2017年10月04日

七福神@宮代町山崎

ねぎ肉つけ麺400g 702円+にんじん天108円。
IMGP0029.jpg
本庄市の本庄製麺が宮代町に出した支店みたいな店。
本庄製麺の方は「いつか訪問リスト」にはいれていなかった。が、この日、宮代町に用事があって、ちょうど昼飯時にこちらの店の前を通ったので「じゃ、食べてみよう」と訪問したのでした。
天井が高い店舗です。
うどんは太くもっちりした麺。風味はない。ほどほどの弾力。つけ汁は業務用的な味。豚肉は味があるが少なめ。ネギは多め。
にんじん天のにんじんが太めで甘みがある。
卓上にすりゴマ器あり。
無休で平日11時から15時、17時から20時、土日祝は通し営業。
宮代町山崎551-1
IMGP0028.jpg
posted by ぐーたり at 08:16| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

喜久屋@嵐山町むさし台

肉汁うどん750円。
IMGP0018.jpg
2017年5月開店。
うどんは農林61号とあやひかりのブレンド。並盛りで400g。
めんこ61の後に所用を1時間ほど入れてから訪問。さすがにまだ腹は減っていなかったけれど、噛みしめると農林61号の風味を感じられるうどんなのでスルスル食べられる。
自分は最初にこのテの武蔵野うどんを食べていて、その後に讃岐うどんに出会ったわけで「讃岐うどんは何か物足りないな」と感じたけれど、具体的に何が「物足りない」のかに気づいたのはだいぶ後のことになる。気づいてからは意識的に小麦の風味を楽しめるようになったけれど、そういうプロセスを経ていない人の方が圧倒的に多いわけだから「農林61号を使用したうどん」と言って食べてもらっても、ピンとこないで「ちょっと高いな」と思う人が大半なのではないでしょうかねぇ。相変わらず「うどんが太くて硬いのが武蔵野うどん」という認識の方が一般的であるし、都内の武蔵野うどんを標榜する店でもそう認識しているフシがある。
話が脱線したけれど、この喜久屋は長く店を続けてもらいたいと思います。嵐山町はなかなか用事がなくて行けないけれど。
月曜休みで11時から15時。
嵐山町むさし台3-10-6
IMGP0017.jpg
posted by ぐーたり at 08:17| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

めんこ61@嵐山町千手堂

肉汁うどん(普通)500円。
IMGP0005.jpg
道の駅とか農産物直売所でうどんも提供している例は埼玉県にいくつもあるけれど、こちらは「農林61号小麦を使ったうどん」をウリにして2017年1月に始まった。
国道254号沿いの嵐山直売所の建物の裏側にある。
外観はこんな。
IMGP0003.jpg
「味彩工房」という建物の隣りの仮設テントでうどんを土日祝限定で提供している。
調理するのが建物の中の厨房で、食べるのがこの屋外ということになる。
中に入ると、こんな感じ。
IMGP0004.jpg
風が吹き抜けて気持ちよかったけれど、冬は寒いだろうし、真夏は暑い。
11時の開店すぐに訪問した。この後、別の店を訪問する計画だということもあるけれど、こういう道の駅・直売所系は「見込み茹で」をすると思って、ならば開店直後がいいかな、と思ったのでした。
普通盛りで量は300gほど。
しかしサービスでお稲荷がついて来た。
うどんは程よい柔らかさで、うむ、農林61号の風味が噛みしめるたびに口内に溢れてくる。やはり全粒粉小麦粉で作ったうどんとは異なる風味です。
つけ汁は具が多く、バラ肉から油も出ていてコッテリ感もある。
基本セルフで、食べ終わったらトレイごと食器を返却口に持って行くスタイル。
土日祝のみ営業で、11時から14時。
嵐山町千手堂690
直売所の方でももちろんうどん売ってます。
IMGP0001.jpg
農林61号の小麦粉もありました。
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 18:56| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

新倉うどん ひろとみ@和光市

季節のかき揚げぶっかけうどん(大盛り)850円。
IMGP0030.jpg
2017年7月開店。
とても古い(2005年ですね)の記事で和光市の「クロシェット・ドゥ・ボワ」という洋食店でうどんを食べたレポがありました。そこのうどんはその店での手打ちでなく、和光市の鈴木製麺のものを使用していたわけですが、同じく鈴木製麺のうどんを使用したうどん店です。どんなうどんか忘れていましたが、出て来たうどんを見て「あ、これこれ」と思い出しました。やや細めながら全体にウェーブがかかっていて、風味はなく、しかし讃岐うどんの弾力と、ゴツゴツした田舎うどんの中間にあるようなうどんです。
大盛り(茹でる前の重さが普通盛り150gのところ、大盛りは200g)が無料とのことなので、大盛りで注文。茹でた後はおそらく400g弱ぐらい。
「季節のかき揚げ」は玉ねぎ以外の具材はトウモロコシと枝豆でした。
メニューはこんな。
IMGP0027.jpg
しかし壁に「9月7日から」ということでこんな貼り紙が。ちょっとメニューが増えます。
IMGP0028.jpg
店内はテーブル席のみでこんな感じでした。
IMGP0029.jpg
不定休(とのことですが、9月の休みは6日、12日、20日、26日とのこと。火曜あるいは水曜ですね)で、11時半から15時、17時半から21時半(21時ラストオーダー)。
ただし夜営業は9月13日からとのこと。
和光市本町12-33
東武東上線和光市駅から近いです。駐車場はないようです。
IMGP0026.jpg
posted by ぐーたり at 17:48| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

五月@川口

たぬきセット700円。
IMGP0046.jpg
JR川口駅から徒歩5分ほどの場所にある大阪うどん店。
初老の夫婦でやっているようだ。
周りはチェーン店ばかりという立地の中で、ポツンと目立たずに昔からやって来たような風情の店。
セットメニューがお得のようなので上記の品を注文。
しばし待って出て来た品は、見かけ素っ気ない感じ。
うどんはやや細めで柔らかい。つゆはなるほど醤油感は控えめ。カレーはスパイス感はそんなになくてしょっぱいルー、という具合に突出したところはなく、それゆえに懐かしいような気分になって来た。
店を出て改めてあたりを見回すと、ホントにケバケバしいチェーン店だらけです。これって、振り返ってみると自分がいた店が影も形もなく消え去っているというファンタジーの定番だよな、なんて思ったりして。
木曜休みで11時から20時半。
川口市栄町3-9-16
IMGP0045.jpg
posted by ぐーたり at 07:43| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

うどん日和 ひこどん@蕨

ひこどんセット780円。
IMGP0002.jpg
2016年7月開店。
居酒屋っぽい小さな店。
ランチメニューは割と豊富だが、店の名の付いているやつを注文。
すぐに出てきた。
うどんは褐色だが小麦の風味はない。食感は弾力があって讃岐うどんっぽい。太麺で食べ応えはある。量は400gほど。
天ぷらは小さめだけれど、たくさんあります。見えない部分にちくわ天もある。抹茶塩で食べてくださいと言われた。
ランチのセットメニューとして過不足ないけれど、やはり武蔵野うどんとは違うものだと個人的には判断しました。
火曜休みで11時から14時半、17時から21時。
川口市芝4-7-30
近くのコモディイイダに車を停めて駐車証明書を見せると1時間分の駐車コインをくれる。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 17:24| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

しいの木@ときがわ町番匠(初)

肉汁うどん800円。
しいの木01.jpg
2015年8月開店。
ジャズの流れる落ち着いた雰囲気の店内。
800円ということで少々高めかな、と思ったけれど、お稲荷さんとおからの小鉢がついているので値段相応だと思い直した。
うどんは350gほどで硬めでツルツルしている。あまり風味は感じない。つけ汁は具だくさんで、かろうじてそのまま飲める濃さ。
うどんより印象に残ったのはおからで、自然なうまみがいい。お稲荷さんも見かけよりもボリュームがあり、腹が満たされた。
月曜と木曜休みで11時から14時。
ときがわ町番匠403-2
しいの木02.jpg
posted by ぐーたり at 14:14| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

udon.おりはら@春日部市西金野井(初)

カレー汁うどん680円。
おりはら01.jpg
現在は春日部市だけれど以前の庄和町にできたうどん店。
武蔵野うどんか讃岐うどんか?
メニューを見ると、
おりはら02.jpg
肉汁うどんがあるけれど、ぶっかけもあるし、どっちだ?
讃岐うどんではないだろうかと考え、カレー汁うどんを注文。
15分ほど待って提供されました。
うどんは白いです。小麦の風味は感じず、柔らかめの茹で加減。細めのうどん。
なのでカレー汁をよく持ち上げてくれます。
量は400gぐらいかな。
ぺろりと食べれてしまう。カレー汁もほどよいうまみと辛さ。
漬け物は自家製のようです。
月曜と第二第四日曜休みで、11時半から14時、18時から20時半。
春日部市西金野井290-3
店の前に駐車できます。
おりはら03.jpg
posted by ぐーたり at 19:20| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

