるのね)。寒すぎたり暑すぎたりしたら遠慮なく言いましょう。
posted by ぐーたり at 10:03| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

エン座@石神井台8/移転

呑んで食って合計5000円。
「エン座で昼飲みしませんか」というお誘いあり、やっちゃいました。
テーブル一卓居座って飲み食いざんまい。途中、行列ができていたので、後ろめたいような気持ちになったけれど、もう止まりません。
ここのこの日のおつまみメニューを全部いただきました。ヘタな居酒屋よりもよっぽどうまいのです。
あとは画像の羅列で。
07092202.jpg
07092203.jpg
07092204.jpg
07092205.jpg
07092206.jpg
07092207.jpg
07092208.jpg
07092209.jpg
07092210.jpg
07092211.jpg
07092212.jpg
07092213.jpg
posted by ぐーたり at 12:29| Comment(2) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

こせがわ@東村山

ざるうどん500円+肉汁50円+天ぷら50円。
07090302.jpg
この店も武蔵野うどんの典型的な店のひとつでしょう。
まず、場所がわかりにくい。地元の人しか利用しない道沿いにある。
しかも、いかにも庭の一角を利用して店にしている感じだし。
もともとは麺の玉売りの店だったのだけれど、増設して食べられる場所をつくったのだった。
あー、昼からビール飲んでる客がいるぞ。おーっと、そのまま車を運転して帰っていきやがった。
posted by ぐーたり at 09:37| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

いこいこ@狭山ケ丘

肉汁うどん590円+天ぷら60円−三回目割引40円。
07083102.jpg
時間がなくてあせっていたせいで気づいたが、武蔵野うどんってのはゆっくり噛み締めながら食べるものですね。讃岐うどんのように飲む込むようにして食べると、ちょいと腹にたまっていく感じで、後が続きません。でもうどんだから、ちょっとすると消化してしまうのだけれど。
posted by ぐーたり at 09:21| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

よしふじ@小平

もりうどん500円+野菜天ぷら200円。
07082202.jpg
とくに理由はなく、ふらりと訪問。
推定450gのうどんは、風味もしっかりあり、茹で加減も硬すぎないほどの硬めでちょうどいい。たまたまなのかもしれないけれど、高レベル。天ぷらももちろん揚げたて。
posted by ぐーたり at 09:44| Comment(4) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

福助@清瀬/移転

武蔵野うどん中盛り600円+肉汁50円+かき揚げ100円。
07081502.jpg
この店ならお盆休みは取らないだろうとの思い込みで訪問。
同じことを考えた人が多いのだろうか、11時半すぎには待ちが発生するほどの混雑。強烈な暑さだが、店舗前はかろうじて日陰になっている。
この日は粉の風味を強烈に感じた。とき@東村山と同じくらい。しかしそれは最後までは持続しない。茹でたてなので、食べているあいだにも糊化が進行していくのでしょうかね。ある意味絶妙の茹で加減。
posted by ぐーたり at 09:24| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

まる@狭山市/閉店

肉汁うどん500円−足代20円。
07081302.jpg
お盆休みでいくつかの店にフラれてようやくこちらに救済された。
茶畑のなかに建つ店のなかは、もう昼食時間をだいぶん過ぎているというのに、人がいっぱいいるぞ。おや、ビールなんて飲んでら。いいなぁ。
それにしても安いですよね。肉汁うどん普通盛り(大盛りは+100円)で、会計のときに「お足代です」と20円返してくれるので実質480円。その他のメニューも、せいぜい600円(−20円)です。
うどんは柔らかめ。風味もさほど強くはこないけれど、気取らず地元にとけ込んでいる典型的な武蔵野うどん店です。
posted by ぐーたり at 08:35| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

一将@清瀬/閉店

梅おろしぶっかけ900円。
07080902.jpg
夏バテってやつなんだろうけれど、食欲のない状態が続いている。ふと、
「梅干しを入れたら元気でるかも」と思う。
そこで一将。
しかしこの梅干し、天然のうまみ成分のかたまりのよう、って前も書いたか。じつは私もいま梅干しを仕込んでいて、先日土用干しをしたばかりなのだけれど、同じ食べものとは思えないほどの差がある。
大根おろし、天かす、ネギその他まぜまぜしていただく。ちょっと元気出たような気分になりました。
考案中の新メニューに合わせて、うどんを細めにしたとのこと。
posted by ぐーたり at 08:27| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

とき@東村山/閉店

肉汁うどん650円+大盛り100円。
07080702.jpg
いつものように絶妙に芯が残っているような硬さのうどんをいただく。
食べながらふと思ったけれど、これ、一番最初に食べたときも「硬いけど、うまいっ」と感じたのだった。この店の評価からして、そう感じる人の方が多数派なのだろうけれど、おそらく「なんだ茹で切れてなくて粉のままっぽいよ、マズー」と感じる人もいるだろう。
肉汁の強い味つけにしても、武蔵野うどんの持つある特徴を強調したつくりの一品ですね。
なお、お盆休みは15日から19日とのこと。
posted by ぐーたり at 09:58| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

福助@清瀬/移転

揚げ茄子ぶっかけ700円。
07072402.jpg
この日、18日ぶりに晴れたということで気分はもうぶっかけ。
最近込みがちであるような気がするので11時10分ころに訪問すると、さすがに先客0。
いつもと同じようにおいしくいただきました。
posted by ぐーたり at 10:26| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

指田屋(水道道路店)@小平

もりうどん野菜天付き710円。
07072002.jpg
女性店主がひとりでやっている店。
遊歩道を通りがかりに発見するしかないような立地で、聞いてみると店主の親の代からここでうどん屋をやっているそうだ。
店の前は車も通れるが、どこかに抜ける道ではないのでじつにひっそりとしていて落ち着く。
これで行列ができてしまったら興ざめだ、と思う。武蔵野うどんが盛り上がってほしいという気持ちもあるけれど、いまはやはりそっとしておいてもらいたいという気持ちの方が大きいかな。
posted by ぐーたり at 10:08| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

茶山@所沢市山口/閉店

肉汁うどん中550円+かき揚げ50円。
07071802.jpg
ちょっと前に行列していたのであきらめたことがあった。本日は11時半の訪問。先客なし。
さほど待たずにうどんが出てきた。ときの茹で時間も短いが、こちらも3分ぐらいで茹で上がるようだ。
噛み締めると小麦の風味がふんぷんと香る。これが武蔵野うどんの至福。それがこのお値段でいただけるということもうれしい。
posted by ぐーたり at 08:52| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

福助@清瀬/移転

ぶっかけ3玉700円+本日の天ぷら100円。
07062002.jpg
07062003.jpg
本日の天ぷらは煮干しの天ぷら。これがからっと揚がっていて、うなぎの骨のおつまみからくどさを引いたような味わい。煮干しをつまみに酒を飲むこともあるわけだが、良質の油で揚げることで味が引き締まるように思う。
うどんはいつものようにウマイ。
ところで店主と話していて、店主が札幌で食べたいちばんウマイラーメン店は、先日ちょろりと書いた富公であることが判明。連れとバラバラの席に座ったら「もうちょっと待てば隣り合った席に座れるのに」と叱られ、おおきい札を出して「すみません」と言うと「客がすみませんと言うな」と叱られたそうだ。ははは、いかにも富公らしいエピソード。
posted by ぐーたり at 00:16| Comment(2) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

一将@清瀬/閉店

梅おろしぶっかけ900円。
07061302.jpg
しかしこの梅干し、うまみの固まりですよ。私も現在、自主製作梅干しをつくっているところだけれど、これはどうすればこうなるのだろう。もう白旗上げてしまいます。
弾力のあるうどんを噛み締めながら、わしわしいただいてしまうのはいつもの通り。
posted by ぐーたり at 07:00| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

辰砂@花小金井

チキンカレーセット1050円。
07060602.jpg
次こそはカレーうどんをいただこうと思いつつ、やはりカレーライスになってしまう。
トマトのうまみが強く、辛さもはっきり主張してくるカレー。
セットにはドリンクがつくので、いつものようにラッシー。これ、氷と一緒にミキサーで砕いて出てくるんだけれど、氷がストローに詰まるのですよ。なかなか一気に飲めないところがおもしろいと言えばおもしろい。
posted by ぐーたり at 07:36| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

福助@清瀬/移転

田舎うどん中盛り600円+肉汁50円+本日の天ぷら100円。
07052502.jpg
田舎うどんは少し平打ちになった。こちらの方が頬張った時の食感がいいように思う。
それにしても、ここの田舎うどんはこの店でしか出会えないうまみがある。何が秘訣なのだろう。聞くとあっけなく教えてくれそうなので、あえて聞かないようにしよう。
本日の天ぷらはアスパラのようなサイズのタケノコ。これ、剥くのに手間がかかる。でも味はまぎれもなくタケノコなので少し不思議。
11時半ぐらいの訪問で一番乗りだったが、そのあとどんどん客が来て、12時を回った時点で満席。そういえば以前、日曜日に前の道を通りかかったら行列していたな。
5月は毎週月曜日が休み。というわけで28日が休みになる。
posted by ぐーたり at 08:59| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

