2005年08月16日

ますや@東村山市久米川町

肉汁うどん700円。
05081502.jpg
お盆休みでフラレまくる。なんと次から次へと6軒もフラレた。「しょうがない、チェーン店なら開いているか」と、さぬき小町に向かう途中、ますやのノレンが出ているのを発見、入る。
ここは茹で置き、天ぷらもつくり置き。なのであまり期待はしないで欲しい。店の奥で地元自治会の打ち合わせをしていたりと地元密着型の店だ。店横が駐車スペースで数台置けるが、その奥に燃料の廃材が置いてある。小島屋と同じように、薪でお湯を沸かすのだ。麺も褐色だし、茹でたてはかなりうまいのではないかと思う。しかし運悪く当ったことがない。量は推定300g。
場所は府中街道を所沢方向に向かう。東村山駅前の信号から1km弱の「久米川辻」を左折してすぐの左側。

05081503.jpg
posted by ぐーたり at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、茹でたてと作り置きはえらい違いでした。妻に出されたつくり置きはべたべたでちぎれた端切れうどんが多かったですが、
私に出された茹でたてはとても歯ごたえがありました。
妻はあんなひどいもの出してよく商売になると
店を出てからほえてました。
当たりはずれがあるのでは多分もう行きませんね。
Posted by まか at 2009年05月05日 21:23
私も茹で立て原理主義者なのですが、世の中はタデ食う虫も好きずきで「茹で置きじゃないとダメ」という人もいるそうです。
とあるうどん屋さんの常連で「今すぐ茹でておいて」と電話してきて、ほどよく「茹で置き状態」になった頃に訪問するらしいです。
ますやの場合は、開店直後に訪問すれば茹で立てにありつけるのでしょうけれど、そこまでこだわる気持ちになりませんでした。
Posted by ぐーたり at 2009年05月05日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック