2007年03月09日

石庭こまち@武蔵大和(初)

肉汁ざるうどん800円。
07030802.jpg
この日は野沢屋にいこうと思っていて、ふとこの店のことを思い出した。2006年7月開店。無視していたわけでなく、完全にアタマから脱落していた。夜はコース料理なんかがある割烹になり、昼間はうどん屋というスタイル。メニューは開店当初よりすこし増えているようだ。
07030803.jpg
肉汁ざるうどんを注文。うどんは細くてピカピカ、さほど風味や弾力はない。量はかなり多くて推定500g。つけ汁はたっぷりと肉が入っている。甘辛さは控え目。天ぷらは小さめだがカボチャと海老。灰皿が置いてあったので、禁煙ではない。
後客のオバチャンが突然携帯で話始める。それも大きな声。小洒落た隠れ家風飲食店ができても、マナー知らずの田舎者ばかりではどうしようもないなぁ、と思っていると、オバチャンが話をしている内容って、私の出身中学校のPTAのことじゃないかっ。
そのあとやって来た数名の男たちも「カレーうどんくれー」「えー、ないのー」とギャーギャー騒ぎ立てる。
月曜休み昼は11時半から14時。武蔵大和駅を降りて坂を下り、左折(東村山駅方向)。道なりに歩いていると、右側に看板があるので、その細い道へ入る。小さい川を渡って左側に店舗。
HPもあるのだが、現在閲覧できない状態。
07030804.jpg
posted by ぐーたり at 08:49| Comment(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: