2007年10月03日

神明庵甚五郎@入間市宮寺

ごったのら1050円。
07100202.jpg
埼玉県内と立川市砂川に系列の店をもつ甚五郎だが、こちらは発祥の店になる。
「ごったのら」は汁もうどんも冷たくて、すりごまに隠れているが、うどんの上には炒めたナスなどの野菜が乗せてある。つゆは少々甘めで、しかしゴマと出汁の相性がよくてどんどん飲めてしまう。
讃岐うどんではないし、肉汁うどんはメニューにあるけれど武蔵野うどんではない。ラーメンに対する中華料理店のような感じで、麺がマズいわけではないけれど、麺よりも乗せるもので勝負し、客を惹きつけている店だろう。
メニューはじつに豊富。量も多めで満足できるところが魅力なのだろう。
木曜休みで11時から20時。県道179(所沢青梅線)沿いで「三ケ島ペダル」より300mほど西の、入間市に入ってすぐのところにある。
posted by ぐーたり at 09:35| Comment(0) | うどん(入間) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: