2018年10月24日

青空blue@肥後橋(大阪市北区)

ちく天ぶっかけ920円+自家製粗挽きうどん100円+消費税=1102円。
aozora01.jpg
褐色のうどんをウリにしている店が大阪にあるということは気づいていました。
が、値段が1000円を超えるということから「まーここは訪問しないでいいか」と思っていた店でした。
しかし淀屋橋に昼ごろ着くというスケジュールだったので、訪問することにしたのでした。
入ってみるとなかなか人が入っています。大阪のビジネスの中心地みたいな場所なので、その辺りで働いている人のお昼需要に応えている感じ。メニューを見るとやはり「うーん高い」と思ってしまう。貧乏根性な私としては、やはり1000円超えるメニューは注文できないなぁ。
なので920円とかいてあったちく天ぶっかけを頼んだけれど、褐色のうどんは+100円だとは気づかなかった。しかしここまで来て褐色のうどんを頼まないわけにはいかないので、頼んだのでした。そして食べたあと、レジで「え、外税!」と驚く。メニューにも「+税」とは書いてあったけどやはり外税はやめてほしいよなぁ。
うどんは噛み締めてみるけれど風味が立ち上ってこなかった。あとはあまり記憶に残ってないです。
ちく天のために小皿に塩が出て来て「おおっ」と思ったけれど、塩をなめてみると個人的な味覚としてはイマイチ。
あと、うどんとは関係ないことだけれどBGMの音のバランスが良くないので吸音材とかをコーナーなどに貼って調整するか、できなければ音自体のボリュームを下げた方がいいと思います。耳障りが悪いと、食べたものがマズく感じると思うので。
日曜休みで11時半から14時半、17時半から22時半(土曜祝日は21時半)。
大阪府大阪市中央区平野町4-5-8
aozora02.jpg
posted by ぐーたり at 22:15| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。