2005年08月18日

野口製麺所@東村山市野口町

もりうどん500円+大盛り100円。
05081701.jpg
まだお盆休みのところも多いだろうし、きょうは「さぬきこまち」で昼食を済まそうかと考えたが「どうせ讃岐うどんにするなら野口製麺所に行ってみよう」と思う。
で、上記メニューを注文。天ぷらは1コ50円でトレイからセルフで取るシステム。むっちり白い麺を口に運んで「ん、ちょっと柔らかいな」。そういえば注文して5分で出てきた。下茹でしてあったみたいだ。大盛りで推定400g。駐車場は下の写真の店舗の裏側、大きな新築の家の庭に数台停めることができる。場所は正福寺の裏側。アクセスルートを説明するのがめちゃ難しい。東村山西口から徒歩15分なので、まずは正福寺(国宝建造物なのでかなり有名)か北山公園を目指すのがいいかと思う。しかし見込み茹でする店なら、わざわざ遠くから訪問するほどのものではないだろう。
05081702.jpg
posted by ぐーたり at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待たせすぎ、二時間待っても出てこない。厨房を覗くと誰もいない。どうなってるんだろう。例えでてきた麺がおいしくても、おいしく食べられる気持ちにはなれないよ。
Posted by kita at 2006年11月05日 17:51
2時間ですかっ。それはインドでもなかなかありえない。
待つだけの価値ある品がでてきたならともかく、そうではないときは、私は割り箸を真ん中から折ります。
説明もなく客を放置して待たせていたとしたら、それは商売としては失格ですね。おままごとレベルのお店ごっこでしょう。
Posted by ぐーたり at 2006年11月05日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック