2007年09月07日

ほまれ庵@富士見市南畑新田(初)

肉汁うどん800円。
07090602.jpg
この店もコメント欄にて紹介された店。
地番から場所を推定しようと地図を開くと、なんと地図(昭文社)に書き込まれていた。ラーメン店「凪」から東にちょいと行ったところにある。まわりは田んぼだらけ。
待っているあいだに、続々と客がきて、6卓すべて埋まってしまった。なかなか人気。しかし喫煙OKなので、またちょいと煙で苦しむ。
やってきたうどんは真っ白で細め。ざるの上にこんもりと。柔らかめの茹で上がりで、風味は感じない。
しかし量が多いですよ、これは。最初は気づかなかったけれど、麺が細くて柔らかいから、隙間なくみっしりとある。麺量は推定550g。つけ汁は濃いめで出汁が強く出ている。
駐車は店の横。定休日・営業時間は聞きそびれました(夜もやっているようです)。
07090603.jpg
posted by ぐーたり at 09:55| Comment(3) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

長寿庵@春日部市緑町3-4(初)

藤うどん600円。
07071202.jpg
よく調べてはいないが、春日部市の市の花が藤だそうで、国の天然記念物である「牛島の藤」というのがあるとかで、市内のそば・うどん店のうち14店舗でこのメニューを提供している。
写真を見たとたん私は「これは大型地雷かも」と思ったのだった。紫いもをつかってこの色をつけたそうだが、なんともはや食欲をソソらないっ! というわけで、春日部にて食事なんてそうそう機会がないのに、私は自爆志願の気持ちを優先してしまった。
R4号のパチンコ西陣の裏に店舗がある長寿庵を訪問。
しばらく待って出てきた品は、なるほど凄い紫色。これで香水のような匂いがついていたら地雷決定だが、匂いはない。噛み締めてみる。柔らかめ。味もない。紫いもというから、ほのかに甘みでもついているかと思ったが、そういうわけでもなく、じつによくありがちな味と食感でした。
07071203.jpg
posted by ぐーたり at 08:22| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

木馬@八潮市中央4(初)

たぬきうどん570円。
07050602.jpg
ネット上にインプレが見当たらない店。
メニューを見ると肉汁うどん、ぶっかけのたぐいはない。セットメニューが多くてそれがウリのようだが、そこは避けて無難路線でたぬきうどんを注文。
やがて出てきた品を見て「う、デカーっ」。
大きな器にたっぷりと、予想した2倍の量はある。
出汁は醤油っぽくないので、関西うどんを志向しているのだろう。麺は白くてほどほどに弾力がある。量は多かったがするするとなんとか食べ切れた。
水曜と第二第四日曜休みで、11時から15時、17時から20時半。県道115号沿いで「中央4丁目」の信号の角にある。店舗建物裏に駐車スペース10台分ぐらいある。
07050603.jpg
posted by ぐーたり at 09:54| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

ほの花@三郷市戸ケ崎3(初)

ランチセット(うどん+親子丼)700円。
07041702.jpg
讃岐うどんの店。ランチは丼ものとのセットがオトク。数種類ある丼ものメニューから選んで、うどんは温かい/冷たいの選択。
麺は細めだが、たしかに讃岐うどんらしい弾力がある。推定200g。親子丼はさほど甘くなくて、上品なデキ。
水曜休みで11時から15時、17時から21時。地番は戸ケ崎3-23。三郷駅と金町駅間のバス(系統はM01)で「天王橋南」下車徒歩0分。駐車は店の前に10台ぶんぐらい。
07041703.jpg
posted by ぐーたり at 08:52| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

陣屋@川島町(初)/移転

★川越に移転、その後さらに上尾に移転しました。カテゴリ「上尾」を参照ください。
もりうどん500円+野菜天ぷら200円。
07041202.jpg
ありゃー、いつものデジカメが使えないのでビデオの静止画撮影機能で撮ったのだけれど、みごとにピンがはずれております。失態。
農林61号使用とのこと。うどんに黒い点々が視認できます。「挽きぐるみ」ってことになるのかな? 風味は感じない。びよーんとした弾力があるので、博多うどんを思い出した。量は400g。しかし器が安っぽいプラスチックの水切りザルなのはいただけない。
07041203.jpg
ちょっと遅れて出て来た。小さめの野菜天が総計7個あったかな。もちろん揚げたてで熱々。「3個で100円」という注文もできる。
メニューには肉汁うどんもある。そもそもうどん専門ではなくて、そばもあり、定食もある。夜は居酒屋になるようだ。それほど新しい店舗ではない。韓国の国旗が飾ってあって、キムチをはじめとするメニューもあった。
店内はかなり広い、カウンタに小上がりは6卓。さらに個室も2つある。
川島町の「表」交差点(さなぶりといううどん店がある)を、川越方面から来たとしたら右折(入間大橋方向)して、1.1km進んだ左側。駐車スペースは多数ある。
月曜休みで、昼の営業は11時から14時。
07041204.jpg
posted by ぐーたり at 09:21| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

欅(けやき)@埼玉県三芳町上富(初)/閉店

野菜天付きうどん840円。
07032802.jpg
Qタローさんの掲示板にこの店のカレーうどんがうまいとの書き込みがあり「そんなところに店があったかなぁ」と探してみると、ありました。航空公園の方からやってきた場合、上富交差点を右折してすぐの右側。チャーシュー力のちょいと手前。看板に従って入っていくと、奥に農家を改造したような店がある。
入ってみると狭くない大広間はほぼ満席。私のすぐあとから待ちも発生。メニューはこんな感じで、ほかに暖かいうどんやミニ丼とのセットもある。
07032803.jpg
「時間かかりますがいいですか」と言われたが、いやはや待ちました。注文してから40分待ってやっと出てきた。ついでに持ち込んだ仕事がひとつ片付いてしまった。
うどんは推定400g。先日の福善とおなじタイプで、風味はそれほどなくて硬い茹で上がり。あごが疲れた。「柔らかめの注文も受け付けます」と書かれているので、冷たいタイプは柔らかめにした方がいいかも。カレーうどんをいただきに、もう一度訪問するかも。
火曜休みで11時から15時。駐車場は道路から入ってすぐのところに数台分あるが、さらに店舗の裏にも多数置ける。大広間以外にも奥に家族連れなどのための個室が2つある。
07032804.jpg
posted by ぐーたり at 09:37| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

福善@羽貫(埼玉県伊奈町)(初)

肉うどん600円+かき揚げ150円。
07032602.jpg
そばとうどんを両方扱う店にありがちな、風味には乏しくてちょい硬めなタイプのうどん。推定400gほど。つけ汁は化学調味料不使用とのことだが、やや単調な味になっていてもうひと工夫ほしい。かき揚げはソフトボール大。揚げかたはいいのだけれど、大きめに切られたタマネギに味がしないのが惜しい。
おそらく無休で11時から16時。埼玉新都市交通(ニューシャトル)羽貫駅から徒歩3分とのこと。マップとメニューはHPでどうぞ。
http://www.geocities.jp/udon_fukuzen/
07032603.jpg
posted by ぐーたり at 08:57| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

山ざる@新三郷(初)

肉汁うどん(山ざる)750円。
07032002.jpg
JR武蔵野線新三郷駅って、まわりががらーんとしておりますが、その東口にある店。肉汁うどんがウリのようなので、ここも武蔵野うどんの店でしょう。つけめんのメニューはこんな感じ。
07032003.jpg
普通盛りということになる「山ざる」で450gと、すでに大盛り。麺は太い。たつみ@所沢市北野に似ている。「当店は打ちたて茹でたてですのでお時間をいただきます」と大書されているのだが、あっという間に出てきた。茹で置き確定。太麺なのでさほど死んではいなかったけれど、茹でたてだと麺の芯の方にのこっている加熱のエネルギーが失せている。つけ汁は大きめの丼に入っていて、具が多い。味付けはフツー。
無休で11時から15時、17時から20時。150円割引券が3回分ついているものをくれた。
07032004.jpg
posted by ぐーたり at 08:22| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

徳一うどん@ふじみ野(初)

肉汁うどん並600円。
06121202.jpg
2006年11月開店。ファミレスのような大型店舗。50名から60名ぐらいのキャパがある。従業員も10人以上。入口脇に打ち場があり、中年男性がもくもくと麺切りをしている。
メニューにきのこ汁うどんがあり、サイドメニュートップにきんぴらごぼうがあることから、これまた「田舎っぺ」の関連もしくはインスパイア店かと予想。しかし麺が盛られているのはせいろでなくざるだ。
麺はやや細め。食感はやわらかく、もちっとしている。風味も少々感じる。つけ汁は丼に具がたっぷり投入されて出てくる。ここらへんは藤店うどんインスパイアかも。
だが残念なことに、この麺とつけ汁は合わないと感じた。下記のメニューから見て、カレーうどんの方がいいかも。麺の量は推定350g。中盛り、大盛りがどのくらい増量されるかは不明だが、200円ステップというはどんなもんでしょ。
06121203.jpg
日曜休みで10時から15時。ふじみ野駅西口を出て、まっすぐ進み、最初の信号を左折してすぐ右側にある。駐車場たっぷり。
06121204.jpg
posted by ぐーたり at 08:24| Comment(2) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

山本うどん@志木(初)

もりうどん450円+にんじん天ぷら50円。
06103002.jpg
いいうどん店発見。
駅からはなれた場所でひっそりとノレンを出してやっている。メニューはもりうどん、かけうどんの他、卵とじうどn、そしてトレイに置かれている天ぷら各種ぐらい。
注文したらすぐ出てきたので期待はしなかったのだけれど、小麦粉の風味が香っていい感じ。柔らかめでさっくっと食べられるが、量は推定400gある。先客はおばあちゃん1人。後客もおばあちゃん。
特筆したいのは店の狭さだ。ほぼ6畳一間ぐらい。そこに食卓2つと壁際にちいさなカウンタ。下の写真は、店の端の席に座って撮ったもの。
06103003.jpg
うどんは奥の厨房で茹でられている。近所の家に遊びにきたようなきさくな雰囲気であります。この店もちょっと見回したところ店名の表示がなく、電話帳に山本うどんと記載されているのみ。
日曜休みで11時から13時すぎぐらいまでの営業だそうです。場所は志木街道の延長線になる道(本町通り)を志木市役所方向に進み「本町1丁目」信号で右折して50mほど先の右側。さらに進んだところに細田学園がある。志木駅北口からだと1kmほどの距離になる。
06103004.jpg
posted by ぐーたり at 11:06| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

丸金うどん@志木(再録)

肉もりうどん500円。
050401202.jpg
なんにもネタがない。しかしふと、ブログを始める前から写真は撮っていたことを思い出した。調べてみるとほぼ1か月ぶんは撮っている。そこでこんな日は「写真つきで『ぐーたりのラーメモ帖』から再録掲載」することにします。できるだけネット上に情報がない店からいきましょうか。

志木駅からは徒歩10分はかかるだろう。志木市本町1-5-6。電話048-471-0302。にぎやかではないが、表通りからちょっと入ったところでこじんまりとやっている。落ち着ける雰囲気。そこそこ年期が入っている。うどんメニューは多彩。どれも安い。とりあえず肉汁つけ麺である上記のメニューを注文。わりとすぐ出てきたけれど、ゆで置きではない感じ。食べている途中にどこかに出前に出たので、もしかすると店に来た私に、出前用に茹でていたのを出してくれたのかもしれない。麺は褐色でやや細め。しかしコシと噛み締めて出る味わいはしっかりある。天ぷらはつかない。小皿に揚げ玉と桜えびがちょっとついてくるのは変わっている。量は少ないので、きくやで5Lぐらい食べる人は大盛り(+150円)がいいだろう。
この店は焼き団子もやっている。所沢名物と言われる焼き団子は、醤油だれを塗りながら焼くもので、じつに香ばしい。川越なんかでも寺の境内で売られている。安いところでは1串30円だったりして、通りがかりにひとつ買って、歩きながら食べてもいい感じ。そういう焼き団子ファンの紹介HPがあるかと思ったがないみたいですね。ちょっとソソられるテーマ。
臨休に備えて志木市の他のうどん店もリストアップして行ったが「手打ちうどんあら井」は「志木市料理飲食店組合」のHPに記載されている地番では、畑が広がっているだけで店があったようなけはいはない。帰って調べると「中宗岡3-18」じゃなくて「下宗岡3-18」じゃないか。しっかりしてよー。
05041203.jpg
posted by ぐーたり at 08:21| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

よし味@吉見(初)

もりうどん600円。
06040402.jpg
埼玉県吉見町に用があったのでうどん店を調べる。吉見町では以前、八海山という店を訪問したことがある。もひとつ、讃岐うどんの讃馬という店があったが、昨年末に閉店したようだ。他にないかと調べて、この店を見つけた。
地番をたよりに行くと、八海山の近くだった。店舗写真はご覧のよう。大テーブルに座り、向かいの客が食べているうどんを見ると白くてピカピカ。あ、これは私の好みとは違うなと思い、カレーうどんにしようかとメニューをみるがない。そこで一番安い上記の品を注文。
はたしてツルピカモチモチ系のうどんであった。堅めの茹で上がりだが、讃岐うどんとはちがう。推定300g。駐車は店の前にけっこう置ける。吉見町大串596。木曜と月一回水曜休み。
06040403.jpg
posted by ぐーたり at 08:45| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

きざき@ふじみ野市池上(初)

天ぷらもりうどん600円。
05110102.jpg
上福岡市と大井町が10月に合併して「ふじみ野市」になったのでそう表記。最寄り駅は東武東上線の上福岡だが、駅からはけっこう距離がある。しかし畑と住宅がおなじくらいある郊外の立地はいい感じ。
あたたかいつけ汁の設定はないようだ。カレーうどん750円にしようかと迷ったが、まずはもりうどん。出て来て驚いたのは、写真のように麺を覆い隠すかのような天ぷら。揚げたてでサクサクとしていい感じ。麺は白く、小麦の風味はないが、角が90度になっていて、よく鍛えられてつくられたもの。量は推定300g。駐車場は店のとなりに5台ぶんぐらい置ける。
05110103.jpg
上の写真の左端に近寄ってもう一枚。
05110104.jpg
持ち帰り用にうどんを販売するスペースがあるが、いい感じです。こういうのを見るととてもうれしい気分になるのはなぜだろう。
posted by ぐーたり at 13:27| Comment(1) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

花影@鳩山町(初)/閉店

特製うどん550円。
05092904.jpg
営業時間は11時から14時、18時から22時。「定休日は?」と聞くと「まだ決めてないんですよ」。なるほど店舗の隅に開店祝いの花飾りがある。「あ、新しい店だったんだ」「まだ始めて3か月です」
麺は褐色でいいお味。太さはかなりバラバラ、なので固いところと柔らかいところが混在している。食感としては面白く、手打ちの田舎うどんって感じがするので私はOKだが、これを嫌う人もいるだろう。量は推定400g。つけ汁は熱くはなく、きのこやネギが入っている。
場所は、まず7月3日に紹介した「鳩豆工房旬の華」がある「駐在所前」交差点を、町役場の方から来たとしたら右折する。するとすぐに左側に「うどん」の立て看板が見える。しかし店舗は見当たらない。店舗はそのさらに先、小さな橋があるところから見えるのだが、すごい立地だ。
05092905.jpg
橋の手前をちょっと入ったところから撮った写真だが、これではわからないでしょう。ど真ん中の白いところに店舗がある。さらに進んで近づいたのだが、この道、真ん中に草が繁茂しているし、川に落ちそうでこわい。やはり最初の看板のところから入っていった方がいいと思う。さて、そのまま進むと橋があり、そこから撮った写真が下のもの。
05092906.jpg
この通り、プレハブ建ての小さな店舗だ。中はカウンター席のみ7席ほど。駐車は店舗の裏などに停められる。
posted by ぐーたり at 10:36| Comment(2) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

子亀@加須(初)

冷汁うどん540円。
05082702.jpg
衝動的に加須へと向かう。衝動的なのでテキトーに2店ほど地番と定休日をチェックしただけ。そもそも「加須うどん」の特徴さえ調べていない。
ぴったり2時間で加須に到着。チェックした店のひとつ「子亀」に入る。国道125沿いでファミレスのような大きな店舗だ。テーブルと座卓合わせて10卓以上ある。入口に「冷汁うどん」と大書されていたので、これがメインメニューだろうと注文した。
麺は真っ白。ツルピカでコシはない。推定300g。博多うどんに似たかんじ。つけ汁は先日の「やすらぎの家」に比べるとだいぶ安っぽいもので、酸っぱさが先に立つ。しかしこれはこれでサクサク食べられる。
一軒だけで判断できるものではないが、町の入口に「うどんの町、加須」と掲げるにしては新鮮味のないうどんだったので、チェックしたもう一軒の店先まで行ってみたのだが、パスすることにした。
05082703.jpg
posted by ぐーたり at 09:55| Comment(2) | TrackBack(1) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

あそび屋@小川町増尾(初)

もりうどん400円+ごぼう天100円。
05082604.jpg
昼はうどん屋、夜は居酒屋というスタイルの店だろう。もりうどん普通盛りは350gあって400円。大盛りが550gで500円、特盛りが700gで700円、太陽うどんは1kgで900円。肉汁の設定はなく、冷汁がある(600円)。微妙にうどんの文化圏が推移しているのを感じる。ホール係のおばちゃんが客と話していることばも、だいぶん北関東弁に近づいてきているし。
さてうどんは固めでツルシコ傾向のもの。場所がわかりにくい。駅からも遠くはないので、歩きの人は電話して聞いてみて。0493-74-2778。車だと県道30号を飯能方向から来たとして「青山陸橋(西)」を左折、郵便局の先の信号で2又に分かれるが右方向の道へ。そのまま道なりに橋を渡ったりして500m先の右側に下の写真のように店舗が見える。11時から15時、17時から21時。駐車は店の周辺に路駐可能。
05082605.jpg
posted by ぐーたり at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大井戸@玉川村(初)

ご汁うどん850円。
05082602.jpg
大きなエビ天がウリの店らしい。しかし私、エビカニにはさほど興味がない。もりうどんは550円だが、850円のつけ汁系うどんが5種類ある。鴨汁、きのこ汁、田舎汁、もち天汁とこの「ご汁」。ご汁とは、いわゆる「だんご汁」を短縮した呼称だと思う。味噌味を強めにした豚汁というおもむき。汁の味が濃いのでうどんの味は主張が薄れるのだけれど、クリーム色をしたしっかりしたうどんだった。推定300g。場所は県道172沿い。
05082603.jpg
posted by ぐーたり at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

やすらぎの家@都幾川村(初)

冷汁うどん800円。
05082402.jpg
肉汁という設定はなく、もりうどん450円、天ぷら付き700円とあとこの冷汁うどんぐらいしかメニューがない。古い民家を改造してつくられた店で、これも村とか農協とかがからんでいるのだろうか、しかし平日だというのに客は次々と訪れている。かなり広い畳敷きの広間だが、待ちが発生するほどだった。色紙が飾られていたので、テレビ取材されたこともあるようだ。
ややクリーム色をした麺はしっかりとした歯ごたえがあり、茹で加減もほどよい。推定300g。冷汁は刻んだきゅうりがたくさん入っていて、ゴマ味がベースになっている。しょっぱくも酸っぱくもないので飲み干せる。
場所は県道30号を飯能から来たとして「田中」交差点で左折。そのまま山あいへ入っていって「西平」の次の信号を過ぎた右にある。建具会館の向かい。駐車場は広くたくさん停められる。営業時間は11時から14時。火曜休み。
05082403.jpg
写真は広間の一番奥の床の間前から撮っている。左手に階段が見えるが2階はギャラリーとして使うこともあるようだ。土間にはビールの自販機が据えられている。レジうしろでおばちゃんたちがうどんを切っていたので「写真撮らせて」と言うと恥ずかしがっていた。
05082404.jpg
posted by ぐーたり at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

きく屋うどん@富士見市東大久保(初)

天ぷら付きうどん700円。
05080803.jpg
わかりにくい場所にある。上福岡側から来たとして「東大久保」交差点の100mほど手前右に中華料理店があるが、そこを右折して50mほどの右。金曜休みで営業時間は11時から14時。初老の夫婦でやっている。……とまあ、期待させる要素だらけの店だったが……。
注文してから20分は待ったので茹でたてであることは間違いない。しか〜し、何これ、せいぜい10cmしか長さがないよ。しかも麺の角が割れまくっている。口に運ぶとひたすらベタベタとしているばかり。失敗作でしょ。それともいつもこんなのを出しているのかな。
入口すぐの席に座ったのでノレンごしに厨房が見えてしまったのだが、大量に茹で置きをしているのが見えてしまった。量は推定350g。店前に数台駐車可能だし立地的に路駐もできるだろう。
05080804.jpg
posted by ぐーたり at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

せせらぎ@越生町黒山(初)/閉店

手打ちうどん600円。
05071501.jpg
量は少なく(推定200g)、非常にコシが強い。と言っても讃岐うどんではなく、稲庭うどんに近い感じ。麺はさほど太くない。いかにも手で切った感じで、太さに差がある。この店にはHPがある。
http://seseragi.fc2web.com/
これを見るともりうどん500円、肉汁うどん800円とあるが、実際は肉汁うどんの設定はなく、値段も上記のように600円だった。しかし肉汁になるだけで300円upというのは地雷臭ふんぷんとしていたので、じつはまったく期待していなかった。期待していなかったぶん、意外にうまかったのだが、B級グルメ的な楽しさはないっすね。大盛りが1.5倍で200円upというのもちょっと。
05071502.jpg
古い農家の家屋です。たかはし@東久留米やてつ@川越、古久や@飯能を思い出させるけれど、ここは古色蒼然って感じで、天井が黒いですよ。黒く塗ったわけでなく、古くからのススでしょう。まっくろくろすけですね。まわりは山です。静かです。もうセミが鳴いています。家屋のとなりは店名の通りせせらぎです。
場所は飯能方向から来たとして県道30号を黒田屋の先「三滝入口」交差点を左折してひたすら7kmぐらい進む。途中、喫茶せせらぎという店があるので間違えないように。道の突き当たり、右に曲がると黒山三滝に通じるところを左折して400m先の右側にある。農家なので庭がそのまま駐車場。11時(日曜は13時)から18時。水曜と木曜休み。
05071503.jpg
posted by ぐーたり at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

黒田屋@越生(初)

肉うどん550円。
05071402.jpg
もりうどん(450円)もあったがこちらを注文。この店は明治5年創業の老舗だということ。しばらく待って品がやってくる。う〜ん、フツーですな。麺は……、かなりやわらかい。シンプルで、いかにも「昔ながら」って感じですかね。推定200g強。駐車場は店の横に数台と、さらに奥にもあるようだ。県道30号沿い。越生の駅から北の方、地名で黒岩というあたりにある。毎月1日と11日が休み。
05071403.jpg
posted by ぐーたり at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

めんくい亭小麦屋@毛呂山(初)

肉汁うどん650円。
05071101.jpg
この店の存在には気づいていたが店名がちょっとソソられずにいた。しかしコメント欄でおすすめされたので入ってみた。
店内はテーブルとカウンター席でほどほどの広さ。厨房はオープンキッチンスタイルで丸見え。メニューはいろいろあるが、珍しいことに天ぷらがない。肉汁うどんを注文。細長い皿に盛られた麺はクリーム色をしていて農林61号っぽい味わいがある。量は推定400g強。けっこう満腹になった。つけ汁も濃いめ。
しかし厨房丸見えのせいで、私のあとに来た客に、すでに茹でた麺を暖めなおしているのを目撃してしまった。昼時なので注文を受ける前に茹でていかないと間に合わないのだろう。しかしそこでふと思ったのだが、どどっと客がやってきて、つくり置きした麺では足りない場合はどうするのか。もしかして、もしかして、新たに茹でた麺とつくり置きした麺をまぜて出すとか。考えられなくはない。ということは、だ。これまでいくつもの店で食べてきて、妙なゆでムラがある店があったが、もしかしてそれがそうなのだろうか? いかん、つい厨房の動きを監視してしまいそうだ。
県道30号沿いで埼玉医科大学の向かいあたり。駐車は下の写真のように店の前に3台ぶん停められる。10時半から15時半まで。定休日は調べそこねた。
05071102.jpg
posted by ぐーたり at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

瀧屋@坂戸市役所となり(初)

もりうどんセットごはん抜き600円。
05070704.jpg
下記の記事のように麺匠いっちゅうへと交差点を渡るが、ふとさきほど市役所横にうどん店があったことを思い出し、そちらに足を向けてしまう。事前情報まったくなしで入った店はけっこう込んでいる。市役所の職員が多いかんじ。
セットメニュ−がたくさんあり、上記品を注文。肉汁うどんもあったが600円で同価格なのでかき揚げとサラダのつくこちらの方がお得かも。
麺はびよーんと延びる感じのもの。食感はなかなかいい。かき揚げも揚げたてで熱々、ぱりっとしている。
ただこの店、換気が悪くて、食べ終わった人がタバコを吸いはじめると、店内に煙が充満し、息が苦しくなってしまった。なので大慌てで残りをかき込み、店を出る。11時から20時。月曜休み。
05070705.jpg
posted by ぐーたり at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山屋@坂戸市八幡(初)

肉汁うどん550円。
05070702.jpg
国道407号八幡交差点そばにある店。Qタローさんの「埼玉グルメシリーズ」にある店舗入口写真では久屋@東久留米のようなプレハブだったので、シンプルかつ殺風景な店を予想していたのだが、まったくちがった。
外観のプレハブ(工事現場にある仮設事務所みたいな)から一転して、中は喫茶店のよう。ゆったりとした間隔でテーブルが置かれ、観葉植物もあり、癒し系なBGMが流れている。のんびりしたい気分になる店だ。
農林61号使用の麺はしなやかな弾力と味わいでお見事。天ぷらは小皿に乗って置かれているのを取っていただく。一皿100円。この日は交差点向かいに開店したラーメン店「麺匠いっちゅう」へ連食しようと考えていたので、天ぷらはやめて並盛りのみの注文にする。幸いやたらと量は多くなかった。11時から15時。火曜休み。
05070703.jpg
posted by ぐーたり at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

八海山@吉見町江網(初)

肉汁うどん550円+野菜天100円。
05070504.jpg
農家をそのまま利用して店にしている。麺は歯ごたえ強く讃岐うどんっぽい。が、量はけっこう多め。讃岐うどんセルフ店なら大盛りというところ。つけ汁はフツー。店内は土間部分にテーブル、畳の部屋に座卓が置かれているのだが、なんと軒先や庭にもテーブルがある。下の写真を見てください。季節のいい時は外で食べると気持ちよさそう。外にテーブルがあるせいか、うどん店にしては珍しく店内は禁煙。
これまた車でないと困難な場所にある。国道254号の「古凍」を池袋方向から来たとして右折。そのまま道なりに進んで吉見町に入り、ローソンの手前を右折したところにある。11時から14時まで、日月休み。
05070505.jpg
posted by ぐーたり at 08:56| Comment(4) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

鳩豆工房旬の華@鳩山町(初)

鳩豆うどん天付き650円。
05070104.jpg
町か農協がやっている施設。鳩山町の農産物やそれを使ってつくった品を売っている。鳩豆というのは鳩山町で穫れた黒大豆のことらしい。それが練り込まれている麺ということ。
出てきたうどんは確かに黒い。ゴマのようなつぶつぶが入っている。食べてみる。コシはあまりない。「うっ」。大豆の味がする。私はこれをうまいとは感じられない。ちょいとムリヤリ「他にはないもの」をつくり出したような感じがする。農林61号使用のフツーのうどんもあるので、そちらの方がいいかもしれない。木曜休みで11時から14時。鳩山町役場の北、熊井交差点にある。
05070105.jpg
posted by ぐーたり at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

ぽんぽこ亭@明覚(初)

肉もりうどん480円+かき揚げ100円。
05063002.jpg
埼玉県の都幾川村にある。が、駅からも近い。JR八高線の明覚駅から徒歩3分ほど。駅を降りたら線路沿いの道を越生方向に歩き、踏切のところを右にいけばすぐ。下の写真でもわかるように、のんびりとした田舎なのでわかりやすいだろう。店内は意外と広く夜は居酒屋になるつくり。
農林61号使用の麺は期待通り褐色で角張っている。コシ、風味とももうしぶんないデキ。量は武蔵野うどんとしては標準的な量だろうけれど、かき揚げがデカい。おおげさでなくてのひらを広げたくらいある。これだけで満腹になってしまう。千切りにされた野菜類のひとつひとつが大きめで、解体するのに苦戦する。開店して間もなくの入店だったので揚げたてだった。つくり置きするのかどうかは不明。天ぷらの種類もそこそこたくさんある。10時半から14時。水曜休み。
05063003.jpg
posted by ぐーたり at 09:23| Comment(5) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

クロシェット・ドゥ・ボワ@和光市(初)

和風味パスタ850円。
05061909.jpg
麺はうどんを使用しているので、西洋料理のレストランだが、これはうどん。近くに、ぜんや@新座にも麺を卸している鈴木製麺所というのがあって、そのうどんを使用しているそうだ。具はきのことアサリ。スープは醤油ベースの和風だが、スパイスや動物系出汁を力強くかつバランスよく効かせてある。うまい。
しかしピアノを生演奏してますよ。そんななかで料理が到着し、さて、と思ったところでとまどう。そう、ズルズルッとすすれる雰囲気ではないのね。でもすすらないと気分がでないので、ちょっと気をつかいつつ食べたのでした。
場所は和光市郵便局の向かい。先日紹介した勝迹庵より100mぐらい駅より。月曜休み。この品は17時からの夜のみのメニューになる。平日は21時30分、日曜は20時30分がラストオーダー。
05061910.jpg
posted by ぐーたり at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

べに花ふるさと館@桶川市加納(初)

田舎うどん600円。
05061905.jpg
褐色の麺は粉の味わいが楽しく、量もそこそこある。つけ汁はネギや鶏肉の煮込まれたものがぎっしり入っている。ここはうどん店ではなく、ある種の観光施設。ただ、うどんはけっこう大きなウリにしているようだ。ホームページもあるので、興味ある人はアクセス含めて検索してみてください。建物は、古い農家を解体して、再構築したもの。
05061906.jpg
こんな感じで、奥の方が座敷になっていて、フツーはそこで食べる。しかしこの日は日曜日の昼時で満席だよ。そこで厨房の近くにひとつだけ置かれたテーブルで食べることに。そこらへんはみやげもの売り場でもあって、私を店の人だと勘違いしたおばちゃんに会計してくれと要求されたりした。
食べ終わって外に出るとなんと外でもうどんを食べられるのね。
05061907.jpg
かき揚げつきで300円。私としては、こちらにしておけばもう一軒行けたかも。(フラレた場合に備えてリザーブをいくつかリストしているのです)営業時間は11時から20時。無休。
05061908.jpg
posted by ぐーたり at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

勝迹庵@和光(初)

もりうどん680円。
05060802.jpg
カウンタから厨房がよく見える。注文するとうどんを手でもんでいる。麺は褐色をしている。ゆで時間が15分かかるとか。ほどなくして店主が話しかけてくる。話好きな人のようだ。なんとなくがんこ総本家@早稲田を思い出したりして。標榜しているわけではないけれど、スローフードな店ですな。
量は少なめなので大盛り(+100円)にした方がいいかも。
もりうどんにはデフォで天ぷらがつき、頃合いをみはからって細君とおぼしき人が揚げる。うどんはさほど固くはなく。丸いかんじ。国産小麦100%使用とのこと。火曜と第三水曜休みで11時30分から14時、17時から20時。和光市駅から国道254の方へ6〜7分ぐらい、歩道橋の脇のビル2階。翡翠麺ラーメンの高揚より100mぐらい駅よりになる。
05060803.jpg
posted by ぐーたり at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする