肉汁うどん500円+かき揚げ150円。

1年ぐらい前から営業開始したらしい店。小麦の風味が前面に出たうどんではないとの情報があったので、後回しにしてました。
地元なので自転車で行く。このへんは40年ぐらい前は小売店がたくさんあってけっこうにぎわっていた場所だったのに、そのほとんどの店はシャッターが閉まってひっそりしてます。そんな一角のちょっと入ったところにある。
おばちゃん2人でやっていて、とても狭い。テーブル2卓のみ。うどんメニューは数種あり。やはり肉汁うどんをお願いして、かき揚げも。
もともと居酒屋か何かだったところだろうけれど、テーブルもそのままでほとんどリニューアルしていません。いまどき珍しいです。こういうディープ感を好む向きはツボでしょう。
うどんは並で250gほど。ネギの小皿をつけ汁に入れると。
「お? おおっ!」
またも遭遇しましたよ。「小松庵」の文字がそこに。
「ということは」
そう。いつの間にか閉めていた「和こう」がこちらに移転してきたと解釈していいのでしょう。それともうどんだけ取り寄せしているのかな。
事前の情報では、こちらのうどんは福祉施設経由であるということで、なるほど店内にも福祉作業所の名の貼り紙があったりします。
詳細はよくわかりませんが、すでに閉店した店の食器に2度も遭遇するとは珍しい。
ちょっと脱線しますが、同じ久米川駅で「らんらん」というこじんまりとした居酒屋があって、先日も飲みに行ったのですが、ここは30年以上前に、いまこの店をやっている女性の父親が「蘭蘭」という中華料理店をやっていて、そこで使っていた皿を大事に取ってあったのか、使用しているんですよ。こういうのって、ぐっときちゃいます。
さてはなみずきに戻ります。
日祝休みで11時から15時、17時から20時。
東村山市本町4-13-25(西武新宿線久米川駅から徒歩5分ぐらい)