2009年10月28日

清水や@羽生市下新郷(初)

肉汁うどん豚650円。
09102702.jpg
羽生市街に向かって走っていて発見。あとで調べたら「武蔵野うどん&田舎うどん」さんも記事にしていました。
店内は比較的広めで奥には小上がりもあります。入り口脇のうどん打ち場でリズミカルにうどんを切っています。
ほぼ一緒に入った前客が「肉汁うどん、鶏で」と注文。あー、鶏肉入りってのがあるのね。
09102703.jpg
気になるけど私はオーソドックスに豚で。
やがてやってきたうどんは、量は400gほど。平打ちでクリーム色、ムニュムニュしたタイプです。風味もほどほどあります。
つけ汁がなかなかうまみのバランスがよくてウマかった。
月曜休みで、11時から14時。
R125の「真名板」とR125バイパスの「小坂」のあいだにあります。ラーメン店「大雅」の斜めむかいなので、ラーメンデータベースで「大雅」を調べた方がわかりやすいかも。
09102704.jpg
posted by ぐーたり at 08:49| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

松屋@志木市本町2(初)

肉うどん600円。
09101502.jpg
前からこの店の存在は知っていたが、開いていたことがなかったため、閉店した店だと思っていた。通りがかりにちょっとのぞいて見るとノレンが出ていたのでこちらでお昼をとることに。
おや、オーソドックスなメニューです。もりうどんはあるけれど、肉汁はない。また、看板には「だんご」とありますが、店内メニューには焼きだんごはありませんでした。
09101503.jpg
店内に置いてあるものも古くて、けっこう長く営業している店のようです。
出てきた品は、うわっ、小さめの丼です。量は少なめ。200Gぐらいでしょう。うどんは褐色ですが、思い切り柔らかいです。茹で置きでしょうね。ますや@東村山を思い出す食感です。
そう言えば志木市の古くからやっていそうなうどん店は、みな量は少なめだったかな。寿うどん、山本うどんもこんな感じだし。
定休日、営業時間は聞きそびれました。志木街道(浦和東村山線/県道40号)をさいたま市(秋ヶ瀬橋)から来たとすると、右に志木市役所を見て、次の信号(市場坂上)を左折して100mほどの右側。下の画像では奥の方が「市場坂上」交差点です。
09101504.jpg
posted by ぐーたり at 09:02| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

真@八木崎(春日部市)(初)

肉汁うどん600円。
09100902.jpg
この店に向かって車を走らせていると、前に来たことあるような風景に出くわした。「ん? たぶん何かラーメン店を訪問したような」と思い出そうとしていると、いきなり解答が。ラーメン店「中庸」でした。店の前の3台の駐車スペースが埋まっていたので流行っているようです。
さて、春日部から東武野田線でひとつ西にある八木崎駅ちかくのこの店。ちょうど昼時に入ってみるとほぼ満席。空いているカウンタ席に座ると、ほどなくして両側から毒煙攻撃が。喫煙OK店でした。
うどんは量は400gほど。硬めです。弾力はさほどなく、ぐっと噛むとボキっといく感じ。つけ汁はそのまま飲めるほどの濃さ。あとで割り湯を持ってきましたが必要ないかも。そう言えばひまわり@岩槻区真福寺でも割り湯が出てきました。ちょっとしたことですが、そういう食文化なのでしょう。
日祝休みで11時半から14時、17時から23時。
八木崎駅の西2つ目の踏切を北に100mほどの右手にあります。駐車スペースはよくわかりませんでした。
09100903.jpg
posted by ぐーたり at 10:05| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

和(とも)@坂戸市塚越(初)

肉汁うどん550円。
09100202.jpg
雨のなか車を走らせていて、ふと「うどん」のノボリを目撃。ちょうど11時を過ぎたところだったのでここでランチに決める。お店は11時半から。あたりを徘徊してみると妙にラーメン店があります。「とん太」「十八番」「田田」「ラーショ」と100mほどのあいだに4店もあるのね。
さて11時半を過ぎたけれどまだ「支度中」。しょうがないので対面のセブンイレブンで立ち読みしていると、店の前のあんどんの赤色回転灯がついた。GO。
カラオケ居酒屋です。そこの平日ランチに手打ちうどんがあるわけだけれど、肉汁うどんを大々的にうたっているからには自信があるのだろう。
店内、やたらと大音量でテレビがついている。店主があわててボリュームを下げました。かなり耳が遠いようです。
しばらく待って出てきたうどんは、いい飴色です。風味もあり、味もします。茹で加減、締めかげんもほどよく、もともとそんなに期待はしていなかったのですが、居酒屋ランチの余技を越えたレベルであると思いました。量もほどほどあります。
つけ汁は味濃くなく、そのまま飲めます。肉はちょいと硬かったかな。
無休でランチは平日11時半から14時半。店内の貼り紙を見ると、土日は昼間カラオケメインになるようで、ちょっと敷居は高いかも。
国道407を、狭山方向から来たとして「片柳」のひとつ手前の信号で右折。しばらく進んだ左にある。店舗となりの空き地が駐車スペース。スーパーマーケット「オザム坂戸栄店」もすぐ近く。
09100203.jpg
posted by ぐーたり at 09:01| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

熊五郎@寄居(初)

五目うどん500円。
09092602.jpg
「さてどこかで軽くもうひとうどん」とうろうろしていて見つけたのがkの店。店舗を一目見て「あ、『武蔵野うどん&田舎うどん』で読んだことある、と思い出した。
この店、なにげに敷居が高くて一日限定20食。営業時間も2時間。曜日もこんな感じ。
09092603.jpg
先客の常連さんとの会話が聞こえてきたけれど、店主は学習塾も経営しているみたいですね。うどんはサイドビジネスかな。
メニューは日替わりメインで普通盛り(茹でる前200g)大盛り(同250g)特盛り(300g)が同一価格で500円。良心的です。
つけ汁は出汁のままで、客がじぶんでかえしを入れる方式。
うどんは風味系でなく食感系。もっちりとした強めの歯ごたえがあります。
場所はりそな銀行そばの信号から南(橋がある方向)へ進み、最初に右折できるところの角。店舗横に駐車できるようすです。
09092604.jpg
posted by ぐーたり at 08:46| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

大釜うどん@寄居(初)

鴨汁もりうどん840円。
09092502.jpg
寄居に行きました。車で1時間50分。おや、うちから加須までと同じ時間です。
寄居と言えばイーハトーボ(未訪問)なんですが、この日はシルバーウィークの代休で休み。調べてみると自分がこれまで聞いたことのないうどん店があるようなのでそこへGO。
寄居の駅周辺ではなくて、市街地の北部を東西に走っている国道140号(彩甲斐街道と言うらしい)沿いです。寄居からやや長瀞(西方向)へ行った「末野」にあります。
店の前に数台停められ、店内は小上がりとテーブル合わせて5卓ほど。
おや、なまず天があるのね。なまずと言えば先日行った吉川が有名らしいけれど、こちらでも食べるのでしょうか。あれ、そう言えば吉川のうどん店は、この寄居にある風布という地名を店名に使っていたけれど、ん、何かシンクロしているぞ。
09092503.jpg
肉汁うどんはないので鴨汁を注文。
しばらくして出てきたうどんは、平打ちの白いうどんで柔らかい茹であがり。まー、ありがちなタイプ。量は400gほど。
定休日不明、喫煙OK。
こういうタイプなら連食できると、もう一店行きました。明日、レポします。
09092504.jpg
posted by ぐーたり at 08:00| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

うどん工房河童@加須市久下4(初)

ぶっかけうどん600円。
09091902.jpg
さてお次に向かった店は「宝録屋」。加須にできたビバモールという大型ショッピング集合施設の南にあります。しかしこの日(18日)は臨休でした。残念。
それでは「うどんマップ」掲載店からチェックした店にしようと向かう途中で見つけたのが「うどん工房河童」。うどんマップには載っていません。なので入ってみることに。
メニューは多彩です。どうやら担々うどん900円が店のオススメらしいですが連食なので軽いものにしようと上記の品を注文。
注文してから茹でていました。
麺は細めの白色で、やはりこれが加須うどんの特徴なのでしょうか。その前の粂蔵と比べると、こちらの店の方が弾力があり、小麦粉の甘みも感じます。しかしレモン、大根おろし、ネギだけのじつにシンプルなトッピング。大根が辛い。最初からかけてある汁は妙に酸っぱくて、ぶっかけとしてはこなれていない感じもします。
水曜休みで11時から15時(夜の営業もあり)。
加須市久下4-8-4。
宝録屋の前の道を北に進んで、東武伊勢崎線を加須駅と花崎駅のあいだの陸橋で越えます。そして信号2つめ、cocoというコンビニを左折してすぐの左に店舗はあります。店の前、3台ほど駐車可能。
09091903.jpg
昨日の記事で「加須うどんの情報が少ない」なんて書きましたが、風布うどん@吉川のところにコメントしていただいているサッテリヤさんのブログ(コメントにリンク貼られています)のうどんのカテゴリはかなり情報豊富ですね。次回加須訪問のときは参考にさせていただきます。
posted by ぐーたり at 11:27| Comment(1) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

粂蔵@加須

田舎汁うどんランチセット650円。
09091802.jpg
「うどんの街、加須」という認識はあるのですが、ではどこの店が突出してウマイのか、調べてみようとしてもこれだという情報がなかなか見つかりません。
以前加須に行ったときは「まずは有名店を」ということで子亀を訪問。「なんだこんなものか」と思った記憶があります。
子亀が東村山の「どんこい祭り」に来たさいにもらった「加須うどんマップ」が手元にありますが、そこから「この店を訪問しよう」という動機をくみ出すのも難しい。
などと言いながらもネット情報をいろいろ拾い出して、数店をリストアップ。そのなかから選んだのがこの「粂蔵(くめぞう)」。
地番を頼りに探し出します。国道125号の旧道沿い。中心部から行田方向へ走り、東武伊勢崎線を越える陸橋手前にありました。
ファミレスっぽい大型店舗です。田舎の場合、入ってみるとこじんまりしていることもありますが、おやー、入ってみても大きい。ホントファミレス並みのキャパシティあります。
ランチは徳なセットメニューがいくつかあるので、連食の考えもどこかに置き忘れてセットを頼んでしまいました。
しばらくして出てきた品は…。
うどんはやや細めで白いもの。風味はありません。火がしっかり通っていて、ツルツル食べられます。前に子亀で感じたのといっしょで、この土地ならではの特徴はとくにないみたい。
おお、天ぷらの野菜がウマい。これは伏兵にやられた気分です。そういえば、鴻巣市のうどん店「てらや」を訪問したときも、オプションで食べたニンジン天がやたらとウマく感じたものです。
しかしこれで650円ですからコストパフォーマンス高いです。11時半を過ぎたばかりだというのにお客さんが次々入ってきました。
水曜と第一と第三木曜休みで、10時半から15時、16時半から21時(土日は通し営業)。
せっかく加須まで来たのだから、腹ごなししてもう一店いってみることにしました。その記事は明日ってことで。
09091803.jpg
posted by ぐーたり at 09:40| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

風布(ふうぷ)うどん@吉川(初)

肉汁うどん並盛り650円。
09091002.jpg
2009年3月開店。
風布という地名が寄居町にあるので、最初この店の情報を見つけたときはてっきり寄居町にあるうどん店だと思った。しかし同じ埼玉県ながら、まるで遠方の吉川市。
田んぼに囲まれるようにして店があります。吉川駅からは遠く離れているので車でアクセスするしかないでしょう。「川藤」という交差点から北にちょっと行ったところです。
新しくて天井の高い店舗。食券機制です。BGMの音量が大きめなのは店主が若いせいかな。でも家族経営っぽい雰囲気も漂っています。
並盛りは450グラムとのこと。麺がつやつやしています。小麦風味は少しあり。茹で加減はちょうどいいぐらい。
つけ汁の具は豚肉とネギがたっぷり。藤店うどんっぽいです。汁はさっぱりでそのまま飲めます。不自然なうまみも感じないし、なかなかウマイ、と思っていたら飲み干してしまいました。
HPはこちら、
http://foopu.web.fc2.com/
月曜休みで11時から15時。
禁煙。
09091003.jpg
posted by ぐーたり at 08:18| Comment(2) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

こばやし@北本(初)

豆汁うどん700円。
09090902.jpg
北本駅西口の住宅地にある「高尾」という店を目指し、たどりついたのだけれど営業しているようすがない(あとで調べると食べログに「閉店」の表記があった)。そこで「北本と言えば心麺」と東口にまわる。
が、こういう時にかぎって定休日。さてどうしよう。
100mほど駅よりにうどん店を発見したのでそこに入る。
壁に貼り付けられているメニューはこんな感じ。
09090903.jpg
肉汁がない。と思ったけれど、普通にもりうどんを頼んで、それに「具入りつけ汁」をつければいわゆる「田舎汁うどん」になるわけね。
でも目についた「豆汁うどん」というのを注文。
しばらく待って出てきた品は、具は大豆を砕いたもの、練り物、油揚げとベジタリアン料理っスね、これ。つゆはさっぱり薄め。
肝心のうどんはねじれも入っていていかにも手打ちな見た目。歯ごたえもあり、小麦の風味もありで、期待以上のシロモノ。冷たいうどんでも食べてみたい。
ところでこの店。店名の表記がどこにもありません。会計のときに聞いてみると、恥ずかしそうに「私、こばやしなのでこばやしということで」と。
口頭で聞いたのでひらがな表記で「こばやし」にしときます。いちおうネット検索してみたけれど完全ノーマーク。内装外装新しめだったから比較的最近始めた店なのかもしれない。
日曜月曜休みで11時から15時。
喫煙OK。
下の画像では奥の方が駅。店舗横に4,5台駐車スペースあり。
09090904.jpg
posted by ぐーたり at 08:13| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

