2005年05月29日

刀屋@糀谷(初)/閉店

かき揚げもりうどん730円。
05052801.jpg
麺の量が少ないのではなく、麺が太くて褐色。しかもすごく固い。もぐもぐと噛み締め噛み締め、さらに噛み締める。かき揚げは2つついていて揚げたて。2つ合わせるとのじ@狭山ぐらいの量になる。
けっこう年期の入った店内は、裏口と窓が開け放たれていてそこに蚊取り線香が置かれていたりする。うどん屋としては珍しくつくるさまが丸見えのオープンキッチンスタイル。大きな釜から大きな竹ざるで麺をすくいあげる。そばもやっているが、釜はひとつなので混在して注文するとどちらかが先に出てくることになる。私のうどんの中に、ほんのちょいとそばが混ざっていたのはご愛嬌。
麺打ち場もカウンタ席からよく見える。小麦粉の袋も置いてある。2種類の小麦粉をブレンドして打っているようだ。かなり固いから強力粉かと思ったが(←シロウト考えです)、中力粉だ。ひとつ下で小麦粉が重要と書いたが、それに水、塩、打つ技術、その日の気温と湿度なんかも関係してくるのだろう。
ラーメン界ではハルユタカという小麦の銘柄の名をよく聞く。うどんでは農林61号やさぬきの夢の名をみかけることが多いようだ。そしてさらに、産地とか、製粉会社によってブレンドされ、のじ@狭山で使っている弁天のように商品名を冠されるものがある。
糀谷駅とは京急蒲田から羽田空港へ向かう線の最初の駅。駅を降りて右。踏切を越え、環8を越え、糀谷商店街を進む。左の電柱の地番表示を見て、荻中2-1になったらその先を左折。20mほど先の右側に店はある。徒歩5分。
05052802.jpg
posted by ぐーたり at 08:58| Comment(0) | TrackBack(1) | うどん(東京都区内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

刀屋で夕食
Excerpt: 新たな食事処を開拓すべく入店。場所はここやここを参考に。おろしかやくうどん(冷)780円なり。麺は平打ち極太で、コシが尋常じゃありません。つゆが少なくて昔食べた伊勢うどんを...
Weblog: mktlab.info
Tracked: 2006-07-02 19:39