2006年11月05日

茶山@下山口(初)/閉店

きのこ汁うどん中盛り600円+天ぷら50円。
06110402.jpg
長らく休業していた翁樹が閉店し、武蔵村山から茶山が移転してきた。茶山はちょくちょく通いたい店だったので、近くに来ていただいて大歓迎だ。
きのこ汁の表面に浮いているのはナス。中にエノキ、シメジ、舞茸が入っていて、きのこの香りがむわっと立ち上る。武蔵野うどんというと肉汁のイメージが強いが、つけ汁として2番手人気なのがきのこ汁でしょうね。中盛りは推定500g。以前の茶山に比べると小麦の風味がいまいちで、まだ80%ぐらいのデキかと感じた。
下山口の駅を出てすぐ左の踏切を渡り、そのまま直進(途中、右側にうどん店「和(なご)み」がある)。やがて「瀧寿司」にぶつかるが右の道を進む。だんだん狭くなるが気にせず、スーパーウォールの黄色い看板が見えたらその先の左に唐突に店が現われる。車の場合、下山口と西武球場前を結ぶ線路の北側の道の途中にあるレストラン「マ・メゾン」の脇の道を入り、狭い踏切を越える。道なりに左に曲がっていって、小さな橋を越えたら左折してすぐのところに店がある。
駐車スペースは6台ぶん。下の写真左の看板に図解してある。写真奥の右3台ぶんが店の駐車スペースだが、左3台分は店のではないので注意。
営業時間は11時から14時、17時から20時。木曜日(全日)と水曜の夜の部が休み。
06110403.jpg
posted by ぐーたり at 08:56| Comment(4) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
翁樹の閉店と茶山の移転には驚きました。
いつもながら最新の情報有り難いです。
さっそく行ってきました。
名刺には「武蔵野うどんと石臼挽そば」と書いてありますが、メニュウーはうどんだけでしたね。
連れと「肉汁」と「茸汁」を分け合って食べました。
うどんは基本的に茹でたてですし、つけ汁はかなり深みのある味で、模範的な武蔵野うどんだと思いました。
また行きたいです。
Posted by りう at 2006年11月05日 21:56
あの立地なんで、まずは翁樹の常連客が無理なく移行できるようにというメニュー構成なのかなーと思いました。
他にはカレーうどんと角煮うどんがありますが、慣れてきたらそばも行くということなのかな。
もとあった場所のファンの人も、多摩湖と狭山湖の間の道を通ってくれば、けっこう近いんじゃないかと思いました。西武ドームからのアクセスだと、やはりマ・メゾンが目印でしょう。
Posted by ぐーたり at 2006年11月05日 22:38
こちらでは始めまして♪いつも参考にさせていただいています。
10月16日に「翁樹」に行ったら、お店の方が変わって10日から再開したと聞きました。
ぐーたりさんに知らせようと思っていたのですが。
そのとき、てっきり「翁樹」だと思っていたのですが、今写真を見たら「茶山」に変わっていました。
「茶山」ファンだったので、再開は嬉しいです♪
私が行ったときには、肉汁と茸汁しかメニューにはありませんでした。メニューも徐々に増えているようですね。頑張って欲しいものです。
Posted by RYU at 2006年11月06日 01:20
昨日行ってきました^^
ロケーションも良くて、うどんも美味しくて♪
メニューはせいろそばもありましたよ。期待してよさそうですよね。
Posted by めた at 2006年11月11日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。