水織@北本市本宿4(初)

肉ねぎ汁うどん並640円。
水織01.jpg
ロードサイドの大型店。この店も自分の「いつか訪問するうどん店」リストに長らくあった店。
ぶっちゃけ、あまり期待してなかった。
駐車場も広いけれど、昼飯時に到着すると車でいっぱい。流行っています。
どうせ見込み茹でで注文したらすぐ出てくると思いきや、10分以上待つ。
出てきたうどんはクリーム色で、つややか、むっちり。
風味は少ないものの、うまみのあるうどんでした。
つけ汁もほどほど、肉もうまみがあり、ずば抜けているわけではないけれど客が多いのもわかる。
無休で10時半から15時、17時から22時。
北本市本宿4-33-3
水織02.jpg
posted by ぐーたり at 18:43| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

基蔵@武里(初)

ぶっかけ中700円+ちくわ天150円。
基蔵01.jpg
讃岐うどん店なので訪問する予定ではなかったけれど、唐突に訪問。
そっけないプレハブみたいなつくりの店構えがいい感じ。
メニューはこんな。
基蔵02.jpg
丸亀製麺とか花まるに慣れてしまうと高く感じる。
とりあえずぶっかけとちくわ天という無難な路線で。
ほどなく提供されたのでゆで置きでしょうかね。
もぐもぐ。
ぼそっとした食感の麺、ちくわ天はむっちりうまみがある。
店主は空手やっているようで、段位認定証が貼ってあったりします。
丸亀製麺や花まるは大手チェーンだけど、こげら@東村山市富士見町だって500円でうどんと天ぷらに卵かけご飯を提供できるんだから、やはりちょっと高く感じてしまうなあ。
火曜休みで11時半から20時。
春日部市大場1292
基蔵03.jpg
posted by ぐーたり at 19:16| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

いしづか@桶川(初)

牛ホルモンつけうどん750円。
いしづか01.jpg
長いこと自分の「そのうち訪問する店」リストに入っていた店。
入ってみるとしーんとしている。そして薄暗い。昼飲みに向いているかも。
しかしBGMとかまったくないので、前客がおしんこを齧る音がよく店内に響きます。時計の秒針の動く音も聞こえる。
メニューにはつけうどんが3種あって、牛肉、豚肉、ホルモン。珍しいのでホルモンを頼みました。
しばらく待って出てきた品は、なるほどつけ汁にシロコロホルモンが浮かんでいます。うどんは400gぐらいかな。店内が暗くて色合いはわかりません。風味もそんなになかったと思う。
つけ汁は濃い味です。飲み干せないぐらい。こちらには独特の風味がありました。
水曜休みで11時から20時。
店の横の駐車場の奥の方に4台ぶん専用スペースあり。
桶川市南1-7
いしづか02.jpg
posted by ぐーたり at 17:06| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

城@みずほ台(移転後初)

地粉うどん500円。
城01.jpg
以前は国道254沿いにあったが、みずほ台駅すぐのところに移転して2015年5月オープン。
夜営業では飲み主体にしているみたい。
メニューはこんなです。
城02.jpg
シンプルそのもの。けれども肉汁うどんが800円はここらへんとしては強気かなあ。
注文してほどなく提供されたので茹で置きでしょう。見た目は灰色ですが風味はあまり感じられず。400グラムほど。標準装備の天ぷらは鶏肉とカボチャ。
無休で11時半から14時、17時から22時。
富士見市西みずほ台1-20-4
城03.jpg
posted by ぐーたり at 20:15| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

うどん康@伊奈町寿(初)

肉つけ汁うどん600円。
康01.jpg
道を間違えて走っていたらうどん屋さん発見。
表には「つけ汁」などと書かれているのだけれど、自分の「そのうち訪問するリスト」には入っていない店だったので、昼時であったので食べてみることに。
でもヘンだな。武蔵野うどんの店ならだいたい訪問したか、リストに書いてあるはずだと思ったので、座ってすぐにスマホで「食べログ」を見てみた。
なるほど、うどんが白くて風味なしということで「訪問しなくていいや」と判断してたのでしょう。
そうこうしてたら茹で上がって提供されました。
なるほど白くてにゅるにゅると柔らかめ。でも嫌いではないです。茹でたてで食感がいい。武蔵野でもなく讃岐でもないという食べログでの文言があったけれど、よく伸びる麺だから博多うどんに通じるものがあるでしょ。
つけ汁もあっさり目でした。
康02.jpg
水曜休みで11時から15時、18時から21時(日曜は夜はなし)。
伊奈町寿4-123
喫煙OKの店です。
店の前以外にも、裏のちょっと離れた住宅地に4台分駐車スペースあり。
康03.jpg
posted by ぐーたり at 18:05| Comment(3) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

きび@松原団地(初)

うどんセットランチ780円。
きび01.jpg
カフェっぽい雰囲気の和食レストランで手打ちうどんを出すようなので、食べてみることにしました。
ランチ提供は水金土日だけなので、何度もタイミングを逃しつつ、ようやく訪問。
15分ほど待って出てきたうどんは、量は少なめ。300gぐらいでしょうか。やや細めで柔らかめ。噛み締めるといかにも全粒粉を使用しましたという風味です。
つけ汁はわりと濃いめで鴨出汁だとのこと。
副菜の桜えびとキャベツの煮びたしは、とても薄味。自家製っぽい漬け物もちょっとだけ。
全体に量は少なめで、満腹感はありませんでした。まー、うどん専門店じゃないしね。
ランチは水金土日のみで11時半から13時半ラストオーダー。
草加市栄町2-5-23
きび02.jpg
posted by ぐーたり at 20:36| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

おかだうどん@和光市白子2(初)

野菜天もりうどん700円。
15073002.jpg
そばや定食もやっている店なので「ここは訪問しないでいいか」と思っていたけれど、Eg-Blogうどん店さんの記事で心動かされて訪問。
暗めの店内が妙に落ち来ます。昔からやっているらしき店だけれど、昼時で次々入れ替わりでお客さんがやってきます。
うどんは400gほどで風味もあって手打ちうどんの感触を楽しめる。
天ぷらはインゲン、にんじん、たまねぎの3種で、それぞれわりと大きめ。さくっと揚がっていました。
入ってすぐのテーブル席4卓だけで回転していたけれど、奥にまるで自宅の居間みたいな小上がりが気になりました。そこで食べてみたいなぁ。
火曜水曜休みで11時から20時。
店のとなりに2台駐車スペースあり。
15073003.jpg
posted by ぐーたり at 08:46| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

せんなりや@川口市神戸(初)

肉汁うどん700円。
15072802.jpg
「信州地粉使用」をウリにしている。柄木田製粉の袋が店内にあった。
つけ汁うどんの種類もけっこう豊富にあるが肉汁うどんを注文。
しばらく待って出てきた品は、うどんは300gほどと少なめ。やや褐色で噛み締めると強くなはないけれど小麦の風味を感じます。
ちょっと面くらったのがつけ汁。煮豚が数枚入っているのだけれど、バラ肉ではないし、汁の甘辛ぐあいも控えめなので武蔵野うどんを食べ慣れていると「これじゃない」と感じるかも。
温玉、ワカメ、かまぼこが一片と付属品はわりと豊富。
月曜と第三日曜休みで11時から15時。
川口市神戸767-1
店内に灰皿あるので喫煙OKでしょう。
あと専用駐車場がないもよう。
15072803.jpg
posted by ぐーたり at 09:14| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

山形屋@蕨(初)

肉汁うどん 3L 650円。
15071702.jpg
このお店も長らく「後回し」にしていたのですが、ついに訪問しました。
蕨駅西口を出たところにあります。下の画像が駅の階段を降りて外に出て、左方向を観た見た目ですが、背中合わせの女人像のすぐ右のビル1階角にあります。
当初は立ち喰い店だったようで、ほんとむちゃくちゃ狭い。現在は椅子が置かれています。
なぜかきくや方式のL表示での注文です。店の前にも武蔵野うどんであることをことさらに誇示する文言が書き連ねてあります。
5分ほどでできあがり、トレイを渡されました。
見た目は褐色でみごとなうどん。つけ汁も黒々としている。
しかしうどんに肝心の生きのよさがありません。あやひかり+農林61号とのことですが、ちょっと粉がもったいない。それにうどんがやたらとしょっぱい。
つけ汁は不自然なうまみで、これまたしょっぱい。
うどんの量はきくやの3Lよりは多めで、飽きてしまって苦戦しました。
壁に「ラー油と天かすを入れろ」ということが書かれているので、天かすはノーサンキューだとしても、ラー油を入れると劇的変化があるかと期待して入れてみましたが、ますます事態を悪化させてしまった感じでした。もちろん自分の好みからさらにはずれていったという意味です。
日曜休みで11時半から14時半、17時半から24時。
なお山形屋はもともとはそば店で、そちらは駅前ロータリーの反対側にあります。
15071703.jpg
posted by ぐーたり at 21:09| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

JA南彩農協食堂@久喜市菖蒲町(初)

冷や汁うどん大盛り650円。
15070702.jpg
ここはわりと以前から評判を目にすることがある食堂だったが、自分は訪問していなかった。訪問しなかったのには何か理由があったのだけれど、すっかり忘れていて、ともあれ訪問。
人気ありますね、ここ。13時過ぎだというのに人がたくさんいる。券売機2台に数人行列してるし。
「訪問しなかった理由は何だっけ?」と思いながらも、とにかく上記の品をいただくことに決め、お腹がすいていたので大盛りのボタンをポチ。
セルフなので券を出して、お茶を自分で取りにいったらもう自分の番号が呼ばれた。
トレイを受け取って「うわっ!」。うどんの量が多い。
そうか、ここは盛りがいい食堂だったのか。それで自分は避けていたのかと、やっと合点。
600gぐらいあります。
見込み茹でだけれど、どんどん人が来るのでうどんはツヤツヤと生きがいい感じ。なのでつるつると食べられます。あっという間に胃におさまってしまいました。
風味はないけれどうまみのあるうどんです。
食べ終わってまわりを見渡すと、うどんとそばの合い盛りを食べている人が目立ちました。
複数人で来て、野菜天盛り合わせをシェアしているテーブルもあったな。
無休で11時から17時半。
久喜市菖蒲町下栢間948-6
15070703.jpg
posted by ぐーたり at 18:40| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

伊古の里@滑川町伊古(初)

ミニ天ぷらつきうどんセット600円。
15070402.jpg
土日祝しかやっていない農家レストラン。
よく調べないで訪問する自分なので、沼のそばの駐車場に車を停めて坂道を上っていったけれど、いま調べてみると車でも裏にまわりこむようにしてアクセスできたみたいですね。なはは。
そっけないつくりの建物。おばちゃんはとても気さくな感じです。
高いところにあるので当然ながら眺めはいい。
15070403.jpg
さてしばし待って出てきたうどんはいい色あい。風味は少なめで、けっこう柔らかめの茹で加減ながら、田舎うどんらしさを味わえます。量は350gぐらいかな。セットで天ぷらとお稲荷がついているので満腹になりました。
周囲はとても静かで、ずいぶん奥地に来たような旅気分にひたれます。
月火水木金休みで11時から14時。
滑川町伊古1846
15070404.jpg
posted by ぐーたり at 15:04| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

茶々亭@越谷市東町(初)

もりうどん400円+ちくわ天100円。
15070202.jpg
あまり情報のない店だが、店主は退職後に香川で修行して自宅敷地内に店舗をつくって始めたようだ。どの駅からも遠いところに唐突に店がある。
店内はテーブル2卓だけでこじんまり。
しばらくして出てきたうどんを見て驚いた。讃岐うどんだと思っていたので、白くうどんだと予想していたのだけれど、みごとに褐色ではないですか。そして噛み締めるとぷるんとした弾力もありながら、しっかり小麦の風味もたちのぼる。ハイブリッドなうどんでした。
量は300gほど。
ちくわ天も一本を揚げるのでなくこんなかたちで、にんじんのゴマ和えがついている。天ぷら類は揚げ置きしてあるようだ。
15070203.jpg
会計のときに「また来てね」と言われたけれど、自分はさすがにここは遠い(川のむこうはもう吉川市という立地だし)。越谷レイクタウンのちょい東になるので、買い物ついでにちょいと寄るというテもあります。
月曜火曜水曜休みで11時から14時。
越谷市東町 5-8-5
15070204.jpg
posted by ぐーたり at 21:21| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

道のオアシス神泉@神川町下阿久原(初)

薬膳うどんピリ辛ごまだれセット626円。
15062302.jpg
神川町での試みで、いろいろな練り込みうどんをつくって「神川薬膳うどん」として売り出そうとしているようだ。
それが食べられるのが「道のオアシス神泉」。ちなみに「道のオアシス神川」というのも別の場所(神川町八日市)にあって、そちらでは食べられないようだ。
提供時間はランチタイムの11時から15時。
薬膳うどんは練り込まれているものは5種類あって、それらがまぜこぜで出てきました。トマト、ウコン、小松菜、ビール酵母、紫芋だそうです。見た目の彩りがきれいです。練り込み麺ですがクセはないので、辛みのあるゴマだれによく合います。するするいただける感じ。
茹でたてで弾力もあります。量は300gぐらい。
見晴らしもよくて気分がいいですね。
15062303.jpg
無休でランチタイムは11時から15時。
そのほかいろいろメニューあります。数は多くはないけれど、地元の産品も売っていました。
15062304.jpg
posted by ぐーたり at 20:14| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

すきふね@東秩父村御堂(初)

天ぷら付きもりうどん700円。
15062504.jpg
東秩父村の観光の目玉になっている施設で「和紙の里」というところがあって、そのなかにある食事処が「すきふね」。和紙関連の建物のさらに奥にあります。
「やまびこ」のあとですぐに行ってみたら、到着が12時半ぐらいで、平日だというのに建物の前に10人ぐらい待っている人がいたので、用事を済ませてから再度訪問。満席でしたがたいして待つことなく座れました。
今度は天ぷらつきで注文。
かなり待ちました。40分ぐらい。
ほかのお客さんもそのくらい待っているようで、
15062505.jpg
店内にこんなスモークチーズ売っていて、その試食ができるのですが、みなさん盛大に食べていました。
そしてやってきたうどんは、やはり見た目はやや褐色で「やまびこ」よりも少々柔らかめ。噛み締めると小麦の香りが芳醇にたちのぼります。量は350gぐらいでしょうか。
天ぷらはナス、ピーマン、にんじん、たまねぎの4種で揚げたてです。
月曜休みで11時から16時半。
15062506.jpg
posted by ぐーたり at 21:38| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

やまびこ@東秩父村白石(初)

もりうどん600円。
15062502.jpg
小川町から県道11号で東秩父村に入っていくと、だいぶ山のなかに来て、さあこれから定峰峠ですよ、というあたりにある。そばとうどんの店。
前客3人。うち1人はまだ午前中だというのにビールを飲んでいる。あと2人はそばを啜っていた。3人とも常連さんらしくて、店の人もまじえて談笑している。うん、雰囲気セッティングはできてます。
しばらく待って出てきたうどんは、みずみずしくていかにも茹でたて。淡い褐色。噛み締めると、うんうん、これですよと心の中で快哉を叫びたくなるど真ん中なうどん。無骨な硬さだが、火は通っているし、噛み締めるととても自然な小麦の風味がたちのぼってくる。田舎うどん丸出しで、しかし毎日でも食べたい。
糧はたけのこをやや甘く煮たもの。これもけっこうウマい。
けっこう無理矢理で東秩父村に用事をつくってきたかいがありました。
水曜休み(食べログでは雨天も休みとのこと)で、11時から15時。
量はさほど多くなく350gていどかな。これなら天ぷらも付けなかったことだし、ふもとの「すきふね」にも行けるかも。
15062503.jpg
posted by ぐーたり at 18:25| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

関越道上里SA下りフードコート(初)

肉汁上里うどん730円。
15062305.jpg
上里町の地粉で農林61号使用の武蔵野うどんがサービスエリアで食べられるというのは前から知っていたけれど「まーしょせんサービスエリアな味なんだろう」と思っていた。
あと、このサービスエリアを運営しているのは西武鉄道らしいというのも危惧ポイント。(古くから所沢近辺に住んでいる人は承知のことだけれど、西武鉄道は地元民に嫌われていますので)
でも批判するにしても、まずは食べてみたいと、ということで訪問。
高速道路を利用してない人も、外に数台ぶんの一般人用駐車スペースがありました。
そこから歩いてサービスエリアのフードコートに入る。食券を買うとすでに注文が入っているので、機械の合成音で自分の食券番号を呼ばれるのを待つ。
機械の音声ってなんか嫌な感じだと思っていると、おや、けっこう前の人を飛ばして自分の番号を呼ばれたぞ。
ということは、前の人が何の食券を買ったかは知らないけれど、自分の肉汁うどんは他のメニューよりも速攻で仕上がるというわけだ。つまりは、茹で置きか。ま、サービスエリアだからな。
あとは愕然とするほどウマいことを期待するしかないけど。見た目はいい色だ。量も多い。500gぐらいありそう。肉もバラ肉だな。
うどんはやはり茹で置きで力を失っていました。風味もほとんど消えている。
つけ汁はうまみが薄い。豚肉は硬くなっている。
想定の範囲ではありましたが、こんなもんだったか、やはり。
24時間食べられるということは、やはりクオリティを犠牲にして成り立っているようでした。
15062306.jpg
posted by ぐーたり at 21:38| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

今福屋@桶川(初)

ごま汁うどん530円+ごぼう天90円。
15061602.jpg
前に東久留米市のスーパーで売っていた柳久保うどんの乾麺を紹介したことがあるけれど、それを製造している製麺所(臼田製麺)の店舗。
セルフの店なんですね。最初にレジで注文して前金で払う。番号札を渡されて呼ばれてたら取りにいく方式。
わりとすぐに呼ばれたので見込み茹でだと思う。後客でそばを注文した人は、さらにその人の後の客でうどんを注文した人よりもあとに提供されていたので、そばは注文されてから茹でるのかも。
量が多いのでちょっと驚いた。500gほどあるのではないかな。色もやや褐色で期待させるが、風味はほとんど感じられなかった。しかし茹で加減がほどよくてワシワシ食べさせてくれます。
この通り(県道164)には300m南東に松屋があり、その先にはいしづか(未訪問)があるので、けっこう意識し合っているのかもしれない。
水曜休みで11時から20時。
桶川市西1-12-13
15061603.jpg
posted by ぐーたり at 07:07| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

加賀介@鶴ヶ島市脚折町6(初)

(にらもやしうどんの代替品)700円。
15060802.jpg
2014年11月開店。
もと「うどん桂」という店があったところ。自分は以前の店は未訪問でした。
居抜きで入ったようで、壁なんかも塗り替えていない。
入り口のところに「セルフです」との貼り紙がありました。どうやら店主ひとりでやりくりしているようす。
店内2ヶ所に黒板に品書きが手書きされています。
15060803.jpg
「にらもやしうどん」がなんとなくイメージできなかったので、それを注文すると……。
「あ、ニラを買い忘れた!」とのことで「ほんじゃあ……」と改めて黒板を見ていると「白菜で代替しましょうか」と店主が申し出てきたので「じゃ、それでお願い」ということに。
飲み物セルフ。出来上がったのをトレイで自分の席まで運びます。
なんか品目多いです。画像のほかに、漬け物とデザート(バナナ3口)がつきます。うどんよりも、それらのものたちでお腹いっぱいになってしまいました。
うどんは350gぐらいかな。褐色で縮れています。大葉を刻んだものが載せてあるので風味がわかりづらかったのですが、小麦の風味はしっかりあります。
つけ汁の方は具がなんだかいっぱい入っていました。練り物、シュウマイなんかも入っていて、それらの味がとっ散らかった感じ。ベースの汁の味はあまり濃くなかったと思います。
いろいろ入っていたのは、デフォでこうなのか、ニラがなかったお詫びの意味でそうしたのかはわかりませんが、何回も謝られてしまって「そんなに謝らんでもいいのに」と思いました。
そういうところも含めて、まだちょっと素人っぽい感じがあります。嫌いではないんですが。
とにかく品目が多くてお腹はいっぱいになります。うどんも風味があるんだから、大葉とか余計なものは載せないでもいいのにね。
それから、水切りが甘くて、かなり丼の底に水がたまっていたところも「すのこ入れればいいのにな」なんて思いました。
水木休みで11時半から17時。
埼玉県鶴ヶ島市脚折町6-30-31
15060804.jpg
posted by ぐーたり at 20:41| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

彩佳@幸手(初)

肉汁うどん並650円+Bセット(サラダとデザート)100円。
15052902.jpg
幸手にささいな用事ができたので、ついでにうどんを食べてきました。2009年に開店したといううどん店「彩佳(さいか)」です。
肉汁うどんは並が300gで650円。大盛りだと500gで750円。今回はサラダとデザートがつくBセットを注文。
しばらく待って出て来たうどんは、わずかに褐色ですがぴかぴかしています。噛み締めると風味はほとんどなし。もちっとしたうどんです。不味いわけではないのですが、いたって普通です。やはりここは武蔵野うどんからは遠く離れた土地なのかな、と思いました。
つけ汁は生ネギが入っていますが、なぜかめちゃ硬かった。なんでこんなに硬い?と思い、肉のスジの部分のように噛み切れないのであきらめて全部取り出すことにしました。
水曜休みで11時半から15時、17時から20時。
幸手市東2-16-19
幸手駅からは徒歩10分ちょいかと思います。店の前、横、裏に駐車スペースあり。
15052903.jpg
posted by ぐーたり at 08:56| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

高柳屋@ときがわ町玉川(初)

肉汁うどん並702円+季節の天ぷら100円。
15051102.jpg
創業70年ちかくになる製麺所「高柳製麺」がつくったセルフ店。
2014年10月開店。
肉汁うどんをメインメニューにしたセルフ店であって、武蔵野うどんのセルフ店ではない。
うどんは香川産小麦粉も使用してモチモチ感を出しているとのこと(店内に貼ってあった記事)。なので風味はほとんどないが、食感やうまみは問題なくあるし、見込み茹でだがお昼時で客が並んでいたので、ほぼ茹でたてをいただけたのだと思う。
肉汁もうまみがじゅうぶん出ていた。
すりゴマは会計のあと自分で入れたもの。
季節の天ぷらはごぼうとにんじんのかき揚げ。
何も問題はないけれど、並が300gで大盛りが600g、特盛りが900gというのは、もうちょっと細かく刻めなかったのかと思う。自分は450gがちょうどいい感じなのでそう思うということもあるだろうけど、きくや系のL表示のようにすれば、とっつきは悪いけれど、覚えてしまえばその時の腹具合に合わせて注文できるので使い勝手はいいと思うのです。
店内はけっこう広くて子連れに便利な小上がり席もあれば、テーブル席、カウンタ席もある。なかでも食器を返却する場所の近くにあるこの場所は、ひとり客にとってはよい風景を見ながら食べられますね。
15051103.jpg
水曜休みで11時から17時。
ときがわ町玉川1338
八高線明覚駅からも徒歩15分ぐらいで行けるようだ。
15051104.jpg
posted by ぐーたり at 17:20| Comment(2) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

麦の蔵@川島町上八ツ林(初)

春の肉汁うどん小630円+かき揚げ130円。
15030502.jpg
2014年11月開店。
開店当初はメニューごとに値段がちがっていたようだが、3月4日から「春のメニュー」ということで一新、わかりやすくなり、ちょっと値下げにもなっている。おそらくこれからも季節ごとにマイナーチェンジをしていくのだろう。
初訪問なのでまずは肉汁うどんをいただくことにした。
麺量は小で400g、並(+100円)で500g、大(+200円)で700g。メインのつけうどんのメニューで値段は統一された。肉汁のほかには田舎汁、きのこ汁などがある。
うどんはクリーム色だが風味はほとんどない。もにゅもにゅした弾力で食べさせるタイプ。麺の直角さが生きのよさを感じさせる。
つけ汁はうまみたっぷり。豚肉が薄切りではなくて角切りの形状をしているので、肉を食べていることが実感できる。しかも量がけっこう多い。具材は油揚げや焼き目をつけたネギのほかに、タケノコも入っていた。これがおそらく「春の」とつけられているゆえんなのでしょう。夏場はナスになるのかな。
チェーン店ではないのだけれど、全体にうどんのつくりがこなれている感じです。
セルフで無料のコーヒーも用意されています。
店休日はまだ決まった曜日ではないとのこと。しかしいま食べログを見てみると今月の休みが店側から書き込まれていますね。遠方からこの店目指して食べに行こうとしている人は食べログで休みでないことをチェックしてください。営業時間は10時半から15時。
川島町上八ツ林288-2
15030503.jpg
posted by ぐーたり at 23:36| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

堀衛門@伊奈町栄3(初)/閉店

肉汁うどん並680円。
15011402.jpg
2014年8月開店。
メニューが肉汁、かけ、ざるの3種のみ。サイドメニューとしてちくわ、唐揚げ、味玉、温玉のみとシンプル。
肉汁うどん並は麺量が400gということなのでそれを注文。注文受けてから茹でている様子です。
店内もカフェか洋食店っぽくシンプルな内装。窓の外の道路向いがずっと遠くまで開けているのでのんびりとした気分になります。
うどんとつけ汁どちらも白い器で登場。うどんはクリーム色。硬いというレビューを目にしていたのですが、さほど硬くなく、芯まで火が通ったちょうどよい茹で具合でした。風味はあまり感じないけれど、むっちりと密度があって、小麦粉のうまみも感じるうどんです。
つけ汁はなんとかそのまま飲める濃さ。自然なうまみを感じて飲み干しました。具の油揚げがよく汁を吸っているところも何気によかった。
事情はあるのでしょうけど、サイドメニューはもうちっとあってもいいかもね。
火曜休みで11時から16時。
伊奈町栄3-143-3
15011403.jpg
posted by ぐーたり at 08:10| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする