おっきりこみうどん900円(商工会HPのページプリントで700円)。

長瀞は渓流下りなどで知られた観光地です。その駅前にある店で地粉を使ったうどんが食べられるということで、その近辺の用事のついでに訪問しました。
うわー、観光地の食堂そのものだぁ。最低価格900円!

わらじカツ丼、豚肉味噌漬け、阿左美冷蔵のかき氷もある。なんでもありだな。
初志貫徹ということで「おっきりこみうどん」を注文。長瀞商工会のHP内のこの店の紹介ページをプリントして見せると200円引きというので、店員さんに見せます。が、慣れてないのか、使う人が少ないのか、もたついてる。
まあいいや。
しばらく待って出てきた品は、最初うどんが見えないけれど、底のほうのうどんをつまみ出してみると、とても太い。噛み締めると中まで火が通っています。風味は少なめ。この太さからすると、茹で置きだろうと思うので、風味は抜けてしまうのは仕方ないところかなぁ。
野菜類はほとんど薄切り大根で、あとにんじん。野菜のうまみがもうちょっとスープに出ているといいんだけど。
店を出たあと、なんとなく失敗した感がつきまとった。変だな、べつに不味くはなかったが、と自分でよく思い返してみた。
若い店員が「テレビの取材が…」「タレントは誰?」と大声で騒いでいたこととか、年配の店員が自分の近くのテーブルで何やらひそひそ話を熱心にしていたりとか、ものを落ち着いて食べるというにはほど遠い環境だったことが、この「失敗感」をつくったのだと思い当たった。
観光地だからなぁ。
落ちついて食事する場所ではなかったということで。
無休で9時から17時。
↓の画像は奥のほうが長瀞駅。画像左の「ライン下り」の看板の奥が長瀞屋。