2006年12月31日

若月@新宿

焼きそば大盛り420円。
06123002.jpg
「焼きそば/焼うどん/油そば」というカテゴリをつくったとき、とっさに焼きそばを入れておいたのは、この若月のことを思ったからだ。
「しかしこのあいだも焼きそばを食べたな」と思って記憶をたどると、東村山の産業祭りで食べたのだった。多くの人にとって、焼きそばってのは、そんなふうに「店で食べるものでなく、戸外で食べるもの」になっているのかも。(関西の方はどうなんだろう。広島とかは)
私にとって焼きそば体験と言えば全日本女子プロレス。夏に一度は野外での興行を見にいくことにしていた一時期があった。そこでは角掛留造の「1000円で座れるよ〜」という声とともに、松永会長の焼く焼きそばの匂いが懐かしい。しかし最近、北斗晶のインタビューを読んでいたら「あの焼きそばには虫がいっぱい飛び込んでいた」そうです。おえっ。
さて若月の焼きそば。入口のところにある鉄板に麺が積んである。注文すると野菜を炒めて、そこに麺をからめていく。麺は自家製太麺。しかし鉄板で長く熱されていた部分がパリパリになって、あたかも揚げそばが混ざっているような感じ。卓上にソースと胡椒があるので、自分で調整して食べる。見た目どおり、大盛りにしてもさほど量は多くない。
Qタローさんが川越の「隠れた名物」である焼きそば店を3店紹介している。行田、熊谷のフライとおなじように、やはり地元密着型ってかんじ。
麺とソースが味を決める料理であるなら、たとえば浅草開化楼の麺に、東村山のポールスタアの一番いいソースでつくったらうまいのだろうか。
などといろいろ妄想。
06123003.jpg
posted by ぐーたり at 09:26| Comment(0) | 焼きそば/焼きうどん/油そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: