2007年03月04日

一平@小金井市梶野町3(初)

一平ソバ中盛り600円。
07030302.jpg
油ソバは、中央線の駅で言うと東小金井と武蔵境、大学で言うと亜細亜大、東京農工大、法政大学小金井校舎(工学部)を結ぶ三角地帯が本拠地だ。一平は法政大学工学部の北にある。東小金井駅からは「東大通り」を北に1km。
ちょうど昼飯時に訪問すると、学生やらなにやらで店内は混雑している。人気店のようだ。油ソバに関しては武蔵野うどんのような「デフォが大盛り」ってことはないと考えて券売機で中盛りを買う。
1人客は、大テーブルに座るように誘導される。卓上を見て「おおっ!」。
油ソバはラー油と酢を客がまぜて好みの味に調節するのが基本だが、この店はその他にもいろんなものがあるぞ。酢とラー油のほかにも、マヨネーズ、ゴマ、紅ショウガ、おろしニンニク、まだあったかな、とくかくフル装備って感じ。まわりを見ていると、ラー油は基本として、酢でなくてラーメンのタレのようなものを入れる人が多数派。さらにゴマを振りかける人も多かった。となりの人が紅ショウガを入れたので、同じことをしてみたら味がそれで支配されてしまった。紅ショウガはオススメできない。
日曜休みで11時から21時(土曜は20時半まで)。駐車場は店の横に5台分。五日市街道「関野橋」で南に入ってすぐの左側。
07030303.jpg
posted by ぐーたり at 08:53| Comment(0) | 焼きそば/焼きうどん/油そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: