2020年09月10日

日本の里・風布館@寄居町風布

肉汁うどん800円。
IMGP0022.jpg
寄居町の山の中にある施設「風布館」でうどんが食べられるということは前からチェックしていましたが「そのうち訪問する店リスト」からはいつの間にか脱落していました。理由は覚えていないのですが、2020年にリニューアルオープンして、手打ちうどんを提供しているようなので、訪問することにしました。
不安材料はいくつかあったのですが、それは後で書くとして、山の中の道路を進んでいくと、やがてこちらの施設にたどり着きます。外観の画像は一番下に。
施設の中に入ると、いくつかテーブル席があり、奥の方に小さな券売機があるのが確認できました。セルフスタイルのようです。
券売機を見ると、つけ汁うどんメニューがいくつかあるのですが、それがグリーンカレーとかレッドカレーとかがつけ汁なんですよね。事前にホームページでチェックしていたものの、どうしようか迷います。しかし最初はやはり肉汁うどんかなあとポチ。
券売機の上に貼り紙がありました。
IMGP0020.jpg
ほお、色々とこだわっているようで期待できそうです。
施設内を見渡すと、外側に面したカウンタ席があるので、そこで出来上がりを待つことにしました。
IMGP0021.jpg
しばらくして「出来ました!」との声がかかり、トレイを受け取りに行きます。
うどんは褐色です。が………。
ちぎれてますね。うどんが。5cmぐらいしかない。あってせいぜい10cmぐらいか。失敗作のパターン。
風味はあるものの「ここのうどんはこうだ!」という主張には乏しいです。レシピ的にこなれてないタイプ。
つけ汁は肉、油揚げ、ナスが入ってますが、雑味が多い。
ということです。うどんの量は400gほどありました。
しかしなんとなく予想していたのでした。
この施設は寄居町のもので、民間業者に管理を委託しているのです。
何年に一度かで「指定管理者の見直し」をして、調べてみると現在は寄居町の不動産会社である「あゆみホーム」が運営している。
「あゆみホーム」は不動産屋で、飲食店を経営しているという情報はありません。
「あゆみホーム」「うどん」で検索すると、この会社の代表のブログが出てきて、寄居周辺のうどん店を食べ歩いている記事が読めました。
まあそんな感じでこれ以上はいいでしょう。
水曜休みで11時から17時。
寄居町風布74
IMGP0019.jpg
posted by ぐーたり at 19:46| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。