2007年01月24日

槙家(まきや)@所沢(初)

肉汁うどん(天ぷらつき)1100円。
07012302.jpg
コメント欄で情報をいただいた店にさっそく訪問してきた。
2006年12月の開店。
メニューはこんなかんじ。
07012303.jpg
メニューから武蔵野うどんかと想像するが、麺は讃岐うどん寄りのもの。香りはさほどなく、そこそこ弾力がある。量は推定400g。つけ汁は自然なうまみを感じ、濃いめだが飲めてしまう範囲。焼きめをつけたネギがごろんと入っている。
店内はゆったりとしたつくり。カウンタとテーブル4卓。
厨房に3人とホール係1人。店主らしき初老の男性が麺の茹で上がりを待っている。もうひとりは肉汁をあたため、残るひとりが天ぷらを揚げている。それぞれの仕事が終わると手持ち無沙汰ぎみ。ホール係もヒマそう。考えてみれば一将@清瀬はこれらのことをひとりでこなしているわけですよね。ちょい過剰人員のように見える。
食べ進んでから薬味のネギとおろしショウガを投入(ユズは入れない)。とたんにつけ汁がとても辛くなった。しまった、と後悔。薬味は入れない方がいいかも。
天ぷらはエビが2匹ついているので+250円と考えるとオトクな感じ。
日曜休みで11時半から14時半。所沢駅を東口へ出て、ロータリー前方左の道を進む。りそな銀行を先の交差点(くすのき台)を左折。餃子の満州の先の信号を左折。すぐノボリがあるので右折すると下記写真のように店舗が見える。駐車は店の前に3台と道をはさんで5台ぶんあり。
07012304.jpg
posted by ぐーたり at 09:14| Comment(2) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ!
さっそく行かれましたか。
讃岐風のうどん+肉汁の組み合わせは、東村山の野口製麺所にも有りますね。
画像を拝見する限り、美味しそうな感じですね。
私も早く食べてみたいです。

話換わりますが、今日、ぐーたりさんの道案内を頼りに武蔵村山の満月うどんに行ってきました。
つけ汁がちょっと甘めでしたが、なかなか美味しかったです。
ぐーたりさんが行かれた時から進化したのかもしれませんね。

店内に村山うどんの会のうどん大食い選手権のポスターが貼ってありました。
優勝は女性でした。
3460グラム食べたそうです。
すごい!
優勝者名をもう一度よく見ると...
曽根菜津子...ん?
曽根?
そうです、あのギャル曽根です。
ずいぶんローカルな大食いまで出場してるんですね。
本筋とは関係ないですが、感心しました。




Posted by りう at 2007年01月24日 15:51
次の更新では福生の新店をレポします。なんだか武蔵野うどん店がじわじわ増えてきているような気がします。それとも今までが少なすぎたのかな。
村山うどん会の大食いイベントは、名の知れた(というかプロ)の大食いファイターは排除しないといけなかったと思います。参加者からがっかりしたという声を聞きました。
また会のリストの店についても「どうしてこの店が入るの?」という感じで、そういうほころびが拡大していって迷走しなければいいのですが心配です。
Posted by ぐーたり at 2007年01月24日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。