かけうどん並280円+野菜かき揚げ110円+げそ天120円。

2014年11月開店。
本店は国分寺駅南口にある。その最初の支店になるようだ。セルフ讃岐うどん店。
店の入り口にある品書きはこんな感じ。

最初なのでかけうどん並を注文して、天ぷらを2品取った。トータルで510円。
うどんは丸亀や花まると比べると若干細いか。汁もうどんも際立った特徴はない。
かき揚げとげそ天もセルフであるので当然揚げ置きで、少々冷えていた。
開店は11月1日で、1日と2日はうどん100円サービスをしていたためか行列ができていた。
しかし自分の訪問日4日は昼時を過ぎた時間だったこともあるけれど、食べ終えて帰るときには席についていた客は3人しかいなかった。85席あって3人だからちと寂しい光景。うーん。
無休で7時から22時という営業時間だということだけれど、特に危惧するのは都心の駅前ならまだしも、この東村山で、しかも駅から徒歩10分ちかく離れた場所で7時から開店してお客さんが来ると思っているのかということだ。
まあ、以前、福助があった清瀬のあの場所は、福助の前はラーメンショップで、早朝から営業していて意外なことに朝から客が入っていたからあながちリサーチミスと断言できないけれど。
場所は東村山駅東口を出て駅を背にして10分弱歩いた「はま寿司」の裏にある。

ところでここからほど近い「しまだ」が最近営業していない。手作りの看板もはずされているので、もしかするとやめてしまったのかもしれません。