肉汁うどん550円。

注文すると南京豆がひとかごでてくる。これを食べつつ待てということ。待ちましょう。そして出てきたのが上記のようなうどん。けっこう量がある。麺は褐色。みずみずしい食感で、ほどよい固さ。なるほど農林61号ね。エン座でもそうだったけれど、この小麦の味はいろんなところで出会っている。
つけあわせのカボチャの煮物。これが濃い味付けで、とてもうどんに合っている。それでいてこの値段なのだから文句なし。以前に一度フラレているのだが、再訪できてよかった。
場所は日高市役所前の道をさらに北西にいったところ。木曜休み。ここも農家の庭先に店舗を建てましたという風情のつくりだ。