2012年01月13日

綾@川崎市宮前区(初)

ひやあつ大450円+げそ天100円。
12010902.jpg
川崎市宮前区にて仕事。
調べてみるとこの店があるということで、前から名前は目にしていた店です。訪問してみることにしました。
行列店との事前情報でしたが、まだ12時前だったのですぐ座ることができラッキー。讃岐うどんの店なのでひやあつを注文。量はわからないけれど、讃岐うどんだから、ばかみたいに多いことはないと踏んで「大」で。
見回すと入口近くに天ぷらの皿があったので、ひとつ取ってきました。
カウンタのみのオープンキッチンで、うどんを打っている男性と、茹でている男性がいます。あと女性ひとりがホール係。
しばらく待ってうどんが出てきました。前々から名前を聞いていた店ですから期待しちゃいます。
しかし啜ってみて、噛んでみて「?」。あんまり弾力はありません。「うむむむ……?」
食べながら、私がこのブログを始める前に讃岐うどんに対して感じていたことをありありと思い出しました。
そう「讃岐うどんって味がしないうどんだ」と思っていたわけです。
いろいろ食べていくうちに、しだいに歯をはねかえしたり、抵抗したりする「うどんを噛む快楽」みたいなものがわかってきて、さらにそのうちに武蔵野うどんの「風味」とはちがう、ほのかに甘みを感じる「うまみ」を感じて愛でる気持ちが生まれたりしたのでした。
さて「初めて香川に行けるかも」の出張ですが、私が派遣されるのは徳島県美馬市木屋平(こやだいら)というところで、美馬市じたいは香川県に接していますが、美馬市のなかでも最も香川県から遠い場所だということが判明しました。そもそもうどん屋どころか、食堂さえもあまりなさそう。うどんレポは無理かも。
12010903.jpg
posted by ぐーたり at 08:50| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。