2017年08月17日

亜陶(あど)@青梅市大柳町

もりうどん500円+かき揚げ100円。
IMGP0005.jpg
IMGP0004.jpg
多摩川沿いの公園に隣接した店。うどん専門ではなく、蕎麦や中華めん、かき氷などもあって、公園にやってきた人が休憩できる茶店のような場所。
うどんとかき揚げを注文。すると、小皿が2つ。漬物とゴーヤチャンプルーだ。いいですねぇ。
IMGP0003.jpg
窓からの眺めもいい。すぐ多摩川が流れていて、その向こうが樹木の多い公園。
IMGP0002.jpg
まず揚げたての天ぷらが出てきて、その後、うどん到着。
うどんは褐色で、全粒粉を使っているのか、つぶつぶが見える。量は350gほど。太さまちまちで、ねじれも入っている。噛み締めると見た目通りの風味。茹で加減は硬くもなく柔くもなく、ちょうどいい。無骨な田舎うどんぽさが満喫できました。
つけ汁は冷たくも熱くもできるとのこと。少々キノコが入っていて、醤油感はそれほど強くないタイプ。自然な旨味があります。
月曜と火曜休みで11時半から18時。
青梅市大柳町1384-5
IMGP0001.jpg
窓からの眺めの画像に駐車場が写っていますが、これは公園の駐車場で、駐車料金がかかります。1時間100円なので大したことないのですが、ケチりたい人は、公園反対側の「かんぽの宿」がある方に無料駐車場があります。自分はそちらに停めて、その駐車場入り口から坂を下りて行って、見えてきた橋を渡ったのですが、これは間違い。
まー間違えても大したことはないのですが、近道なのは駐車場の奥の方から下りて行くことです。
IMGP0008.jpg
これ、駐車場の奥の方ですが、白い車の後ろから道がありますので進みます。
すると、
IMGP0006.jpg
向こうに東屋があり、その裏から階段を降りていって、見えてきた橋を渡ると、店からの眺めの画像の真ん中の階段のところに出ます。
posted by ぐーたり at 17:37| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

かきのや@立川市一番町1

肉汁うどん600円。
IMGP0002.jpg
普通の民家でうどん屋をやっています。古民家というと大抵は古い農家だけれど、こちらはホントに民家。でも築50年は経っているかな。
大げさな看板やノボリは立てていないので、車で通り過ぎるだけだと気づかないかもしれない。自分も食べログでこの店の存在に気づきました。
いつ開店したのか。googleストビューの過去画像を見ると、2010年にはまだやってなく2014年には始めていたことが確認できます。
さて、中に入ると普通の玄関。男性が出てきて奥にどうぞと言われます。
肉汁うどんを頼みます。メニューはこんなです。
IMGP0004.jpg
奥の部屋に入るといやはやホントに親戚の家に来たかのような懐かしい和室。
前客さんが帰ったのでパチリ。
IMGP0005.jpg
庭と部屋の間に板の間の廊下みたいなスペースがある昔の作りです。
前客さんとつい世間話に興じてしまいました。
さて、うどんはやや褐色。量は400gほど。やや硬めの茹で上がり。
噛み締めると小麦の風味あります。糧もあります。武蔵野うどんです。
うどんも良かったけれど、全く以前の住人の置いてあるものをそのままにしているこの部屋もとても魅力的に感じました。外観は古民家で、内部は改装している店が多いと思いますが、ここは全くそのまんまです。
月曜火曜日曜休みで11時半から14時。
立川市一番町1-39-2
敷地内に一台分の駐車スペースあります。
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 14:24| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

たか乃@仙川(初)

肉もりうどん850円。
たか乃01.jpg
2015年10月開店。
画像は普通盛り。
麺は太麺だが、推定300グラムぐらいと少なめ。武蔵野うどんと名乗っているので、これまでの経験から普通盛りで頼んだけれど、この記事を見て訪問する人は大盛り無料なので大盛りにした方がいいかもしれない。
たか乃02.jpg
うどんはやや硬めで噛み締めると味があるけれど、自分が期待する風味は感じられなかった。
つけ汁は自然なうまみで、もうちょいキツい方が好みかも。肉はうまみはあるが硬かった。
これで850円なので、ちょっと再訪はないかな。調布といっても食後に腹ごなしを兼ねてぶらついているとすぐ世田谷区に入ったので、ほとんど都区内だし、駅に近いのでこの値段もしかたない。
夜は居酒屋になるスタイル。
無休で11時半から14時半、17時から24時。
調布市仙川町1-12-9
たか乃03.jpg
posted by ぐーたり at 14:03| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

夜鳴屋@東青梅(初)

みそうどん500円。
15051802.jpg
この店は看板に「手打ちうどん」の文字があるけど、うどん専門店ではないです。食べログを見るとカレーやチャーハンの記事が目につく。しかしながら壁に貼られたメニューのなかで気になるものがあったのですよ。それが「みそうどん」。「みそ」も「うどん」もありふれた単語だけど、この2つの組み合わせの料理がどんなものなのか、ちょっと気になる。その「気になる」気持ちがだんだんとふくれて来てしまいまして、訪問しました。うち(東村山)からそんなに遠いわけじゃない。車で1時間で着きます。
古びた外観。車を2台停められるぶん道路からひっこんでいて、ちょっと気軽に入れない雰囲気ですが、内部はいたって普通です。前客がいなかったのでパチリ。
15051803.jpg
迷うことなく壁に貼られた「みそうどん500円」の紙を指差して注文します。
で、出てきた品が一番上の画像。
油揚げ、ネギ、キャベツという具材で、スープは確かに味噌味だ。
スープをすすると辛みを感じました。ということは吉田うどんなのか?
でもうどんは吉田うどんの特徴である硬さはなくて、歯でなく唇だけ切れるような柔らかいもの。
どんぶりの中にけっこううどんがぎっしり入っていて、柔らかいうどんだからすぐ消化しちゃいましたが、けっこう満腹感はありました。
日祝休みで11時から19時半。
青梅市東青梅2-15-9
テーブルには灰皿が置いてあるので喫煙OK店です。
15051804.jpg
posted by ぐーたり at 23:05| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

うどん白石@吉祥寺(初)

天ぷらうどん950円。
15011202.jpg
2014年2月開店の讃岐うどんの店。
五日市街道沿いの成蹊大学前にあると聞いて、吉祥寺駅から歩いて向ったのだけれど、けっこう距離がありました。ついいつも車移動してるものだから、成蹊大学は吉祥寺からすぐだという意識でいたのでした。でも徒歩20分ぐらいかな。
体が冷えきったのでかけうどん+別皿天ぷらのこのメニューを注文。うどんはぶっかけにも変更可能だとか。
うどんはやや細めで噛むと甘みうまみを感じます。出汁も自然なうまみじゅうぶん。天ぷらはエビの他にレンコン、カボチャ、にんじん、ししとう。うまく揚がっています。全体にていねいで上品なつくりだと思いました。
店内もこざっぱりして落ち着く雰囲気。洋食店っぽい感じ。
駐車場はないみたいなので、基本的にはご近所さん向けの店なんでしょうね。
食べ終わって外に出るとバス停(成蹊大学前)があって、そこから西武新宿線西武柳沢駅行きが10分に1本のペースで出ていたので、帰路はそれを利用しました。西武新宿線沿線住まいの人は逆に、西武柳沢駅南口から吉祥寺駅行きに乗ればいいわけですな。
木曜休みで11時半から15時、17時半から21時。
武蔵野市吉祥寺本町4-30-12
15011203.jpg
posted by ぐーたり at 15:03| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

谷保うどん shiro-chan@谷保(初)

谷保うどん温850円。
14120302.jpg
14120303.jpg
武蔵野うどんではないようなので後まわしにしていたこの店を訪問。
JR南武線の谷保駅から歩いてすぐの場所にあります。
メニューを見ると肉汁うどんもあるのですが、讃岐うどんであるようなので「かけうどん+野菜天ぷら」である上記メニューを注文。
50歳代の店主がひとりでやっています。注文する前に↑の小さい方の画像の小鉢を提供されました。セルフでご飯をいただけるようですが自分は遠慮しておきました。
しばらく待って出てきたうどんは柔らかめの茹で加減。量はかけうどんとしては多め。白くはないのですが風味はないです。弾力もそれほどなく、うどんじたいは特長なし。
ですが出汁は自然なうまみでとてもウマくて飲み干しました。
天ぷらは小ぶりのものが7個。野菜ときのこ類です。もちろん揚げたて。
うどんが多めなのでお腹いっぱいになります。物足りない人はご飯で調節可能。
火曜休みで現在の営業時間は10時半から17時(麺切れ終了、かつ月曜は15時まで)。
国立市富士見台1-7-1
店の向いの商店街駐車場の駐車券を見せると30分の駐車券をもらえます。
14120304.jpg
posted by ぐーたり at 22:00| Comment(2) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

千葉 茜うどん@国分寺(初)/閉店

野菜のかき揚げ天ざるうどん800円。
14021802.jpg
2013年11月開店。
千葉県白井市の和食レストラン「茜」が母体の店らしい。
千葉県だから当然武蔵野うどんではない。ではどんなうどんがウリなのかと、千葉の店の食べログページも事前にチェックしてみたのだけれど、どうも「これだ」というウリはなさそう。
なので、こちらの店には肉汁うどんというメニューはあるけれど、上記の品を注文してみた。
ちなみにうどんの量は並で400g。大盛り(500g)も同額でOK。
うどんは小麦のうまみを感じるけれど、自分は風味は感じられなかった。海苔がかかっているので、その風味が勝ってしまったのかもしれない。弾力のある普通にウマいうどん。
かき揚げは大きめ。単品だと350円する。2つに切ってあるが、それでも箸で持ち上げるのも、かぶりつくのも苦労する大きさ。揚げ加減はほどよくかりっとしているが、衣が甘いのがちょっと気になったかな。
というわけでとくに気になるようなポイントはなかったけれど、なんで千葉から国分寺に店を出してきたのかはよくわからなかった。
月曜休みで11時半から15時、18時から22時。
国分寺市本町2-18-16
早稲田実業高校の向かいで、国分寺駅から徒歩10分以内の立地。
14021803.jpg
posted by ぐーたり at 14:49| Comment(2) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

山田屋@箱根ケ崎

田舎汁つけうどん600円。
13121902.jpg
13121903.jpg
ひさびさ再訪問シリーズ第二弾です。瑞穂町の山田屋。
前に訪問した記事では「うどんが水道水臭い」と書いたのですよね。それを長らく自分で気にしていたのです。ほとんど他にはレポ記事もないし。
前の記事をチェックしたら、やはり雨の日に訪問してら。今日も雨の中を訪問。
それで、自分の記憶だと前客も後客もなかったと思うけど、今日もそう。なんというか、店内の雰囲気も時間が停滞しているような、八高線というローカル鉄道の駅前の店らしく、東京都でありながら「町」であるという微妙な場所っぽいゆるい時間の流れを感じます。何言ってんだ俺。
肝心なことを先に書いておくと、今回はまったく水道水臭さは感じませんでした。
うどんはおそらくは茹で置きで400gほど。小麦の風味はばっちり感じられます。
つけ汁は甘めで醤油も濃いめのもの。
火曜休みで10時から19時。
コーヒーがセルフでサービスですが、チラ見しているを気づいたのかおばちゃんが持ってきてくれました。
下の外観画像の奥の方が箱根ケ崎駅の駅前ロータリーになります。店はちょっとだけ引っ込んだところにあるのでセブンイレブンが目印かな。
ローカルではあるけれど、駅前なので、駐車する場所探しはちょいとめんどいかも。
13121904.jpg
ブログを始めて8年半。
自分の味の好みに変化があるんですよね。
硬め指向からやや柔らかめ好みへとシフト。
茹で置き絶対否定から、茹で置き容認へとシフト。
そして小麦の風味をまず第一に評価する姿勢を明確化。こんな感じですか。
うどんそのものでなく、店の立地を含めての「うどん体験」を大切にしたい気持ちは変化なしです。
そういう自分の変化をふまえて、しばらく訪問していない店の再訪問記事を加えたわけです。
posted by ぐーたり at 23:29| Comment(2) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

きねや@八王子市上柚木(初)

肉汁うどん小600円。
13092004.jpg
開都@町田市相原町で想定外にうどんの量が少なかったので、そこそこ近くにあって未訪問のこの店へとはしごしました。
注文するのはやはり肉汁うどん。
待っていると、うどんが茹で上がったのか、タイマーの音が鳴り始めました。それが、なんだかやたらと大きい。しかもすぐに止めずに、自動的に止まるまで放置している。その前の開都では幼児の泣き騒ぐ声が神経にさわったばかりなのに、どうもそういうことは連続するみたいです。
うどんは白くて風味はない。柔らかめでもにゅもにゅしている。消化よさそう。400gほどあるかと思うが、これならもう一店ぐらいはしごできそう。しませんけど。
卓上にはすりゴマもあり。
月曜休みで11時から15時。
八王子市上柚木1779
13092005.jpg
posted by ぐーたり at 20:01| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開都@町田市相原町(初)

武蔵野肉うどん880円。
13092002.jpg
開都は町田市で2店うどん屋をやっている。ホームページを見ると、町田市野津田の店は「讃岐うどん かいと」で、こちら武蔵野肉汁うどんのある相原店を訪問してみた。
到着して店舗の大きさに驚く。ファミレスと同等の大きさ。入ってみると100人ほどもあるキャパシティで、ほとんど満席状態。うわっ。
上記メニューを頼む。880円と、武蔵野うどんとしてはちょい高め。
見込み茹でしているのだろう、すぐにうどん到着。「うっ、少ない!」
細めで白いうどんなので、箸でほぐすとそこそこ300gほどの量があることがわかるが、とにかく見た目少ない。風味はなく、柔らかめ。消化よさそう。
大食いではない自分でも、これでは足りないので、はしごすることをすぐに決意。
つけ汁はうまみがよく引き出せているもので、あとは何かはわからなかったが、シャキシャキした食感のものが入っていた。
しかし客が多く、子連れ客も多くことから、たまたまなのだろうけれど幼児の泣いたり騒いだりする音がすごかった。そういう音にはそんなに神経質ではないと自分では思っているけれど、それでも不快に感じるほど。めったにファミレスで食事することはないけれど、ファミレスの日常ってこうなのかな、と思ったりして。
無休で11時から15時、17時から22時。
町田市相原町2180
13092003.jpg
posted by ぐーたり at 19:53| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

ホクト甲斐@府中市本宿町2(初)

真原(さねはら)うどん650円。
13091902.jpg
ほうとうがメインの店らしいが、つけ汁のうどんがあったのでそれを注文。
「真原(さねはら)うどん? 聞いたことないな」と出来上がりを待つ間に検索してみると、うどんは出てこないで桜並木が出てきた。真原とは山梨県北杜市の地名で、桜並木が名物らしい。そういえば以前、八ヶ岳あたりに行った際に、これ、チェックしたような気がする。桜の季節ではなかったのでパスしたけど。
そんなこと思い出しているとうどんができてきた。
うどんは細めで白い。量は少なめ。300gぐらいか。柔らかめ。
つけ汁はつけ麺で言えば塩つけ麺という感じの、醤油味は抑えて、塩と、具のたまねぎの甘みが際立つもの。豚肉も入っている。
おかみさんに聞いてみると、はたして山梨県北杜市の真原のことだそうです。そこでこのうどんをつくっているのだそうで。
帰宅してから調べてみると、ほとんど情報はないけれど、福祉法人やっている「ホクト甲斐(製麺業)」という記載があった。なんと福祉法人系だったのか!
月曜休みで11時から14時、17時から21時。
府中市本宿町2-5-6
最寄り駅はJR南武線の西府駅もしくは分倍河原駅。西府駅の方がちょい近いか。駐車場はありません。
カウンタ4席と小上がりのこじんまりした店。話好きそうなおかみさん相手に、冬の夜にでも酒飲みながらシメにほうとうをいただいて帰るという使い方をしたい店でしたね。
13091903.jpg
posted by ぐーたり at 19:04| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

おがわ@八王子市宇津木町(初)

田舎汁うどん700円。
13041102.jpg
昭島市よりの丘の上の住宅街にある店。
食券機で「田舎汁うどん」を押し、あらためてメニューを見てみると、わりとなんでもありなメニュー構成。釜玉とかもあるので讃岐寄りのうどんかな、と思う。
出て来た品を見てまず思ったのは「量が少ない」ということ。300gほどか。うどんは弾力はほどほどにあり、風味は感じなかったので、やはり讃岐寄りなタイプ。
つけ汁は具たくさんで、具材のうまみがよく出ていると感じた。濃いめなので、割り湯で割って飲んだ。
水曜休みで11時から14時半まで、その後は17時まで喫茶のみの対応になるもよう。
あとで思い出したけれど、ずいぶん前に訪問しようかと考えて、情報を見てみたところ「武蔵野うどん店ではないようだし、ま、いっか」とその時は思ったのだった。
13041103.jpg
posted by ぐーたり at 21:01| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

どん亭@西国立(初)

肉汁うどん並650円。
13030502.jpg
13030503.jpg
JR南武線の西国立駅にほど近い場所にできた店。
駐車場はないみたいなので、ちょっと離れた場所に停めて訪問してみました。
メニューには「つけめん」と書かれていて、肉汁の表記はなし。でもそれを注文。
しばらく待って出てきたうどんは、褐色です。麺にちょっとつぶつぶが入っているのが視認できます。噛み締めると硬くもなくやわらかくもなく、小麦の風味がたちのぼりました。
麺量はちょい少なめで350gぐらいか。
変わっているのは、麺が短いということ。20cmぐらい。やけに長い麺の店もあるけれど、ここは千切れたわけでなく、意図的にこの長さにしている。
つけ汁は肉汁でした。やや濃いめで、割り湯も急須で出されます。
とくに表記はなかったけれど、標準装備でちくわ天がついているようです。そしてもうひとつ変わったところは、やはり標準装備でお汁粉がつくということ。
最初の画像の右上にあるお椀を開けたのが2枚目の画像。
おもちが1つ入っています。その上に塩こんぶがちょっと乗っている。このパターンは初めてですね。
あと喫煙OKで、テーブル上に灰皿があります。先客が食べ終わって煙草吸い始めたので、あわててお汁粉を飲み込んで店を出ました。
日祝休みで11時から14時。
立川市羽衣町2-45-10
13030504.jpg
posted by ぐーたり at 09:14| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

おもむく食堂@三鷹市野崎2(初)

ぶっかけ大420円+野菜天160円。
13021502.jpg
13021503.jpg
東八道路の「野崎八幡前」交差点近くにある、社会福祉法人が経営する讃岐うどん店。
讃岐うどんなので大盛りでも大丈夫かと。
そして160円の野菜天はカボチャとナス。ともに入口の食券機で買い、席についてからスタッフに渡します。
先にうどんが出てきました。大盛りですが400gほど。よかった、武蔵野うどん基準ではなくて。
そのあと野菜天が揚げたてで出てきました。
ぶっかけのつゆはかなり黒くて醤油味の強いもの。まぜまぜすると麺が黒く染まります。
しっかりできているうどんだと思いました。製麺もこの施設でやっているようです。
+100円で温玉乗せにもなり、+150円で炊き込みご飯をセットできます。
日曜月曜休みで11時半から14時半(オーダーは14時まで)。
施設前に3台ほど停められます。
13021504.jpg
posted by ぐーたり at 16:28| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

どん太@立川市柏町2(初)/閉店

肉汁うどん650円。
13012102.jpg
2012年5月開店。
以前はうどん・そば店「はる」だったところ。「はる」からこの店になる間に、訪問できないでいるうちに閉店してしまったけれど「わせほ庵」という店でもありました。(ちなみに「はる」の前はラーメン店が2店続いた記憶があります。あんまり店が長続きしない場所です)
並盛りは500g(小は350g、大は700g)だそうなので並で。もちろん肉汁。
注文してから茹でていました。
しばらく待って出てきたうどんは、褐色です。噛み締めるとぶわっと小麦の風味。茹で加減もほどよいぐあい。
つけ汁は甘みがないのが特徴かな。大きめの器に汁が多めなので、並盛りを食べ終わるまでさめなかったのがよかった。
カウンタにすりゴマあり。
肉汁うどんは強い特徴はないものの、甚五郎@国分寺の出身らしく、つけ汁は多種あって、あたたかいのは肉汁の他に鴨汁、トマトカレーチーズ汁、冷たいのはとろろ、田舎汁、辛みそ汁などあるようだ。
水曜休みで12時から15時の営業。
立川市柏町2-39.
じつは自分は2回もフラれている。
食べログには定休日が掲載されてないので、初めて訪問してみたら案の定、定休日(水曜)に当たってしまったのだった。その次に正月すぎに訪問したら、なんと悠長なことに1月は12日から営業開始でありました。
13012103.jpg
ところで、この店に向う途中、五日市街道を走っていて、いつも自分の脳内うどんセンサーが誤作動を起こす看板をパチリ。
ちょうど五日市方向に向って走っていて、多摩モノレールが見えてきたあたりの右側にあります。
13012104.jpg
posted by ぐーたり at 21:02| Comment(3) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

かごや@青梅市大門2(初)

地粉うどん(多め)650円+かき揚げ100円。
12072302.jpg
先日のはじめ家の訪問のときに、はじめ家のある道をさらに西に行ったところにうどん屋があるのを発見した。その店。
まず肉汁うどんはない。で、うどんは「地粉うどん」と「かごやうどん」の2種類。店名を冠した「かごやうどん」は梅練り込みうどんとのことなので、まずはオーソドックスに「地粉うどん」で。量は少なめであるという事前情報から、最初から「多め」でお願いした。
しばらく待って出てきた品は、みごとに褐色です。噛み締めてみるとぶわっと風味が豊かにたちのぼる。しかし弾力や硬さはない。そのままつぶれていくタイプ。量は450gというところか。じゅうぶん自分には「多め」でした。
かき揚げは小さめのお好み焼きのようになっていて、これはちょっと好みではないなあ。
下の外観画像のように、アパートの一階が店舗という店なので狭いかと思いきや、予想を裏切るゆったりした空間で驚いた。
基本水曜休みだが、8月は火曜も休むとのこと。営業時間は11時から15時、18時から22時。
所在地番は青梅市大門2-184-7。
最寄り駅はJR青梅線の河辺駅だが、歩くと20分から30分ぐらいかかる距離。
12072303.jpg
posted by ぐーたり at 15:16| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

多摩うどん ぽんぽこ@多摩市聖ヶ丘2(初)

つけ汁肉うどん630円。
12071802.jpg
多摩市に武蔵野うどんの店があるのが気になっていたのですが、なかなか用事がない。
なので用はないけど出向きました。
カーナビに地番を入れて向ったのですが、多摩ニュータウンの、小高いところにあるちいさな商店街にあります。古めの地図だとここにスーパーマーケットのいなげやがあるように書かれているのですが、とっくに撤退していて、がらんとした大きな建物があります。
うどんの量は200g,300g,400gでどれも同一料金。なので400gでお願い。
さほど待たずにやってきたうどんは見た目はつややかでいいい感じ。400g以上ありますよ、きっと。
しかし噛み締めてみて「?」。風味や弾力はありませんね。こりゃ茹で置きっぽいな。訪問のタイミングが悪かったのかもしれない。
日曜と木曜休みで11時から19時(18時半ラストオーダー)。
聖ヶ丘商店街の駐車場が使えます。
バスでのアクセスの場合は京王線あるいは小田急線の永山駅または京王線の聖蹟桜ヶ丘駅から聖ヶ丘団地方面行きバスで聖ヶ丘センター下車。徒歩3分とのこと。
下の画像の樹木の向こうが店です。
12071803.jpg
posted by ぐーたり at 17:30| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

平次のおうどん@東府中(初)

天もり・梅(小盛)680円。
12070602.jpg
資本系の店なので訪問しないでいいかと思っていたのだけれど、食べログのクチコミを読んでみるとこの店、親会社は福岡で天ぷらチェーンをやっている「ひらお」だとのこと。ん、なんか聞いたことある名だと思って調べてみると、前に記事にした牧のうどん空港店のとなりにあるお店ではないですか。
ってことは九州うどんの影響を受けているのかもしれない。そう思ったら訪問したい気になった。
甲州街道(国道20)沿いかと思ったらそうではなく、微妙に入りにくい立地。しかし駅(京王線東府中駅)に近いし、駐車スペースもたくさん確保してあるし、無休だし、メニューは多種あるし、使い勝手はよさそう。
やはり天ぷらでしょう。と思って上記の品を注文。しかし聞いていると肉汁うどんを注文している人が多い。
それもそのはず、
12070603.jpg
こんなふうにアピールしているから当然か。
でも、うどんはツルツルで、あんまり肉汁つけうどんには合ってないように思う。
ツルピカで、やはり九州うどんのニュアンスが混ざり込んでいるのか、少々のびのあるうどん。
天ぷらはさすがです。さっくりといい具合に揚がっていて、具材が適度に離れていて、はしでほぐしやすい。単品でも各種注文できます。だからセットで頼むのでなく、かけうどんかなにかと、自分の好きな天ぷらをいくつか頼むのがいいかもしれない。
メニュー、アクセス、営業時間などは店のホームページで確認くだされ。
12070604.jpg
posted by ぐーたり at 16:56| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

味工房@昭島(初)

肉汁うどん680円。
12062802.jpg
居酒屋が昼営業でうどんを提供している店。
けっこう前に一度訪問したけれど営業していなかったことがあった。たまたま昼時に昭島駅の前を通る機会があって、店の前の路地に入ってみたら営業していたので、あわてて駐車して店へ入ったのだった。
おお、昼飲みしてる客なんかもいるぞ。
うどんはかき揚げが標準でついている。
やや細めでねじれのある麺は400gほど。つるつるしていて、風味はない。細いがやや茹でムラがある。大きな釜で茹でられないので、やはり火の通りにムラができてしまうのかな。
つけ汁は濃い味。かき揚げは揚げたて。
食べながら「居酒屋が昼やっているうどんってのは、なんか共通点があるような気がするなぁ」と思ったのだった。やや細めで、のど越しのいいうどん。つけ汁がぐっと濃いめという共通点があるような。
土日祝と、夜に宴会が入っているときは昼のうどん営業はしないとのこと。うわ、こりゃえらくハードル高いけれど、うどんマニアがわざわざ狙って行く店ではないでしょう。ご近所さんと昼飲み向け。
駅の南口側で、やや新宿寄りの路地にあり。下の画像の奥に昭島駅のホームが見えてます。
12062803.jpg
posted by ぐーたり at 11:57| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

ふく助@国立市谷保(初)/閉店

肉汁うどん(醤油、中盛り)880円。
12061902.jpg
12061903.jpg
遅ればせながら、ふく助@谷保を訪問いたしました。ちなみに清瀬の方は「福助」ね。
まぎらわしいことに、こちら谷保のふく助もうどんは讃岐と武蔵野の2種あります。合い盛りも可能。しかし私は武蔵野だけでいただくことに。つけ汁はいくつか用意されているが、肉汁で。
待っているあいだに、大皿の総菜を好きなだけ取って食べれる。すべて野菜系の総菜で、これはうれしい。ちょっとずつ全種類いただいてしまった。そう、いまさらながら、肉汁うどんってラーメンと似ていて、野菜類は不足しがちですからね。
それにしても、天井が高く、壁はコンクリで、インテリアも含めてまったくカフェな店です。さすが国立と言いたいところだけれど、ここは谷保。しかも谷保駅からもかなり離れたところにある。お、店の前は水田ですよ。なるほど、甲州街道の「西府橋」ってところから少しだけ南武線に沿って南に進んでいくのだけれど、店にたどりつく前に坂を降りる。なので、ここはもう多摩川べりで稲作できる場所なんだな。
そんなことを思っているとうどん出て来る。おお、褐色で太いぞ。
しかしさほど風味は強くない。で、硬い。もぐもぐ噛み締めるタイプ。あごが疲れますぞ。
つけ汁は濃い。濃いけれど、甘みもあり、出汁のうまみもありという、あまりないタイプ。割るための出汁が出される。
という感じでなかなか個性的な店でした。
月曜休みで11時から14時半。夜は居酒屋営業。なかなかいい日本酒も目につきました。運転手いたら飲みにいきたい。
最寄り駅は南武線の西府駅のようですね。徒歩10分ほどのようです。
12061904.jpg
posted by ぐーたり at 22:13| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

はじめ家@青梅市今寺3(初)/閉店

肉汁つけうどん680円+大盛り100円。
12061802.jpg
以前から青梅方面に用事があったら寄ろうと思っていた店。ようやく青梅に用事ができました。
青梅というのは、武蔵野台地を「多摩川より北、荒川より西もしくは南で山間部ではないところ」とすると、三角形の下の左端になります。だから、うどんは日常的に食べられていたのでしょうけれど、うどん屋さんということではあまり店舗が頭に浮かんできません。
この店もメニューを見ると味噌ラーメンをやっていたりと、うどん屋さんっぽくない。
しかし出てきたうどんは見事にクリーム色です。そしてつやつやしてます。
単品の天ぷらメニューがなかったので、初めての店で冒険ですが、大盛りで頼みました。600gぐらい。
噛み締めるとみごとな風味がたちのぼります。つけ汁も丼にたっぷり熱々。
水曜休みで11時半から15時、夜は17時半から22時。
担々麺で有名な杉山の向かいにあります。駐車場は一軒おいて西に3台ぶんあり。
12061803.jpg
posted by ぐーたり at 08:17| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

市場屋宗助@八王子市北野町(初)

田舎肉汁うどん650円。
12060802.jpg
八王子総合卸売センターのなかにある店です。うどん専門ではなくて、定食類がメイン。でも肉汁うどんがあるのでものは試しと食券を購入。
オヤジさんがひとりでやっています。「太麺と細麺とあるが」と言われたので、太麺でお願い。
市場にある店だからどうせ機械製造されたような麺だろうと期待してなかったのですが、15分ぐらい待って出てきた品を見てちょっと驚く。色は白いけれど、太さねじれがまちまちな麺です。茹で加減もちょうどいい具合。
少なめに見えますが400gはあります。そしてミニまぐろ丼がついてます。これで650円なら歓迎であります。
つけ汁は肉はもちろんだけれど、タケノコ、にんじん、里イモ、ごぼうなんかも入っていて、けんちん汁みたいなつけ汁でした。
しかし前客5、後客4が誰ひとりとしてうどんは注文してません。海鮮丼が人気のようす。
八王子卸売センターは広大で、この店の場所が「A5」だそうですが、その記号表記ではまったく場所がわかりません。かなり長時間うろうろしてしまいましたが、市場内をうろうろするのって、けっこう楽しいもんです。沖縄以来かな。
そうそう場所ですが、パチンコ屋の「TAMA2」があって、2階建て駐車場があるところに隣接してます。店の看板が出ているわけでないので注意。下の画像の券売機が目印になるでしょう。
7時から15時の営業で、市場の休み(日曜と不定の水曜)が休み。
12060803.jpg
posted by ぐーたり at 18:21| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

一彩(いちや)@柴崎(初)

肉汁うどん中盛り750円+かき揚げ150円。
12052802.jpg
調布市、狛江市あたりってのはほとんど武蔵野うどん店が存在しない地帯です。
が、こんな店ができたらしいのでついでをつくって訪問してみました。マンションの1階に店があります。
肉汁うどんは普通盛り350gも中盛り450gも同じ750円。なら中盛りで。それにかき揚げ150円もつけちゃえ。
「武蔵野うどんはコシのあるうどんですので柔らかめもできます」とご丁寧に聞いてくるので「じゃ柔らかめで」とお願いしちゃった。
さほど待たずに出てきたので見込み茹でかな。
うどん、画像のとおり黒いです。おお、と思うけれど、噛み締めてみると色合いほどは風味がぶわっと来ない。けっこう雑味(というかフスマかな)を感じました。かなり不揃いの太めで平打ちだけれど、太い幅の部分は1cmぐらいあります。
なのでかき揚げがさほど大きく見えないが、じつは大きい。油揚げ1枚ぐらいの大きさ。
つけ汁はそれほど醤油が立ってはいないもの。でもやや濃い目かな。食べている途中でうどん茹で湯が供されました。
水曜休みで11時から15時。
所在地は調布市菊野台3-33-5。京王線の柴崎駅を出て多摩川方向に200mほど歩き「菊野台」交差点を左折して100mほど進んだ右側。
駐車スペースは店の入っている建物の裏側に数台ぶんありました。
レジのところにあった店の名刺には裏に「株式会社コウシンホームプラス1」と書かれていたので、個人でなく不動産会社が経営しているうどん店みたいですね。
12052803.jpg
posted by ぐーたり at 18:44| Comment(4) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

葱坊主@吉祥寺/閉店

味噌けんちんうどん790円。
11021302.jpg
東村山グルメ日記を覗いたら「野菜がたっぷり入ったタンメンとかけんちんうどんみたいなモノが食べたいなぁ」とマサさんも書いている。まったく同感。雪は降るし風が強いからよけい寒く感じます。
そんな腹ペコ人を狙ってなのか、吉祥寺駅そばのこの店の前に「味噌けんちんうどん」の文字が。はいはい、これでいきましょう。
5年ぶりぐらいの訪問になります。カウンタ席となりの先客も味噌けんちんうどんを食べています。そのあと隣席に座った後客も味噌けんちんうどんを注文。売れてます。
この店は厨房もホールも若い人がやっているし、無休なので個人経営店ではないような感じ。うどんも汁のお味も、よくできたファミレスメニューっぽい感じですが、とにかく野菜たっぷり。身体は確実にあたたまります。
気になったのはカウンタ上にサイドメニューの総菜が大皿に入っているのだけれど「さつまいもと煮干しのかき揚げ」がなんだかうまそうだったぞ。120円。今度来たら生醤油うどんとそれの組み合わせでいただこうかな。
posted by ぐーたり at 22:36| Comment(1) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

武吉志(たけよし)@吉祥寺(初)

肉汁うどん400g 650円。
10122602.jpg
吉祥寺で昼食。調べてみるとこんなうどん店ができているようなので訪問することに。
新宿寄りの改札を出て横断歩道を渡り、線路北沿いに進むと100mほどで線路下に並ぶ飲食店のひとつがこの店。
肉汁うどんの食券を入口のところの券売機で購入。
店の奥のほうには製麺機も見えるのでつい期待したりして。
わりと早めにうどん到着。ん、んん? ツヤがない。茹で置きかな。
食べてみて、ちょっと驚いた。小麦の風味や味がしません。あれですな、米粉パンをいくら噛み締めても小麦の味がしないで拍子抜けしたのと同じ気分です。うどんに似せたなにものかを食べているような、居心地の悪さを感じてしまいます。
これでつけ汁が濃いならなんとかなると思うのだけれど、つけ汁は透明度が高く、醤油味があまりしません。
あとで調べてみると、ここはもとは「うどんや大将」で、経営者そのままに10月にリニューアルしたばかりだそうで。どうりで内装がやけに新しかった。ちょいとネガティブな記述ばかりだったけれど、発展途上ということでひとつ。
無休で10時から23時。
10122603.jpg
posted by ぐーたり at 09:24| Comment(1) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

はる@立川市柏町2/閉店

野菜つけうどん700円。
10071502.jpg
再訪したいと思いつつ、なかなか願いがかなわぬ店は多数あるのですが、こちらもそんな店のひとつ。
そばとうどんの二刀流店ですが、うどんは農林61号使用。肉汁つけうどんもありますが、今回はちょいと目についた野菜つけうどんを注文。
うどんはきしめんタイプの平打ちで褐色。期待通りに小麦の風味がもわっと香ります。量は400gぐらいで自分にとってはちょうどいい。茹で加減は硬め。
つけ汁にはいろいろ野菜が入っています。ナス、インゲン、きのこ。そして、さほど存在感はないのですが、ウドも入っています。立川ではウドの栽培もさかんらしくて、五日市街道を走っていると「うど」と書かれた看板をよく目撃し、自分のなかの「うどん」センサーが反応しちゃったりします。
汁じたいは濃いめ、こってり目でなかなかいけます。
日祝休みで11時半から15時、17時半から21時。
以前の記事にも書いたと思いますが、以前は無垢家という横浜ラーメンの店だったところ(未訪問)。
posted by ぐーたり at 10:41| Comment(4) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

彩花庵@JR三鷹駅(初)

武蔵野肉ねぎ汁うどん580円。
10070302.jpg
なんと駅のなかにあるうどんとそばの店で武蔵野うどんが食べられます。
まー、茹で置きなのはいたしかたないでしょう。10分も客を待たせていたら暴れられます。茹でた麺を湯通しし、それをまた水で洗うようにして20秒で提供。
つけ汁はそばつゆの味が主体です。改札を出なくていいので(じっさい私ももっと先での仕事の途中、ふと思いついて下車したのでした)利便性はおそろしくいいです。
これでもう100円安ければなぁ。
量はしっかり推定400gほどありました。
もちろん年中無休で、朝6時半から23時まで(日祝は22時)のロング営業。同名店舗はほかに西船橋駅、拝島駅にもありますが、どうやらこの三鷹駅だけのメニューのようです。試験的に出しているのかも。
10070303.jpg
posted by ぐーたり at 11:42| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

うどん農場@武蔵砂川/閉店

農場うどん850円。
10060402.jpg
前回の訪問で気になっていたメニューをいただきに参上。
この店は以前はイタリアンの店だったそうで、そのスキルを生かしてつくり出したのがこれ。トマトスープのうどん。
もひとつ前回気になっていたのが、ボートをそのまま店内に置いてテーブルにしていること。すこし傾斜があるので、食べにくいのではないかと思ったので、今回、じっさいに座ってみて試してみることにしました。
しばらくして出てきた品は、おお、うまそうな香り。赤ではなく、画像ではオレンジ色っぽくなっていますが、肌色にも近い色をしています。和風出汁の香りでなく、イタリアンな香り。
トッピングは岩海苔、ベーコン、キャベツ、ピーマン。
「お好みで」とワインビネガーを入れることをすすめられたので、半分ぐらい食べてから入れてみたのですが、私はその必要はないと思いました。このままでじゅうぶん完成しています。
まるで二代目けいすけ@高田馬場のような器に見えますが、ボートのへりの部分が傾いているのでこうなっているのです。やはり、ちょっと食べにくいかなぁ。
ボートの後部にポットが置いてあって、コーヒー無料サービスだそうで、時間のあるときはちょっとのんびりできそう。
10060403.jpg
posted by ぐーたり at 09:57| Comment(3) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

へそまがり@東小金井(初)

肉汁うどん750円。
10032202.jpg
住宅地のなかの、きわめて隠れ家的な場所にある店。
先日、すぐ近くに住む友人宅を訪問したのですが、ここにうどん屋があるとはわかりませんでした。訪問してみるとわかりますが、路地の奥にあって、店舗は見えず、ノボリが一本見えるだけ。発見難易度ではトップクラス。
自宅改造系と思ったけれど、内装は黒っぽくて天井も高めにしてあり、おそらくは「自宅だったが店にした」ではなくて、最初から隠れ家的な店として狙ってつくったように思う。
夜飲みに来たい感じです。家の近くにあったらいいな。
さてうどん。褐色で風味もほどほどにあります。つるつるとして箸でつかみにくいタイプ。量は少なめです。300gほど。
つけ汁は甘みが突出して、しかしそのまま飲めます。
水曜木曜休みで11時半から14時半、17時半から20時半(20時ラストオーダー)。
小金井市梶野町4-10-29。
JR中央線東小金井駅を降りたら北口を出てそのまままーっすぐ。電気大付属高校を過ぎた先のミニストップの向かい、「髪切り小僧」を右に入り、右側3つめの路地の奥。徒歩13分。
10032203.jpg
posted by ぐーたり at 08:30| Comment(1) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

源@国分寺(初)/閉店

温玉うどん480円+たまねぎ天100円。
10021102.jpg
国分寺駅南口を降りてすぐのところに立ち食い讃岐うどんの店があるということは、前々から知ってはいたけれど、いったいどこにあるのかはわからなかった。
機会ができたので探してみることに。
あー、なるほど駅からすぐだけれど、ちょっと目立たない場所にありましたね。
しかしメニュー構成がよくわかりませんでした。券売機を見てとまどっていると「説明しましょうか」と声をかけられた。でもまあ、いいやとテキトーに。
トッピングをたずねられたのでぱっと見て大根おろしにしときました。
立ち食いではあるけれど、椅子も6個あります。すぐに呼ばれたので取りにいきます。そこはセルフ方式。
下茹でしているのでしょうね。うどんは弾力ありません。はなまるうどんなどのセルフ店があちこちにできている今日、ちょっと不利な感じは否めないのですが、営業を続けているということは何か「当たりメニュー」があるのかもしれない。
国分寺駅南口、駅を背にすると左にみずほ銀行がありますが、この建物の裏にまわれば簡単に発見できるでしょう。
10021103.jpg
posted by ぐーたり at 09:26| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする