冷汁うどん普通盛り650円。

Qタローさんの「埼玉グルメシリーズ」にて紹介されていたので訪問してみた。先月の2006年7月の開店。
見た目からも「田舎っぺ」出身あるいはインスパイアだとわかる。きんぴらごぼうもあるし。写真ではさほど量がないように見えるが、この普通盛りで450g。かなり太麺だ。
しかーし、硬すぎる。「田舎っぺ」や、その他の似ている店ではこんなに硬くなかった。風味もなく、ただただ硬い。少し食べただけでうんざりした気分になってきた。いったい何をもって「元祖武蔵野うどん」などと看板に大書しているのだろう。あと「田舎っぺ」にも言えることだけれど、丸型のせいろに盛られてくるので、麺をつまむと麺が逃げてずり落ちてしまう。下にプレートがあればまだしも、テーブルに直接置かれるので、麺がテーブルの表面に接触する。あまり神経質なことは言いたくないけれど、これはよくない。
半分ぐらい食べたところで、すぐ近くに未訪問店があったことを思い出し、残ったうどんをつけ汁に押し込んで店を出る(向かった先の店については明日記述します)。
店の所在は埼玉医科大医療センターのすぐとなり。駐車場は店の裏の方にたくさん。無休で10時から15時。