2007年11月12日

柄木田製粉/子亀@東村山(臨時店舗)

東村山では毎年「産業まつり」という催しが行われているが、今年はさらに「どんこい祭」という企画が併せて開催された。そのなかで、うどんの出張店舗が5つほど出るとのこと。
東村山のうどん店からは「とき」「小島屋」「ますや」の3店。そして長野から「柄木田製粉」、加須から「子亀」がやってきた。
まずは柄木田製粉から。うどんは2種用意されている。おっ、おしぼりうどんがあるではないですか。
左がおりぼりうどん、右はお煮かけうどん。うどんは全店舗300円均一。
07111102.jpg
まずは味噌をちょっとだけ大根しぼり汁に溶かし、やや細めのうどんをくぐらせて食べる。
げほげほっ。むせました。これ辛い。たいへん辛い。見ると「ねずみ大根」なるノボリがある。これ、相当に辛い大根だとのこと。いきなりパンチ力あるシロモノに出くわしたのでした。
うどんは茹で過ぎていました。まぁ、こういう場だから仕方ないでしょうかねぇ。
07111103.jpg
さて、お次はやはり、加須からやってきた子亀かな。
子亀といえば冷や汁うどん。以前、訪問して記事にもしています。しかしこの場で提供されたのは、肉うどんとたぬきうどん。
肉うどん300円。
07111104.jpg
こちらもうどんがちょいと茹で過ぎ気味でしたね。
そうなるといたって平凡。これでは一般のお客さんに特徴を感じてもらないような気がします。
07111105.jpg
おっと、舞台の方で「うどん」とのコトバが聞こえるぞ。
うどんをズルズルすすりながら行ってみると、はんつ遠藤さんがなにやら語っている。
そうして店主たち(柄木田製粉は社長かな?)を舞台に上げて、インタビュー形式のトークショーがはじまった。
07111106.jpg
いやー、聞きたい、話を聞きたいよー。
しかしこの日は私は都内で仕事。11時にはここから駅に向かわないといけない。
泣く泣く、しかし出店していた久米川のよい飲み屋さん「宝飯る(ほいる)」提供の「かぼちゃとさつまいものサラダ200円」を買って、食べながら駅に向かったのでした。
07111107.jpg
電車に乗ったとたん、携帯に「ちょっと遅れて来てくれ」とのメールが。
きゃー、くやしー。
posted by ぐーたり at 09:47| Comment(4) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たびたびお邪魔します。
私は11時過ぎに到着しました。
トークショーは終了寸前で、進行役のはんつ遠藤氏以外の声は、残念ながら、聞けませんでした。
出店しているうどん屋さんの全メニューを制覇するつもりでしたが、「ますや」や「小島屋」の2店はすぐに完売になってしまい、食べられませんでした。
まあ、特別メニューではないでしょうから、諦められますが。
子亀と柄木田製粉は確かにゆですぎでしたね。
ところで、私がいただいた子亀のうどんは「ネギ南蛮」とかいうことでしたが(聞き直したので、間違いなし)、ぐーたりさんのと同じに見えるなあ。
Posted by りう at 2007年11月12日 10:27
そうでしたネギ南蛮。テキトーですみません。私が忘れていました。
東村山の武蔵野うどん連合軍が、讃岐・富士吉田あたりからの遠征軍との対抗戦にするとかだったらもっとおもしろかったでしょうにね。
ま、大人の事情がいろいろあるんでしょう。
私が見たところでは小島屋に人が群がっていました。わざわざこの場で食べなくても……と思うのですが、やはり知名度では一番なのでしょうかねぇ。
Posted by ぐーたり at 2007年11月12日 22:31
先日はまーちゃんで、いろいろとお話できて、楽しくお酒を飲めました。ありがとうございました。どんこい祭今年も開催します。今年はもっと楽しい企画も考えて行きたいと思いますので、今年もぜひ会場へ来てください。
まだ日程が決まっていないので、ここに書けないのが残念ですが・・・
また、カキコさせていただきます。
Posted by yasunchu7930 at 2008年02月03日 01:27
ふと電車を降りてまーちゃんに向かったのは、念力か何かで呼ばれていたのかもしれませんね。
今年のどんこい祭りは日程決まったら私も仕事が入らないようにします。
プロレス好きなものですから、やたら対抗戦をあおって申しわけありませんでした。
武蔵野うどん、盛り上げていきましょう。
Posted by ぐーたり at 2008年02月03日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: