2016年08月13日

おがわ屋@日暮里(初)

肉汁うどん中720円。
おがわ01.jpg
日暮里に夜、用事ができて、駅周囲で何か食べることに。
調べてみるとうどん専門店で肉汁うどんのある店があるような。うどんは讃岐っぽいけど食べてみよう。
駅を山手線外側に出て鶯谷方向すぐに店はある。
店外のメニューはこんな、
おがわ02.jpg
セルフ讃岐うどんメニューに無理矢理に肉汁うどんをまぜているような気もする。
中盛り400グラムだが720円。
同じ中盛りで醤油360円+天ぷら3つぐらいと同じ値段になる。でもまあ肉汁うどんだな、このブログのためには。
店内で食券を買って出す方式。
うどんはすぐできた。おそらく冷凍麺。
肉汁のつけ汁をつくるのに3分ぐらいかかったか。
トレイを持って席についてあらためて見てみると、つけ汁はけっこう独特の見た目だ。
汁が味噌汁のように白っぽく濁っている。
うどんを浸して食べてみると、すごくしょっぱい。うどんが讃岐タイプだから、汁の持ち上げがそれほどないのでしょっぱくしているのかも。肉は細かく切られている。そしてネギが多めに投入されている。
日曜休みで7時から20時。
荒川区東日暮里5-50-11
おがわ03.jpg
画像の左奥の方がJR日暮里駅です。
もともと路麺店だったのが、2015年6月にうどん専門に業態変更したらしい。
posted by ぐーたり at 09:35| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

とこ井下北沢店@下北沢(初)/閉店

肉汁つけうどん750円。
とこ井01.jpg
下北沢に用事があったので、高円寺店はすでに訪問していたのですが、寄ってみました。
下北沢の北口の、成徳高校のある方にあります。
やはり肉汁うどんで。
都内で武蔵野うどんを名乗っている店の半分以上は、食べてみて「?」と思うのです。妙に黒っぽいうどんなのにあの風味が感じられなかったり、やけに全体的に硬くて噛み締めて捩じ伏せる快楽を通り越して不快になってきたりと「いったいどこの店を参考にして武蔵野うどんを名乗っているのだろう」と思うことしきり。
ですが、とこ井は庄司@川島町の系列にある店なのでその点は安心できます。ハイレベルを追求しているのでなく、きわめて庶民的な武蔵野うどん。
月曜休み(祝日の場合は火曜)で11時半から21時(5月からこの閉店時間になるということ)、平日は15時半から18時まで中休みあり。
世田谷区北沢2-39-13
とこ井02.jpg
posted by ぐーたり at 07:54| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

五葵@亀有(初)

温うどん470円+かきあげ120円。
五葵01.jpg
亀有に用事があり、ちょいと調べると吉田うどんの店があるので訪問することに。
駅からは徒歩15分。
外は静かな住宅街なのですが、店に入るとけっこう客がいました。
カウンタに座って注文票に記入。
吉田うどんの経験値の低い私ですが、ごつごつと無骨に硬いうどんだと予想できたので温かいうどん。
トッピングはかき揚げで。
10分ほど待って提供されました。
汁は味噌風味漂う味わい。揚げたてのかき揚げはからりと食べやすい。
注目すべきは卓上の二つの小壷。
赤い方は一味+山椒+胡椒。
黒い方は一味+複数のスパイスをごま油で炒めたもの。
黒い方をちょっとだけ投入すると香りもあり、辛さもけっこうあってなかなかイイ。
第一木曜と第二第四日曜休み。また第三第五木曜は夜休み。
11時半から14時半、17時半から21時。
葛飾区西亀有3-20-14
五葵02.jpg
posted by ぐーたり at 17:45| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

バハティー板花@青井(初)

あだち菜うどんセット750円。
15062402.jpg
足立区では小松菜がたくさん栽培されているそうな。それを練り込んだうどんを「あだち菜うどん」と名づけて名物にしようと画策しているらしい。
そのことに気づいたのは昨年だったか一昨年だったかだけれど、取り扱い店舗がそのときはひとつしかなかった。
で、ひさびさに調べてみると、ど〜んと店舗が増えていたのでした。東村山黒焼きそばのように、店舗によってメニューがいろいろある。
で、足立区近辺に用事ができたので、そのついでにとくに深く調べたわけではなく、こちらの店舗を訪問して食べてみることにしました。
店はうどん専門店でなく、夜は居酒屋、昼はなんでもありの定食店としてやっているようだ。
あまり気にしなかったが「バハティー」とはどんな意味か、気になったので調べてみるとスワヒリ語で「幸福」という意味らしい。でもスワヒリ料理とかはなかったと思うが。
店の前にも「あだち菜うどん」のノボリがあるので、力はそこそこ入れているようす。
単品だと500円だが、セットでいただくことに。つけ汁はいろいろあるらしいが基本の醤油味でお願いしました。
しばらく待って出て来た品は上記のとおり。
みごとに緑色してます。小倉で食べたよもぎうどんをとっさに思い出します。
噛み締めると茹で加減はちょうどいい感じで、すぐに小松菜らしき風味も感じます。練り込み系のうどんとしてはいい感じ。でもつけ汁は合ってないように感じました。何が合うのでしょうね。まだ追求の余地あり。
上の画像のほかに、食後のコーヒーもつきます。それから手みやげにあだち菜うどんを揚げたものをいただきました。いま、ビールのつまみに食べてみたところ、揚げてスナック菓子状にした方が小松菜の風味は強く感じます。ビールには合わない感じ。
第一と第三日曜休みで10時半から14時、17時から24時。
駐車場はありません。また店内喫煙OK。
足立区綾瀬6-20-2
15062403.jpg
posted by ぐーたり at 21:06| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

