2013年11月28日

だんべ@群馬県富士見町時沢(初)

肉汁うどん三合 720円。
13112802.jpg
店に入るとまだ片づけられていないトレイがたくさんある。ホール係のおばちゃんが「何も置いてないところに座って」と言っているが、トレイを自分でずらして大テーブルの一角に座った。
横にはうどんを半分くらい食べて放置してあるトレイがあって、それを見ると、おお、みごとに褐色のうどんです。期待、高まる。
しかし最初はそのトレイの客が席をはずして外で携帯電話でもしているのかと思ったが、戻ってこないので、どうやら半分ほど食べただけで帰ってしまったらしい。
むむ、気になる。どういううどんなのだろう。
メニューやら壁やらにいろんな能書きが書いてあるのも、なんとなく不安をそそる。
と、思う間もなく自分の注文したものが来た。「えっ、見込み茹でだったのか」
昼時だから死んだようなうどんではないけれど、そこらへんはスムーズなオペレーション優先ということのようです。
褐色のうどんは見た目ほどの風味はないけれど、太くてねじれていて、軽快にすすっていただくというタイプではなく、なんとかつけ汁が飛び散らからないように気をつけながらいだたくタイプ。
茹で加減も硬めです。
つけ汁はそのまま飲むのは無理な濃さで甘じょっぱい。
小鉢の椎茸煮付けときんびらごぼうもかなり濃いめの味付け。きんぴらはめちゃ硬い。が、メニューによるとこれらはつけ汁にあとで入れて、味の変化を楽しんでもらいたいらしい。気付いたときはもう食べてしまった。
火曜日と、第三月曜の夜の部が休みで、11時半から14時ラストオーダー、17時半から19時ラストオーダー。
前橋市富士見町時沢860-3
住宅が固まっている中にあるけれど、道路に目立つ看板もあるのでアクセスはさほど難しくはないでしょう。
13112803.jpg
posted by ぐーたり at 22:17| Comment(0) | うどん(群馬県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。