いこいこ@所沢市若狭1

肉汁うどん590円+かき揚げ60円−割引70円。
07052102.jpg
所沢市山口の茶山に行くが行列していたのであきらめてこちらへ。
前回と同じく肉汁うどん普通盛り+かき揚げで。
うどんは硬めの茹で上がりで、噛み締めると小麦の風味が広がる。つけ汁は薄めでそのまま飲める。
2回目の訪問なので70円引き(訪問の回数によってランダムに値引額が決まっている)。
お茶はセルフなんだけれど、保温ポットの「これだろう」というボタンを押しても出てこない。それでデタラメにあれこれ押して、あきらめかけた頃に目の前の貼り紙に「まず『ロック解除』を押してください」と書いてあることに気づく。ま、ここまではいいんだけれど、席に戻って思い出した。前回もまったく同じ行動をしたことを。私、まったく学習してませんでした。
posted by ぐーたり at 09:49| Comment(1) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

とき@東村山/閉店

カレーうどん800円。
07050102.jpg
いつも溢れるぎりぎりまで入っているのだが、この日は溢れていたのがご愛嬌。取り皿とレンゲがついているので、そちらにすくい出していただく。
ベースになっているカレールーはありがちなものかもしれないが、ふんだんに投入された豚肉から出るうまみと、しゃきしゃき感を残したタマネギから出るうまみがブレンドされて、この一品が完成しているのだと思う。
店を出ると一瞬「吹雪?」と錯覚するほどに、遅咲きの桜の花びらが飛んでいた。
07050103.jpg
posted by ぐーたり at 09:25| Comment(2) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

福助@清瀬/移転

うどん(田舎/3玉)600円+肉汁50円+本日の天ぷら100円。

デジカメ忘れで画像なし。でも「いつものやつ」なのでビジュアル的には変化ないかも。
ほんのちょっとした変化だが、この前に食べたときよりも風味を感じた。そのことを言うと「粉の熟成が進んだからでしょうかねぇ」とのこと。そば粉だと新しければ新しいほど風味が強いのではないかと思うのだが、小麦はまたちょいとちがうのかもしれませんね。
本日の天ぷらは「新タマネギ」。ざくっと切ったかたまりを揚げているので、かじりついたら中の一層がぴょろっと飛び出してつけ汁にダイブした。これってネギなんかで、中の柔らかい芯の部分が飛び出すのに似てます。やはり仲間だ。
26日(木)が休み。このところ休みは木曜日になるケースが多いような気もする。しかし今月も休みは2回だけということで頑張ってます。GWもばりばり営業するそうです。
posted by ぐーたり at 08:24| Comment(1) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

野沢屋@武蔵大和

肉汁うどん550円。
07041002.jpg
昼時に訪問すると満席状態。店前に4台ほど駐車スペースがあるのだが、ここが埋まっていると住宅地であるので路駐場所に困る。
相変わらず盛りがいい。普通でも550gはある。
ここは注文を厨房に通す方式。出来たものは運んできてくれる。食後は食器類を厨房そばのワイヤーラックに返す。
前回もそうだったけれど、禁煙ではないので食前食後にスパスパやられるとつらい。隣席からの直撃を受けて息が詰まった。夜、居酒屋などで煙モクモクしていても不快にはならないのだが、どうしてこう昼飯時の直撃はこんなにもつらいんですかねぇ。
posted by ぐーたり at 08:27| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

一将@清瀬/閉店

春キャベツの卵とじうどん1000円。
07032402.jpg
キャベツ、うまい。
よく特売で1個100円で売っていたりすると「安い!」と買ったりするものだけれど、そういう時のキャベツとは、同じ色で同じかたちをした別ななにかのように味がある。
「土の素性がまったく違うのかなぁ」と言うと、店主が
「海洋深層水で育てたらしいですよ」
ひゃーぜいたくな。
posted by ぐーたり at 08:47| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

タージ@所沢/閉店

Bセット800円。
07021602.jpg
キーマとダルを選択。
風邪気味なので味がよくわからない。考えてみるとインドカレーのスパイスのなかには、体を冷やす作用のあるものが入っているのではないだろうか。だとしたら風邪のときはよくないかも。
客のオバチャンがインド(パキスタン?)人店員と話している。
「私ね、昨年の春にインドを旅行したのよ」
「どこに行きました?」
「どこだっけかなぁ」
「たとえば○○とか××とか…」
「う〜ん」
全然覚えていらっしゃらないようです。
posted by ぐーたり at 07:34| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

里@東所沢/閉店

肉汁つけうどん700円+かき揚げ100円。
07021402.jpg
前回の訪問では麺がやわらかめだったような記憶があるけれど、この日は硬めでちょうどいい茹で具合。
後客がゾロゾロやってくるけれど、団体さんらしくてみんな2階に上がっていく。そのうちのひとりが「××に救急車が停まっていたよ」と言うと、厨房のオバチャンたちは色めきたって情報収集の電話をかけていたりして。そんなところが田舎っぽくてなごみます。
posted by ぐーたり at 10:37| Comment(1) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

エン座@大泉学園or武蔵関/移転

みぞれ糧もりうどん750円。
07012602.jpg
地粉を多くつかった麺があるということなので、それにでいただく。地粉ということは新座産農林61号か。小麦風味ふんぷんかと思いきや、そうでもなく弾力のある、食感のいいなめらかな麺だ。
日本酒でも山田錦を使うことがウリにはなっても決め手にはならないように、単純に農林61号と言っても工業製品ではないのだから、土地によっても、その年の気候によっても変化していくものなのだろう。
うどんじたいの製造工程は日本酒より単純だが、食べ方やつけ汁(かけ汁)と具との相性なんかを考えると、もしかしたら日本酒と同等あるいはそれ以上に多くの「決め手」を持つのかもしれない。
posted by ぐーたり at 09:24| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

一将@清瀬/閉店

冬野菜のあんかけうどん1000円。
07011302.jpg
野菜たっぷりの品。しかも栽培農家を選んでいるそうで、ニンジンや大根がしっかりニンジンや大根の味がする。「そうそうこの味この味」と思わずにんまりしてしまう。しかし、ということは、ふだんスーパーなんぞで買って食べているニンジンや大根はなんなのだろう。レプリカなのだろうか。
野菜が多いので、普通盛りでじゅうぶんお腹いっぱいになった。
posted by ぐーたり at 08:57| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

一将@清瀬/閉店

蕪のおろし煮うどん1000円。
06122802.jpg
今年のこのメニューは鶏肉団子がはいっている(昨年は豚肉だった)。鶏肉団子にはレンコン(かな?)がシャキシャキした食感で入っている。「どちらがいいです?」とまたしても選択困難な質問をされた。う〜ん、どっちもいいけど、蕪と豚肉という意表をついた組み合わせもよかった。
左のカテゴリ欄を見ると東村山、東久留米、小平にくらべて清瀬ばかり突出して多くなっているけれど、これは一将と福助が競うように限定メニューを出しているためです。
年末年始は31日は14時まで。1日休み。2日3日が14時まで。4日から通常営業。
posted by ぐーたり at 08:39| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

福助@清瀬/移転

田舎うどん中盛り600円+肉汁50円+かき揚げ100円。
06122702.jpg
田舎(武蔵野)うどんの方は粉をちょっと変えて、従来使ってきた上州産50%+新座産50%にしたそうです。香りに加えてうまみも感じます。この麺なら生醤油だけでも食べられそう。熱い肉汁につけて食べるとさらに香りが引き立つ。
年末年始は1月1日と2日のみ休み。
posted by ぐーたり at 08:11| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

一将@清瀬/閉店

カレーうどん900円。
06120502.jpg
一年ぶりに一将のカレーうどんをいただく。
昨年はけっこう目立つ「カレーうどん」のノボリがはためいていたが今年はない。なんと既製品であるノボリの上部に「味自慢」と書かれていたのが気になって、今年は出さないことにしたとのこと。なんと謙虚な。
品は去年とおなじく、高レベルの出汁とカレーとがうまく拮抗しているつくり。+100円でちくわ天や九条ネギがトッピングできる。
posted by ぐーたり at 10:39| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

たかはし@東久留米(閉店)

肉汁うどん700円+大盛り100円。
06112102.jpg
大人2子ども1で訪問したので野菜天盛り合わせ(500円)も注文。
06112103.jpg
この店は禁煙ではない。で、古民家をそのまま使って営業しているので、換気システムがない。ということは、食後にスパスパ吸いまくられると、広大な広間だけれども場所によってはタバコ煙の直撃を受けることになる。
麺はやわらかめで、風味で食べさせるというより食感が勝っている。10日、20日、30日は数量限定で地元で獲れた小麦をつかったうどんが食べれるようだ。
(2007年2月閉店しました)
posted by ぐーたり at 08:07| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする