肉うどん500円。

皆野町は秩父市の北に隣接している町です。
そこにある「おおはま」といううどん店を訪問。
以前、通りすがりに2つ下の看板は目撃していたのだけれど、その時は訪問できなかった。
今回、店までたどり着いてみると、おやおや、たかはし@東久留米を思い出させてくれるような古民家じゃないっスか。一番下の画像が外観で、内部はこんなふう。

メニューはすべてつけ汁うどんで「ざる」「肉」「きのこ」の3種のみ。他のトッピングはなく、大盛りが+100円。きわめてシンプルです。
しばし待って出てきたうどんは褐色。噛み締めると硬め。そこそこ太いので、えいやえいやと噛み締めると、おおっ、小麦の風味がぶわっと立ち上ったぞ。これはなかなか高レベル。きんぴらは味が濃くしみ込んでいます。みかん半分ついてくるのもいい口直し。これで500円。量は400gていどあり、自分にとってはじゅうぶんでした。
月曜休みで11時半から。
秩父鉄道皆野駅から、皆野橋の方向(西)に進み、信号を越えて50mほどで小さめですが道路左に下のような看板があるのでそこを左折。

坂を下っていくと浄水場があります。下の画像左が浄水場の建物。下の画像のように突き当たるので、右折するとすぐ前方にノボリが見えるはず。ノボリを右に入っていくとそこが店(家)です。

店(家)の前(庭)に数台停められます。
薬味皿にはすりゴマ、ネギ、ゆずが入っていますが、最初からゆずを投入すると小麦の風味をブロックしてしまうと思いますので、ゆず控えめがいいかと思います。