2010年03月07日

肉芝@田町(初)

かけうどん380円。
10030602.jpg
2009年12月開店。
はなまるうどんが手がける「昼はうどん屋、夜は居酒屋」形態の4店舗めとのこと。
自家製麺で昼は肉汁うどんもあるとのこと。
夜、宴会だったのでシメでかけうどんをいただきました。酔っぱらっていたけれど、粉の甘みが感じられるうどんでした。
つまみは串焼きメインで90円均一で使い勝手がよさそう。飲み物ではハイボールのヴァリエーションが豊富でした。
昼も訪問してみたいけれど、田町(芝浦)って自分にとっては用事がなさそう。
食べログだと「駅から徒歩7歩」って書いてあるけれど、これは7歩でなくて7分のまちがい。
10030603.jpg
posted by ぐーたり at 10:08| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

東京うどん@目黒(初)

肉汁うどん780円。
09121802.jpg
目黒で仕事。そこで都区内では珍しい武蔵野うどんの店が開店したというので訪問してみた。
目黒駅を山手線外側に出て権之助坂を下りた商店街にある。昨年記事にした「づゅる麺池田」のとなり。
09121803.jpg
「当店のうどんは武蔵野うどんがベースになっています。喉越しの良い讃岐や大阪のうどんとは違い、たいへんコシの強いうどんをよく噛んで味わうのが武蔵野うどんの特徴です。」
いろいろ突っ込み入れたいところはあるけれど、ま、とにかくいただいてみましょう。
ああ、やはり。
ずいぶん長いこと訪問していませんが、やはり「うちたて家」っぽい硬いうどんです。小麦の風味は感じます。
以前、都内在住の人と話をしたときも、このようなうどんが武蔵野うどんだと思っていました。武蔵野うどんと言ってもきまった定義があるわけではないから、目くじら立てるほどのことでもないのですが、世間全体からは意外にバイアスがかかっているのかもしれませんよね。
そうそう、食べているとうしろの方から、ものすごい関西弁で「これはコシとは言わん。硬いうどんや。でもこれはこれでありやな」と聞こえてきましたっけ。
無休。
禁煙。
11時から翌1時まで営業。
09121804.jpg
posted by ぐーたり at 08:05| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

正太郎@練馬区下石神井5(初)

肉つけうどん750円。
09090402.jpg
店も店主も年期が入っている感じだけれど、2009年になってから開店した店のようだ。
カウンタのみ8席ほど。
うどんは茹で置きらしくすぐ出てきた。店外の貼り紙には450グラムと書かれていたけれど、見た目では600グラムぐらいありそう。きくや呪文では5Lぐらいかな。
ごつごつねじれて太いうどんです。食感も硬め。しかし風味はない。たつみ@所沢市北野のうどんをふと思い出しました。浄水器を通してない水に長い時間つけていたようで、水道水の風味がついてしまっていたのはマイナス要因。
まー、これだと茹で時間もかかるだろうはずなので、注文受けてから茹でるというわけにはいかないのでしょう。
つけ汁にナルトが入っているのは珍しいかも。
卓上にスプーン付きの容器があったので、てっきりすりごまだと思ったら唐辛子でした。つけ汁には肉がたっぷり入っていて豚肉の甘いうまみはよく出ているので、ここはひとつすりごまが欲しいところ。
水曜休みで11時半から14時半、17時半から21時。
新青梅街道の「石神井消防署前」から信号2つ都心よりの、歩道橋のある信号のところを北に入っていった左に店舗があります。下の写真では奥の方にぽつんと見える赤信号が新青梅街道。ご覧のように路駐できるような場所ではないです。駐車場があるとの貼り紙は見当たりませんでしたので、各自工夫が必要でしょう。
09090403.jpg
posted by ぐーたり at 09:49| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

夢吟坊@渋谷(初)/閉店

香露950円。
08120602.jpg
東京と神奈川に9店舗あるチェーン店。
店内けっこう広いです。50人は入れる。でも客も多くて、出るときには待ちが発生していました。
冷たいうどんのメニューにちょっと変わったネーミングのものがあったので注文してみました。
品が到着してみると、これは「冷やしたぬき+大根おろし+生卵」というものでした。
太めのうどんは弾力はそれほどないものの、むっちりと密度がある噛みごたえです。
店を出たあと「香露って、ころうどんのことだったっけ?」とふと思い出した。時間のある人はこのページを見てください。
http://www.kintobi.co.jp/jiten/2006/08.htm
以前たまたま岐阜県可児市に何泊かする仕事があって、ラッキーなことに週に4日しか営業しないという、となり町の多治見市の信濃屋を訪問したことがあります。
そこでありついた「ころうどん」は、昔の万年筆ぐらいある凄い太さのうどんで、しかしきっちりと火が通っていました。外側はマシュマロのような食感で、芯の部分はもっちりしていました。
08120603.jpg
posted by ぐーたり at 10:38| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

エン座@練馬区石神井台8/移転

田舎糧うどん800円。
08111302.jpg
食べ始めてから「しまった。二郎系ブログのように、真横からも撮っておけばよかった」と思った。そう思うほど、煮込んだ野菜と肉が盛り上がっていたのだ。
スープは醤油と味噌を合わせたもの。そこに大根やニンジンの煮野菜がたっぷり。肉もたっぷり隠れている。
こういう場合、肉が煮過ぎで固くなって歯にはさまるものだが、まったくはさまらなかった。ここのメニュ−にはハズレがない。
この日は「いままで食べてない品にしよう」と、事前にHPを見ていったのでした。
http://www1.ocn.ne.jp/~chiyomom/enzaHP/
生醤油うどんとか釜玉とか、まだ食べていません。というか、生醤油うどんはどこの店でも食べたことないなぁ。
posted by ぐーたり at 09:24| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

蔵之介@高田馬場(初)

温冷二種うどん(かけ+ぶっかけ)900円。
08100202.jpg
2007年に開店した讃岐うどんの店。
店前の黒板に温かいうどんと冷たいうどんのセットがあると書かれていたので注文。「かけ+ぶっかけ」を頼んだが「わかめ+生醤油」という組み合わせもある。
うどんは讃岐らしい弾力のあるもの。きちんと火は通っていました。どちらも麺量は200gぐらいかな。
不定休とのことですが、HPを見るともっぱら日祝に休んでいるようです。
http://www.udon-kuranosuke.com/
11時から14時(土曜15時)、17時から21時半。
高田馬場駅から早稲田通りを早稲田方向へ。「二代目けいすけ」を過ぎたツタヤのところで左折。ゆるい坂を下り、橋を越えて50m先の左側。
橋を渡るところで左の方に行列が見えました。「べんてん」です。「べんてん」を知っているなら、川沿いに50mほど先の橋を渡って50m先の左というルートの方が駅から近いかも。
08100203.jpg
posted by ぐーたり at 08:59| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

福福@八丁堀(初)

福福うどん850円。
08070802.jpg
銀座線京橋駅のワンブロック東に都営浅草線宝町駅がある。宝町駅と八丁堀駅の中間あたり、鍛冶橋通り沿いにあるうどん屋がここ「福福」。
メニューは豊富。肉つけうどん750円もあるが、店の名を冠した「福福うどん」を注文してみた。
これは、つけ汁のなかに豚肉、揚げ玉、きつねうどん用の甘い油揚げが入っている。
うどんはやや褐色で小麦の風味がするもの。量は推定500gと多め。それにごはんがつくとは知らなかった。ちょいと私には多すぎ。
つけ汁が普通のうどんつゆなのがちょっと気になった。
日祝休みで11時から営業。
08070803.jpg
posted by ぐーたり at 08:04| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

玉丁本店@東京駅八重洲地下街(初)

冷やし味噌うどん980円。
08062702.jpg
味噌煮込みうどんがメインの店のようですが、さすがに熱いものを食べたくなくてこのメニューで。
サラダうどんを味噌だれにつけて食べるスタイル。
うどんは強硬なまでに弾力があります。えいっえいっと噛み切りつつ食べます。
味噌だれは魚介系の出汁を強く感じます。
薬味の部分がもうちょっと顔を出してくれたらよかったかと思ったのですが、そうするとバランスが崩れるのかな。ミョウガがちょっとだけ入っているのですが、もうちょっと多めが個人的には好みです。
量は少なめ。
八重洲地下街の「博多うどん」のとなりです。斜め向かいには「讃岐うどんみのり」もあります。
08062703.jpg
posted by ぐーたり at 08:10| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

三六や五兵衛(みろくやごへえ)@世田谷区野沢4(初)

野菜天つきもりうどん1050円。
08061202.jpg
店外もそうですが、店内インテリアもちょいおしゃれな感じ。夜しか営業していないので、お酒を飲みながらシメにうどんということなんでしょう。つい生ビールも注文してしまいました。
うどんは推定300gほど。ビヨーンと伸びるタイプで、なかなか噛み心地がいいです。つけ汁も魚介系の出汁が濃厚。天ぷらも揚げたてで数も多いです。
水曜休みで17時から2時ラストオーダー(日祝は22時半ラストオーダー)。もみーさんのサイトには日曜の昼営業もありと書かれてますが、夜のみ営業に変更されています。
場所はR246と環7が交差する上馬交差点から、環7外回り側に200mほど大森方向に行ったところ。最寄りの駅は駒沢大学になるのでしょう。私は新高円寺から太子堂に用事で向かう途中だったので、新宿発で野沢陸橋行きのバス(1時間に1本しかない)に乗り「上馬」で下車しました。
08061203.jpg
posted by ぐーたり at 08:00| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

こがね製麺所@高田馬場(初)/閉店

温玉ぶっかけ360円。
08060702.jpg
ここは前は味工房というラーメン店だったと思う。あまり期待できそうにないと思って訪問しないままだった。ちょいと前に讃岐うどんセルフ店になったので訪問してみた。
あ、けっこうウマイ。
チェーン店の讃岐うどんはぷるんぷるんとした弾力が不自然でイマイチと思っているのだけれど、この店のうどんは最初から期待していないぶん、なかなかイケました。
チェーン店ではあるけれど、東京にはほかに大久保に店舗があり、香川県に2店、福岡県に2店あるだけのようだ。
メニュー構成はいたってフツーだが「コラーゲンうどん」480円なんてのがあったりする。なんでしょうか。
+1玉で100円。
おそらく無休で11時半から23時。高田馬場から早稲田方向へ向かい、明治通りを過ぎて100mほど先の右側。
08060703.jpg
posted by ぐーたり at 09:12| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

武膳@神田小川町(初)

ぶっかけごぼうおろし1000円。
08052402.jpg
九州豊前うどんの店とのこと。
オススメメニューである上記の品を注文した。
うどんは細くて純白。よく伸びる感じでの弾力がある。ここに甘いタレをかけ、まぜまぜしていただく。讃岐、武蔵野とはまた異なるうどんの快楽があります。ごぼう天も揚げたてでサクサク。
日曜休みで11時から15時、18時から23時。土曜は昼営業のみ。
場所は神保町と小川町のあいだで、やや小川町より。靖国通りを小川町から歩いていって左側、スターバックスとファミリーマートの間を入ってすぐ右のビル。ここはかつて元祖一条流がんこも入っていたビルです。その半地下になって店が連なっているうちのひとつ。
08052403.jpg
posted by ぐーたり at 08:46| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

満月茶家@練馬区大泉学園町7(初)

肉汁うどん800円。
08041702.jpg
もともとは和菓子屋さんだったようだが、一階部分にラーメンを提供するスペースをつくり、2階ではうどん、そば、甘味などをいただける食堂をつくって多角経営している。
じつは最初、ラーメンの方で興味を持ったのだけれど、まずはうどんをいただくことにします。
肉汁うどんを注文。込んではいなかったが30分待って出てきた。
うどんは白く、ツルピカな見た目。食感モチモチ。量はちょいと多めで500gぐらい。つけ汁はうまみが詰まっています。
火曜休みで11時から22時。喫煙OK。
大泉学園駅から北へ。関越道の下をくぐり、スーパーマーケット「サミット」がある交差点を右折するとすぐ先の右側にあります。店のとなりに駐車スペースあり。徒歩はムリかも。バスは「都民農園」下車。ちょいと前に紹介した岩田屋がすぐそばです。
08041703.jpg
posted by ぐーたり at 08:58| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

故郷(ノタガ)@池袋(初)/閉店

ゴリルタイシュル850円。
08041302.jpg
モンゴル料理の店。
ビール飲んで羊肉を喰って、さあシメに何かとメニューを見るとゴリルタイシェル(手打ちうどん)と記載されていた。
これ、ウマイ。
スープは羊肉からの出汁。右上にちょっと肉をむしゃぶり喰ったあとの骨が見えているが、これを煮たときのスープでつくるのだそうだ。いやなクセはなく、獣系のみの濃厚なうまみが出ている。
うどんはとても幅広で3cm以上あるかも。長くはない。ぴろっとしていて厚みはない。なかなかいい食感。うどんというよりワンタンに近い感じです。
無休で17時から24時。喫煙OK。
池袋駅北口から5分ぐらいだが、ちとわかりにくい場所にある。
posted by ぐーたり at 09:22| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

天下一@鶯谷(初)

野菜天ざる650円。
08032902.jpg
鶯谷に用事。もみーさんのサイトをチェックしてこの店を訪問することに。
南口を出て左へ。階段を下りるとすぐにラーメン店の遊(未訪問)があります。くらがりのなかにぎっしり人が入ってうごめいているようす。
さらに進んで横断歩道を渡った左の方にあります。
さて、出てきた品は、ボリュームあります。400gぐらい。うどんは柔らかめで、弾力はそこそこにあります。天ぷらは揚げたてでサクサク。いいですねー。コストパフォーマンス高い店です。
年始三日間のみ休みということはほぼ無休。11時から23時(日祝は16時)まで。喫煙OK。
店内はそこそこ人が入っているのですが、全員ひとり客で、黙って食べています。テレビの音だけ流れているのが大きめに聞こえる。そこに「ピピピピ」とタイマーの鳴る音。厨房でうどんを茹でるのにタイマーで計っているのですが、止めずに放置しているのですね。「ピピピピピピピピピピ』。
08032903.jpg
posted by ぐーたり at 09:49| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

岩田屋@大泉学園(初)

肉ネギ汁もりうどん(小)650円。
08012702.jpg
別の店にいくつもりで偶然発見。ちらりと店名は聞いたことがあったが、ここにあったとは知らなかった。
各種のつけ汁うどんがある。しかし値段のステップが100円ではなく200円だ。警戒して「小」で頼むことにした。
出てきた品は、推定量300g。白くてほとんど風味は感じないが、いかにも茹でたての新鮮さでプリプリしていて食感がいい。つけ汁もなかなか。
ビルの地下にある店だが、内装も新しく、明るく清潔感のある店でした。
水曜休みで11時から15時、17時から20時。
駅からはかなり遠い。駅から北にのびる道を進み、関越自動車道をくぐり、サミットストアを越えた先の右側。バスだと大泉学園北口から「都民農園」行き、もしくは「新座栄」「朝霞駅」行きに乗って10分ほど、「都民農園」で下車。進行方向へ2分ほど歩いた右側にある。
ビル内におそらくカラオケと共用の駐車スペース14台ぶんあり、またビル向かいにも4台ぶん置ける。
08012703.jpg
08012704.jpg
posted by ぐーたり at 08:37| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

名古屋うどん@高田馬場/早稲田

冷やしきしめん700円。
08011402.jpg
高田馬場から早稲田まで歩く。
途中、何か食べようか、後回しにしようかと決めかねていた。
そうこうするうちに万豚記(もと玉丹)まで来てしまった。立ち止まって「うーん」と考える。考えるというより腹と相談する。
その時ふと、前方左手に「カレーうどん」のノボリが見えたのだった。
「あ、そうだ。名古屋うどん。ここなら軽くサクッといける」
さっそく入る。
メニューで目についた上記の品を注文。
これ、つけ汁も冷たいのね。で、つけ汁のなかに具がいっぱい入っています。麺はきしめん。柔らかめでのびるタイプのうどんは、このくらいの麺の幅があると独特の食感を生み出すものだと再認識。300gていどなので小腹を満たすのにはちょうどいい。
打ち上げ花火のように次々と開店しては、生き急ぐかのように次々閉店していくラーメン店のつらなりが途切れた先の早稲田通り沿いにある。高田馬場駅と早稲田駅の、ちょうど中間地点あたりと立地が悪いけれど、地道に営業を続けている店です。
posted by ぐーたり at 08:24| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

エン座@大泉学園or武蔵関/移転

ぶっかけおろし650円+大盛り150円。
07110902.jpg
けっこうびよーんと伸びるうどんだということに気づく。あとは無我の境地ですするのみ(おおげざな)。
あげ玉うまい。これだけでビールがいけちゃう。叉焼もうまい。これだけでビールが…。
店主に古い知り合いのやっている畑の場所を教えてもらい、帰りがけに見にいく。
ちょうど昼時なので畑にはいなかったけれど、密集する住宅地のなかに、そこだけぽっかりと広がる畑。そう思ってあらためてまわりの風景を見ながら車を走らせると、まだまだ畑ってあるものです。ふと、子どもの頃、自分の家のとなりが畑で、そこにピンとヒゲを立てた麦の穂が揺れていたことを思い出しました。
posted by ぐーたり at 07:28| Comment(4) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

椿@八幡山(初)/閉店

冷やしキムチうどん900円。
07110502.jpg
京王線八幡山駅すぐ近くの讃岐うどん店。
ミートソースうどん、ミネストローネうどんなどの変わりメニューにも惹かれるけれど、上記の品を注文。カウンタのみのひっそりやっている系の店舗ですが、テレビ番組にも出たことがあるようで。
注文を受けてから茹でた麺は歯を跳ね返すような弾力がある。しかし「えいっ」と噛み締めるとふっつり切れる。評判通りの高レベル。
具はキムチ以外にも茹で卵1/2やきつねうどん用っぽい味のついたお揚げなど。
普通盛りで推定400gはあり、これで腹いっぱいだけれど、+100円で無制限に増量してくれるという。なんと太っ腹な店ではないですか。店主とちょいとお話したところ、今までで最高に食べた人は、2kgちょっとだとのこと。
土日祝休みで11時半から14時、17時から麺切れまで。
八幡山駅改札を出たら右へ。そしてすぐに回り込むように右へ。すると30mほど先に「はやま整骨院」が見えるのでそこを左に入るとすぐ右にある。
07110503.jpg
posted by ぐーたり at 09:18| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

釜竹(かまちく)@根津(初)

釜揚げうどん850円+大盛り100円。
07102103.jpg
前に私はこの店を訪問したことがあると言ったことがあったのですが、勘違いでした。初訪問です。
正午すぎに到着すると7人待ち。外においてある紙に名前を書いて待ちます。一人だったので順番飛び越して入れました。
メニューは釜揚げとざるの2種のみ。上品な雰囲気の店なので、量も上品ではないかと考えて釜揚げの大盛りで頼みます。
15分ほど待って出てきた品は、けっこう量が多いですね。400gはあります。麺だけを食べてみると、硬すぎず柔すぎず、上品な味があります。
丼からずり出してつけ汁へ。まずは素のままで味わい、たっぷりついてくるネギを投入、さらに薬味としてショウガ、揚げ玉、七味が付属しているので、おそるおそるという感じで投入して味わいを変化させていきました。
うー満腹。しかし上品っぽくてちと緊張したなぁ。
月曜休み平日は11時半から14時、17時半から21時、日祝は11時半から16時(営業時間が変更しましたとの但し書きがあったので、この記事をアップしている時点ではこの時間が正確です)。根津駅からは徒歩5分ほど。
07102102.jpg
posted by ぐーたり at 08:51| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

花坊@経堂(初)

おしぼり汁うどん1000円。
07080302.jpg
小田急線経堂駅を南に出て、目の前の農大通りに入る。最初に左に曲がれるところでさ左折してすぐ右側に店がある。
ほかにもメニューがあるけれど、珍しいおしぼり汁うどんを注文。これは辛み大根を絞った汁にうどんをつけて食べるメニュー。
まず、うどんがうまい。写真でもおわかりかと思うけれど、まるで刺身のようにつややかなうどんが飴色に重なっている。これなら生醤油だけでいけそう。そこをしかし辛み大根の絞り汁ということで、独特の苦みとうまみがまとわりつく。
で、店内にも貼られている「食べ方」では、そうやって味わったあとに、味噌を溶かしこんだり、出汁を追加していったりして食べるように書いてあるけれど、なんとなく平凡になっていって尻すぼみな印象。うどんがうまいから、うどんと大根汁だけで完結させてもいいかもしれません。
水曜休みで11時半から15時頃、18時から21時頃。
07080303.jpg
posted by ぐーたり at 00:01| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

いちや@大鳥居(初)

おろし600円。
07072102.jpg
京急羽田線大鳥居駅付近への所用があったので、2年前と同じように一駅手前で降りて刀屋へ寄っていこうと計画。しかし閉まっていたので途方に暮れた。ふと、2年前、刀屋のあと所用先に向かって歩いていて、讃岐うどんの店があったことを思い出す。
記憶をたよりに歩いていくと、ありました。場所はマルエツと荻中公園のあいだあたり。
店内はカウンタ数席と座卓が数卓。物静かなかんじの店主。麺打ち場があるのでまちがいなく手打ち。
「ぶっかけ」にしようかと思って聞いてみると、これはあたたかいうどんだと言う。「かしわ」もおなじくあたたかいメニュー。かしわ天ではなく、蒸し鶏のようなものをのせた汁うどんなのだろうか。
冷たいのがよかったので「おろし」を注文。茹で時間6分ほどで出てきたものは、なるほど私が思うところの「ぶっかけ」だ。
やや平打ちになっているうどんは白く、讃岐うどんの弾力がある。つゆは関東ふうにアレンジされていて、甘さが特徴的。麺量は推定250g。
あとからネットで調べて定休日と営業時間を書こうと思ったら、ほとんどネットでの情報がない店でした。ランチタイムの営業はしているようす。私が訪問したのは土曜日の午後6時過ぎでした。
07072103.jpg
posted by ぐーたり at 09:18| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

エン座@石神井台8/移転

梅葱好み800円+大盛り150円。
07062702.jpg
ちょいとごぶさたしてたので訪問。
まだ扁桃腺が腫れている。それどころか肺も腫れている、両方とも。というまったく深刻な状況なのだが、そうなると私には梅干し信仰があるらしく、この限定メニューに救済を求めたくなったのだった。
あー、うま。扁桃腺が腫れていて、のどが狭くなっているのだけれど、そこを麺がにゅろにゅろと通過していく快楽。
あつあつ、ひやあつ、ひやひやができるということだけれど、ひやひやを選択。
つぶしてある梅干しはしょっぱくて、思い出しただけでも口内がつばでいっぱいになる。これを乗せてある大葉がやたら新鮮だったのが印象的。岩のりやネギ、ミョウガの風味もじつに生スパイシー。
posted by ぐーたり at 00:10| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

やしま@渋谷(初)/移転

生醤油うどん550円+げそ天150円。
07062302.jpg
古くからある讃岐うどんの店を初訪問。
東急ハンズにほど近いビルの地下に下りると午後4時だというのに3人ほど並んでいる。
並んでいるうちに注文を取りにきたので上の品を注文。店内はレトロな看板が貼りまくられている。地下のうどん店
うどんは量がけっこう多い。推定400g。柔らかめだが弾力はあり、味もある。揚げ玉が景気よくかけられている。げそ天は衣がサクサクとクリスピー。
いやーなかなかいい店だったなぁ、と地上に出て「あれれ!」。
このビルの上の方の一室に設置された臨時事務所に、私、数ヶ月ほど通っていたことがあった。おそらくその時もこの店はあったのだろうけれど、こちらの店で昼食をとったことはなかったなぁ。
07062303.jpg
posted by ぐーたり at 08:57| Comment(3) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

糀や@堀切菖蒲園(初)

饂麺650円。
07060202.jpg
うどんとラーメンのハイブリッドの店。このメニューは、麺は讃岐うどん、スープはラーメン用のダブルスープという一品。
まあ、細めのうどんぐらいの麺を出すラーメン店もあるわけだし、さほどヘンな感じはしない。どちらかというともっとハイブリッド化が進んでもいいかと思うほど。
不味くはないのだけれど、やはりただうどんをラーメンスープに入れただけという感は否めない。もう一工夫があればなぁ。
場所は駅からすぐ。ラーメン店の天照の道路向かい。無休で11時半から15時、17時から23時半。
07060203.jpg
posted by ぐーたり at 08:03| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

へのかっぱ@高田馬場(初)/閉店

肉汁うどん並680円+かき揚げ150円。
07052602.jpg
さかえ通りに肉汁うどんをメインにした店ができたと聞いてさっそく訪問。
まず夜に行ってみたところ、うどんメニューはあるものの、昼より200円ぐらい高いのでやめた。次に昼に行ってみたが日曜日だったので閉まっていた。そしてやっと訪問。
やはりメインの肉汁うどんを注文。うどんは並盛りで推定400g。あまり小麦の風味はしない。弾力もあまりない。フツーに平凡。
つけ汁には写真でもわかるように多めにバラ肉が投入されている。藤店うどんインスパイアかな。汁はしょっぱめ。かき揚げはフツーにちゃんとできている。
テーブル上に能書きが事細かに書かれたものがある。なんの粉をどんな比率で使っているか記載してあった。参考までに。
07052603.jpg
調べてみると、ここの母体会社はほかにイタリア料理店2つと居酒屋1つを経営している。
場所は高田馬場駅を降りてすぐの繁華街「さかえ通り」に入ってすぐの右側。しかし下の写真でおわかりのように、繁華街過ぎて店の存在が埋没してしまっている。私も最初気づかずに通り過ぎたのだった。大戸屋といっしょのビル1階です。
07052604.jpg
posted by ぐーたり at 09:13| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

野らぼー@神田小川町(初)

釜肉うどん650円+生卵60円。
07051002.jpg
夜に訪問すると店内はもう居酒屋モード。
讃岐うどんの店なのでぶっかけでいこうと思っていたのだが、風がみょうに冷たかったで、温かいメニューに変更。
出汁は別容器でつく。生卵トッピングがおすすめとのことで、それでいってみることにした。肉は薄切りで牛丼のようだ。出汁をちょっとかけて全体をまぜまぜ、一気にすすると甘みがあってあたかもスキヤキのような感じ。勢いでそのまま一直線に食べ切ってしまった。
07051003.jpg
posted by ぐーたり at 10:20| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

たけるのママ四国屋@新高円寺(初)(移転)

かき揚げうどん600円。
07042702.jpg
新中野にある四国屋(未訪)のノレン分けらしい。たけるとは何者? 正解はこちらの女性店主の息子さんの名。
店名のとおり讃岐うどん。メニューにぶっかけはないようだ。基本的にはあたたかいうどん。そこでかき揚げうどんを頼んだ。てっきりかき揚げがうどんに乗ってくるものかと思っていたのだが、別皿。しかもデカい。思わずナンを撮るときのようにミンティアを取り出して撮ってみました。衣もサクサクとしていいデキ。
うどんはさほど量はないので、一玉(200g)ぶんだろう。イリコ出汁であっさりと。
07042703.jpg
新高円寺駅を、荻窪方向から来た改札を出て地上に出たら右へ。すぐ先から「ルック通り」という商店街が始まっているので、そこを進んでちょっと先の右側。店内カウンタ5席と外に一卓。日曜祝日休み。
07042704.jpg
<追記>
2007年7月13日、店が閉まっていて、移転の貼り紙があるのを発見。6月末で閉店して、新店舗での営業は7月下旬からを目指しているようです。
新店舗は青梅街道の「中野新橋入口」からちょいと南に入ったところ。
貼り紙画像も添付しておきます。
07071304.jpg
posted by ぐーたり at 08:33| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

雅楽@飯田橋(初)

雅楽のかきあげせいろ780円。
07041403.jpg
讃岐うどんの店。ほどよい弾力と味わいがあってウマイと思うのだが、麺量は推定200gと一玉ぶんしかなくもの足りない。大盛りとか替え玉の設定が見当たらないので、連食向けかも。未訪だけど悠讃とのセットはいかがでしょう。
かき揚げはイカとエビが入っていて、もちろん揚げたて熱々。
日曜休みで11時半から14時半、17時から24時。
JR飯田橋駅東口を出て、目の前の目白通り右前方のモスバーガーのところから斜めに入っていく道をちょっと進んだ左側にある(店外観写真撮り忘れた)。
07041402.jpg
posted by ぐーたり at 09:33| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

水山@新宿(初)

ピリ辛肉味噌うどん680円。
07030502.jpg
紀伊国屋の地下にある店。たしかどこか大きな会社のアンテナショップであったという記憶があって、調べてみると明星食品の経営なのね。全国に7店舗あり。それと同時に、私は知らなかったのだけれど、味の民芸、ラーメンのぶぶか、スパゲティのジンジンなんてのも経営しています。
細めだけれど、弾力があって、ぎゅっと詰まっている感じの麺。なるほどこういう食感のうどんは機械打ちでないとできないのかも。うどんの端っこが、三味線のバチのように広がっているのもおもしろい。肉味噌に温玉、かきまぜるとラー油の赤も鮮烈。あっという間に胃におさまってしまいました。
07030503.jpg
posted by ぐーたり at 08:08| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

東京麺通団@新宿

かすうどん大490円+かき揚げ100円。
07021802.jpg
朝食を食べていない。しかもこのままでは昼食をとる時間もない。どうしよう。という状況で午前10時45分ぐらいに西武新宿についた。
そうだ。麺通団。あそこは10時から開いている。
ほとんど立ち食いそばでかっ込む感覚で店に。雨で寒いので、あたたかいメニューにした。限定メニューらしい。
大急ぎで胃に詰め込んだ(所要時間ぜんぶで10分)ので、味がどうのこうの記憶している余裕はなかったけれど、「あれ、こんなうどんだっけ」と思ったことは事実。
夜、一将@清瀬で常連さんに声をかけての飲み会があったので参加する。そこでいただいたうどんはいつものように「ウマイ」と思ったので、前に麺通団で食べてから、私の方の讃岐うどん経験値が上がったのかもしれない。
ということにしておこう。
posted by ぐーたり at 08:44| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする