にんじんうどん400円。

にんじんうどん、これは「創作された名物」ですね。新座市はにんじんの収穫量がとても多いらしく、地元の製麺業者がうどんに練り込んでつくったもの。
どこかのお店で出しているものではなかったのだけれど、この2007年9月から、なんと市役所の食堂で提供することになったそうです。行ってみました。
なるほど、にんじんっぽい色合いの麺です。小麦粉は讃岐うどん用のものを使用しているそうで、それらしき弾力があります。推定量300g。かき揚げがつきますが、つくり置きでフニャフニャです。
ま、こんなもんでしょ、という感想しか出てこないけれど、麺を食べ終えたあとの汁に、どうやら麺からにんじん味がしみ出したようで、妙にうまかったので後味はいい。
でもにんじんの風味をもっと強調してもよかったのでは、と思います。ちょいと遠慮し過ぎではないでしょうかねぇ。
12時から14時まで、限定20食の提供です。新座市役所へは、東武東上線志木駅、西武池袋線ひばりケ丘駅もしくは東久留米駅から1時間に数本のバスが出ています。