生うどん1パック=315円。

うどん玉売り店、というよりはむしろ「コンビニがはびこる以前のなんでも売っていた個人商店」ですね、ここは。店にはいったとたん、なかの薄暗さ(暗いというより、今どきのコンビニが明るすぎるんだけどね)とか、雑然とものが置かれたありさま(店外に置かれているみかん箱からも想像できるかと)に「あー、あったよなーこんな店」となつかしい気分にぐっとくる。
うどんはパックに詰められています。

持ち帰って茹でてみました。茹で時間10分と記載されていますが、8分ぐらいでじゅうぶんかと思う。意外と水は吸わず、500gが680gになりました。
やや褐色の麺は弾力もあり、風味もあり、大人ふたりと子どもひとりでぺろりと平らげてしまいました。
水曜休み。
西武新宿線の入曽と新所沢のあいだを、線路に沿ってはしっている道路(つつじ通りと言うようです)の信号「入曽運動公園」のところにあります。