田舎うどん650円。

JAちちぶが運営する道の駅みなのに併設されている食堂。
下の外観画像の入り口左の黒っぽいところが麺打ち場で、おばちゃんがうどんを打っているのが見える。
メニューはやはりうどんとのセットがメインで、お客さんはみんなそれを食べていた。
前にも書いたけれど、個人経営の店ではないから、その日の麺茹で担当のスキルによってデキのブレがあるとは思う。
なので自分が訪問した日は当たりだったのかもしれないが、10分ほど待って提供されたうどんは、一口噛み締めてみて「おおっ」と思うほど絶妙な茹で加減だった。量は400gほどとじゅうぶんあり、風味は強くないものの、噛み締めると豊かなうまみと風味が感じられた。
つけ汁はやや薄味だったけれど、少なめではあるけれど豚バラ肉もうまみが感じられて手抜きなしとの感がある。JA系というか道の駅系というか、埼玉県にはこのテのうどん店がたくさんできてきているけれど、ピンからキリまでいろいろ、うどんのタイプも含めていろいろあります。もちろん、ここはピンの方だと思います。
無休で11時から17時。
ちなみに訪問客のほぼすべて頼んでいたように見えたセットメニューは、880円で、この田舎うどんにミニかつ丼かミニ天丼か天ぷら盛り合わせがつくという内容。
皆野町皆野3236-35