肉うどん350円。

思わず「昭和レトロ系」というカテゴリをつくってしまいたくなるような店。
存在を知ったのはこちらの記事から。
http://udon.eg-page.com/2007/03/27_000188.php
まさに「そんなところにそんな店がっ」という感じ。
こういう店では小麦の風味とか麺のコシとか言う以前に、店の醸し出す雰囲気それじたいが味でしょうね。

テーブル4卓とこじんまりしているが、それぞれ桜が置かれている。画面左に小上がりがあるけれど、この卓は物置き場になってしまっている。向こうで食べているおじちゃんが、厨房から顔を出したおばちゃんと会話をはずませているし、おばちゃんの割烹着姿もいいですねぇ。
雰囲気に酔ったのか、つい定休日営業時間を聞きそびれてしまった。どなたか、訪問する人、聞いてコメントでレポしていただければありがたい。訪問したのは月曜日なので、月曜日やっているのは確定。
最寄り駅はひばりケ丘になるが、駅から1.5kmある。地番は栗原1-14。神宝大橋のちかくで、この店の敷地は東久留米市との境界に接している。私は東村山から車で向かったので、まず東久留米駅西側の踏切を渡って新座方向へ進む。大蔵屋前を通過、久屋前を通過して、落合橋という小さな橋を渡って、そこから2つめのセブンイレブンがある信号で左折。そこから約200m、道路が左にカーブしていった先の左側に店舗がある。駐車はおそらく数台分可能(店舗裏側も停められる様子)。