2018年09月23日

小野路宿 里山交流館

小野路うどん550円。
IMGP0004.jpg
民家改装系とでも名づけたいけれど、民家ではなく旅籠屋(旅館)だった建物を改修したらしい。そこで地元の小麦粉を使ったうどんを提供しているということで、たまたまこのあたりに用事があったため、訪問してみた。
多摩川の南ではあまり武蔵野うどん系の店がないという印象だったので、さほど期待していなかった。
建物に入ってみると、大きなテーブルがあり、その奥には小上がりのような畳の間も見える。
しかし、どこで注文したらいいのか迷う。メニューがあるので開くと「レジで注文をしてください」と書かれていたので、入口の受付っぽいところに戻って注文。頼もうと思っていたコロッケは訪問時点(日曜日の午後1時)には売り切れになっていて残念。とりあえずうどんを頼み、前金で払う。
テーブル席に座っていた人は、売り物の酒まんじゅうを食べていたり、アイスを食べていたりで、うどん待ちの人はあまりいなかったようで、10分ほどで提供された。
いやー細いうどんだ。冷麦サイズのうどん。
量はいつもと勝手が違うのだけれど、350gほどかな。
噛み締めると風味がある。草っぽい風味。新鮮な小麦粉のように感じた。茹で加減もほどよい。
つけ汁は自然な旨味で、具は肉、ごぼう、しめじなど。
天ぷら2品ついていて、ナスとかき揚げ。かき揚げはミョウガっぽい香味を感じた。
期待していたなかったぶん「なかなかよいではないですか」と思った。再訪したいです。次はコロッケ食べたい。
無休(年末年始は休み)で9時から17時。
町田市小野路町888-1
交差点のコインパーキングの駐車証明で30分無料のサービス券をくれる。それを超えたぶんは30分で100円かかる。
IMGP0003.jpg
posted by ぐーたり at 19:12| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。