さいた川@西葛西(初)

野菜かき揚げうどんセット(日替わり)790円。
15021402.jpg
西葛西に用事あり、調べてみると讃岐うどんの店があるので訪問。
外観画像はピンボケでしたので小さくしましたが、高層アパートの一階の角に店があります。
日替わりの上記メニューを注文。
うどんじたいは香川で製麺したものらしく、特筆すべきことはない。
讃岐うどんは丸亀やら花まるやらのチェーン店が発達しているので、自分もブログに書かないけれど利用することがあります。そういうところのうどんに慣れた舌からすると、こちらの店の自然なうまみが濃い澄んだスープに「ああ、美味いなあ」とつくづく感じてしまいました。
ランチのセットなので炊き込みごはんがついてますが、こちらもつくづく出汁のうまみを感じさせてくれました。
トレイの左上の赤い容器に天かすが、黄色い容器におろししょうがが入っています。
月曜休みで11時から15時、17時から22時(土日祝は通し営業)。
江戸川区西葛西5-8-4 小島町2丁目団地4号棟109号 1F
15021403.jpg
posted by ぐーたり at 15:22| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

小夏@巣鴨(初)/閉店

うどんと野菜天のランチセット1004円。
14121802.jpg
2014年7月開店。
ちょうどEg-Blogさんで記事が出たばかりの店ですが、都内に出る用事があったので訪問しました。
巣鴨のとげぬき地蔵通りにあります。位置的にはJR山手線および都営地下鉄の巣鴨駅と、都電荒川線の庚申塚駅の中間地点あたり。
Eg-Blogさんの記事ではランチセットは肉汁うどん固定のようでしたが、私が訪問した時はうどんは他にきのこつけ、きのこおろし、きざみから選択できるようになっていました。野菜天セットで、つけ汁がピリ辛だということに惹かれてきのこつけうどんにしました。太麺か細麺かを聞かれたので太麺で注文。
さほど時間がかからず出てきました。
つけ汁につけずにうどんを一本食べてみると、なるほど凄く硬い。そこでつけ汁に押し込んで1分ぐらいしてから食べてみたところ、まずまず程よくなっていました。風味はあまり感じません。並で300gほど。
つけ汁は非常に色が濃く黒いもの。しかししょっぱさはそれほどでもなく、むしろうまみが過剰と言ってもいいくらい。具のきのこもそこそこ入っています。
天ぷらはなす、かぼちゃ、しいたけの3つで串刺しされています。
うどんの量が少なかったこともあって、腹は余裕がありました。腹ぺこの時は卵天ごはんとのセットの方がいいかもしれませんね。
店内はちょっと変わったつくりで、入り口から細長く続いて、そこにテーブルが4卓ほど。その奥が開けていてカウンタとテーブル、厨房があります。で、自動ドアではないこともあって、私が食べているあいだやってきた客と搬入業者によってドアが2回開けっ放しにされて凍える外気が入ってきてしまいました。ところがドアが開いていることが内部からは確認しづらいつくりなので、店の人がなかなか気づかないという欠点がありました。これは改善点でしょうね。
もひとつ「ランチ50円引き」と書かれ、私が頼んだセットが930円とのことなので880円かと思ったらそうではなく、さらに外税表示だったので支払いは1004円でした。これも細かいところですが、小さながっかり感を生み出すので改善した方がいいかと思います。
無休で11時から23時。
豊島区巣鴨4-19-8
14121803.jpg
posted by ぐーたり at 17:10| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

どん太@保谷(初)

肉汁うどん並750円+かき揚げ100円。
14110502.jpg
2014年7月開店。
どん太という店名の武蔵野うどん店が2つになってしまった。立川市柏町にあった「どん太」は現在一橋学園駅の「手打ち武蔵野うどん」のところに移転している。
こちら保谷に開店した「どん太」は、どこで修行してとかいうことはわからないけれど、農林61号を使用していることをうたって武蔵野うどんのど真ん中路線でいくようす。考えてみると西武池袋線保谷駅周辺ってのは武蔵野うどん店がありませんでした。
店舗は10席ほどでとても小さい。
12時半の訪問だったこともあってほどなく満席になり、待ちも発生していた。
肉汁うどんは小が200gで600円、並が300gで750円、大が500gで950円とのメニュー表記。並を注文してかき揚げもつけた。
しばらく待って出てきたうどんはみごと褐色。噛み締める前にもう香ってきました。噛み締めてみると風味はさほど強くないものの、あの風味がします。草っぽい感じの風味。製粉したてなのでしょう。
メニューには300gと表記されていたけれど、自分基準ではこれは400gか450gというところ。
かき揚げはもちろん揚げたてでかりっとして天ぷらスキルが高そう。
糧と薬味もついてます。
つけ汁はさっぱりとしていて量は少なめ。
込んでいたのでちと窮屈でしたが、なかなかのレベルの新店だと思いました。
現在は昼のみの営業ですが、11月末から夜の営業も始めるとの貼り紙がありました。
日祝休みで11時から15時。
練馬区南大泉4-52-15
駅から徒歩3分。駐車場はないもよう。
下の画像の奥の方が保谷駅(南口)になります。
14110503.jpg
posted by ぐーたり at 20:11| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

マサキヤ@西荻窪(初)

肉汁うどん750円。
14072402.jpg
2014年5月開店。
青梅街道の上り車線沿いにある。
店の前に券売機。大盛りは+100円だが、中盛りはサービスになるという事前情報を聞いていたのだが…。
14072403.jpg
うーん。600gは多過ぎますワ、自分にとっては。
そこでホール係に「中盛りにできますが?」と言われたけれど「普通盛りで」とお願い。
だが、しばらく待って出て来たうどんはどう見ても350gではない。どんぶりに入っているので多さが画像ではわからないけれど「あれ?」と思って箸を突っ込んだけど水切りはなくぎっしりうどんが入っています。
うどんは芯の残る茹で加減。褐色で、見た目通りの雑味の多い風味。太さのばらつきもあって、いかにも手打ちな風情。
貼り紙に「麺に一味唐辛子をかけろ」と書かれている。ちょっと変わってますな。
14072404.jpg
卓上にならぶものが多い。左からニンニクチップ、七味、ごま、一味。その前の容器はおろしショウガとネギ。
自分はごまを入れたがすりごまではなかった。うどん専門で修行して開店したのではないのかな?
うどんの量が多いこともあって、食べ進むにつれて飽きてきてしまった。そこでネギやショウガを投入したのだけれど、どうもうまくいかない。やはりおススメのように麺に一味をかけるべきだったのかもしれないが、なぜか抵抗があってできない。
つけ汁はさほど濃くないが、割るための出汁湯ポットもありました。
月曜休みで11時から14時半、17時半から20時半。
杉並区桃井4-4-19
14072405.jpg
posted by ぐーたり at 09:41| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

みらい家@笹塚(初)

豚汁もりうどん中盛り750円。
14042002.jpg
夜は豚しゃぶ屋さんになる店。なので扉を開けて入るとすぐカウンタ席なんですが、居酒屋っぽい内装と照明です。
うどんは褐色。そして噛み締めると、すぐには来ないけど、2噛み3噛みすると上品に小麦の風味がたちのぼってきました。茹で加減は硬めですが絶妙にしっかり火が通っています。
つけ汁は濃いめで、割り湯も出してくれるみたいですが、そのまま飲んでしまいました。豚肉のうまみがよく出ていて、飲み干した。小皿の真ん中は揚げ玉。
都区内の武蔵野うどん標榜店は、練馬区をのぞくと「うん、これこれ」と思う打率がずいぶんと低いですが(体感で打率1割台)、この店はいい。「バランスのいい武蔵野うどん」という意味では、練馬区を除く東京の区部では、もしかすると一番オススメできる店かもしれません(何か忘れているかもしれないけど)。
並み盛り350gで700円。自分は「400gで自分にはちょうどいい」と思っているので中盛りにしましたが、満腹感ありました。
水曜休みで11時半から14時半。
渋谷区笹塚1-15-5
京王線笹塚駅の南の「観音通り商店街」を南方向に直線の通りが右に曲がるところまで進んだところにあります。徒歩5分ぐらいなので電車アクセスがいいかも。自分は都内での用事のあと車で来たのですが、コインパークを探すのにちょっと苦労しました(店のすぐ近くには2台とか3台のものしかないので)。
いつもは外観画像は画像1枚であたりの雰囲気もわかるようにちょっと引いて撮るのですが、小さい男の子が店内を覗き込んでいたのが可愛かったので、このサイズで。可愛いっスね。
14042003.jpg
posted by ぐーたり at 04:53| Comment(6) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

いろは赤羽店@赤羽(初)/閉店

肉汁うどん中盛り650円。
14040602.jpg
以前、秋葉原店を訪問したことがあったけれど、ホームページをみたら昨年閉店してました。
たまたま赤羽に用事があって今度はこちらの店を訪問。
駅から近くですがフーゾク店がたくさんある地域ですなぁ。
メニュー表示には肉汁うどん中盛り680円と書かれているが、なぜか券売機では並み盛りと同額の650円。なので中盛りで。
すぐ出てきました。茹で置きですね。太めでやや褐色で、見た目から噛み締めると小麦の風味がたちのぼるのを期待してしまうのですが、おや?、風味がほどんど感じられません。ちょっと、というか、かなり肩すかしなうどんでした。
うんちくには豚肉が最高級で、ネギは深谷産とのこと。確かに豚肉はうまみがあります。ネギは深谷ネギっぽい風味は感じられなかった。
無休で11時から朝5時(日曜は21時)まで。
北区赤羽1-5-2
14040603.jpg
posted by ぐーたり at 09:30| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

長谷川@大泉学園(初)

糧盛りうどん750円+大盛り150円。
13100802.jpg
エン座のあとにノレンを引き継ぐかたちで「エン座長谷川」として続けてきた店が、西武池袋線大泉学園北口からすぐの場所に移転し、エン座の名をはずして「手打ちうどん長谷川」として2013年7月開店。
やはりここに来たら「みぞれ糧盛りうどん」だよなと思い、しかしメニューには「糧盛りうどん」と表記されているこの品を注文。並盛りだとちょっと物足りないという記憶があったので大盛りにしてみた。メニューでは「糧盛り」だけど、きちんと「みぞれ=大根おろし」はつくし、ホール係の女性も厨房に「みぞれ糧盛り」と伝えていた。
エン座のうどんは武蔵野と讃岐のハイブリッド。香りもあるし弾力もあるうどん。それはそのままだけれど、自分の記憶にある「エン座」の「みぞれ糧盛りうどん」のうどんより硬めの茹で上がりだと思った。記憶の誤差かもしれないし、ブレの範囲内かもしれないが。
あらかじめゴマの入っているつけ汁は、具だくさん。下の方に豚肉が入っています。
つまみになるような一品料理もたくさん用意されているし、日本酒も充実しているし、夜も営業しているので、西武池袋線沿線の大泉学園以遠に住んでいる人は、ちょっと下車して飲んでシメにうどんという使い方もできますな。自分は池袋線沿線住人ではないけれど、いつかやってみたいもんです。
月曜と第一火曜休みで、11時半から14時半、17時半から20時。
練馬区東大泉4-3-18-102
13100803.jpg
posted by ぐーたり at 22:46| Comment(1) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

たいらや@北赤羽(初)

肉汁うどん小630円。
13090702.jpg
看板には「讃岐」「武蔵野」の文字が書かれている。どっち?
メニューをみると品目はたくさんあって、それが「讃岐」と「武蔵野」の2つに大別されているのだけれど、どうも汁のちがいだけであって、麺は同じもののようだ。(店員さんに確認したわけではない)
うどんはすぐ出されたので、弾力のない食感からして茹で置きだと思われる。ちなみに「小」で麺量は300g。
ちょっと掴みどころのない店でしたね。最寄り駅であるJR北赤羽から徒歩10分ほどと離れた立地だし、かといって駐車スペースがあるわけではないし。
不定休で11時から15時。
北区浮間3-19-2
13090703.jpg
posted by ぐーたり at 14:30| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

まる政@東十条(初)

肉なす汁うどん800円。
13090602.jpg
13090603.jpg
開店時間の11時半ちょうどに店についたが「支度中」の札が下がっていたので待つ。なかなか「営業中」にならず、ようやく11時47分に開店。東京都区内の店だがゆっくリズムな営業なのかな?
メニュー一番上に「おすすめ」と大書されている上記の品を注文。まずはサラダが出てくる。
しばらく待ってやってきたうどんは、かなり太めでやや褐色。噛み締めると、うう、硬い。火は通っているけれど、頑固な硬さ。でももぐもぐ噛んでいると小麦のうまみや風味は感じられる。しばらく訪問してないけれど、うちたて家@池袋みたいな感じでしょうかね。麺量は見た目以上にある感じ。500gぐらいか。
つけ汁は濃いめでなすも旬であるし、うまみと醤油感たっぷり。
月曜と第一日曜休みで11時半から14時半、17時から22時。
この「第一日曜休み」が食べログに記載されていないのはともかく、東十条商店街公式HPの店舗紹介ページにも記載されていないものだから、半年前ぐらいにここを訪問したときにはみごとにフラれてしまったのだったっけ。
13090604.jpg
posted by ぐーたり at 18:43| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

いろは 秋葉原店@秋葉原(初)/閉店

※2013年12月閉店したそうです。
肉汁うどん並700円+かき揚げ120円。
13060102.jpg
2013年4月開店。
赤羽と大塚で武蔵野肉汁うどんの店をやっている「いろは」が3店目を秋葉原に開店。私は赤羽と大塚の店は未訪問だったのだけれど、秋葉原近くに用事が出来たのでこちらをまず始めに訪問することに。
ビルの地下に店があります。食券機があって、なんかラーメン店みたいな雰囲気の店だわ。殺伐としているという言い過ぎだけど、落ち着きがない感じなのですよね。なんというか、ひとつ前の記事の勝負澤@皆野町と対極にある店という感じ。
同価格で大盛り(700g)もサービス中らしいけれど、とくにアナウンスもされなかったので並(500g)でかき揚げをつけた。
わりかしすぐに提供される。
うどんの見た目はやや褐色でウマそう。しかし噛み締めてみると弾力はない、風味もない。マズいわけではないけれど、これを700gだと飽きてしまう感じ。自分も並でさえ飽きてきてしまったし。
つけ汁は甘さをまず感じて、まーそれだけかな。かき揚げもとくにこれといった特徴はないものでした。
赤羽店も大塚店もおなじようなうどんとつけ汁なのかな? だったらわざわざ訪問しないでもいいかと思ってしまったのですが、ま、ホームページを見ると、この店も資本系に分類されるのでしょうから、やはりそのテの店の通例に従って、特徴のない品になってしまっていますな。だからマズくてがっかりというわけじゃないですよ。
無休で11時から22時。
千代田区外神田3-13-7
13060103.jpg
posted by ぐーたり at 23:35| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

大豚小豚 東京野方店@野方(初)

肉汁うどん並650円。
13051902.jpg
2012年10月開店。
カウンタのみの店なので、ラーメン店っぽい。ラーメン店の居抜きかと思ったけど、ちがった。ストリートビューを見ると魚屋さんだった。
並で500gあるというので並を食券機で買う。
しばらく待って出てきたうどんは褐色。しかし麺の幅は揃っていて、ちょっと平打ちでパスタっぽい。硬めの食感で弾力はさほどなくぼそっとした食感。褐色の見た目ほどは風味は感じなかった。
東京野方店とあるので、本店はどこ?と思ったが、群馬県高崎市にあるらしい。ところが食べログで調べると閉店マークがついている。ありゃりゃ。
見た目は500gなさそうに見えたけれど、食べてみるとけっこうずっしり腹にたまるうどんでした。
無休で11時から。
中野区野方5-18-13。
13051903.jpg
posted by ぐーたり at 18:08| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

むさしのうどん桜@春日町(初)

肉汁うどん700円。
13051302.jpg
2012年7月開店。都営大江戸線の春日町駅ちかくにできたむさしのうどんを標榜する店。
毛呂山の「めんくい亭小麦屋」の関係店らしい。小麦屋を訪問したのはたいぶ前で、再訪していないのでどんなうどんだったか忘れてしまった。けれども横長の器はよく覚えています。
こちらのうどんはもっちり密度の高いタイプで風味はありません。俺さま基準だと讃岐うどんに分類しちゃうタイプだな。量は400g強あるかな。
つけ汁は甘みが強く出ているタイプ。ちょいと飲み干せない。
食べログのレビューだととなりに駐車場が2台ぶんあるような記述があったので、下の外観の左にちょっと見えている駐車場に入って「どれよ?」と探したのだけれどわからない。店の前に何か書いてるかと見てみると「当店には駐車場はありません」と貼り紙してあった。ありゃりゃ。それで一回りするとマツキヨのホームセンター店があったので、そこで買い物がてら停めさせてもらいました。
不定休。「夜の営業はしない」という貼り紙もあったけれど、それが訪問した日だけのことなのかどうかは不明。
13051303.jpg
posted by ぐーたり at 21:56| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

とこ井@高円寺(初)

肉汁うどん400g 850円。
13042802.jpg
2013年2月開店。
庄司@川島町やむぎぶえ@高坂の系列の店らしい。
カウンタのみ10席ほどの小さな店。店主ひとりでやっています。
注文を受けてから茹でる。茹で時間は8分とのことだけれど、訪問したときはタイマーは7分でした。
しかし茹で釜がひとつだけなようで、タイミング悪いとなんだかんだで20分ぐらい待つことになります。そこらへんは覚悟。
出てきたうどんは、褐色です。記事にしてないけれど2年前に庄司@川島町に訪問したときの記憶からすると、やや太目で、やや硬めの茹で上がりにチューニングしているような感じがする。
しかしながら庄司やむぎぶえのうどんと同様に、雑味も含んだ小麦の風味がぶわっと立ち上がってきます。都区内にある武蔵野うどんの店としては、そこらへんのポイントだけで言えば一番かもしれない。
つけ汁はただ醤油感が強いだけでなく、醤油のアミノ酸感というか何と言うか(←いまつくった造語だけど)つんとくるようなうまみのパンチ力があります。甘さ、しょっぱさ、豚肉のうまみはそれを下から支えているような構造。
最初からすりゴマがかかっていて、物足りない向きには卓上すりゴマ器もあり。
ゆずも最初から仕込まれていて、食べ進むとすぐに強いゆずの風味が顔を出します。
値段はちょっと高めかもしれないけれど、洗練されたタイプでもなく、讃岐とのハイブリッドでもなく、無骨な武蔵野うどんのど真ん中を味わえる店として都区内在住の人におすすめできると思います。
もうちょっと店が広いといいけどな。あと、客にお盆をカウンタ越しに戻してもらうしきたりにしたいようだけど、それなら台布巾もカウンタに置いておいてほしいな。つけ麺メインでカウンタだけの店はそうしているわけだし。(自分はティッシュで拭いた)
月曜と第一三火曜休みで、11時半から15時、17時半から21時。
JR中央線高円寺駅の南口を出てそのまま南へ。「高円寺4丁目」の信号を右折、最初に右折出来る路地へと入ってすぐの右側に店がある。
13042803.jpg
posted by ぐーたり at 19:43| Comment(5) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

みやもとファーム 麦ノ家@練馬春日町(初)

肉汁うどん中盛り850円。
13021402.jpg
2012年12月開店。
もみーさんの記事を読んでさっそく出かけてきました。
練馬区高松2-15-22。自分はトータルで5年くらい練馬区内(光が丘→石神井町→氷川台)で働いていたので練馬区はそこそこ土地勘があるのですが、この場所は初めてでした。まー、当時(90年代前半)は環8もこの近くは開通してなかったし、そもそも大江戸線も開通してなかったな。なんて思い出しながら着きました。
おお、20台ぐらい駐車できる。
建物もなかなかおしゃれ。
やや広めの店内盛況です。
メニューを見ると、
13021403.jpg
武蔵野ぶっかけが気になりますが、以前かしま@西所沢で武蔵野うどんの麺にはぶっかけは合わないと感じたことを思い出し、オーソドックに肉汁に。
量がわかないけど、650円の並盛りは「女性向き」とか書いてあるから850円の「中盛り」にしました。
しばらく待って出てきた品は、量、多いですよ。600gぐらいある。これなら自分は並で天ぷら頼めばよかったな。
うどんは褐色。噛み締めてみると、豊かな風味がたちのぼります。茹で加減も最初硬めに感じるほどよい加減。
武蔵野うどんのど真ん中を攻めてきた感じです。つけ汁も豚肉とネギだけとシンプルながら肉がいいのかうまみがよく出てます。
母体のみやもとファームはすでにレストランを経営しているので、手慣れているのでしょうかね。
ひとつだけ欲を言えばすりゴマ欲しかったかな。
窓の外からすぐ畑が見えます。
13021404.jpg
とても都区内とは思えません。夏になったら何が植えられるのかな。
無休で11時から17時(当初は10時から15時でしたが変更したとのこと)。
車だと環8からすぐです。電車だと大江戸線の練馬春日町駅A2出口から徒歩12分とのこと。
13021405.jpg
posted by ぐーたり at 19:32| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

肉ZIRU王@沼袋(初)/閉店

ダブルZIRU 900円。
12111702.jpg
沼袋駅北口すぐにできた資本系武蔵野うどん店に、都心に向う途中に下車して食べてきました。
なかなか用事もない駅なので、再訪できるかどうかわからないので、肉汁とカレー汁の2つのつけ汁がついている上記の品を食券機でポチっと。
食券機があることとか、駅近くであるとか、店のつくりとかがラーメン店っぽいところです。
あ、そうそう。店のスタッフが店名がプリントされているお揃いのTシャツ着ているところとかもラーメン店っぽい感じ。
オープンキッチンなので、カウンタ席に座るとつくるところが丸見えです。
なので、もちろん茹で置きではないのは明らかなんですが、出てきた褐色のうどんを噛み締めて私は「むむむ」と思ってしまいました。まるで茹で置きな感じなんですよ。風味はほとんどなく、雑味を感じるうどんで、弾力はありません。目の前で茹でたてであることを目撃したのに、ちょっと信じられない気分でした。
量は400gあります。
つけ汁は醤油っ気は控えめに、油分は多めな感じ。カレー汁にはタバスコと粉チーズが個々の調整用にと出されますが、さほど意味はないような感じ。まーよくある感じのカレーつけ汁でしょう。
小さいかき揚げもつきます。つけ汁の器が木製で、ちょっときくやを連想させるようにできてます。
って、ほぼ同時にもみーさんも同店をレポしてら。訪問したのはもみーさんの方が先ですね。でも私と似たような感想ですね。
つけ汁の方はともかく、うどんを改善した方がいいと思いますよ、ということです。
茹でたてなのに茹で置きみたい、ということは、切れやすいうどんということでもあり、5センチ以下の切れ切れになったうどんも目立ちました。
火曜休みで平日は昼の部が11時半から14時半、夜の部が17時半から。土日は11時半から通し営業(麺切れまで、ということかな?)。
西武新宿線沼袋駅の北口改札を出たら、右の方に180度戻るように回り込むと、先方に西友がありますが、その手前左側、笠置そばのとなりにあります。
12111703.jpg
posted by ぐーたり at 00:54| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

大地@東中野(初)

肉汁うどん並650円。
12102902.jpg
こんなところにも武蔵野うどんの店ができてたんですねぇ。
都内の用事ついでに訪問。
並で500gあるそうで、自分には並でじゅうぶんです。
天ぷらは3種あるけれど、入口のところのトレイに並んでいたので揚げ置きなのでパス。
うどんは意外に早くできてきたので見込み茹でかもしれませんが、へたれてはいませんでした。さほど強くはないけれど、小麦の風味もあります。すりゴマもありました。
都心部にある武蔵野うどんの店は、どれもこれも自分が思っている狭義の武蔵野うどんからははずれている、と以前書いた覚えがありますが、ここは武蔵野うどんそのものですワ。
日曜休みで11時から15時、17時から19時。土曜は昼営業のみ。
JR東中野駅から、山手通りを200mほど南下したところ。下る手前で、ラーメンの「味噌や林檎堂」のとなりになります。
付近にコインパーキングがいくつかあるけれど、わかりにくいので自分は東中野駅すぐのスーパーマーケットライフに買い物ついでに停めました。2000円以上の買い物で2時間駐車できます。
12102903.jpg
posted by ぐーたり at 21:17| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

つけ汁うどん野澤@阿佐ヶ谷(初)/閉店

なす汁うどん680円。
12072902.jpg
きりしま@鷺ノ宮のあと、バスに乗って阿佐ヶ谷に向うと、阿佐ヶ谷駅に近づいたあたりで窓外にこの店が見えた。「あ、これはもみーさんの記事で読んだ店だ」と思ったのだった。
そこでその翌日に訪問。鷺ノ宮駅からバスに乗り、阿佐ヶ谷駅の2つ手前の「阿佐ヶ谷北1丁目」で降りてちょっと戻ったところに店がある。
肉汁うどんが780円。きのこ汁うどんが750円と微妙な価格差があるので、お安いなす汁うどんにする。
しばらく待って出てきたうどんは、事前情報のとおり「硬い!」。なので、つけ汁にどんどんずり込んで、熱でちょっと柔らかめにして食べました。風味は感じず、しかし噛み締めると小麦の甘みうまみは感じられるうどんです。
つけ汁はかなりしょっぱめかな。ま、こんなもんでしょ。
月曜休みで11時半から15時、17時半から22時。
12072903.jpg
posted by ぐーたり at 21:21| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きりしま@鷺ノ宮(初)

冷やし茄子のそぼろうどん700円。
12072802.jpg
阿佐ヶ谷で仕事。東村山から電車だと、国分寺に出て中央線というのが普通なんでしょうけれど、いつも西武新宿線で鷺ノ宮に出て、そこからバスで阿佐ヶ谷に出てしまう。
お、そういえば鷺ノ宮にうどん店あったなと思い出す。
駅改札を出たら、右方向の階段を降り、そのまま進んだところの道が中杉通り。そこを北の方向に50mほど歩いた右側にひっそりあります。うどんカフェです。
猛暑なんで、冷たいうどんがいただきたい。と思っていたら、あります、冷たいうどんのメニューがけっこう。
12072803.jpg
迷うなぁ。冷やし梅とろろうどん、塩昆布トマトと海老の冷やしうどんもそそられるけれど、上記の品を注文。うーん、明日も仕事だから、明日も来よう、と思ったら翌日日曜なので休みか、残念。
しかし想像以上にこじんまりした店です。2階はこんな感じ。
12072804.jpg
やがて出てきた品は、おお、創作系うどんって久々だなあ。
そうそう、太麺と細麺を選べるんですが、細麺でお願いしました。
薬味はミョウガとオレンジピール。左上にちらりと見えているのはたくあん。右にちらりと見えているのが七味の瓶。
冷たいお出汁をぶっかけていただきました。出汁は濃いめ。そぼろはたっぷり。量的には自分はちょうどいいくらい。麺大盛りの注文も+50円でできます。
日曜月曜休みで11時から16時。
12072805.jpg
posted by ぐーたり at 21:09| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

じんこ@三軒茶屋(初)

肉ねぎつけ汁うどん(中)680円。
12021902.jpg
夜、三軒茶屋に所用。そう言えば武蔵野うどんの店ができたんだっけ、と思い出す。
店は路地にあります。夜なので完全に居酒屋営業になってます。
なのでつられて私もビール飲んだり焼酎飲んだりしちゃった。
12021904.jpg
↑この「武蔵野うどんdeマカロニサラダ」ってのが気になります。
で頃合いをみはからって、うどんを注文。
300gとのことですが、もうちょいありそう。
で、風味は感じませんでした。茹で加減は硬め。
つけ汁は妙に甘く感じたけれど、酒入っていたから味覚ブレてたかもしれない。
しかし不思議ですよね。都心部にある武蔵野うどんの店のうどんって、どれもこれも自分が思うような武蔵野うどんの「風味」がないです。
なぜだろう。
12021903.jpg
posted by ぐーたり at 08:22| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

葵(あおい)@用賀(初)

葵うどん650円+麦とろめし150円。
12021402.jpg
12021403.jpg
川崎市宮前区の仕事がまだ続いていて、昼食にうどんを食べてないときもあるので、けっこう通っているわけでして。
この日は午後に都内に所用だったので、多摩川を渡ります。渡ると二子玉で、その先が用賀。用賀駅すぐそばにあるうどん屋さんで昼食ということに。
京うどんだそうだけど、京都っていうとラーメンの印象が強いな。
メニューみて店名のついている「葵うどん」を注文。それとランチだと150円ということに惹かれて麦とろも。
カウンタのみの店内ですが、ほぼ満席。人気店のようです。
自分が注文したあとに気づいたのですが、この日は寒かったせいなのか、他の客はみなあたたかいうどんを頼んでましたね。
葵うどんはいわゆるぶっかけ。太めでねじれているうどんです。噛み締めると、けっこう硬いです。九州でやわらかいうどんを堪能してきた直後なので、なぜか「これも同じうどん」という感じがしません。違和感に戸惑ったまま、食べ終えてしまいました。頭の切り替えのスピードほど、舌の方は早くはないようで。
12021404.jpg
posted by ぐーたり at 10:12| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

てんてこ@高円寺(初)

かき揚げぶっかけ780円。
11101902.jpg
昨年2010年9月開店の讃岐うどんの店。
となりの阿佐ヶ谷にははなまるうどんがありますが、高円寺にはまだ進出(侵攻?)してきてないようですね。この日は南口環七沿いの「さぬきや」のすぐそばで仕事だったのですが、あえてまだ訪問したことのない店を目指しました。
ほどよい広さの落ち着いた店です。先客は食べ終わって、まったりしてます。土ごぼう天ぶっかけもソソりましたが、そちらはもみーさんが食べているので、私はかき揚げぶっかけに。
しばらく待って出てきた品は、おお、かき揚げの具材がくっついてなくて、ばらけています。かぼちゃ、にんじん、たまねぎ、ごぼうが、それぞれ薄切りにされて揚げられてます。というわけで食べやすい。いいアイデアかも。揚げ方もお上手。
うどんはやや細めの讃岐うどんで、いい弾力です。量は普通盛りで400g弱はあったかと。+100円で450gになるようです。
無休で11時半から15時、17時から21時(土日祝は通し)。
高円寺駅北口を出て、左前方の「純情商店街」を進み、突き当たったら左へ、すぐまた突き当たるので右へ。数軒先の右に店舗があります。
下の画像は奥の方が駅になります。画像左の路地を入ったところにラーメンのはやしまるがあります。
11101903.jpg
posted by ぐーたり at 10:55| Comment(0) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

松乃家@杉並区桃井3(初)

けんちんうどん750円。
10121902.jpg
以前コメント欄でオススメされた店。ようやくいいタイミングで昼時にこのへんを通ることになったので訪問。
駐車場はないもよう。あたりをぐるぐる回ってコインパーキングに入れる。
あらためて店の外観を見ると、まるっきりそば屋です。うどんの文字がない。
雨で寒かったので目についたけんちんうどんを注文。初老の店主。夫婦でやっている感じの店です。雨だというのに、うどんを待っているあいだに後客が次々と入ってきます。
さて出てきました。いい見た目です。具がきちんと配列されています。
やや甘めのスープ。うどんはしっかりとした硬さがあって、小麦の甘みも感じます。熱々なのですが最後までヘタれませんでした。
ネット上ではほとんど紹介されないけれど、こんなふうな店って、きっとまだまだたくさんあるんでしょうね。
日祝休みで11時から14時半、17時から20時。
青梅街道の荻窪警察署の裏です。下の画像では奥の方が青梅街道。
10121903.jpg
posted by ぐーたり at 09:49| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

新宿大盛(だいせい)@西武新宿(初)/閉店

肉汁うどん並680円
10111802.jpg
ある日の夜、まだ早い時間。新宿なので「かめ福」といううどん店を初訪問しようと探すが、……ない。どうやら閉店してしまったみたい。
そこでこちらもまだ未訪問だった「新宿大盛」へ。
うわ、タバコくさい。まるで居酒屋状態になっています。
しかしうどんは注文受けてから茹でているようで、しばらく待ちました。うー、飲みたくなったがまだ仕事があるのでガマン。
出てきたうどんは、やっぱ都内の店では小麦風味香る肉汁うどんは出ませんね。不可能なのではないだろうけれど、どうしてだろう。こちらのうどんは、ツルツル感もあり、密度も高いかんじで、小麦のうまみのあるうどん。しかし風味はあまりない。
つけ汁は醤油っぽさは薄めで、ネギ、豚肉がたっぷり目に入っている藤店うどんっぽいもの。
10111803.jpg
posted by ぐーたり at 23:16| Comment(3) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

六義亭(りくぎてい)@上石神井(初)/閉店

豚肉盛りうどん750円。
10070402.jpg
店名にはその前に「地蔵うどん」と枕言葉がついているので、なんとなく武蔵野うどんだと考えたが、食券をホール係に渡したあと、讃岐うどんであることに気づく。
「茹で時間20分」とメニューに書いてあるのだけれど5分ほどで出てきたから茹で置きでしょう。
つけ汁の器がやたらと大きく、そのぶん豚肉もたくさん入っている。醤油はさほど強くなく、すりゴマよりも七味の方が合いそう。
うどんは讃岐うどんだとすると弾力がない。武蔵野うどんだとすると風味がない。端的に言えばこれといった特長がない。量は500gぐらいとじゅうぶんある。
無休で11時から20時(水曜のみ14時まで)。
西武新宿線上石神井駅南口を出て、そのまま南下。千川通りに出たら右折してすぐの交差点「立野橋」のところ。徒歩5分ほど。
車だとはす向かいにスーパーマーケット「いなげや」があるので買い物がてら。10070403.jpg
食べている途中で「ん? ここって麻屋の近くじゃないの?」と思う。
はたして店を出て右を見ると、都内でも珍しくなってしまった、地ビールをそこそこ取り揃えている酒屋さん「麻屋」が見える。
というわけでついでに3本ほど買って帰りました。左から、ラベルが気に入ったベルギービール「ロトリシェ」(いわゆるジャケ買いってやつですな)、初めて飲むオラホビールのアンバーエール「浅間連峰」、前に飲んでウマかった志賀高原ビールのインディアペールエール。うちのニャンコどもも飲みたそうな顔をしておりました。
ついでながら麻屋さんは火曜休み。
10070404.jpg
posted by ぐーたり at 11:40| Comment(2) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

エン座むさしの@石神井公園(移転後初)

霙糧もりうどん850円。
10062402.jpg
石神井公園ふるさと文化館のなかに移転したエン座を訪問。
おお、広いです。テーブルの間隔もゆったりつくられています。数組の客のなかに2組も赤ちゃん連れがいますよ。
生冷や麦800円というメニューにも惹かれますが、まずは定番の霙糧もりうどんでいきましょうか。
しばし待って出てきた品は、おっ、なんか少しキリっとした感じ。味は以前よりも濃厚になったように思いました。なめらかな食感は以前といっしょ。やはりこの店でしか出会えないうどんです。
前の店舗は駅から離れていましたが、すぐ前がバス停でした。こんども駅から徒歩だと15分かかるようです(西武新宿線の上井草駅からだと20分)。バスを使うアクセス方法はこのとおり。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/furusato/info/index.html
私はいつものように車で向かいました。
この施設、やはり東京都区内ですから駐車場はありません。そこで周囲のコインパーキングで、と思ったのですが、すぐそばに見つかりません。じゃあ、どこか路駐しちまえと思って建物の裏手の方を徘徊してみると、すぐ裏にコインパーキングを発見。なので、そこへのアクセス方法を書いておきましょう。
都心から来るにせよ、多摩地区方面から来るにせよ、新青梅街道を使うと想定。「石神井消防署前」で北の方にまがって、信号で3っつ目「JA東京あおば」があるところを右折。すると前方左にコンビニ「ミニストップ」がありますが、そのちょい手前を斜め左に入っていきます。狭い道ですが道なりに進むと、やがて「シティパーク石神井第6」というコインパーキングに出ます。30分100円。ここから一般住宅を数軒はさんでふるさと文化館の裏側に出られます。
月曜と第一火曜休みで10時半から15時半。
建物前は石神井公園です、環境サイコー。
10062403.jpg
10062404.jpg
posted by ぐーたり at 09:33| Comment(1) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

夕虹@杉並区成田東2(初)/閉店

肉汁野菜うどん中盛り780円。
10053102.jpg
2009年12月開店。
五日市街道沿いだが、どの駅からも離れたところにあり、若い店主がひとりでやっている。駐車場はないようだが、12時50分着でカウンタのみの店内は満席。4人待っている。
しばらく待って席が空き、さらにしばらく待って品が出てきた。どうしてもひとりでやっているので、時間がかかるのはしかたないところ。
使用素材の能書きがいろいろ書かれていて、小麦粉は、埼玉・加須産の絹の波と、群馬産の農林61号だとのこと。期待できます。
はたしてやってきたうどんは褐色です。噛み締めるとぶわーっと風味が広がります。量は500gぐらいあります。券売機のところに小250g、中300gと書かれていたので中盛りにしたけれど、これは茹でるまえの重さの表記だったようで。
つけ汁にはたっぷりもやしなど野菜が投入されていて、少し食べないとうどんをつける余地がないほど。野菜にはみそダレみたいなものがかけられています。汁の底のほうに入っている豚肉は、蒸してあるのか、肉のうまみがたっぷり残っていました。
木曜休みで11時半から15時、18時から麺終了まで。
問題はアクセスです。バス利用の場合「食べログ」の記載では「JR高円寺から京王バス永福町行きで松の木停留所下車後、徒歩5分
中野駅・高円寺駅から関東バス五日市営業所行きor吉祥寺駅行きで、成田東停留所下車後、徒歩1分」とのこと。
私はいつものように車だったので、店舗から200mほど東にあるスーパーマーケット「サミット」で買い物もして停めさせてもらいました。ここはいくら以上買い物しないといけないという規制がないので使いやすいかも。
10053103.jpg
posted by ぐーたり at 08:47| Comment(8) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする