2015年06月23日

関越道上里SA下りフードコート(初)

肉汁上里うどん730円。
15062305.jpg
上里町の地粉で農林61号使用の武蔵野うどんがサービスエリアで食べられるというのは前から知っていたけれど「まーしょせんサービスエリアな味なんだろう」と思っていた。
あと、このサービスエリアを運営しているのは西武鉄道らしいというのも危惧ポイント。(古くから所沢近辺に住んでいる人は承知のことだけれど、西武鉄道は地元民に嫌われていますので)
でも批判するにしても、まずは食べてみたいと、ということで訪問。
高速道路を利用してない人も、外に数台ぶんの一般人用駐車スペースがありました。
そこから歩いてサービスエリアのフードコートに入る。食券を買うとすでに注文が入っているので、機械の合成音で自分の食券番号を呼ばれるのを待つ。
機械の音声ってなんか嫌な感じだと思っていると、おや、けっこう前の人を飛ばして自分の番号を呼ばれたぞ。
ということは、前の人が何の食券を買ったかは知らないけれど、自分の肉汁うどんは他のメニューよりも速攻で仕上がるというわけだ。つまりは、茹で置きか。ま、サービスエリアだからな。
あとは愕然とするほどウマいことを期待するしかないけど。見た目はいい色だ。量も多い。500gぐらいありそう。肉もバラ肉だな。
うどんはやはり茹で置きで力を失っていました。風味もほとんど消えている。
つけ汁はうまみが薄い。豚肉は硬くなっている。
想定の範囲ではありましたが、こんなもんだったか、やはり。
24時間食べられるということは、やはりクオリティを犠牲にして成り立っているようでした。
15062306.jpg
posted by ぐーたり at 21:38| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。