田舎汁うどん小750円+にんじん天100円。


2013年1月、東松山市から川越市に移転。
そろそろ落ち着いた頃合いかと思って訪問。
肉汁、田舎汁、本舗汁(肉汁と田舎汁の合体したようなもので+50円)がある。うどんの量は小で400gというメニュー表記なので小で、そしてにんじん天を注文。
わりと早く出てきました。白いうどん。東松山のときはクリーム色のうどんだった記憶があるのですが、白いっスね。風味はなくて、もにゅっとした食感に特化しているタイプ。
つけ汁はあっさり目。つけ汁の量はたっぷりあるので最後まで冷めない。
にんじん天は画像だと小さく思ってしまうかもしれないけれど、これ、全長が15cmぐらいあります。つまりにんじんがかなーり太目なのですワ。
じつはにんじん天で2連続で失敗しているのね。永井@三芳町は火が通ってなくて、それより前に記事にしなかったのがひとつあるんですが、それは食べられなかった。なので「3度目の正直」という気分だったのよ。
このにんじん天、火はちゃんと通っています。しかーし、この形状だと、意外に食べづらい。分解しようとすると、衣だけ残してにんじんが出てきてしまったりする。これはあまり評価できない。うーん。やはり「2度あることは3度ある」だったか。
休日に関してはチェックし忘れました。営業時間は、5月から11時から17時半までになると張り紙してありました。やはりうどん専門店だと夜の営業しても人が来ないのかな。