2008年05月15日

福助@清瀬/移転

田舎うどん3玉+肉汁+本日の天ぷら(アスパラ)=850円。
08051402.jpg
いつものやつで。と頼むわけではないけれど、ホントにお客さんのなかには「いつものやつ」と頼む人がいました。
4月14日に開店した讃岐うどんの店、條辺(じょうべ)の話題を出しているお客さんがいたので「上福岡ですよ東武東上線の」とか「ヨーカドーを利用しちゃえば」とか情報交換。
うどんはいつもながらのよきデキです。ごちそうさま。
posted by ぐーたり at 10:23| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

桂@清瀬市中清戸5

肉汁うどん650円+かき揚げ100円。
08050702.jpg
一将が近いためにあまり訪問していないけれど、ここもれっきとした武蔵野うどんの店。
肉汁うどんがメイン。盛りは多めで500gぐらいある。小麦粉の風味も香る。なにより立地がよくて、窓外の風景は下の画像のようなぐあい。畑が広がっております。
今回気づいたのは、こちらは店としての営業時間は11時から14時半までなのだけれど、うどんの玉売りの方は夜までやっているということ。
また、6月から値上げするとの貼り紙もありました。
それほどわかりにくい場所にあるわけではないのですが、探す人は併設している「アスカバッティングセンター」を目標にしてください。
08050703.jpg
posted by ぐーたり at 07:52| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

きくや本店@東村山市廻田町2

3L肉汁天付700円。
08050202.jpg
注文してから30秒で出てきた。立ち食いそば屋なみのスピードです。(私がロットの最後だったらしく、私の次の客はそれなりに待ち時間あり)
これはやはり頻繁に客が来るからできる芸当でしょうねぇ。きくや系のっ某店舗で、むかし歯ごたえのない、のび切ったうどんを食べさせられたときはホント困りました。きくや系はピーク時に訪問すべし。
味はいつものやつ。香ります。
つけ汁は飲める濃さで、スプーン一杯のすりゴマを投入。
いつも薬味皿のワサビは使ってないのですが、これってつけ汁に投入するもんなのですかね? それともうどんにぬりたくるとか?
踏切側に駐車スペースがあるのですが、店の前に堂々と駐車している人がいました。迷惑です。踏切も近いのでことによっては事故につながりかねません。
posted by ぐーたり at 08:57| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

エン座@練馬区石神井台8/移転

霙(みぞれ)糧もりうどん750円+大盛り150円。
08050102.jpg
12時ちょうど到着。待っている人がいなかったので「ラッキー」と中に入ると満席。外で待ちました。
やがて入れて、定番の上記品を注文。しばらく待って出てきました。
硬すぎず、柔らかすぎずの、いつもながらの絶妙の弾力です。小麦の風味をふんぷんと感じます。そとの黒板には農林61号の配合比率は30%と書かれていたと思うのですが、100%使用するだけではないブレンドの妙ってのがあるんでしょうね。
記憶がちとアイマイで、間違えていたら恥ずかしいことですが、こちらの農林61号って、水車による動力で製粉しているのではなかったかな。
蒸気機関車に乗ってみると、動力の伝わり方とか匂いとか、ふだん何気に利用している電車とはまるで異なる感触に驚くように、どこか、数値にはあらわれないような要因が「この店の品は他とはちがう」という感想を生むのでしょうねぇ。
posted by ぐーたり at 09:25| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

一将@清瀬/閉店

春キャベツの卵とじうどん1000円。
08042302.jpg
春の限定メニュー。
タマネギの天ぷらが乗ってます。新タマネギが甘いです。
キャベツの他に豚肉も入っていて、それから出てくるうまみがベースの出汁と融合して、重層的なうまみをつくっています。このうまみだけでじゅうぶんなパンチ力があると思います。
漬け物もはじめたそうで、試食させてもらいました。
きゅうり、ニンジン、大根ともに、もともと素材のもっている味をたっぷり押し出したものでした。
posted by ぐーたり at 08:43| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

バブス@新高円寺

ランチAセット(マトンカレー、ナン、ラッシー)800円。
08041902.jpg
1年ぶりぐらいの訪問。
とりたてて強い特徴があるわけではないけれど、無難にうまい。
ナンは伸びのあるタイプ。デカいが薄いので難なく胃に入る。カレーの量も先日の店のように多すぎないので、最後に皿をナンでぬぐうようにきれいして食べることができた。そう、これをやることが快感なのね。
posted by ぐーたり at 08:58| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

池田屋@新座市菅沢1

肉汁うどん550円。
08041502.jpg
前に訪問したときの記事のコメントにて、新装開店したとの情報があった。ちょうど通りがかりだったので再訪問。
新装オープンと言っても店のつくりは前と同じだと思う。リフォームしたのね。
でもけっこう客が入っています。
私は肉汁うどんを頼んだけれど、後客の注文を聞いていると「野菜天うどん」が多いみたい。これは400円。割安です。
うどんはやや硬めで噛み締めると味がある。誠実につくられた田舎うどんという感じでイイ。推定400g。
私はどかっと座ったので注文をとりにきたけれど、後客はみな厨房の方に自分の注文を言いに出向いていた。これローカルルールなのかもしれません。
日曜休み。
車は店の前に停められる。
08041503.jpg
posted by ぐーたり at 09:37| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

久兵衛屋@久米川

天もりランチ714円。
08040902.jpg
3店たて続けにフラれてしまい、ならばとこちらの店に入る。
大盛り無料だが、この店は大盛りにしても400gぐらいかな。「メガうどん」なるメニューが登場しているのだけれど、それでも600gと記載されている。その程度、ぜんぜんメガではないじゃないですか。このチェーン店は、やはり基本的には武蔵野うどんの範疇には入らないのかも。
そう思ったのは、うどんに味がしないからでもあります。白いうどんはそこそこに硬めに茹で上げてあるのですが、小麦の風味や、麺としてのうまみは感じないのですね。そこらへん、チェーン店の讃岐うどんの店と同様です。なんでなのかな?
posted by ぐーたり at 09:52| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

美里うどん@狭山市フラワーヒル/閉店

肉汁もりうどん小盛680円。
08031102.jpg
シャッター商店街になっているフラワーヒルで営業を続けている。
食べているうちにドヤドヤと客が来たので、なんとかやっていけているようだ。安心。
うどんは真っ白でクセのないもの。
つけ汁には、半熟たまごやチャーシュー(煮豚)が入っているのが特徴だろう。
小盛りは350g。+50円で中盛り(500g)になる。
月曜休み。禁煙。
posted by ぐーたり at 10:58| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

とき@東村山/閉店

肉汁うどん650円+大盛り100円。
08031002.jpg
新店探索に熱中しておりましたが、この日はときへ。
「駐車場はどこなんですかぁ?」なんて来るお客もいれば、
「いつものやつ」と言う常連さんもいます。
いつものように、粉っぽいうどんをねじ伏せるようにいただきます。つけ汁は最後までさめません。
posted by ぐーたり at 10:36| Comment(3) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

満月@武蔵村山市本町2

肉汁うどん650円+大盛り100円。
08022702.jpg
ここは標準が300gなので大盛にしても400gほど。褐色の麺だけえれど、風味はなぜか感じない。
つけ汁はよくうまみが出ている。肉は厚みがあって、ラーメンの煮豚チャーシューのように柔らかい。あとはナスと椎茸が入っている。
接客に難があった記憶があったのだけれど、無愛想というわけではない。客が入ってきたときや、注文しているときに黙っているのです。ことばになってなくても声を出してもらえば(とき@東村山のように)客としては、自分を確認しているな、とか、注文がとりあえず通ったな、とわかるのでそうしてもらいたいなぁ。
となりの客がうまそうにコロッケを食べている。壁のお品書きを見ると「手づくりコロッケ」があるのね。うどん店と言えば天ぷらが定番なので、コロッケは珍しくていいかも。もちろん揚げたてなので熱くてハフハフ食べていました。うまそう。
わかりにくい立地なのに次々客がやってきていました。定着しているようすです。
posted by ぐーたり at 08:02| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

三丁目の手打うどん@武蔵藤沢

肉つけうどん並650円+天ぷら2つ100円。
08022602.jpg
ここは福助@清瀬と似ていて、白うどんと黒うどんが用意されている。中盛り以上だと合い盛りも可能。
しかし中盛りはちとキツイので並盛りの黒うどんにした。つけ汁は岩海苔とか、納豆とかの変わったものがあるけれど、今日はオーソドックスに。
並盛りでも500gぐらいある。小麦の風味がしっかりあり、すこし柔らかめ。讃岐うどんに似た弾力もある。
つけ汁は澄んだもので、甘辛の強調はなく、しかしこれはこれでアリ。
天ぷらは50円で10種ぐらいある。この日はニンジンとサツマイモにしたのだが、ナマズ天300円なんてのもあった。揚げたてで出てきます。
posted by ぐーたり at 10:04| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

茶山@下山口/閉店

肉汁うどん中550円+かき揚げ50円。
08021302.jpg
窓際の直射日光の当たる席でいただいたので、麺の褐色ぶりがよくわかります。
この店は禁煙。
移転前の武蔵村山時代は喫煙OKだったような記憶があるので、移転をきっかけに禁煙にしたのでしょう。
ひとりでやってきた老人が、一本一本を噛み締めるようにして食べていたのが印象的でした。
posted by ぐーたり at 09:39| Comment(2) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

かしま@西所沢

肉汁うどん892円。
08020902.jpg
かしまのうどんはしっかり火が通っていて柔らかめ。でも小麦粉の芳醇な風味はぶわっと立ち上ってきます。
この日は同行者がいたので、嫌みにならないように気をつけながらうどんのウンチクを語っていた私だけれど、ふと卓上の灰皿に気づいたのでした。
ああ、そうか、ここも喫煙OKの店だった。
同行者はタバコを吸わない。せっかく武蔵野うどんのよさを力説していても、無遠慮にタバコを吹かす客がやってきたら台無しだ、と思う。
とそこへ作業着姿で50歳代の男性が入店。あ、やばい、いかにもタバコを吸いそうな感じ。
ハラハラしていたけれど、その男性はうどんをズズーッと啜り込むと、タバコは吸わずに店を出ていった。あーよかった。
posted by ぐーたり at 09:06| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

福助@清瀬/移転

けんちんうどん750円。
08012202.jpg
薄口醤油のつゆが野菜のうまみを引き立てる品。
ごぼう、里いも、これって子どもの頃は好きではなかったのに、なぜこんなに「あーうまい」と感じるようになるんでしょうかねぇ。
今回は白うどんでいただきました。
もうすぐ新メニューが登場するようです。
posted by ぐーたり at 10:27| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

一将@清瀬/閉店

冬野菜のあんかけうどん1000円。
08011602.jpg
一将でこのような野菜たっぷりのものを食べると、いつも「あー、野菜がうまい」と思う。どうしてだろう。
その野菜のつくり手を選んでいるのでしょう。それから時期を。
いやそればかりでないだろう。下茹でする野菜ごとに、火が通るがうまみが逃げない時間をきちんと計算しているということもあるはず。
あんかけでフタをされているので、時間がたってもなかみは熱々。体が温まるどころか、熱くなって汗が出てきてしまいます。
posted by ぐーたり at 09:28| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

野沢屋@武蔵大和

肉汁うどん600円。
08010702.jpg
ひさびさの記事アップになってしまいました。2008年最初の記事は野沢屋です。
50円値上げになったのかな。しかし盛りは前より多めに感じます。これ、ひょっとすると600gあるんじゃないかな。他の店だったら顔が曇るところですが、ここは無理なく食べられそうです。
あー、絶妙な茹で加減だー。硬くもなく、柔らかくもなく、バランスいいうどんです。さほど風味はありませんが、うどんだけで勝負している潔さがいいですねー。
つけ汁はしょっぱ目で、少なめ。後半、冷たくなるけど仕方ないかな。もしポットとかから熱いつけ汁をおかわりできたりするようになると最高なのですが。
あとは喫煙OKなのが何回も書きますが玉にキズ。排気はしているのだろうけれど、冬場なので煙がこもりがちです。
posted by ぐーたり at 09:38| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

茶山@所沢市山口/閉店

肉汁うどん中550円。
07122902.jpg
ひと口噛み締めて「おーっ!」。
もともとレベルの高い店なのだけれど、これまでで最高のデキだと思いました。これはウマイ。文句ありません。しかもこの値段だし。
ふと気づくと先客6人はみな蕎麦を食べている。いつもと客層ちがうのかもしれない。それにしても、うどんと蕎麦の両方をやっていて、これだけうどんのレベルが高いという店も珍しいかもしれない。
武蔵村山市からこちらに移転してきて、とても隠れ家的な店舗(もとは翁樹というきくや系の店だった)になったのだけれど、行列店にならないことを願うばかりです。
posted by ぐーたり at 07:14| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

福助@清瀬/移転

肉きざみうどん700円+本日の天ぷら(あさつき)150円。
07121902.jpg
07121903.jpg
まだ風邪気味停滞中。
そこでまたしてもネギ攻撃。ついでにあさつき天で追撃。
食べ終わったら体がポカポカになりました。
ゆず断片を天ぷらの皿に取り出したのを見て「ゆず、お嫌いです?」と聞かれたけれど、私、ゆず皮はちょっとスープの中を泳がせたら取り出しています。スープに入れたままだと、どんどんゆずの風味が勝ってきて、くどくなるように思うので。
たまに、確信犯的にゆずをスープの底に沈めているラーメンがあるけれど、それってスープを全部飲んだとき、後味が悪いのですよねー。
posted by ぐーたり at 08:30| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

とき@東村山/閉店

肉汁うどん650円+大盛り100円。
07121302.jpg
お、褐色の麺がうまそうな色に撮れました。
硬さのなかに味がある。噛み締めて噛み締めて食べるうどん。武蔵野うどんの到達点のひとつ。
先日お話をさせていただいたとき、そのルーツがおなじ東村山市の栄町(たぶんその頃はまだ北多摩郡東村山町久米川)にあったうどん店だと聞きました。だいたいの場所をお聞きすると、私が子どもの頃にうろちょろしていた範囲内です。しかしうどん店の記憶はないですねー。そもそも昔はめったに外食ってことをしなかったし(ファミレスもない時代なので外食と言っても久米川駅前の喫茶白鳥でナポリタンとかでしたね)。
ただはっきり記憶にあるのは、現在の久米川町あたりの畑では、麦を栽培していたということです。麦畑、この近辺ではほんとに見なくなってしまいましたねー。
posted by ぐーたり at 09:01| Comment(2) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

一将@清瀬/閉店

カレーうどん900円。
07121202.jpg
今年も始まっています、一将のカレーうどん。
このブログでも3度目の登場になるはず。
魚出汁をベースにしたスープはとろみがあって熱々。具は半熟卵の天ぷら、ブロッコリー、きつねうどん用のおあげ。肉やネギも豊富に投入されているので、普通盛りで腹いっぱいになりました。
posted by ぐーたり at 09:37| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

野口製麺所@東村山

温玉ぶっかけ600円+大盛り100円。
07112802.jpg
先日、とき@東村山の弟さんがやっている「居酒屋とき」で飲み会をしたさいに、こちらの店主にお会いしたのだった。そこで、
「こんどうちの×××を食べてみてください」と言われたのだった。
しかし「×××」が何だか思い出せなくて、つい前回と同じものを頼んでしまった。食べているうちに記憶が少しよみがえってきて、たぶん「釜玉」と言われていたような。
しかし今回はとても歯ごたえあります。歯を跳ね返すような弾力があって力強い麺。大盛りにすると丼いっぱいあるので、推定400gから500gぐらいでしょうか。すこし噛み締めてのみ込みます。つゆは醤油が勝っていて、関東の人間の舌にはこちらの方がいいでしょう。天ぷら、おでんはセルフで取る方式。ひとつ60円。おにぎりはひとつ100円。
窓側の席に座ると道路越しにとなりの畑が見えて、この時期はとてものんびりとした気分にひたることができますね。
不定休で11時から15時半、土日のみ夜営業18時から21時。
東村山駅から徒歩20分ぐらい。前にも書いたように、とりあえず有名な正福寺(しょうふくじ=都内唯一の国宝建造物)を目指すといいでしょう。その裏手、と言ってもぐるりと回りこまないといけませんが、とにかく裏になります。
posted by ぐーたり at 09:27| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

福助@清瀬/移転

田舎うどん中盛り650円+肉汁50円+かき揚げ100円。
07112702.jpg
最近込んでいるように思うので、11時10分ぐらいに訪問して一番乗り。
ここのところ讃岐うどんでの注文が続いていたので、ひさびさに田舎(武蔵野)うどんをいただく。今月はきれいに月曜を休みにしていたのですね。来月もそうなのかな。
なぜか沖縄そばやカレーの話をしてしまいました。
posted by ぐーたり at 08:26| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

あうる@久米川/閉店

ランチセット(ライス)780円。
07112502.jpg
上に乗っているキーマ風の挽肉カレーと、皿のほうれん草ソースとをライスにまぜていただきます。
辛みはあとからじわじわきます。
丼で何か食べている人がいたので店内を見回してみると「カレーうどん」との貼り紙がありました。この店はインド風カレーの店なので、どんなカレーうどんに仕上げているのか興味あるところです。辰砂@花小金井のカレーうどんも未食だし、近いうちにこの謎を解明せねば。
posted by ぐーたり at 09:41| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

しなの@久米川

カレー南蛮(うどん)630円。
07111902.jpg
この店でふとカレー南蛮をたのんだところから「カレーうどん/ラーメン」のカテゴリがスタートしたのだった。
あれからいろいろとカレーうどんを食べたのだが、どうしても確認したいことがあって再訪した。
カレーのたれは出来合いのものだろう、どこにでもあるような味。
しかしうどんが違う。まるでほうとうのように、スープにぬるぬると溶けてしまいそうに柔らかい。カレーの主張とうどんの主張が張り合いながら共存する「とき@東村山」のカレーうどんとは対極にあるのだけれど、これはこれでウマイ(というか、そもそも不味いカレーうどんをつくる方が難しいことだと思うけれど)。
線路むこうでマンション工事をしているため、その作業員で昼時は満席になった。あれー、半数がラーメンを頼んでいるぞ。意外にラーメンがいけるのかもしれない。これまた課題が残った(それと前の記事を読み返してみて、カレー南蛮発祥の店「三朝庵@早稲田」にいまだ訪問していないことに気づいた。これも課題)。
posted by ぐーたり at 13:50| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

カシミール@東所沢

週替わりカレー(ミックスビーンズ)850円。
07111502.jpg
ついナンで頼んでしまったが、全長60cmはあるんじゃないだろうか、巨大です。食べきれませんでした。
ミックスビーンズのカレーはとてもわかりやすい味。わかりやす過ぎて、なんだかよくできたレトルトカレーを食べているような気分になってしまった。やはりインドカレーはスパイス一筋な感じで迫ってきてもらいたいのだけど。
しかしこの味がウケているのか、店内は満席になっている。
ところで「開店した」とまちBBSに書き込みがあった「どくがっぱ」だけれど、シャッターが開いています。店の前には歩道に乗り上げるようにして車が停めてある。近づいて中を覗いてみると、自販機に「麺 どくがっぱ」と記載されているのが見えました。やはりラーメン店のようです。火曜休みで、11時半から16時、18時から5時との記載もあり。夜だけプレオープンしているのかもしれません。しかし長時間営業の店なのであまり期待できないかも。
posted by ぐーたり at 09:31| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

一将@清瀬/閉店

しょうへいうどん1000円。
07110702.jpg
今年も冬の定番メニュー、しょうへいうどんが登場。
昨年は11月16日の記事にアップしているのだけれど、まず見た目が進化している。食菊の花びらを散らしてあるので、ぱっと明るい彩りになった。
味はいつものように、じんわりやさしい出汁に肉、卵、大根おろしなどでうまみが重層化している。
posted by ぐーたり at 10:00| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

福助@清瀬/移転

ぶっかけ3玉750円。
07102402.jpg
讃岐うどんの方の粉をいろいろ試行しているそうです。このぶっかけ、左半分と右半分で異なる粉を使ったもので出してくれました。
色は同じですね。右(すずらん)の方が少しだけねじれがあります。
食べてみると。おお、予想以上に食感の差があるもんですねー。ぐっと噛み締めたときの抵抗感、それがただ抵抗するのでなくふっと切れる具合、そして喉越しの感触。双方でたいぶちがいます。さらには、食べ進むうちに時間の経過とともに変化してくる部分もあります。
ま、ふだんは「うめぇ、うめぇ」とさほど分析的に感じ取ることはせずに啜っているわけですが、今日はあらためて奥の深さを感じさせてもらいました。
定休日は不定で、この10月は日曜だったり月曜だったり火曜だったりしています。HPとかはないので、遠くからアクセスする場合は電話してみた方がいいでしょう。0424-57-2929。
posted by ぐーたり at 07:50| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

里@東所沢/閉店

肉汁うどん700円+かき揚げ100円。
07102302.jpg
駅から離れている(徒歩20分か25分)ので、昼にやってくる客はこの近辺の工場で働いている人が多いようす。
肉体労働するとハラがへるから来る客みな「大盛り」と頼む。そんでタバコをスパスパ。換気がいまいちなので煙が充満しているのに耐えなくてはならないのが欠点だ。
つけ汁は酸っぱい。甘辛が多いところ、これは珍しいかもしれない。でもなんで酸っぱいのだろう。かき揚げはネギ、ゴボウ、ニンジン。右上に見えているのは柿。
月曜定休で11時から15時。
帰路、ラーメン店「鶏かご」が「どくがっぱ」という名の店に変わっていることを確認。「仕込み中」の貼り紙があり、昼間は営業してないようだ。しかし検索しても何も出てこない。まちBBSにも「何の店だ?」との書き込みがあるだけ。
もひとつ、前に記事にした「うろ」も閉店しておりました。
また駅ちかくの「屋台ばやし」は食べ放題をウリにする中華料理店になっていたので、もしかして彩玉軒の仲間orインスパイアかな。
posted by ぐーたり at 09:23| Comment(4) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

かしま@西所沢

天付き肉汁うどん892円。
07101302.jpg
武蔵野うどんのオススメ店をリスト化する気はさらさらないのだけれど、もしベスト30とかつくるとしたら、この店ははずせないっスね。
なにがどうちがうのかわからないけれど、うどんから立ち上ってくる小麦の香りが強い。それだけで納得させてしまう。麺量は普通盛りで400gあり。天ぷらも常に揚げたて。
お会計のときにお菓子を手渡されるのも、田舎っぽさがあってうれしい。この日はチョコでした。
posted by ぐーたり at 08:54| Comment(2) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする