2017年01月13日

なつ丸@東村山/久米川

特製肉汁うどん並660円
IMGP0002.jpg
2016年12月開店。
東村山市役所の東となりにできた武蔵野うどん店。
メニューはこんなかんじです。
IMGP0003.jpg
入るとテーブル2卓だけのこじんまりとした店。
注文すると比較的すぐに出てきました。見た目、なかなか綺麗です。
うどんは箸で持ち上げるととても硬い感じですが、芯まで火が通っていて、農林61号ブレンドの謳い文句通りに噛み締めると小麦の風味を濃く感じます。食感はややボソッとした感じで、しかし表面はつるっとしているのでつけ汁の絡みはそんなになく、やや食べづらいタイプ。
つけ汁は肉が厚めで、豚肉の旨みを感じます。「とき」のカレーうどんに入っていた肉を思い出します。
並で300gなのでうどん自体は量は多くはないのですが、最後に器の底に三角形の「端っこ」が顔を出します。
IMGP0004.jpg
これに小皿の添えられた餡子とクリームを包んでデザートにするという趣向。自分は初めてでしたが、どこかに元ネタがあるのでしょうね。このデザートによって、結構食後は満腹になりました。
割とオリジナル性の強い武蔵野うどんの新店だと思います。
土日祝休みで11時から15時とちと遠くから訪問するにはハードルが高い営業時間設定。
東村山市本町4-6-13
IMGP0001 (1).jpg
西武新宿線久米川駅北口、東村山駅東口からどちらかも徒歩10分ほど。
駐車はコンビニ隣の24・25番だそうですが、向かいの市役所もノーチェックで停められます。
ここが市役所の駐車場。あ、会計の後みかんサービスされました。
IMGP0006.jpg
お腹に余裕のある人は市役所地下食堂で東村山にあるソース会社ポールスターの「黒焼きそば」「赤焼きそば」も食べられますよ。470円です。
IMGP0005.jpg
posted by ぐーたり at 17:13| Comment(5) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ときのカレーうどん」の一言に反応してしまいます
土曜営業が始まったら行ってみたいですね
Posted by のぶぱ at 2017年01月23日 00:03
食べ物の記憶って面白いもので、つけ汁に入っている豚肉が旨味を含んでいると必ず「とき」のことを思い出すんですよ。今回の記事は東村山の店ということもあって、つい書いてしまいました。
Posted by ぐーたり at 2017年01月23日 07:51
ますます行ってみたくなりました
平日休んで行ってみますか(内緒)
Posted by のぶぱ at 2017年01月23日 23:39
ご無沙汰です。
行ってきました。
確かに、バラブロックを厚切りにしたような肉は、ときの肉を思わせますね。
うどんも強いタイプで気に入りました。
肉汁並を食べた後、意を決して、TKUの並を追加してしまいした。
うどん屋さんでこんなことしたのは初めてです。
Posted by りう at 2017年04月08日 22:18
かなり個性のある店ですが、東村山にある武蔵野うどんの店としては久々の新店なので続いて欲しいところです。
Posted by ぐーたり at 2017年04月08日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。