むじな庵@キャッセ羽生(初)

田舎汁うどん620円+野菜天150円。
09062002.jpg
羽生市に遠征しました。
羽生市郊外にキャッセ羽生という複合施設がありまして、
http://www.hana-beer.com/agri_park/
ここのレストランがうどん店になったということで訪問。
なんと営業日は土曜日曜祝日のみ。私にとって敷居の高い店でした。
メニュートップは冷や汁うどんです。
09062003.jpg
しかし2番目の田舎汁を注文。
やや細めの麺はちょうどいい茹で具合です。香り風味はさほどありませんが、こういう場所で出すにしてはレベルが高い。つけ汁にはおあげが入っているのですが、これが肉厚で歯ごたえあってかなりウマイ。
野菜天は冷えてはいないものの、揚げ置きでした。でも彩りがいいです。
さて、ここのウリはここで醸造しているクラフトビール(地ビール)。こぶし花ビールといいます。あー飲みたい。飲みたいよぉ。
でもこの伝票、なんか凄いっスね。
09062004.jpg
カレーライスやかけうどんと並んでメルツェンやマイボックの文字があるなんてすばらしすぎ。
当然、おみやげで買って帰りました。
09062005.jpg
4種類のビールを醸造しているなかで、ベルギーホワイト。これは藤原ヒロユキ著『ビールの常識/絶対飲みたい101本』という本のなかで、世界のビールのなかから厳選された101本のなかに入っている品です。ベルギー流でコリアンダー、オレンジピールが添加されているのだけれど、このスパイシー加減が絶妙。
posted by ぐーたり at 08:48| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

えびす庵@坂戸市石井(初)

肉汁うどん700円。
08091502.jpg
うどんは白くてやや細め。やや柔らかめ。量はしっかり400gはあります。
特徴的なのはつけ汁で、揚げ玉が入っているのね。これがこってり感を感じさせてくれる。
月曜と第二第三火曜休みで、11時半から19時。
ほかにもいろいろメニューがあるけれど「鴨汁うどん700円」がオススメだと壁に書いてあった。
08091503.jpg
posted by ぐーたり at 10:35| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

手打うどん藤@坂戸市中小坂(初)

野菜天せいろうどん780円。
08091202.jpg
そばもやっている店。まわりを見回すとそばとうどん、半々ぐらいの比率だった。
それにしても飲酒率も高い。下の写真のようにロードサイド店なのだけれど、ご老人が午前中から飲んでいる姿って、年期の入ったうどん店ではよく見かける光景です。
うどんは推定400g。太くてねじれも入っていて、しっかりとした歯ごたえがある。しかし風味はない。たつみや@所沢市北野のうどんに似ていると思う。
野菜天のなかのシシトウが「当たり」でした。舌がびーんとしびれます。
メニューには「肉汁せいろうどん780円」もあったのだけれど、ライスがつくということなので回避。
木曜休みで11時から。
喫煙OK。けっこう店内はケムリ充満してました。
08091203.jpg
posted by ぐーたり at 09:26| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

庄司@川島町上伊草(初)

すったてうどん700円。
08090402.jpg
この店のある道をもうちょっと進むと「あぢとみ食堂吹塚店」があるため、その吸引力が強くてなかなか訪問できなかった。
さて、初訪問。
店内は意外に広い。50人以上のキャパシティがある。
壁に貼ってあるメニューを見ていると「すったてうどん」が目についたので注文。これは川島町あたりの呼称で、要するに冷や汁うどんのこと。
うどんは平打ちでよく見ると黒いツブツブが入っている。フスマかな? 並で400g。ほどほどの茹で加減で弾力もあり、食べやすいタイプ。
つけ汁は味噌とゴマの味。そこにキュウリ、大葉、ミョウガがからんでくる。
不定休で10時半から16時まで。
禁煙。
ホームページもある。
http://tokyo.cool.ne.jp/wanokokoro/
むぎぶえ@東松山(未訪問)も関連店。
08090403.jpg
posted by ぐーたり at 08:46| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

條辺(じょうべ)@上福岡(初)

ひやかけ一玉400円+ごぼう天100円。
08060202.jpg
2008年4月の開店。
店主がもとジャイアンツのピッチャーだったということで開店前から話題になったようで、開店してしばらくは行列ができていたようす。
そろそろ落ち着いただろうかと予想して訪問してみた。
果たして行列なし。と言っても訪問時間は10時(なんと朝の7時から営業開始)。
讃岐うどんのセルフ店。
うどんは太くてもっちり弾力がある。かけ汁は透きとおっている。讃岐には行ったことのない私が想像する「理想的な讃岐うどん」だ。
ごぼう天はパリパリとせんべいにも似た感じ。つくり置き天ぷらは、こんなふうにするのがいいっスね。
「讃岐うどんのセルフのスタイル」については表にも中にもパネルに書かれているのだけれど、読まないでオロオロする人がいた。小さい店だけれど、ちゃんとガイドしてあげないとね。
それから、もう変えようがないのかもしれないけれど、天ぷら類を置いてある場所が高すぎて、入って来たおばあちゃんが取りつらそうだった。ここらへんもフォローしてあげてほしかったっス。
08060203.jpg
posted by ぐーたり at 08:41| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

やぎちゃん@毛呂山(初)

肉汁うどん650円。
08052702.jpg
ちょいと前に訪問したラーメン店「いとう屋」のとなりにある店。
ノレンには「うどん」と書かれているが、入ってメニューを見ていると定食類もあり、夜は居酒屋スタイルになるようす。
メニュ−の一番上には「ひもかわ」とある。迷ったが肉汁うどんを注文。
08052703.jpg
うどんは推定300gほど。白くてツルピカ。つけ汁は肉のうまみも出ていて甘辛の濃い味。
ところで外観写真をPC取り込みしていて、不思議なことに気づきました。4月15日upのいとう屋の外観写真を撮った位置から、少し下がって撮っているのですが、前方のまったく同じ位置に通行人がおなじ格好をして写っています。まるでひとつの写真をトリミングでつかいまわしたみたいです。
08052704.jpg
posted by ぐーたり at 08:19| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

道の駅いちごの里よしみ@吉見町

かき揚げ天もりうどん550円。
08052602.jpg
道の駅のなかにある食堂で手打ちうどんが食べれる。
訪問してみると、かなり広い敷地に農産物販売所や子どもの遊び場がある。食堂があるのは「物産館」。
http://www.ichigonosato.com/
食券制。厨房ではおばちゃんたちが忙しそう。食券と引き換えに番号札をわたされ、できあがるとマイクで呼ばれるセルフ方式。
私のぶんはすぐにできたので茹でてあったものだろう。しかし次々客がきているせいで、見込み茹ででもじゅうぶん対応できている。御丁寧に、壁には「茹で時間は10分」と書いてある。
うどんは推定400gほど。褐色でぷるんとした弾力があり、小麦の風味もしっかりある。へんに硬すぎずいいデキではないでしょうか。
かき揚げはつくり置きで冷えたもの。つけ汁も安っぽいものだが、まあこの値段なのでしかたないところ。
生うどん200g=200円も購入できる。
なお、となりに農産物直販所があるけれど、そこでもまた別の茹でうどん。が売られていた。
08052603.jpg
300gで243円。飴色をしています。雨宮百合子と制作者の名が入っています。
食堂の方は無休で11時から15時半(休日は16時半)まで。
08052604.jpg
posted by ぐーたり at 08:00| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

さなぶり@川島町新堀(初)

肉汁うどん600円。
08022102.jpg
うどんは少し風味があるが、やや柔らかめ。のびもある。推定400g強。
つけ汁はさっぱりとしたもの。かき揚げは揚げたてではないが、桜エビ入りで色鮮やか。
昼食時に満席になったので、けっこう人気のある店。
喫煙OKの店で、何人もの客がタバコをすっていたが、不思議と煙を感じない。空気の通り道ってのがあって、そこを避けて座ったようだ。
水曜休みで11時半から14時半、17時から20時。
県道12号の「表」交差点のところにある。店横の駐車スペースのほか、店舗の裏側にも駐車できる。
08022103.jpg
08022104.jpg
posted by ぐーたり at 08:44| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

蔵@ふじみ野市大井(初)

肉汁うどん750円。
08020502.jpg
2007年12月開店。なんかこのところ武蔵野うどんは新店ラッシュですねぇ。何故ゆえ?
R254に面していて、駐車スペース18台ぶん。店内も広くて50人以上のキャパシティがある。建物じたい新しくて木の匂いがある。
メニューに「当店一番人気」と記載されているけれど、これって開店当初から「当店一番人気」なのでしょうかねぇ。
08020503.jpg
うどんとは関係ないところでもひとつイチャモンつけると、カウンタ席に「久保田千寿」と「八海山(普通酒)」が置いてある。どちらもうまい酒だが、この取り合わせは恥ずかしいのでやめてほしい。センス疑われる。
うどんは推定450g。褐色のやや細めでねじれが入りまくっている。粉の風味もある。麺の幅が不揃いで、細いものと太いものでは3倍ほどの開きがある。なので細いものはぬるぬる状態になり、太いものは芯が残っている状態になっている。
つけ汁にはたくさん豚バラ肉が入っているが、さほど濃くはない。後半になって豚の甘みを感じだが、投入された肉から出てきたものなのだと思う。
定休日は「まだ決ってません」。11時から15時、17時から21時の営業。
R254の上り側。池袋から向かったとして、三芳町からふじみ野市(旧大井町)に入ってすぐの右側にある。道路むかいはゴルフ練習場「旭ゴルフガーデン」。
08020504.jpg
posted by ぐーたり at 08:38| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

あたご@ときがわ町関掘(初)

肉汁うどん600円。
08020202.jpg
2007年11月開店。
気づかないうちに都幾川村と玉川村が合併して「ときがわ町」になってました。旧都幾川村役場の裏に店舗がある。
メニューは石焼ビビンバがトップで、肉汁うどんはない。
08020203.jpg
おそらく需要が多かったのか、壁に「肉汁うどん600円」と貼られていた。それを注文。
おお、床があたたかい。床暖房してます。
しばらく待ってやってきた品は、麺量は推定300g。やや褐色で、角が直角になっています。硬めの茹で上がり。小麦の風味も芳醇にあります。つけ汁はフツー。
メニュー画像の右に一品料理が見えていますが、やはりこちらも夜は居酒屋っぽくなるような営業形態なのでしょう。
木曜休みで11時から14時半、17時から21時。
県道30号を飯能方面から来たとして「田中」で右折、旧役場の建物の先を右折してすぐの左側にあります。もしくは「田中」に到達する前に、左に「桃木簡易郵便局」が見えたら、そのちょい先で右ななめ前方にのびる道に入っていってもいいでしょう。
08020204.jpg
posted by ぐーたり at 08:23| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

金時@毛呂山町箕和田(初)

鴨汁うどん650円。
08013102.jpg
ここも「飲み屋が昼営業でうどん店」のパターン。
飲み屋といっても繁華街ではなく、まわりに人家がないような場所にポツンとある。
店に入ると誰もいない。「?」と突っ立っていると、裏口から店の人が登場してきた。
うとんメニューは以下のとおり。
08013103.jpg
イタリアン風ひもかわにソソられるが、まずはオーソドックスに鴨汁つけうどんを注文。
しばらく待って出てきた品は、麺が褐色。やや細めの平打ちで、推定350gほど。柔らかめに茹でられていて、さほど風味は感じない。つけ汁は鴨のうまみがたっぷり出ていてマイルドにうまい。ネギにも焦げ目が入っている。
道路からちょっと引っ込んだところにあり、道路にはノボリが立っているが、そもそもそれほど交通量は多くない。
木曜休みで昼の営業は11時半から14時まで。場所は、東毛呂駅方面からラーメン店「巽や」に向かう途中のローソンを左折すると、前方に看板が見えるはず。「箕和田」じたいは狭い範囲の地名なので、地図を頼りにアクセスしても容易に発見できるかと思う。
08013104.jpg
posted by ぐーたり at 08:04| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

夢航海@武州唐沢(初)

肉ネギ汁うどん並600円。
08013002.jpg
これまた通りがかりに発見。
うどんのノボリとともに沖縄そばのノボリもある。これってけっこう珍しいかも。
靴をぬいで上がってみると、カウンタ10席と3卓ほど。落ち着いた空間。夜は居酒屋になるのでしょう。
茹で時間は10分以上かかりますがいいですか? 麺は硬めなので、お好みに応じて柔らかめにしますがいかが? などと女性店主?に聞かれる。あとで、食べていると「硬さは大丈夫ですか」と聞かれたり、あとから来た常連さんとトークしていたりと、どことなく福助@清瀬を連想したりして。
08013003.jpg
しまった、反射で真ん中の品名が読めない。
うどんは推定300g。まんなかにゆず皮が乗っています。ここ、越生町は関東で最大のゆずの産地だそうです。うどんは角はとれて丸っぽくなっているけれど、言われたとおり、しっかりとした弾力があり、小麦風味もまずまず。
つけ汁は肉、ネギのほかに油揚げが入っています。そのままでも飲めるほどの濃度。
月曜休みで11時半から。店舗裏に駐車場あり。駅からも近くて、東武越生線武州唐沢駅を出て、前方の道路を右に進み、JR八高線の踏切りを割たった右にある。下の写真でも踏切が見えるが、店舗横を八高線が走っている。
08013004.jpg
posted by ぐーたり at 09:16| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

大木うどん店@桶川市川田谷(初)

けんちんうどん700円。
08012402.jpg
極太うどんで有名な店。
だが今まで訪問しなかったのは、いくつかのインプレを読んで「この店は、ま、いっか」と思っていたからだ。
県道12号沿い。昨年だったか、新店舗をつくって、ちょっとだけ桶川よりに移転した。
店内に入るとまず大テーブルがあって、人がぎっしり。そして煙モクモク。ややマシな奥の座敷の空きテーブルに座る。
メニューはこんな感じ。
08012404.jpg
どの品でも太いのか細いのかを選べる。細いと言っても、通常の感覚からすればじゅうぶん太麺なのだけれど。
けんちんうどんを注文。ホール係は客をさばききれていない様子。
20分ほどして、ちょうどロットの切れ目なのでもう5分ほど待ってくれというようなことを言われる。
それから15分ほどしてうどん到着。
うわっ。
08012403.jpg
それぞれ10cmぐらいしかない。ほうとうみたいですね。長くて20cmくらい。短いと3cmくらい。
予想通り、火が芯まで通っていない状態。かと言って小麦の風味もない。あまり「うどんを食べる快楽」がない。「うわー太い」のおもしろさだけかなー。
火曜と第四日曜休みで、11時から麺切れまで。
08012405.jpg
posted by ぐーたり at 08:51| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ががちゃ屋@一本松(初)

肉汁うどん650円。
08012302.jpg
道を間違えて走行中にみつけた。うどん店の情報はかなり少ないので、こんなふうに見つけるパターンが多い。
2007年12月開店ということで、まだ新店です。
うどんは推定450g。カウンタ席右端に座ったものだから、茹で置いたうどんがザルに入っているのが見えた。それが出てくる。
麺はややクリーム色。讃岐うどん大手チェーン店っぽい食感で、茹で置いてもヘタレにくいタイプ。小麦の風味はない。弾力はあるけれど、やや不自然な感じ。
つけ汁はそのまま飲める濃度。というわけで、まだ発展途上中でしょうかね。
店名の「ががちゃ」というのは山形県の庄内地方の方言で「お母さん」という意味だそうだ。山形出身?
月曜定休(祝日の場合は火曜)、11時から14時半、17時から20時半。所在地は鶴ヶ島市下新田12-8。東武越生線一本松駅の改札を出たら左へ150m。「一本松」交差点に出る。ここは五叉路なのだが、右の方、「整形外科」がある方の道を150mほど進んだ右側に店がある。
08012303.jpg
posted by ぐーたり at 08:18| Comment(3) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

切麦@朝霞市本町1(初)

田舎汁うどん760円。
08011802.jpg
「店長おすすめ」と書かれた上記の品を注文。
下のメニューの「もりうどん」のところにも「ツルツル」「モチモチ」と書かれているように、真っ白でピカピカなうどん。びよーんと伸びるタイプ。風味は感じない。推定量は350gほど。
08011803.jpg
つけ汁は合鴨出汁とのことで、うまみがよく凝縮されている。お湯割りしてつい全部飲んでしまった。
そばもやっている店だが、客の大半はうどんで注文していた。どのくらいの頻度でやっているのかはわからないが、訪問した日は大盛りサービスだった。また、ランチタイム禁煙。
木曜休みで11時から15時半、17時半から21時(土日祝は通し営業)。朝霞駅南口から徒歩5分ほどのところにある西友とマルエツが同居しているところの駐車場向かいにある。
08011804.jpg
posted by ぐーたり at 09:22| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

神山製麺@上福岡(初)

大もりうどん500円。
08011002.jpg
東武東上線上福岡駅あたりで昼食ということが事前に決まっていたので、検索して「手打ちうどん美可美(みかみ)」という店を見つけておいた。
ところがR254沿いの店にたどり着いてみると、法事なんかも引き受けちゃいます、送迎バスもあります、という巨大な店舗。気持ちが引いてしまい「なら、大根おろしラーメンにしよう」と「むらまつ」に向かう。
しかーし、むらまつは店内満席状態だった。しかもタバコを吹かしている客がいる。
そこで駅の反対側(東口)に回ってぶらぶら探索していて見つけたお店。ネット上にはほとんど情報はない。
店外にメニューが掲げられているが、こんな感じ。
08011003.jpg
オーソドックスな品揃えです。ま、とりあえずもりうどん。こういうタイプの店だから大盛りでいいでしょ。
壁には「うどんの茹で時間は9分」と書いてある。きっちりそのくらいの時間待って出て来た品は、白くてピカピカ。量は推定400g。風味はほのかにある程度だが、茹で加減がとてもよくて、しなやかさと弾力が程よい具合。これなら、カレー南蛮など、具のあるメニューでもよかった。
帰宅してから調べてみると、同じ「神山製麺所」で、所沢市下富で玉売りしている店の記事が出てきた。
http://www.geocities.jp/dionbushin/dion99.htm
これが製麺所で、その直営店ということで上福岡駅前でやっているのだろう。
定休日、営業時間、聞き忘れました。場所はパチンコ店アサヒのとなり。
08011004.jpg
posted by ぐーたり at 08:23| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

丸ふじうどん@北本(初)

もりうどん380円。
07101102.jpg
この店もまた情報が皆無に近い。yahoo電話帳にて店名にうどんがついているからうどん専門店だろうと推測して訪問してみた。
外から店内が窺えないというのは入りにくいもんです。
しかしここまで来たのだから、と意を決して入ってみる。
おお、レトロなかんじ。
肉汁うどんとかはないのでもりうどんを頼む。
するとすぐに出てきた。茹で置きでした。
あんまり味はしません。量は300gぐらい。ま、こんなもんでしょう。
北本駅東口すぐの三軒茶屋通りにあります。定休日営業時間は聞きそびれました。
07101103.jpg
posted by ぐーたり at 08:15| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

おやじのうどん旬@志木市中宗岡(初)

おやじのうどん630円。
07100902.jpg
07100903.jpg
ネット上ではほとんど情報がない店。
どんなうどんなのか予想もつかずに店に入り、メニュー右端の「おやじのうどん」を注文。
しばらく待って出てきたうどんを見て「!」。褐色がかっている。にわかに期待が高まる。
おおっ、とき@東村山に似て、芯が残っているような粉っぽさがある。小麦の風味もきっちり立ちのぼる。
いっぽうつけ汁は角煮がひとつ浮いているだけのシンプルなもの。うまみは強いが甘辛さは強調されていない。ここらへんはとき@東村山が実現しているバランスの妙には到達していない(というふうに感じてしまう)。
月曜休みで11時から14時、17時から22時半。
志木駅から志木市役所、秋が瀬橋方向に進む。市役所を過ぎてしばらく進み「宗岡公民館」を右折。150mほど先の左にある。
ホームページもある。「ようこそおやじのうどん旬」で検索するとトップで出てくる。
07100904.jpg
posted by ぐーたり at 09:17| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

一休@北本市荒井3(初)

きのこ汁うどん580円。
07092702.jpg
いろいろメニューがあるが肉汁はない(鴨汁750円はあり)。もりうどんは450円だが、きのこ汁うどん580円を選んだ。すぐに出てきたので見込み茹でしているようす。
麺は白くて弾力がある。風味は弱め。麺量は推定300g。どちらかというと讃岐寄りのうどんかな、と思っていたらテーブル上に置かれたチラシでは「当店のおすすめは、おろしうどん、サラダうどん」と書かれているけれど、そのメニューはない。まだ新しい店のようなので、試行錯誤しているのかもしれない。
つけ汁は尖った味を感じたので、早々に七味を投入した。
そのチラシを今見ていてヘンなことに気づいた。営業時間の表記が10:30〜20:00(ラストオーダー17:30)と書かれている。ラストオーダー後、2時間半も店は開いているということなんでしょうか?
水曜休みで、15時まで禁煙タイム。店内はけっこう広い。10卓ぐらいあるかな。
07092703.jpg
駐車は店のまわりに多数。所在は北本市荒井3-395。「荒井」交差点から南に、信号を2つ越えた先左側。チラシにバスアクセス方法が書いてあるので転記すると「北本駅西口から川越観光バスで農協石戸支所前下車、徒歩5分」とのこと。しかしバスの便数は少なそうな気もしますが。
07092704.jpg
posted by ぐーたり at 10:40| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

あら井@志木市下宗岡3(初)

冷やしたぬき700円。
07092002.jpg
秋が瀬橋のそば、ちょっと目立たない場所にあるお店。
店内はなかなか年季が入っている感じ。
肉汁うどんメニューはなく、もりうどんが550円。だが、冷やしたぬきにした。
麺は細めの平打ち。店内の貼り紙によると、冬には太麺にするようだ。やや柔らかめのモチモチした食感。麺量はさほど多くない。さくっといただける品だった。
月曜休みで11時半から14時、17時から21時。
地番は志木市下宗岡3-18-2。だいぶ前に指摘した「志木料理飲食店組合」HPでの表記がまだ直ってない。
http://love-town.net/shikifood/sobaudon.html
07092003.jpg
07092004.jpg
posted by ぐーたり at 08:16| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする