2008年03月18日

むらまつ@上福岡

大根おろしラーメン(醤油)630円。
08031702.jpg
しばらくぶりの訪問だけれど、前回は扉を開けたら満席に近く、しかもタバコの煙がもわっと押し寄せてきたのであきらめたのだった。
この日は空気がクリーン。あとからきた客もタバコを吸わなかったので快適にいただけた。
定番の「大根おろしラーメン醤油味」を。ふと見ると「とろっとした大根おろしラーメン」という新メニューがある(630円)。スープにとろみをつけたのでしょうかね。これは次回いただくことにしましょう。
さらにもひとつ見つけてしまいました。
このブログの記事をプリントしたものが店内の壁に貼られている!
初めてです。けっこうドキッとするもんですねー。
posted by ぐーたり at 08:24| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

喜楽@川島町三保谷宿(初)

肉ソバ730円。
08030802.jpg
川島町は畑や田んぼが広がっていて、「郊外」というよりは「田舎」と言ったほうがふさわしい。
そんなところにある中華料理屋さんが、なんと化学調味料不使用でやっているようす。ソースはこちら(わりと下の方です)。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BX03/taberu/sapo-to/kawajima/kawajima.html
興味を惹かれて訪問してみた。
ごくフツーの中華料理屋さんです。店のなかではとくに化学調味料不使用であることをアピールしてはいません。オススメは焼き肉定食とかですが、それを頼むとこのブログのカテゴリ外になってしまうので肉ソバというものを頼みました。
頼むとすぐに出てきました。麺は黄色い細麺で、茹で時間が短いのでしょう。写真ではわかりませんが、けっこう肉がたくさん隠れています。全体的に量も多め。無化調だからと言って味が薄っぺらいわけではないですね。おいしくいただけました。
火曜休みで11時から21時。「三保谷宿」という地名の面積は広くないので、地図で確認して向かえばみつかるだろう。
08030803.jpg
posted by ぐーたり at 08:24| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

老地方(ラオディファン)@新狭山(初)

ジャージャー麺850円。
07070602.jpg
07070603.jpg
麺が手打ちであるという情報を得て訪問したのだが、手打ち(注文受けてから麺を延ばすのだと思う)の日は木曜日だそうです。
ま、とりあえず20種ほどあるランチメニューから上記の品を選択。ほどなくやってきた。そしてちょいと遅れてスープも。
ジャージャー麺の餡は黒くて、甘さをまず感じるのだが、ちょいと複雑な味わいがその奥にある。そう言えばここは「中国料理」ではなく「中国茶と薬膳料理の店」と名乗っている。メニューじたいは中国料理の定番ばかりだが、よくある街の中華料理店とは異なる味つけをしているようだ。
水のかわりに冷やした中国茶が出されるのだけれど、これがとてもうまくて看板に偽りなし。
惜しいのはそれぞれの卓に灰皿があるので喫煙OKであること。
火曜休みでランチタイムは11時から15時。新狭山駅北口を出て線路沿いに新宿方向に歩いてすぐ。駅のホームからも見える。店のとなりはパチンコ屋の駐車スペースだが、そのとなりに数台分専用駐車スペースあり。
07070604.jpg
posted by ぐーたり at 08:15| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

祥龍房@新所沢(初)

広東ラーメン650円。
07031502.jpg
なぜかシャキシャキとした炒め野菜が乗っているラーメンが食べたい気持ち。ということは身体が欲求しているのだろう。こういう場合、ラーメン専門店ではなく、中華料理店ということになる。
新所沢西口のパルコのとなりにあるこの店へ。ランチメニューは定食や麺類など20種類弱ほど。どれも700円以下とリーズナブルな価格。繁盛している。
とろみのついた具の野菜はシャキシャキ。スープは少し甘みがあってすっきりしたもの。
無休で11時半から15時、17時から24時。
07031503.jpg
posted by ぐーたり at 09:17| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

中本@東大和市(初)

野菜入ラーメン600円。
07031002.jpg
中本と言えば蒙古タンメンの中本だけれど、もうひとつ有楽町に中本というラーメン店があって、ちょっと古いラーメン本に載っている。この東大和市から徒歩5分ほど、青梅街道沿いにある店は、有楽町の中本のノレン分け店らしい。
07031003.jpg
なんとなく野菜入ラーメンを注文。中太の麺にちょいと濃いめのスープ。そこにしゃきっと炒められたモヤシ主体の野菜が乗る。声高に騒ぐようなものではないけれど、しっかりまとまっている一品でした。
火曜休みで11時から15時半、17時から20時30分。
表から受ける印象より広くて、奥の方にテーブル席がある。
07031004.jpg
posted by ぐーたり at 09:25| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

燕京@狭山市中央4(初)

広東麺700円。
07030202.jpg
地元密着型の人気店。行列こそしていなかったが、30人ぐらい入れる店内はほぼ満席。後客もぞくぞくとやってきて、Qタローさんが書いていてように、客の半分ぐらいはこの「広東麺」を注文している。
メニューは麺類のほか、定食やチャーハンもある。厨房は店主らしき初老の男性を中心に3人。ホール係もオバチャン3人。忙しく働いているなかで、なじみ客と世間話をしている。
品が到着してまずはスープを一口。おおおっ、なかなかうまいっスよこれ。街の中華料理屋さんという先入観でいたものだから、化調味がまずドンッという感じでやってくるものだという予想が裏切られた。とにかく具の種類が多い。エビやレバー、そして時期的なもこともあるけれど、白菜がシャキシャキしている。麺も太くて食感がよい。
火曜休みで11時から14時半、17時から20時。狭山台団地のマルエツ前のスクランブル横断歩道のはす向いのブロックにある。私はマルエツで買い物したのでその駐車場に停めたが、店前に路駐している客多し。
07030203.jpg
posted by ぐーたり at 08:27| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

峰英軒@武蔵村山市三ツ木5(初)

ラーメン450円。
07021002.jpg
青梅街道(旧道)を走っていると「ラーメン」の赤いノボリがあった。店舗は見えないが、どうやらその奥に店があるらしい。路地を入ってみる。と、ありました。この路地は十二所神社で行き止まりになっているのだけれど、下の写真のように、鳥居の手前に小さなラーメン店がある。いいロケーションだ。
看板には「神社ラーメン峰英軒」とある。店のまわりはなんとなく空き地状態になっているので、そこに車を停めて入ってみた。
年期の入った店舗。しかしさびれた風情はなく、地元の人に支えられて細々と営業している感じ。定食や丼類もある。とりあえず基本のラーメンを注文。
おお小さめ。上の写真のナルトの大きさから想像してもらえばわかるだろう、なにか全体がミニチュアっぽい感じ。麺はちぢれている。スープは出汁よりも先に醤油がツンとくる。まぎれもなくレトロなタイプ。すがすがしい気持になります。
07021003.jpg
posted by ぐーたり at 08:20| Comment(4) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

東華園@鷹の台(初)

肉野菜ラーメン630円。
07011602.jpg
12時ちょっと前の到着、店のまわりはひっそりしていたが、扉を開くと中は人でぎっしり。それもガテン系の人々だ。カウンタ10席超、テーブル3卓がいっぱい。なんとか荷物をどかしてもらってカウンタに着席。肉野菜ラーメンを注文。
これだけの客数を初老の夫婦らしき2人でさばいている。しかしそれほど待たずにラーメン到着。「え、私?」と思わず言っちゃった。熟練のワザなのか、急いでいるように見えないけれど、このオチャン、かなり手際がいいのかも。
スープ一口目からガツンと突き抜けるニンニクの味と香り。そして量が多い。これは二郎なみに大盛り。しかし化調全開のスープはさほどくどくなく、麺も普通の細麺なので、二郎のように食べても食べても涌き出してくるようなことはない。
一度炒めた野菜がこれも大量に入っている。オーダーをそれとなく聞いていると「肉野菜みそラーメン」が多いようだ。
それにしても戦場のようなあわただしさ。12時を過ぎると付近の大学生もやってきて、店外待ちが発生。私はちょうどレジ機の前に座ったものだから、私の左肩右肩を1000円札や釣り銭が行ったり来たりする状況になる。うー、たまにはこんな感じもいいものです。
スープは飲み干さなかったけれど、最後にレンゲですくってみると、底にはたくさんニンニクのみじん切りが沈んでいた。
月曜休みで11時から21時。
最寄り駅は西武国分寺線の鷹の台。改札を出たら左へ。玉川上水に出たら遊歩道を右へどんどん歩く。20分ほどで右側に公園が現われるので、その向こう側に店がある。しかし、徒歩20分から25分かかる。もっとも簡単なのは、国分寺駅北口から武蔵野美術大学行きのバスに乗ること。終点ひとつ手前の「朝鮮大学前」で下車して斜め後方に店がある。国分寺駅からバスで18分。
このへんは大学と高校が連なっていて、店の裏のほうの住宅地も道が狭い。車の人はむしろ玉川上水の向こう側で迷惑にならない路駐場所をみつけるべきだろう。下記写真でもわかるように、店前にバス停があり、バスが通るので路駐はきわめて迷惑になる。
07011603.jpg
posted by ぐーたり at 10:14| Comment(2) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

唐園@東大和市清水6(初)

海鮮タンメンと半チャーハンのランチセット780円。
07010902.jpg
とくになにかきっかけがあったわけではなく、通りすがりに入店。ここは新青梅街道に面してして、以前、むつみ屋東京本店があった場所。
みるからにチェーン店っぽい外観。この場所は、下の写真の背中の方に満北亭(マンシュウギョウザ)と南京亭が並んでいる。ここも資本系チェーン店だろうと思ったが、レジにある店名刺をみると、ほかには相模原に2店舗あるだけのようだ。
ランチ(15時まで)は各種のセットメニューがある。上記メニューを注文してみた。海鮮タンメンを単品で注文すると880円だったかと思う。セットの組み合わせは選べないが、セットメニューの方がお得。
味はまあ、中華料理店であるので、それなりの味つけ。具が多く、量も多いので結果的に食べ切れなかった。チャーハンはあっさりめで、このテの店にありがちなタイプ。
角地の目立つところあるけれど、第一駐車場も第二駐車場も、ちょっと車を入れにくいのが難点かも。
07010903.jpg
posted by ぐーたり at 08:54| Comment(1) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

ふくべ@那須塩原(初)

ラーメン大盛り650円。
07010602.jpg
那須塩原駅あたりで昼食をとるスケジュールになった。調べてみてこの店が浮上。車移動ではなく、子連れ。あるラーメンサイトのレポでは「徒歩10分」と書いてあったので、10分ぐらいなら歩けるか、と安直に考えてこの店に向うことにした。
那須塩原駅を東口から出て、ちょっと歩いて国道4号に出て北へと歩く。しかし15分たっても20分たってもそれらしき店が見えない。事前の調べでは電話番号もみつからなかった。なので店にたどりついたとしても、この日は1月5日なので休んでいる可能性もあった。
40分ぐらいかけてようやく到着。国道4号からちょっと引っ込んだ畑のなかにある(下の店舗写真左奥に東北新幹線の高架がみえる)。
入ってみるとさほど広くない店舗は、我々が入ってちょうど満席。
子連れなので大盛りにしたが「デカい!」。麺量は300gぐらいあるのではないだろうか。あきらかに手打ちで、ねじれてうどんのような食感がある。スープは鶏ガラ主体のやや澄んだもの。チャーシューはそこそこ厚くてとてもやわらかい。味もちゃんと封じ込められている。えんえんと歩いてきただけの価値はありました。
店内に貼ってあったが、1月2日から営業している。水曜休みで昼の営業は11時から14時半。子連れなので徒歩40分かかったが、普通の大人の足なら30分ぐらいだろう。車でアクセスするときの目標は、白い外装で廃墟のようにも見える「ホテルニューなすの」が北に向って走った場合、左に見える。そこから300mほど先に「手打ちラーメン」という看板があるので左折すると下の写真のように店舗が見える。
07010603.jpg
posted by ぐーたり at 09:38| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

宮口軒@群馬県藤岡市

羅阿麺500円。
06121602.jpg
私がいろんなラーメンを意識的に食べて回るきっかけになった店。
最初はラーメン通の知り合いがこの店で食べたいというので同行した。そのときもおいしくいただいたのだけれど「なぜこの店がそんなに評価されるのだろう」と不思議に思ったのだった。それがきっかけ。
麺はほとんどうどん。太さがまちまちで、なによりも複雑にねじくれているのが特徴的。噛み締めると小麦粉の風味を感じる。そのまま肉汁につけて食べてもイケるだろう。
スープはじつにおだやかで、野菜のうまみが溶け出している感じ。ムルヤリ何かの出汁を突出させることなく、しかし薄くはなくぐいぐい飲ませる(レンゲはない)。
チャーシューはしょっぱいが味があり、食感がいい。野菜炒めが乗っていて、きゅうりなんぞも混じっている。
これが500円でいただけるのだからコストパフォーマンスも高い。
立地もおもしろい。藤岡ICのそばだが、県道から店が見えるのに、ストレートには店にたどりつけない。看板の矢印をたよりに進めば問題なく店につくことができるが、そこまでぐるりと一周、狭い道を回ることになる。
店舗は広い。1人だったのでカウンタに座ったが、対面もカウンタになっていて、背後にはテーブル席や小上がりがある。田舎の大衆食堂っぽい雰囲気もあって妙になごむ。
月曜休み。通し営業で21時まで。
06121603.jpg
06121604.jpg
posted by ぐーたり at 08:56| Comment(8) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

大真@狭山ケ丘(初)

チャーハンセット680円。
06102702.jpg
そもそもは24日開店の「つけめん伝説」を目指してやってきた。11時45分到着したがシャッターは半開き状態。しかたないので向いのスーパーマーケット「オザム」にて買い物しながら、時折レジ近くから様子をうかがうのだけれど、一向に開店するけはいはない。12時20分になってもそんな感じだったので、あきらめて駅を越えてこの店に。
入店するとほぼ満席。見渡すと定食を食べている人もいる。厨房には大きなフライパンもあるし、ここはラーメン店というよりは中華料理店だと判断してチャーハンセットを注文。
やがて出て来た品を見て、
オーマイガッ!
量が多過ぎるよーん。
できるだけ残したくないので、速攻で胃に収めることに専念する。なので味わっている余裕はない。でもやっぱり残してしまいました。食べ物は残さないという強迫観念があるので、量の多さに負けて残してしまうと、とても嫌な気分になるのですよ。
06102703.jpg
posted by ぐーたり at 01:56| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

くまちゃん@小手指

薬膳ラーメン650円。
06091502.jpg
下の写真のように街のなんてことない中華料理店なのだけれど、薬膳ラーメン、スーパールイボスラーメン、クロレララーメンという不思議なメニューがある。薬膳ラーメンだけは以前、2回ほど食べたことがある。名前からすると苦くてマズそうだけれど、意外とイケる。投入されている漢方食材がスパイスになって、出汁の深みとは別の複雑さを感じさせてくれる。
消化を助けるものでも入っているのか、夕方には腹ペコになってしまった。
06091503.jpg
posted by ぐーたり at 09:24| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

むらまつ@上福岡

油揚げと小松菜のラーメン680円。
06060402.jpg
ここでは常に大根おろしラーメンを食べていたのだが、別メニューにもチャレンジ。
油揚げと小松菜を炒めて餡をからめたものを乗せたラーメン。餡がフタになっているので、熱々の状態が長く続く。
この店のスープも麺も、さほど特徴があるものではないので、具がもっとも主張するわけだ。しかし油揚げとはありそうででなかったような。いや待て、どこかにあった。
と検索すると、そう、とんび@府中(未訪問)でした。とんびだから油揚げですな。こちら。
http://nabekazu.cocolog-nifty.com/nagaimono/2006/03/post_fac4.html
この日は込んでなかったので、ひさびさに食後のコーヒー(サービス)をいただく。ラーメン店で食後にコーヒー飲んでなごんでいるなんて、やっぱヘンだと思うがそこがおもしろい。
posted by ぐーたり at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

とっちゃんラーメン@武蔵村山市伊奈平/閉店

醤油タンメン700円。
06042902.jpg
子連れなので大盛り(無料)でお願い。あと餃子(280円)も。
揚げ卵が一日限定先着20個になっていた。なので半熟煮卵が入っている。これはこれで大ぶりなのでソンした感じはない。また「醤油ラーメンの麺は平打ちになりました」とのこと。
味はいつものじんわり穏やかなスープで、最後まで飲み干せる。
ところでこの器の模様って、先日のバブス@新高円寺のカレーが入っていた器と同じですな。記憶をたどると、他にもあったぞ。閉店してしまったようだけれど、麺工房32mitsu@毛呂山がこれだった。TVチャンピオンのラーメン王はこういうことまで含めて記憶しているんでしょうな。私、そう言えば幹書房のクイズに応募して、全問正解できなかったのに『埼玉ラーメンマップ7』をもらったことがあった。なのに『〜9』は買っていない。
(追記…残念ながら閉店してしまいました)
posted by ぐーたり at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

台湾湯麺 楽@東大和

タンメン650円。
06041502.jpg
近場の讃岐うどん店もちょっとずつ訪問していこうと、樹々亭@東大和に向かったのだが、閉店してしまっていた。そこでこちらへ。
メニューがタンメンと餃子(350円)、チャーハン(600円)ぐらいしかない店。後客3名がチャーハンを頼んだので、人気メニューなのかもしれない。タンメンには卓上のラー油と酢を好みの量だけ投入して食べる。白菜のしゃきしゃき感がうれしい。駅からさほど近くはないのだが昼時に満席になっていた。しっかり地元に根付いているようす。
このへんは路駐が難しく、私は他の買い物ついでに近くの店の駐車場に入れたけれど、店内の貼り紙を見たら、ドラッグストア方向に行ったところの駐車場内に2台分のスペースを確保している。
06041503.jpg
posted by ぐーたり at 08:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

鶏かご@東所沢(初)/閉店

コーチンラーメン700円。
06040702.jpg
4月3日に開店。もとは外苑ラーメンという店だった。それもやはり開店してすぐに訪問している(このブログ以前の「ぐーたりのラーメモ帖」の2005年2月15日記事)。その記事には書かなかったけれど、開店祝いの花を店内にも置いてあって、私のすぐ近くに匂いの強い花があって閉口したものだった。
さて「鶏かご」はさすがに花は外に置いてある。しかしオペレーションがきちんとできていないのか、不具合でも発生したのか店員があたふたしている。
ラーメンは一種のみ。コーチンというからには名古屋コーチンの出汁だろう。とっさに佐野実の支那そばや系各店の味を脳内に思い浮かべる。さて、出ていた品は、はたして黄色っぽい鶏油が浮いていて期待をソソる。が……。
支那そばやを思い浮かべたのがよくなかった。それより数段落ちる。鶏の風味ばかりがどっと押し寄せるバランス無視のつくり。パンチ力があるとも言えるが、粗暴でくどいとも言えてしまう。具も麺(正来軒)もこれといった特徴はないし、これで700円はちょい高く感じた。当面無休とのこと。
06040703.jpg
posted by ぐーたり at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

梅乃家@西武球場前/閉店

チャーシューメン660円+大盛り100円。
05123102.jpg
子連れ。
タレをスープでなくお湯で割る「竹岡式」というつくりかたのラーメンの店。そのスタイルの元祖である千葉県富津市の「梅の家」とは関係なく、これはここが本店であるようだ。最近都内に支店を展開している。
スープは甘い。すき焼きのタレのような感じの甘さだ。そしてせがれも「真っ黒だねー」と言うぐらい黒い。うまいがやはりもうひと味欲しいような気もする。
(2006年春、閉店したようです)
posted by ぐーたり at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

とっちゃんラーメン@武蔵村山市伊奈平/閉店

味噌タンメン750円。
05121802.jpg
おだやかな味の味噌ラーメンだ。通常だとニンニクを効かせたりラードの層をつくったりしているものだが、それはなく、出汁のうまみと味噌のうまみがそれぞれ感じられるバランスにまとめられている。さくっと食べれてまったく胃もたれしない。卓上にはおろしニンニクがあるので、もの足りない人は投入するといいだろう。試しに入れてみたら、とたんにニンニク味に支配され、平凡な味になってしまった。
満席とはいかないが客入りはよかった。なんとなくほっとする。
東京のラーメン屋さん(とらさん)のランキング投票で、私はこの店に1票入れた(ひとり10票)。ランキングで上位にいく店ではないが、他に何人が票を入れているかが楽しみだ。
(追記…残念ながら閉店してしまいました)
posted by ぐーたり at 09:27| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

集宝亭@西所沢

半チャンラーメン650円。
05103102.jpg
まずペットボトルに入れられたウーロン茶がでてくるのだが、これが濃くてうまい。メニューは壁に貼られた数種類と、この店のメインの肉まんだが、私はいつも通り半チャンラーメンを注文。先客は4名いたのだが、そこに次々運ばれてきたものは、どれもメニュー表にないものばかり。おいおい。
ラーメンはオーソドックスなスタイルのもの。化調に頼り切ったつくりでないのがいい。チャーシューはしっかり味付けがしてある。このチャーシューの細切れがたっぷり入ったチャーハンも、強火で中華鍋をがちゃがちゃ鳴らして炒められていてなかなかレベル高し。
駅からは近い。改札出て、改札を背にしてそのまま進んで坂を下る。下った先の左に花屋があるが、その脇に目立たずに入口がある。駐車場はない(と思う)。
05103103.jpg
posted by ぐーたり at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

むらまつ@上福岡

そぼろあんかけ大根おろしラーメン醤油味730円。
05091502.jpg
ここは私の「マイフェイバリットベスト5」に入る店。何がいいか?接客がいい。そしてここのウリのメニューである大根おろしラーメンだ。半年に一度くらい訪問していると、そのたびに大根おろしラーメンのヴァリエーションが増える。今回はこの「そぼろあんかけ」だ。さっそく注文。
いい。当りまえだがうまい。しかしビジュアルは大根の白が目立たなくなくので×。やはり見た目からすると塩が一番かな。
ここのよさについてはいろいろ語りたい。しかしそれは次回にしておこう。しかし、ラーメン店でもうどん店でも、麺を茹でてスープにいれ、具を添えて客にだすだけなわけだけれど、このメニューは目の前でおかみさんが一生懸命に大根をすり卸してくれる。これが実は新鮮なのだ。
05091503.jpg
posted by ぐーたり at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

とっちゃんらーめん@武蔵村山市伊奈平/閉店

醤油タンメン700円。
05091002.jpg
この店のスープはパンチ力はないものの、おだやかなうまみが詰まっていて、気がつくと飲み干しているタイプのもの。そこに野菜炒めが乗って、レンゲに載せた揚げ半熟卵もついている。この日はそこそこ客が入っていたので定着してきたようだ。
前回の紹介ではブログのアドレスを記したが、HPもあった。これがなかなか読みでがある。
http://ramen.cside1.jp/
(追記…残念ながら閉店してしまいました)
posted by ぐーたり at 13:56| Comment(0) | TrackBack(2) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

とっちゃんらーめん@西武立川(初)/閉店

醤油ラーメン600円。
05070302.jpg
5月に開業の店。子連れで訪問した。無化調か、それに近いようでせがれはスープをどんどん飲んだ。確かにうまい。これで600円。大盛りも無料で恐縮してしまうが、大盛りでお願いした。せがれにジュースをサービスしてくれてさらに恐縮してしまう。これだけせがれがスープを飲んだのはめんくい亭@狭山ケ丘以来だと思う。めんくい亭は閉店してしまったが、この店はぜひ長続きしてもらいたい良店だ。
ここは開業までの日々を綴ったブログがある。
http://yaplog.jp/go-ramenshop/
最寄り駅の西武立川から徒歩20分ぐらいか。五日市街道の「松中団地南」交差点を北へ。松中団地を通り抜けた先の右にある。地番だと武蔵村山市伊奈平4-11-3。月曜休み。11時から15時、17時半から21時。
(追記…残念ながら閉店してしまいました)
posted by ぐーたり at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする