もりうどん400円。

この店、店の名前がどこにも書いてないのです。あはは、北九州市小倉の「節」みたい。でも「節」は食べログにも載っている店だけど、こちらは未掲載で、ネット上にはほとんど情報がなくて店名がわからない。
仕方ない。聞いてみました。
「屋号は白い人と書いて『しろうと』と読んでもらってるけど、ここらの人にはうどん屋で通っているから」とのこと。なるほど。
おばあちゃんが打ったうどんだということで、謙虚にシロートですんでひとつ勘弁ということなんでしょうけれど、これ、なかなかいいうどんでした。硬めに茹でられていて、量は350gほど。噛み締めるとじんわりと小麦の風味がたちのぼってきます。かき揚げでも欲しいところだけれど、メニューがこれ。

野菜天ぷらが300円ということで、ドカ盛りで出てきたら困るので、どんなものなのかは後続のレビューを待ちたいと思います。
なんか、皆野町のうどん店、いいですよね。おおはま、勝負澤、大黒、そしてこの店と、うどんとロケーションの両方で田舎うどんっぽさを満喫できる店揃いです。
水曜休みで11時から18時。
皆野町三沢460